スープの試作品への評価 / まんぷく 第99話

2019年1月29日(火)第18週「完成はもうすぐ!?」

あらすじ

お湯をかけただけで食べることができる即席ラーメンの開発に挑んだ萬平が、最初につくりはじめたのはスープでした。試行錯誤の末に、萬平はスープの試作品第一号を完成。早速、福子や鈴、香田家の家族たちに味見をしてもらいました。

試作品のスープの出来栄えは決して悪いものではなく、克子や忠彦の反応は上々でした。しかし、鈴だけは美味しくないと言い切りました。福子も同意見でした。この程度の味では、世の中の人を満足させることはできないと、福子は萬平に告げました。

福子と鈴の厳しい意見に気落ちしながらも、萬平はふたたびスープの開発に取り組みはじめました。萬平は研究室の中に閉じこもりスープづくりに没頭。一週間かけて作り上げたスープも、圧倒的な味にはほど遠いと、福子と鈴は酷評しました。

そんな中、真一が、福子と萬平を訪ねてきました。真一は、再婚の相談をしにやってきたのです。その数日後、真一は、再婚を考えている女性を福子に紹介。明るい性格のその女性のことを、福子はすっかり気に入ってしまうのでした。

<<前回98話 | 次回100話>>

Sponsored Link

予習レビュー

かつて萬平さんがダネイホンの開発に取り組みはじめた頃のこと。

ダネイホンの味がまずすぎると散々な言われ方をした萬平さんがいらだつ場面が繰り返し描かれたと記憶しています。

それと似た場面がふたたび描かれるのでしょうか。

萬平さんがラーメンのためのスープの試作品を完成し、味見をしてもらうものの、その評価はさんざんで、萬平さんが苦悩する。

今回はそんなストーリーが展開します。

ところで、様々な食材を混ぜあせたことにより、得体の知れないモノになってしまたダネイホンと異なり、ラーメンのスープは少なくとも「得体の知れない」ということはない。

だから、ダネイホンのときのように味見をした面々から、顔をしかめられるほどの酷評をされることはないかとは思います。

しかし、それでも、なかなか美味い!と言ってもらえない萬平さんがどのような反応を示すのか。

苦悩する発明家・立花萬平の姿を見るのが今から楽しみです。

感想

「2回目で世の中がひっくり返るような味ができるわけないでしょ」

萬平さんが目指す斬新なラーメンづくりを、もっとも真剣に応援しているのは鈴さんではないか。そんな気がする鈴さんの言葉に心が震えました。

「2回目で世の中がひっくり返るような味ができるわけないでしょ」

萬平さんが目指している高みがどれほどのレベルにあるのか。それをいちばん理解しているのもまた、鈴さんかもしれません。

鈴さんがいなければ、試作品第一号か第二号でスープは完成。そのスープで発売されたラーメンは、はじめのうちこそ売れたかもしれません。

でも、福ちゃんの言葉を借りれば、あっという間に飽きられていたのでしょう。

鈴さん、萬平さんの発明の救世主ですね。やっぱり鈴さんは素晴らしい!

コメントへの返信 by 朝蔵

(じゃいあんさん:なつぞら)
チームナックスの3名まで揃えたら、あとのお二方も登場してほしいところですね。大泉さんも『まれ』から時間が経ってるので、ゲスト出演くらいはしてほしいですね。

ドラマの中に5人全員が揃ったら、北海道の人たちもさぞかし嬉しいだろうと思います。

白バラのカウンターに万能調理機みたいなのが有ったような無かったような(mamio.000さん:98話)
まったく気がつきませんでしたが、アルバイトで来ている主婦のご主人が手がけた仕事でもあるので、マスターが購入するのはあり得るかと思います。

普段の会話から新しもの好きな感じがするあのマスターのこと。万能調理器を物珍しさからも買っているかもしれません。お店の調理でも使えますしね。

乾麺の着想(風さん:101話)
ブログ主は、揚げると水分の大部分がとぶという事実を、この年齢になるまで知らなかったので、仮に天ぷらやおかきを目の前にしても、乾麺にはつながらなかったと思います(汗)

ある事象から何かの着想を得るには、前提として様々な知識が頭に入っている必要があるんですね。

TL検索していたら「岩田製パン」の文字が複数(ひるたまさん:98話)
コンテナ、どこに出てましたか?過去作品ネタ、今回もまた見逃してしまったようです。それにしても、そういうのを見つける人って、本当によく見てるなと思います。

一発で見つけるのか。それとも録画したものを繰り返し見て、見つける努力をしているのか。いずれにしても、僕にはできない芸当です(笑)

バカボンのパパ(ひるたまさん:98話)
同じことを考えてました。あの手ぬぐいの巻き方。結び目が思いっきり上に跳ね上がっているあの巻き方は、まぎれもなくバカボンのパパです。

もう少し太って、しかも、あと6〜7歳若ければ、バカボンのパパですね。追記:バカボンのパパは41歳でしたねよ?

私の想像を絶する中での撮影(キヨコさん:なつぞら)
情報提供ありがとうございます!

冬の北海道の、想像を絶するほどしばれる中での撮影で思い出すのは、昭和のテレビドラマの名作『北の国から』です。

あのドラマの中の、冬の場面の寒そうなことと言ったら。あんな場面が、朝ドラに中にたくさん登場するのかもしれませんね。

神部君の気持ちを思うと、可哀想になってきます(ずんこさん:98話)
神部くんにとって萬平さんは、理系男子として尊敬の対象というだけでなく、

人生のどん底のから救ってくれた人。
失われた家族の愛をふたたび持たせてくれた人。
忘れかけていた夢を取り戻してくれた人。
そして、最愛の妻・タカちゃんとの出会いのきっかけをつくってくれた人。

これ以上、大切な人などいないんじゃないかというレベルの人です。タカちゃんにも、そこをわかってほしいですね。

「岩田製パン」の三輪トラック(きららさん:98話)
なんと、あの三輪トラックが走ってたんですか!?それほどの大道具までネタとして出すなんて、遊び心を極めてますね。

そんな目立つ大道具でありながら、ブログ主はまたしても朝ドラ過去作品ネタを見逃してしまいました(涙)

<<前回98話 | 次回100話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    第98話での「岩田製パン」のコンテナ登場場面について。
    開始4分過ぎ、池田駅前商店街の場面でほんの数秒(見様によっては瞬間かも?)映っています。
    きらら様がコメントされている通り、商店街を走る‘あの’バタコ=三輪トラックに搭載されています。

    何かの機会に録画等(帰国された時にはオンデマンドでも視聴可能かな?)を御覧になる際に参考になれば幸いです。
    それにしても、朝蔵さんも仰る通り皆さんよく目ざとく発見なさりますよね(^^;)…場面によっては瞬間芸レベルです。おそらく『てるてる家族』とかなり舞台設定が被るので、今か今かと待ち構えていた方達も今回はかなり多くいらしたのでは??(^^)

  2. きゅうぽん より:

    それまで真一さんが来るときは、物腰静かな感じだったのに、好美さんと出会ったからでしょうか、今日来た時にウキウキして、あれ真一さんてこんな人だった?って感じで垢抜けた感じがそれはそれで良かったなと思いました。
    好美さん好きです!というのも、私まんまなんで(笑)その子供も私そっくり。
    ま、大阪のおばちゃんではないですが、関西のおばちゃんですので、福ちゃんのあの喋り方もわかります♪
    真中瞳改め東風万智子さんいい味出してますわ〜\(^o^)/