まんぷく 第17週「ラーメンだ!福子!」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』
2019年1月21日 〜 1月26日放送

『まんぷく』第17週 あらすじ

萬平が新事業のアイディア探しをはじめる

池田信用組合の理事長を辞任し、仕事と家のすべてを失った福子と萬平は、住み慣れた池田の家から移り住んだ新居で正月を迎えました。

すべてを失っても落ち込むヒマもなく前を向き続ける萬平は、新しい事業をはじめるという新年の抱負を胸に抱いていました。

そんな中、世の中にまだないものを発明しようと意気込む萬平は、アイディアを得るために、家事の悩み事を福子に尋ねます。

誰もが家庭で手軽に食べられるラーメン

意見を求められた福子の答えを聞いた萬平は、誰もが家庭で手軽に食べられる美味しいラーメンを発明するという着想を得ました。

そのアイディアに夢中になる萬平でしたが、そのアイディアを具体化する方法はなかなか見つからず、福子も様々な意見を萬平に提案。

そんな中、萬平はラーメンの食べ歩きを開始。数多くのラーメン店を調べる中で、ある3つの条件を満たすことで、これまでにないラーメンを作れることに気がつきます。

ラーメン作りに没頭する萬平

一方、源と幸が日に日に元気を失ってゆきました。二人は、学校で萬平のラーメン開発をバカにされていたのです。源と幸は、ラーメン作りをやめてほしいと萬平に懇願します。

子供たちからの必死の願いにもかかわらず、萬平はラーメンの研究をやめようとしないどころか、ますます没頭してゆきました。

そんなある日、萬平が目指している新しいラーメンに独自の名前をつけてはどうかと、真一は萬平に提案するのでした。

<<前週 第16週 | 次週 第18週>>

Sponsored Link

予習レビュー

ラーメン作りの物語はじまる

今週から、ついに萬平さんのライフワークであるラーメン作りの物語がはじまります。

池田信用組合の理事長を辞任し、すべてを失ったのが前週。すべてを失った翌週は、新しい事業のネタを探す萬平さんの姿が描かれるものとばかり思っていました。

そんな小休止のような週はなく、すべてを失った翌週に、いきなりラーメンづくりがスタートです。すごいスピード感。

ただし、今週はラーメンの研究に終始するみたいです。

「ラーメンだ!福子!」

萬平さんが、新しくはじめる事業ネタにラーメンを選ぶきっかけについては、まだ詳細はわかりません。

ただし、発明家としての自分を封印していた萬平さんは、まずは発明家に戻ろうと決意するのでしょうか。

そして発明家として、これまで世の中にないもので、人の役に立つものはないかと福ちゃんに相談。

福ちゃんの思いがけない一言が「ラーメン」という発想につながり、今週のサブタイトルでもある「ラーメンだ!福子!」という叫びにつながるようです。

父親と子供の葛藤の物語もはじまる?

これまで誰も見たことがないようなラーメン。誰もが手軽に家庭でつくることができるラーメン。このアイディアに萬平さんは夢中になってしまいます。

そして、久しぶりに萬平さんがマッドサイエンティストぶりを発揮します。

来る日も来る日も、父親はラーメンばかり食べ歩き、ラーメンに夢中。源ちゃんと幸ちゃん、そのことで小学校でいじめられるらしい。

でも、マッドサイエンティストと化した萬平さんの耳には、ラーメンづくりをやめてほしいという子供たちの訴えなど入ってこない。

萬平さんの仕事をめぐっての、萬平さんと二人の子供たちとの葛藤。これまでの『まんぷく』で描かれたことがないドラマも始まります。

<<前週 第16週 | 次週 第18週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする