まんぷく 第21週 予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』
2019年2月18日 〜 2月23日放送

『まんぷく』第21週 あらすじ

まんぷくラーメンの売り上げが伸び悩む

満を持して販売を開始したまんぷくラーメンでしたが、期待していたいほどには売り上げは伸びませんでした。

そんな中、まんぷくラーメンの栄養分析を大阪大学の近江谷に託し、国立栄養研究所からは栄養食品としてのお墨付きを得ることができました。

しかし、それもでなお、まんぷくラーメンの売り上げは大きくは伸びることはなく、福子や萬平たちを落胆させました。

まんぷくラーメンのテレビコマーシャル

香田家を訪問し、テレビを見ていた福子はひらめきました。まんぷくラーメンのテレビコマーシャルをつくってみてはどうかと。

コマーシャルの撮影は、経費を節約するために俳優は使わず、福子、源、幸の三人が出演することになりました。

そのコマーシャルが放送されるや、まんぷくラーメンは爆発的に売れるようになり、ヒット商品として世の中に知れ渡るようになります。

粗悪な即席ラーメン

まんぷく食品には、注文が殺到。大量の注文に応じるため、萬平は新しい工場を建設。神部や吉乃もまんぷく食品に入社することになりました。

そんなある日、まんぷく食品にやってきた世良が持参したあるものが、福子や萬平たちを驚かせました。

世良が持参したもの。それは、まんぷくラーメンの人気に便乗して販売されはじめた、粗悪な即席ラーメンでした。

<<前週 第20週 | 次週 第22週>>

Sponsored Link

予習レビュー

まんぷくラーメンの最初の試練

まんぷくラーメンが発売されたものの、萬平さんたちが期待していたほどの爆発的な売り上げにはほど遠い状態。

早速、試練にぶち当たります。

ダネイホンの開発の際に神部くんが連れてきた大阪大学の近江谷さんの協力を得て、栄養食品としてのお墨付きをもらうものの、それでも売り上げは伸びません。

発明の産みの苦しみに次いで、今度は売るための産みの苦しみのはじまりです。

萬平さん、いつまで経っても苦労が耐えません。これが大器晩成型の人物の人生なのでしょうか。

テレビコマーシャル

ダネイホンを宣伝したときに引き続け、ふたたび福ちゃんが、新製品の宣伝に駆り出されます。今度はテレビコマーシャルです。

ところで、昨今のテレビコマーシャルは、高額すぎて、萬平さんが経営するような零細企業ではとても無理。

コマーシャルをつくる費用を抑えたとしても、放送すること自体が無理な相談です。

この当時のテレビコマーシャルの放送コストは今ほど高額ではなかったのでしょうか。

実際、テレビも今ほどは普及していないので、放送コストは、今よりはずっと安かっただろうことは想像できますが・・・

パクリ製品の悪夢ふたたび

テレビコマーシャルの宣伝効果によって、まんぷくラーメンは大ヒットします。ここまではよかった・・・

ダネイホンが東京で大ヒットした直後の悪夢がふたたびはじまります。

粗悪なパクリ商品が次々に登場するようになったのです。

ダネイホンのときは、パクリ製品の製造販売元に、世良さんと真一さんが乗り込んで行きました。

そして、あの時の世良さんと真一さんの行動が、その後、萬平さんに思いもよらぬ困難な体験を強いることになりました。

あの時の悲劇が繰り返されませんようにと願うばかりです。

<<前週 第20週 | 次週 第22週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちゃーちゃん より:

    不思議なんです。
    ダネイホンも即席ラーメンも萬平さんは苦労して作ったはずなのに粗悪品とはいえ何故二つとも似せた物ができたのでしょう?
    キャラクター物等は似せるのは簡単でしょうけど食品、特に即席ラーメンに関しては油で揚げたことはどうやって知ったのでしょう?テレビのお約束で疑問に思ってはいけない事なのでしょうか?
    まさかスパイが………なんて無さそうですものね。