工場で大量生産が始まる / まんぷく 第120話

2019年2月22日(金)第21週「作戦を考えてください」

あらすじ

テレビコマーシャルの放送によって、一躍人気商品になった「まんぷくラーメン」を、全国販売することが決まりました。全国販売にあたり、商品を大量に生産するため工場を建設し、「まんぷく食品」の従業員を増やすことも決定。

神部、岡、森本の3人も、まんぷく食品に正社員として入社することが決まりました。吉乃も、まんぷく食品への入社を決意。福子に口説かれた鈴も、経理としてまんぷく食品の仕事をを手伝うことが決まりました。

その1ヶ月後。まんぷく食品の工場が完成しました。福子と萬平は、社員たちに即席ラーメンの製造を指導。まんぷくラーメンは飛ぶように売れ、相次ぐ注文に応じきれないほどの状態になっていました。

そんな中、憂鬱な表情の世良が、荷物を抱えてやってきました。世良が持ってきた荷物の中に入っていたもの。それはまんぷくラーメンを真似た即席ラーメンでした。まんぷくラーメンの大ヒットによって、またたく間にニセモノが世の中に出回ったのです。

<<前回119話 | 次回121話>>

Sponsored Link

予習レビュー

前回のドラマの中で描かれた、テレビコマーシャル放送によるブレイクによって、まんぷくラーメンは一躍、注目を集める製品になりました。

即席麺の開発のときとは異なり、商品が売れないという試練は、意外に早く乗り越えることができたな、というのがブログ主の感想です。

大器晩成型と複数の占い師に言われた萬平さんは、過去の様々な試練を乗り越えるのに、ずいぶんと時間がかかっていました。

でも、萬平さんは人生の晩期を迎えつつある年齢です。

いよいよ大器がかたちづくられてきたことを、試練を乗り越えるスピードの速さがあらわしているのでしょうか。

とは言っても、これから別の試練が萬平さんを待ち受けているようですが。

今回の最後に、またしても新たな試練のフラグが立ちました。世良さんが血相を変えて駆け込んできた理由とは?

この新たな試練も、一刻も早く乗り越えることができますように。

感想

岡くんと森本くんの純

岡くんと森本くんの純情がかわいい!

萬平さんから声をかけてもらえなかったことをそんなに気に病んでいたとは。

戦後の闇市で、なかば路頭に迷っていたところを神部くんを通して萬平さんに拾ってもらい、面倒を見てもらった恩義を決して忘れてはいないんですね。この二人。

萬平さんのことを兄か父親みたいに考えているのでしょう。

塩軍団時代は、なにかとお騒がせキャラでしたが、今回、パーラー白薔薇で流した二人の涙を見て、岡くんと森本くんの二人がたまらなく好きになりました。

追伸:涙を流す岡くんと森本くんに注がれる真一さんの視線もまた優しい。

あそこはきっと笑うべき場面なのでしょうが、不覚にも涙腺をやられました。

コメントへの返信 by 朝蔵

松坂慶子さんが「🎵行ったつもりで北海道~北海道~」と日清食品さんのCM(よるは去ったさん:119話)
鈴さん、願いかなってテレビ出演をはたしていたんですね。しかも、まんぷく食品のコマーシャルに(笑)記憶にありませんでした。

北海道といえば、北海道が舞台の新作朝ドラがはじまるまで、あと1ヶ月とちょっとですね。『まんぷく』あっという間の半年、否、あっという間の5ヶ月でした。

世良商事の広告もあり 大豆からラーメンまで のコピー(Amoさん:119話)
世良商事の実在モデルが三社のどれかは定かではありませんが、実はそれほどの大企業だったんですか!?

あんな胡散臭い(笑)経営者の会社にされてしまったのはお気の毒ですが、『べっぴんさん』に出てきた某総合商社よりは人間味が豊かかもしれません。

お世話になった「白薔薇」には、テーブルチャージとサービス料を考慮したら16円くらいで
卸すのが妥当(PayPay!さん:119話)

福ちゃんと萬平さんが、パーラー白薔薇に恩返しする場面が欲しいですね。即席ラーメンの開発まで、立花家の家計を支えていたのもパーラー白薔薇ですからね。

一方、あそこまで応援を続けながら、恩着せがましいところが微塵もないアキラさん・しのぶさんご夫妻。本当に粋な方です。

あんな喫茶店が近所にあったら、どれほど暮らしが楽しくなるかと思います。

この世の人ではないとか?(にゃんこさん:124話)
それだけはないといいですね。でも、野呂さん、見るからに長生きしそうなキャラなので、この世の人でなくなるのはないかなとも予想しています。

