真一に再婚話が浮上する / まんぷく 第100話

2019年1月30日(水)第18週「完成はもうすぐ!?」

あらすじ

萬平が、即席ラーメンのためのスープづくりの試行錯誤を繰り返していたその頃。真一に再婚の話が舞い込んできました。真一は、鈴たち家族にその女性を紹介する前に、福子にだけその女性と合わせ、再婚しても良いかどうかアドバイスをもらうことにしました。

真一が再婚を望んでいる女性・好美は、咲とはまったくタイプが異なる、よくしゃべる明るい性格の女性でした。しかし、その女性のことを福子はすっかり気に入り、残るは鈴の判断をあおぐだけです。

真一は好美をともない、香田家に足を運びました。真一は、鈴たちに良美のことを紹介すると、再婚の許しを求めました。咲への愛情を決して忘れない真一の態度に心を打たれた鈴は、真一の再婚をこころよく受け入れました。

一方、改良に改良を重ねたスープの試作品を再びつくりあげた萬平は、香田家に集まった家族たちに、スープの味見をしてもらいました。新しい試作品の味は、香田家に集まった面々、そしていつも手厳しい鈴すらも感激させるのでした。

<<前回99話 | 次回101話>>

Sponsored Link

予習レビュー

『まんぷく』のストーリーが展開される中、ずっと気になっていたことがいくつかあるのですが、その中の最たるものが真一さんについてのことでした。

それは、真一さんは再婚しないのだろうか、ということです。

その一点が、今回、ようやく解決されるみたいです。真一さんの再婚話が浮き上がってきました。

咲さんの家族への遠慮から、まずは福ちゃんにその女性を紹介し、福ちゃんの御眼鏡にかなったことを確認したところで、いよいよ本丸の鈴さんへ。

咲さんを三姉妹の中で誰よりも信頼していた鈴さんが、真一さんの再婚という事実、真一さんの再婚候補の女性にどのような反応を示すのか。

今週のお題であるラーメンとはまったく関係ないエピソードながら、今週最大の見せ場になるかもしれません。

一方、今週のお題である萬平さんのラーメン開発。

おそらく今回でスープの試作品が完成するものと思われます。残るは麺だけです。そして、この麺の開発がスープとは比較にならないほど困難を極める。

次回から萬平さんの発明家としての産みの苦しみが描かれるようです。

感想

「お前はここで寝てろ」

試行錯誤の末に、萬平さんが即席ラーメンのスープの試作品をついに完成させる瞬間までの描写が、とっても心地よい回でした。

真夜中。咲さんの夢を見ていた福ちゃんを叩き起こした萬平さん。

スープにふたたび鶏ガラを使おうと思い立ったあの時の萬平さん。鶏ガラをもう一度試してみようとひらめく寸前、萬平さんも眠っていたんでしょうか。

夢の中で何かのヒントを得たのかな?

眠っていた福ちゃんを叩き起こして、鶏ガラをふたたび使ってみることを萬平さんは報告。

一方、叩き起こされた福ちゃんは、萬平さんを手伝おうとするものの、萬平さんは福ちゃんに対して「お前はここで寝てろ」と一言。

寝てろと言うくらいなら、はじめから起こさなければいいのにとも思いましたが、福ちゃんに言わずにはいられなかったのかな。

また、わざわざ起こされながらも、寝てろと言われた福ちゃん。

普通の奥様なら、ここで夫に腹を立てたはず。寝てろというのなら、はじめから起こさないでよって。

でも、そんなそぶりなど見せず、むしろ、萬平さんが何かひらめいたのを察して、萬平さんの新たなひらめきに期待いっぱいの福ちゃんの表情。

雪の降る寒い日の真夜中にもかかわらず、研究室の外から、新しくひらめいたスープづくりに没頭しだす萬平さんを嬉しそうに見守る福ちゃんの表情。

福ちゃん、いい顔してました。

「匂いだけはいつもいいのよ」

そして、スープの試作品が完成。

味見の場面。真一さん、好美さん、忠彦さん、克子さん、そして福ちゃんたちが口々に、新しいスープの試作品への感想を言いました。

「これはうまい!今までで一番美味しい」
「ほんまに美味しいです」

みんな大絶賛。この場面、自分のことのように嬉しかった。

そして、ラスボス鈴さんを果たして攻略できるのか。面々が固唾を吞んで見守る中、ラスボス鈴さんが言いました。

「これは美味しい!」

ついにラスボスを攻略!

コメントへの返信 by 朝蔵

あれ真一さんてこんな人だった?って感じで垢抜けた感じ(きゅうぽんさん:99話)
今回、好美さんが編んでくれたらしいセーターを自慢げに福ちゃんに見せる真一さんの嬉しそうな表情も、これまで見せたことがない顔でしたね。

好美さんとの再婚後、真一さんはさらに進化を遂げるのでしょうか。

進化した真一さんが、ふたたび萬平さんと合流するとき。かつて、感じずにはいられなかった萬平さんと真一さんとの間の、微妙なよそよそしさも解消されると嬉しいです。

場面によっては瞬間芸レベルです(ひるたまさん:99話)
おっしゃる通り、本当に瞬間芸です。僕などは、動体視力が人一倍低いらしくて録画を観てもなかなか確認できないくらいです。

朝ドラ放送終了直前のタイミングで、いつも発刊されるドラマガイドに、過去作品ネタの写真集を掲載してほしいです。

ダネイホンの時とまったくおなじように、偽物(アーモンドさん:22週)
ダネイホンのときは、偽物を売った業者への対応が、のちに、想定外のトラブルを引き起こしたことが、ドラマの中で暗示されていました。

この度の偽物騒動も、最初はダネイホンのときのような対応を試みるみたいですが、その対応法をあらためて、萬平さんの大人物ぶりが際立つ展開になるようですね。

カーネーションのオマージュ(うみがめさん:100話)
好美さんが洋裁で生計を立てていると聞いて、僕も『カーネーション』の糸子さんのことを思い出していました。

周防さんとの別れは切ないものがありましたが、もしあの時、二人が結ばれていたら、糸子さんのその後の人生は、もう少しこじんまりとまとまってしまったかもしれませんね。

<<前回99話 | 次回101話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うみがめ より:

    大阪で夫亡き後、洋裁で子ども(しかも元気すぎる女の子!)を育てる元気な女性。これはカーネーションのオマージュですね!糸子ちゃんは周防さんと結ばれることはありませんでしたが、好美さんは真一さんと再婚することが決まりました。ずっと周防さんが独り身で、糸子と結ばれていたらどうなっていただろうかと想像していたので、このエピソードは嬉しかったです。
    あの桜の絵、空襲で燃えずにここまで残っていて本当によかった。