まんぷく 最終週/第26週 予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』
2019年3月25日 〜 3月30日放送

『まんぷく』最終週/第26週 あらすじ

売り上げ不振のまんぷくヌードル

昭和45年(1970年)。満をじして発売にこぎつけたまんぷくヌードルは、予定していた三分の一しか売れませんでした。

萬平は、スーパーマーケットや小売店での販売を断念し、新たな販売ルートの開拓を、まんぷく食品の幹部に指示。

しかし、新たな販売ルートでの販売を開始したところ、まんぷくヌードルの売り上げはますます落ちてしまいます。

ついに売れたまんぷくヌードル

萬平は自動販売機を使ったまんぷくヌードルの販売を提案。しかし、萬平のそのアイディアに対して、鈴が異を唱えました。

鈴の意見に対して、源と幸は、鈴の考えは古いと反発。鈴の考えを古いと指摘する源・幸の言葉を聞いた福子は、源と幸のような若い世代に販売することを思いつきます。

その数日後、大阪で初の開催となる歩行者天国でまんぷくヌードルを販売。福子のひらめきは的中し、若者たちがこぞってまんぷくヌードルを買い求めました。

世界中の麺を食べ歩く旅

若者たちが、歩行者天国でまんぷくヌードルを食べ歩く光景がテレビで放送されると、問屋からの注文が相次ぎ、まんぷくヌードルは大ヒット商品になりました。

まんぷくヌードルが、まんぷくラーメンを超えるヒット商品になることを確かめた福子と萬平は、会社の経営を真一たちに託し、旅に出ることにします。

ほどなくして福子と萬平は、世界中の麺を食べ歩く旅を開始。タイ、バンコクの屋台で、麺料理を堪能するのでした。

<<前週 第25週 | 次週 『なつぞら』>>

Sponsored Link

予習レビュー

売ることのアイディアを発想する才能はない?

発売間もないまんぷくラーメンも思いのほか売れませんでしたが、満を持して発売された、まんぷくヌードルもまた、思いのほか売れないようです。

スーパーマーケットなどではそれほど売れない。

そこで萬平さんが考えたのは、タクシー会社やホテルなど、深夜でも人が働いている環境です。夜食として売れるのではないかと、萬平さんは考えるのでしょうか。

ものづくりのアイディアでは次々とヒットを飛ばす萬平さんですが、売ることのアイディアを発想する才能には、残念ながら恵まれていないようです。

タクシー会社やホテルなどの、萬平さんのアイディアによる販路は空振りに終わり、売り上げはますます落ちるばかり。

最終週も苦労が絶えない萬平さんです。

鈴さんの最終週の活躍?

売ることのアイディアを発想する才能はない?そんな萬平さんの売ることのアイディアがまたしても空振りに。

萬平さんは自動販売機で売ることを考えるものの、いつも萬平さんの考えを支持する福ちゃんでさえも、萬平さんのアイディアを疑ってかかる模様。

そして鈴さんも、萬平さんのアイディアをきっぱりと否定。

しかし、この時の鈴さんの言葉から思いがけない展開がはじまろうとは、鈴さん自身も想像すらできなかったはず。

ところでブログ主は、結末近くの鈴さんとの永遠のお別れが心配でなりませんでした。最強天然キャラの鈴さんが大好きだったので。

でも、鈴さんは最終週まで出番があるばかりか、最終週に期せずして活躍してしまうようです。鈴さん、最後まで最強です。

思い出のラーメンデートの再現?

鈴さんとのお別れと同様、ヒロイン夫婦とのお別れもブログ主は心配でした。

前作の『半分、青い。』のようなヒロインの半生を描く作品とは異なり、ヒロインの人生のすべてを描く作品は、ヒロイン、またはヒロインの夫との永遠の別れがつきものだからです。

でも、本作はその心配もないことが判明しました。

福ちゃんと萬平さん。最後の最後まで仲の良い姿を見せてくれるみたいです。

福ちゃんと萬平さんの馴れ初めは屋台でのラーメンデート。思い出のラーメンデートを再現するような場面が、本作『まんぷく』の最終回に描かれるみたいです。

ハッピーなエンディングによって、今年は明るい春を迎えることができそうです。

<<前週 第25週 | 次週 『なつぞら』>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mouyan より:

    カップヌードルを初めて買った時、プラスチックのフォークが添付されていました。箸でもいいのにと思ったがそれはそれで世界進出を目指した考えがあったのですね。