ちなみに、夢の中に登場する野呂さんは、若かりし日の姿。大阪の東洋ホテルで働いていた頃の姿なのだそうです。

「Nissin Top Ramen Chicken Flavor」(風さん:119話)
「Nissin Top Ramen Chicken Flavor」は見かけないですね。というか、即席ラーメンそのものをあまり見かけません。

そう言えば、これは数年前の話ですが、香港の富裕層向けスーパーマーケットのお店に入ってすぐの一番目立つ場所に、日本のインスタントラーメンが山積みされていました。

一番人気の高級食品の扱いをされていて、ビックリしたことを思い出します。

松阪さん、ノリノリの演技が楽しすぎ!!(うこちえすさん:119話)
鈴さんというキャラクターが愛しくてならない。そんな気持ちがひしひしと伝わってく松坂さんの演技。心から鈴さん役を楽しまれてますね。

この鈴さんと毎日のように会えるのもあと1ヶ月あまりと考えると寂しいです。『まんぷく』が終わった後の最大のロスは、鈴さんロス。僕の中では今から確定しています。

鈴さんと世良さんが同一場面に入ると面白さ最強!(ひるたまさん:119話)
トムとジェリー、仲良くケンカしな♪、というアメリカ製アニメの主題歌がその昔ありました。その主題歌のまんまですね、鈴さんと世良さんは。

パーラー白薔薇のマスター・アキラさんの言葉を借りると、ナタネ油とゴマ油のコンビが一緒の画面に出てくると、もうニヤニヤが止まりません。

まるっきり同じ文章(Asamiさん:119話)
お知らせありがとうございます!こうしたことが後を絶たず、以前から困り果てています。

企業秘密と言うべきノウハウを公表するのですね(アーモンドさん:125話)
萬平さんのこの決断が、即席ラーメン業界全体を大きくし、結果としてまんぷくラーメンやその後のまんぷくヌードルの大ヒットにつながるんですね。

損して得取れとはまさにこのことでしょうか。ドラマの中での萬平さんは商才はない人みたいな描かれ方をしてますが、なかなかどうして、世良さん以上の商売人ですね。

<<前回119話 | 次回121話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    全国(とはいかないものの)各地の問屋さんからの注文が殺到しているということは、あのテレビCM放映は全国展開しているのでしょうか…。
    源ちゃん・さっちゃんをいじめていた子も、「有名人」となった源ちゃんたちをさぞ羨ましがっていることでしょう。
    描かれる場面は無くとも、源ちゃん・さっちゃんが、「お母さんの言うてたことホンマやった!」と喜んで福ちゃんに報告している姿が目に浮かびます。

  2. ひるたま より:

    「やっと…やっと…」「今まで…今まで…」岡くん&森本くんコンビ、本当に良かった!(^^)
    (欲を言えば…まんぷく食品は人手不足との事なので、岡&森本コンビ以外の塩軍団メンバーを‘退場’=オールアップさせてしまった事は間違いだったかも?(^^;) それこそ萬平さんが声を掛けたら全員再結集する可能性大でしょう。…もっとも、8年も経過した現在では大阪を離れて生まれ故郷に戻ったり、他所の土地に移り住んでいるメンバーもいるかもしれませんが)

    嬉し泣きする森本くんを「よしよし」と撫でてあげていた真一さん、本当に優しくて素敵ですね。それこそ、今日の放送を見て真一さんに撫でてもらいたいと感じた視聴者の方も少なからずいらっしゃったのでは?(^^)

    「今日は生卵を落として食べましょう…咲姉ちゃんに教えてもろたの」「せやけど、まんぷくラーメンは萬平くんが考えて、考え抜いて完成させた味やぞ」咲さんの名前が出た時に真一さんが咲さんに関しては殆ど反応していなかったように私の目には映りました。
    再婚した後に、死別したかつての配偶者をどの程度思い出すものなのか…ちょっと想像がつかないというのが正直な所ですね。(あくまでも私見ですが)

  3. おせっかい より:

    世良さんのセリフの「バッタもん」は間違いで、「パチもん」が正しい言葉です

    バッタもん=バッタもの→正規の流通ルートで仕入れたものではない商品のことで商品は正規品
    今なら、B級品やアウトレットで、ルートをバッタの様に飛ばすことからきている
    パチもん=パチモノ→大阪弁のぱちる(意味は盗む/取る)と品物の合成語

    今回はまんぷくラーメンの偽物ですので、あの場面では「パチもん」が正解です
    NHKに電話をしている人がきっといると思います(笑)

  4. Amo より:

    世良さんの 左団扇に笑い それ違う違う 扇子や と突っ込み 良く見たら何だか 札束にみえるのは私だけ? と思ったけど 公式ツイッターにも呟かれてまして 皆さん同じことを感じてるのね (^ω^)