まんぷく 第22週 予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』
2019年2月25日 〜 3月2日放送

『まんぷく』第22週 あらすじ

即席ラーメンの特許を申請

まんぷくラーメンを真似た粗悪品を販売する会社に対して、萬平は、販売をやめるよう警告書を送りつけるなどしました。

しかし、まんぷく食品の警告にまったく耳を貸さない会社が一社だけありました。テイコー食品という会社は「本家」を名乗り、偽物の販売を続行します。

テイコー食品が偽物を販売できなくすべく、萬平は即席ラーメンの特許を申請。その数日後、まんぷく食品に特許がおりました。

福子の違和感

特許がおりてもなお、テイコー食品は偽物を販売をやめようとはしませんでした。そんな中、まんぷく食品の製造法をテイコー食品が盗み出したことが判明。

萬平と真一は、テイコー食品に対して訴訟を起こすと宣言。テイコー食品は、ようやく偽物の販売をやめることを約束しました。

萬平は、ひとり勝ちしたことの喜びを爆発させるものの、そんな萬平の姿に対して、福子は違和感を募らせます。

日本即席ラーメン工業協会を設立

粗悪品や偽物が出回ったのは、萬平の責任である。福子が萬平に告げたこの言葉が、萬平の心を動かしました。

萬平は、即席ラーメンの特許を解放することを決意。衆議院議員のアドバイスによって「日本即席ラーメン工業協会」を設立します。

その一方で、まんぷくラーメンで成功を収めた萬平は、信用組合の理事長時代に暮らした家を取り戻すことができるのでした。

<<前週 第21週 | 次週 第23週>>

Sponsored Link

予習レビュー

テイコー食品に移籍した社員が誘惑に負けた動機

上の欄のストーリーからは省きましたが、「本家」を名乗るテイコー食品が製造販売する偽物だけは、他社の取り扱う粗悪品とは一線を画すもののようです。

品質もまずまずのレベル。偽物とはいえあなどれない製品。何故こんな製品をつくれたかというと・・・

なんと、萬平さんの会社の社員を5倍の給料で誘惑し、引き抜いたのです。

いくら5倍の給料を提示されたとしても、即席ラーメンの製造法をすべて伝えきってしまったら、もうテイコー食品には必要のない存在です。

いつクビにされてもおかしくない立場です。

その危うさに気がつかなかったのでしょうか。借金を抱えて焦っていたのかな?テイコー食品に移籍した社員が誘惑に負けた動機が気になります。

成功を手中に収めた萬平さんは変わってしまった?

萬平さんたちの必死の努力によって、ついにテイコー食品は、即席ラーメンの製造販売を中止する決断を下しました。

萬平さんはそのことに大喜びしますが、福ちゃんの心は曇ったままです。

福ちゃんの気持ちが晴れ渡らない理由。それは、自分だけが勝ったことを喜び、まわりを負かしたことに対して、何の感情も感じていないらしい萬平さんへの違和感です。

かつて萬平さんは、自分を奈落の底に落とした加地谷さんですら、許してしまうほど寛大な心の持ち主でした。

あの寛大さに対して、福ちゃんがしばし納得できないほどでした。

そのときのことを福ちゃんは思い出すのでしょうか。そして、成功を手中に収めた萬平さんは変わってしまったと考えるのでしょうか。

男の中の男

大きな心を持った萬平さんが戻ってきました。テイコー食品を打ち負かすために取得した特許を無償で解放。

萬平さんが苦心の末に開発した即席ラーメン製造法を、誰もが使えるようにすることで、粗悪な即席ラーメンを世の中からなくすという萬平さんの心意気。

しびれます。男の中の男です。

そして、今週はもう一つとっても素敵なことが起こります。

池田信用組合の理事長時代を過ごした、思い出の詰まった家に、福ちゃんと萬平さん一家が再び住めるようになるのです。

源ちゃんと幸ちゃんの身長を記録した柱の傷。まだ残っているのでしょうか。

<<前週 第21週 | 次週 第23週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もんばび より:

    私も十年ほど前に、倒産で家を失いました。
    かつて住んでいた家を取り戻せるなんて、想像しただけでも嬉しくて涙が出ます。本当に良かった。なによりも源ちゃん幸ちゃん、よかったね。

  2. アーモンド より:

    ダネイホンの時とまったくおなじように、偽物がでましたか。