不思議な夢が問題を解決 / まんぷく 第145話

2019年3月23日(土)第25週「できました!萬平さん!」

あらすじ

まんぷくヌードルの容器に、麺をうまく収める方法が見つからず、萬平は悩み続けていました。

そんなある日、萬平は不思議な夢を見ました。

夢の中で、萬平がいる部屋が回転をはじめ、部屋の空間の上下が逆転。いつの間にか天井が床になり、床が天井になっていたのです。

夢の中で、「床から天井に転落」した萬平は驚き、叫びながら目を覚ました。

そして、その瞬間。萬平は、麺を容器に中に上手に収める方法を思いつき、そのアイディアによって、ついに製造ラインが完成しました。

まんぷくラーメンがいよいよ完成に向かって前進する中、まんぷくラーメンのパッケージデザインは、忠彦の弟子・名木に任せることになりました。

しかし、名木は任された仕事を仕上げることができず、プレッシャーに押しつぶされそうになりながら、ある行動に出るのでした。

参考:Yahoo!テレビ

最終週/第26週

<<前回144話 | 次回146話>>

Sponsored Link

予習レビュー

カップで食べる、これまで誰も見たことがない即席ラーメンをつくる。

萬平さんが新たに挑んだプロジェクトは、開発チームの面々も巻き込んで、まんぷくラーメンの開発のとき以上に困難続きでした。

麺とスープの開発までは、萬平さんが蓄積してきた経験によってスムーズに進みました。

しかし、容器の選定の問題、選定された容器の刺激臭の問題、スープの味を麺につける問題、スープを粉末にしたもののダマになってしまう問題。

それらが解決された後に、新たに浮上した、お湯をかけるともどる、しかも、これまでのラーメンに使われたことがないような具材の問題。

これらがすべてクリアになって、やっと商品化という段階になって、追い打ちをかけるかのごとく、製造ラインで問題が発生。

この製造ラインでの問題が、萬平さんが見た不思議な夢によって解決しました。常人離れした天才ならではの、問題解決です。

でも、さらに次の問題が発生。この問題は萬平さんの手に負える問題ではありません。

パッケージデザインが仕上がらないという問題!しかも、パッケージデザインを任せたのは、よりによって泣き虫名木くん。

どうして、忠彦さんではなく、泣き虫名木くんなんかに、こんな大仕事を任せてしまったんでしょうか?(笑)

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回144話 | 次回146話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よるは去った より:

    ヌードルをカップに詰める製造ラインを思いついた件を「歴史ヒストリア」で視た時に連想してあるエピソードを思い出しました。特撮の神様の円谷英二監督に関してなんですが、特撮テレビドラマ「ウルトラマン」で劇中に出てくる「科学特捜隊」の戦闘機「ジェット・ビートル機」の飛行シーンの撮影時に機を吊り下げているワイヤーをどうしても画面から隠すことが出来なくてスタッフたちが悩んでいると、円谷監督は「『機』を逆さまに吊り下げて『カメラ』も逆さまにして撮す。」ことをアドバイスしたそうです。視聴者の中でも特撮のタネ探しをしようとする人は「当然『上』から『機』が吊り下げられている。」という思い込みから「画面」の上部を注視するだろうから、その裏をかいたわけですね。安藤百福さんや円谷英二監督のように新しく何かを創る人たちは常に色々な角度からモノを見ているんだなと思いました。