福子に意見を求める萬平 / まんぷく 第94話

2019年1月23日(水)第17週「ラーメンだ!福子!」

あらすじ

毎日の家事をもっと楽にできないかという福子の言葉にヒントを得た萬平は、家庭で誰もが簡単につくることができるラーメンの開発をすることに決めました。しかし、ラーメンを作るということが何を意味するのか家族には理解ができません。

萬平がラーメンを作るという決意への反応は様々でした。世良は、ラーメンを家庭で作りたいと考える人などいないと考えていました。一方の神部は、萬平が斬新なラーメンを発明することを信じていました。

しかし、当の萬平には、どうやったら簡単にラーメンをつくれるようになるのかが見えてきません。思いつめた萬平は福子に意見を求めました。どのようなラーメンにしたら、主婦が簡単につくれるようになるのかと。

ラーメン開発に意気込む萬平を応援したい一心の福子は、萬平が目指しているラーメンを一夜漬けにたとえました。手間暇かけて漬け込む漬物と、手軽にできる一夜漬け。この一夜漬けという言葉に、萬平は自分が目指す方向を見出すのでした。

<<前回93話 | 次回95話>>

Sponsored Link

予習レビュー

萬平さんの池田信用組合の理事長時代。暮らしは安寧。仕事も順調。織田島製作所と出会ってしまうまで、萬平さんは何不自由ないように見えていました。

実際、その頃の萬平さんは、『まんぷく』がはじまって以来、最も穏やかな表情をしていました。見ていて安心感がありました。

でも、きっと心の中では何かが足りないと感じていたのかもしれません。

一方で、今の萬平さんの暮らしは苦しいはずです。家も土地も仕事も失い、おまけに安定した収入もないわけですから。

でも、心は満たされているかもしれませんね。

なにせ、こよなく愛する発明家という職業に戻れたわけですから。

今回はラーメンのアイディアが見つからず苦悩する姿が描かれそうですが、そんな産みの苦しみも、萬平さんにとっては喜びに違いありません。

ラーメンのアイディア探しに躍起になる今回の描写。これから迎えるクライマックスで予想される試練の前の、楽しいひとときになるのかもしれません。

というか、そんな明るく楽しい場面であってほしいです。

これまでのところ萬平さんの人生は、あまりにも試練が多すぎましたからね。少し、楽をさせてあげたくなってきました。

感想

今週のサブタイトルの一部でもある「ラーメンだ!」。この萬平さんのひらめきに対する登場人物たちの反応が、それぞれのキャラをあらわしていて楽しめる回でした。

鈴さんの反応

鈴さんの反応は、安定の拒絶反応。武士の娘の娘が、ラーメン屋の親父の妻になることに猛反対する、いかにも鈴さんらしい反応はまた、大きな安心材料でもありました。

なぜなら、鈴さんが反対すれば成功する。鈴さんが「武士の娘の論理」で反対することは、これまで例外なく成功しているからです(笑)

ところで即席ラーメンづくりは萬平さんのライフワークです。

だから、塩づくりやダネイホンの開発のときよりも、ラーメンが完成するまでのプロセスには試練がつきまとうことが予想されます。

今のところわかっているのは、来週の半ばにようやくスープの試作品が完成するところまで。来週のうちに麺の試作品が完成するかどうかは、まだ定かではありません。

再来週か、さらにその次の週か・・・

話を鈴さんの反応に戻します。

即席ラーメンが具体的になってきた頃。これまで同様、鈴さんはきっと、即席ラーメンがお気に入りの事業になっているのでしょう。

これからの鈴さんの変化が楽しみです。

世良さんの反応

世良さんの反応もまた、実に世良さんらしい。

世良さんは生粋の商人です。世の中の人たちが求めているものを輸入することに徹している商人です。

だから、世の中に需要があるかどうか判断のしようがない、前例のない製品・即席ラーメンの開発に否定的な反応を示すのはもっともなことです。

でも、萬平さんが即席ラーメンの製品化までこぎつけ、それが爆発的なヒットをしたとき。きっと世良さんは大乗り気で、即席ラーメンにくらいついてくるのでしょう。

世の中に需要があるものを売ることに徹する世良さんが、即席ラーメンに需要があると知ったとき、目の色を変えてくらいついてくるときの反応は楽しそう。

世良商事は、即席ラーメンの販売も手伝ってくれるのでしょうか。

神部くんの反応

神部くんの反応は「ラーメン開発」そのものへの反応というよりは、何か新しいことをはじめた萬平さんに反応した、という方が適当かもしれません。

もし仮に萬平さんが、ラーメンではなく別の何かを開発しようと思い立ったとしましょう。

そして、鈴さんや世良さん、そして福ちゃんなどが、ラーメン開発に見せた反応とは異なる反応を、別の何かの開発に示したとしましょう。

鈴さん、世良さん、福ちゃんたちが、異なる反応を示したとしても、神部くんは、萬平さんが何か新しいことをはじめるというその一点に、反応を示したことでしょう。

萬平さんが手がけることなら、すべて素晴らしいものに違いない。

そんなふうに思ってくれる熱心なファンがいる萬平さんは幸福者です。

そして、福ちゃんの反応

池田信用組合の理事長就任を引き受けるという萬平さんの決断に対して、どこか不安げな福ちゃんの表情がいまだに忘れられません。

あのときの思いつめた福ちゃんの表情に対して、今回の福ちゃんの、ワクワクが止まらないとでも言いたげな表情が実にいい。

大海原に漕ぎだす小さな船。男のロマン。

『マッサン』では、「人生は冒険旅行」という言葉が繰り返し用いられていましたが、これから福ちゃんと萬平さんが踏み出すことになるのは、まさに冒険旅行。

ダネイホン以来となる冒険旅行を楽しみに待つ福ちゃんの表情が目に焼き付いて離れません。

追伸:BK朝ドラ過去作品のネタが満載の『まんぷく』。今回のドラマの中で福ちゃんがつくっていたぬか床は『ごちそうさん』の紅子へのオマージュでしょうか。

<<前回93話 | 次回95話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アーモンド より:

    萬平と福子は何回も屋台のラーメンを食べている。
    今回は屋台のオジサンの秘伝のスープの美味しさに感動して、家で作れないか考えるんですね。
    福子のたくあんの話から、インスタントラーメンを思いつくんですかね。
    世界一と言っても過言ではないインスタントラーメンの会社を起業するのですね。