栄養研究所のお墨付き! / まんぷく 第117話

2019年2月19日(火)第21週「作戦を考えてください」

あらすじ

大急百貨店の特設売り場で、まんぷくラーメンの販売を開始したものの、期待していたほどには売り上げが伸びませんでした。

そこで、福子と萬平は、国立栄養研究所にまんぷくラーメンの栄養分析をしてもらうことにしました。

まんぷくラーメンにどのような栄養素が含まれているかを調べ、それを宣伝材料にしようと考えたのです。

分析の結果、まんぷくラーメンにはコラーゲンやミネラルなど、様々な栄養素が含まれていることがわかりました。

その調査結果を受けて、福子と萬平は「栄養満点!国立栄養研究所のお墨付き!」という宣伝文句を用いることを開始。

この宣伝文句の効果はてきめんで、それまで伸び悩んでいた売り上げは増大。

さらに売り上げを伸ばすため、福子と萬平は、新たな作戦を考え出すのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回116話 | 次回118話>>

Sponsored Link

予習レビュー

今週のサブタイトルは「作戦を考えてください」。サブタイトルにある「作戦」とは、販売を開始したまんぷくラーメンの売り上げを増やすための作戦を意味します。

世良さんの交渉によって、まんぷくラーメンは大急百貨店というとても目立つ場所での販売を開始するものの、思いの外、売れません。

そんな状況を打開するための「作戦を考えてください」ということなのでしょう。

今回の劇中では、その「作戦」の第一弾が登場し、その作戦第一弾みごとに効力を発揮するようです。

今回、描かれる作戦は、権威からのお墨付きを得るというもの。かつてダネイホンを東京で販売したときに使った手法と一緒です。

ただし、ダネイホンのときは栄養研究所ではなくどこぞの医学大学からのお墨付きだったので、お墨付きををもらう権威の違いはありますが・・・

さて、作戦第一弾は当たったようです。

そして、作戦第二弾も、今回のドラマの中で実行されはじめるみたいですが、第二弾も効力を発揮するのでしょうか。

追伸:以下、ちょっとだけネタバレです。

おそらく3月に入ってからのことになると思いますが、『まんぷく』の中で、ついにカップヌードルの開発物語が描かれます。

このカップヌードルですが、意外にもこれまで味噌ラーメンがなかったのだそうです。

さて、カップヌードルの開発と販売成功が3月に描かれます。そして4月。カップヌードルの味噌ラーメンが、リアルで発売されるそうです。

絶妙のタイミングを狙いましたね。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回116話 | 次回118話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. にのまる より:

    はじめまして
    カップヌードルの味噌味確かにありました
    ジェームズ・ブラウンがミソンパ!ってシャウトしてたCM覚えています

  2. もんばび より:

    味噌味、何度かありましたよ。
    数十年前、コンビニでバイトしてたとき、何度も品出しをしました。
    ただ、確かに短命でした。夢か幻かと思うくらい、すぐに消えてなくなりましたね。「期間限定のイベントメニュー」だと思い込んでました。