萬平が理事長を辞任する / まんぷく 第91話

2019年1月19日(土)第16週「あとは登るだけです」

あらすじ

池田信用組合と池田の産業を守り抜くために、萬平は梅田銀行に足を運びました。そして、資金の返済を強く求めてくる梅田銀行に対して、萬平は宣言しました。

池田信用組合の理事長を辞任するつもりであること。

新しい理事長を銀行が決めることと引き換えに、池田信用組合や池田の産業に対する援助をこれからも続けて欲しいことを。

萬平の訴えを池田銀行は承諾し、池田信用組合への援助の継続が決定。

理事長退任が決まった萬平は、真一、そして池田信用組合の職員たちに対して、ある思いを語ります。

そしてついに萬平は、自宅と家財道具一式に加えて仕事までも失いました。

一方、萬平の決断のすべてを受け入れた福子は、敏子の力を借りて新しい家探しを開始。

福子と萬平は、再出発に向けて歩みはじめるのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回90話 | 次回92話>>

Sponsored Link

予習レビュー

萬平さんがふたたびすべてを失い、再出発を余儀なくされてしまいました。

萬平さんはこれまで何度か「すべてを失う」事態を経験しています。しかし、これまでに「すべてを失う」を経験したとき、萬平さんはまだまだ若かった。

若かったので、たとえすべてを失ったとしても、再出発する気力は十分にあったかと思います。

しかし今は47歳。もしかすると48歳。もう若くはありません。五十代近くなっての再出発は厳しい。

次週からはじまる萬平さんの再出発の物語は、まだ詳細は明らかになっていません。中高年からの再出発、厳しいものになるかも。

ただしその一方で、楽しみもあります。

史実通りに話が進めば、いよいよ萬平さんによる即席麺の開発の物語がはじまるからです。

即席麺の開発も、山あり谷ありであることが予想されます。

しかし、いよいよ『まんぷく』の本題に入ってきます。

福ちゃんと萬平さんのはじめてのデートの「ラーメン」。戦後の物資不足の中で分け合って食べた「ラーメン」。そして、塩づくりというシンプルな仕事に価値を与えた「ラーメン」が、間も無く回収されます。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回90話 | 次回92話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ホシカ より:

    萬平さんの不屈な精神と福子さんの理解には感銘を受けます。常に前進する原動力は人に役に立ちたい、という利他の精神なんですね。
    すごく励まされます!
    私は今月から無期雇用社員になりました。
    50歳後半で退職するか続けるか、迷いましたがこの朝ドラを見て、もう少し頑張ると決めました。