まんぷく 第25週 予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』
2019年3月18日 〜 3月23日放送

『まんぷく』第25週 あらすじ

まんぷくヌードルのフタ

まんぷくヌードルに入れる様々な具材のうち、選定にもっとも手間取ったエビの種類も決定しました。

しかし、カップを密閉するためのフタをどうするかという難題が、萬平や開発メンバーの前に立ちはだかります。

この問題も萬平のひらめきにより解決。機内食のスナックの容器のフタを、萬平はまんぷくヌードルのフタに採用することにします。

鈴が入院する

そんな中、鈴が激しい腹痛を訴えて、病院に担ぎ込まれました。入院した鈴は、大病を患った経験がないことから、すっかり弱気になってしまいます。

福子たちに励まされながら入院していた鈴の容態が急変。緊急手術が行われました。数時間に及ぶ手術は成功し、鈴は一命を取りとめました。

手術後、一週間ほど経過した鈴は、順調に回復。予定通り、手術から三週間後には、鈴は無事に退院します。

まんぷくヌードルの発売日

一方、まんぷくヌードルの開発メンバーは、これまでにない難しい問題に直面していました。製造工程でカップの中に麺がきれいに収まらないのです。

この問題の解決策を考え続ける萬平は不思議な夢を見ました。そして萬平は、その夢をヒントにして、難題をみごとに解決。

昭和45年(1970年)。様々な問題を克服し、まんぷく食品は、まんぷくヌードルの発売日を迎えるのでした。

<<前週 第24週 | 次週 第26週>>

Sponsored Link

予習レビュー

天才のひらめきは日常の何気ない光景から

リアルのチキンラーメン、ドラマの中でのまんぷくラーメンを超える斬新なヒット商品をつくることはできないか。

萬平さんが着想を得たのは、渡米した時に目にした光景でした。

ドンブリのないアメリカで、ドンブリ代わりにカップに即席ラーメンを入れて食べるアメリカ人の姿を思い出した萬平さんは容器入り即席ラーメンを思いつきました。

普通の人なら見過ごしてしまうような何気ない光景が大いなる発明のヒントになったわけです。

今週ふたたび、何気ない光景が大いなる発明のヒントになるようです。

今週の「何気ない光景」は、渡米の際のことなのでしょうか。機内食として出されたスナックの容器のフタ。

このフタを、カップラーメンのフタに応用できると萬平さんはひらめきます。

天才というのは何にでもヒントを見出すことができるんですね。

今度は仮病ではありません

鈴さんが入院します。激しい腹痛をうったえて。鈴さんと腹痛といえば、第1週で仮病のエピソードを思い出さずにはいられません。

しかし、今度は仮病ではありません。正真正銘、本物の腹痛です。しかも、かなり重症のようです。鈴さんが心配です。

でも、鈴さんは無事に退院します。

そして、次週以降も鈴さんは登場します。

鈴さんとのお別れの場面をこれまでずっと心配していましたが、最強の天然キャラ・鈴さんは最終週まで出番があるみたいです。

涙の別れ。鈴さんの最期を見ずにすむようです。安心しました。

天才は夢まで天才

カップヌードルの製造工程を構築する際のこと。乾麺がうまいことカップの中に収まらないという難題に直面。

この難題は文字通りの逆転の発想で克服しました。

カップの中に麺を落とすのではなく、麺の上にカップをかぶせるという逆転の発想によって、乾麺をカップの中にきれいにおさめるという難題を解決。

これは史実にあります。横浜にあるカップヌードル博物館で、この史実を読み、強烈に印象に残ったので、覚えていました。

ドラマの中では、この逆転の発想を、萬平さんは夢の中で発見しました。

天才は、夜中に見る夢までもが天才なんですね。

<<前週 第24週 | 次週 第26週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする