泰樹と剛男が対立始める / なつぞら 第15話

2019年4月17日(水)第3週「なつよ、これが青春だ」

あらすじ

柴田家では、泰樹と剛男の関係がギクシャクしはじめていました。剛男は農協で働いていました。一方で泰樹は、農協の考え方を受け入れられず、農協を嫌う泰樹は、剛男のことを面白く思っていませんでした。

その頃、農協では、地元の酪農家の牛乳をすべて取り扱い、農協が代表して大手乳業メーカーと価格交渉する環境を目指していました。しかし、泰樹は、他人の力に頼ることを嫌っていました。だから、農協を、受け入れることができずにいたのです。

剛男は言葉を尽くして、泰樹の説得を試みるものの、泰樹は剛男の言葉に耳を貸そうとはしませんでした。思いつめた剛男は、なつに協力を求めました。地元の酪農家を助けるために力を貸してほしいと、なつに頭を下げました。

泰樹と剛男の間にはさまれる立場に立たされたなつは困り果ててしまいました。そして、一晩考え抜いた末に、なつは泰樹の考え方を尋ねました。しかし、なつが尋ねたことで、泰樹はさらに頑なになってしまうのでした。

<<前回14話 | 次回16話>>

Sponsored Link

予習レビュー

前回、乳しぼりを免除されたなっちゃんが、放課後に天陽くんの家に遊びに行きました。絵を習うためです。

そのとき、なっちゃんは、天陽くんの家が、乳牛を飼いはじめたことを聞かされます。農協の力を借りて、天陽くんの家も、酪農の第一歩を踏み出すことができたのです。

酪農の仕事の経験が豊富ななっちゃんが、仲良しの天陽くんの家でも酪農をはじめたことを喜ばないわけがありません。

その喜びを、なっちゃんは泰樹さんに素直に伝えました。

しかし、泰樹さんの反応は、なっちゃんにはあまりにも意外なものでした。

泰樹さんは、天陽くんの家で酪農をはじめたことを喜ばないばかりか、彼の家の牛の面倒を見るなとまで言いだしたからです。

その泰樹さんの意外な反応の謎が、今回、明かされます。

泰樹さんは農協が嫌いでした。酪農家は自分の二本の足で立たなければならない。泰樹さん、きっとこんな考え方の持ち主なのでしょう。

だから、みんなで支え合うという考え方。または組織に頼るという考え方が馴染まないようです。

登場人物の間の利害の対立が描かれることで、ドラマが動きはじめてきました。

感想

剛男さんなりのしたたかな家庭内政治

前回の終わり頃のこと。剛男さんが、思いっきり地雷を踏みました。

さて、剛男さんが地雷を踏んだのは、すなわち、なっちゃんの話に妙に乗ってきたのは、剛男さんが天然なのだと思ってました。天然ゆえに地雷を踏んだのかなって。

天然どころか、剛男さんなりのしたたかな算段。家庭内政治だったわけですね。

なっちゃんをダシにして、泰樹さんの心変わりを期待していたとは。剛男さん、純朴そうに見えながら、なかなか腹黒いところがありますね(笑)

でも、お腹の中は、泰樹さんを調略できるほどには真っ黒ではありませんでした。剛男さん、残念でした。

ところで、なっちゃんをダシにして、泰樹さんの気持ちを動かそうと必死すぎる剛男さんに対して、泰樹さんはあくまでも無視を決め込む。

まったく反応しない。

しかし、天陽くんとなっちゃんの関係のことを、夕見子ちゃんが「恋人でしょ?」と口にしたその瞬間。

泰樹さんが、はじめて本気の反応を見せたことに吹きました。

泰樹さんのセリフは『真田丸』

泰樹さんと剛男さんの間に挟まれてしまったなっちゃんが、翌朝になって、泰樹さんの考えを確かめる場面。

泰樹さんのセリフは『真田丸』そのものでした。

「組合はお前をつかってわしを調略するつもりか!?」

朝ドラに「調略」という言葉が出てくるとは思いもよりませんでした。

コメントへの返信 by 朝蔵

なっちゃん、夕見子ちゃん、明美ちゃんの姉妹のやり取りは当面笑えるかも(よるは去ったさん:14話)
三人娘の人間関係に、これほどの笑いのネタが仕込まれていようとは、子役時代には想像もできませんでした。

明美ちゃんが成長したとき、三人娘の諍いは、さらにヒートアップするかもしれませんね。少なくとも夕見子ちゃんと明美ちゃんの二人は、とんでもないことになるかもです。

なつの通っている農業高校、馬での通学が許されるなんて(ぱぽりんさん:14話)
なっちゃんの馬の通学姿を見ていて思い出しました。その昔、ニューヨーク旅行に行ったとき、馬で通勤しているおじさんがいました。

毎朝、車道を疾走するカウボーイ姿のそのおじさんの姿が忘れられません。

旧制「十勝農業高校」は昭和47年ごろに全国大会にも出場した歴史ある演劇部がありました(ザリガニ大王さん:20話)
なっちゃんの通っている農業高校は実在モデルが存在するんですね!しかも、輝かしい実績を持った演劇部までが実在していたとは驚きです。

「十勝農業高校」と「鹿追町の伝承 白蛇姫物語」。貴重な情報提供をありがとうございました。

十勝の農家を農協に組み込むためには、柴田泰樹さんを味方につけねばならん(ともあきさん:14話)
おっしゃる通り、田辺組合長と剛男さんの「政治の会話」は、そのまま『真田丸』ですね。しかも、その相手は「真田昌幸」(笑)

『なつぞら』に仕込まれているネタは、朝ドラの過去作品や名作アニメーションばかりではなさそうです。

明美ちゃん…夕見子よりなっちゃんの方が好きなのかな?(ゆきこさん:14話)
明美ちゃんとなっちゃんが「普通の女の子」であるのに対して、夕見子ちゃんだけは秀才で「私は特別オーラ」を放っているような気がします。

だから、どうしても明美ちゃんとなっちゃんがくっついちゃうのかもしれませんね。

ノブさんが出てて、あおぞらの先生役だとバラしてました。(あいしさん:14話)
情報提供ありがとうございます。思いがけないところでバラしてますね(笑)

なつの言った、サイレージ(ぱぽりんさん:14話)
そもそも、サイレージそのもののことを良く知らなかったので、サイレージが持っているメリット、デメリットを知ることができました。

サイレージ情報、ありがとうございました!

(Amoさん:14話)
モンキー・パンチさんが亡くなったことをちょうだいしたコメントで初めて知りました。びっくりしました。

そんな日の放送に剛男さんの「富士子ちゃん」が久しぶりに登場しました。まるでモンキー・パンチさんへの弔いのセリフのようでした。

夕見、引っ掻き回さない!(よるは去ったさん:15話)
なっちゃんも、夕見子ちゃんも、二人揃って、泰樹さんの言葉の本質をしっかりと理解しているようですね。

夕見子ちゃんは泰樹さんの言葉の深さを理解し、なっちゃんは泰樹さんの言葉の家族への影響力をよく理解しているようです。

必ずしも子供が継ぐものだ、と言われるとちょっと…引きますね(ひるたまさん:『あさが来た』16話)
最近ではむしろ、子供の引き継がせないと積極的に考える事業オーナーの方が増えているみたいですね。

こんな苦労を、愛する我が子にまでかけさせたくないって。

新次郎さんの言い分には…思わず一瞬吹いてしまいました(^^;)。(ひるたまさん:『あさが来た』16話)
新次郎さんの言い分とは「お客さんにおいどを触られたらどないしますのや?」ですね。いかにも新次郎さんらしい目の付け所でした(笑)

それに対するあさちゃんの答えは、夫婦漫才でした。

「おいども私が守って見せます!」

<<前回14話 | 次回16話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 1013 より:

    「花子とアン」の安東家のお母さんもおふじさん
    なっちゃんの養母さんもふ~じこちゃん
    どっちも祖父と夫婦に一男三女の家族
    安東家も柴田家も婿養子
    じいちゃんと父さんはなんとなく折り合い悪い
    ・・・まだ出ますかね(笑)

  2. ゆきこ より:

    剛男さん感じ悪いわてか夕飯時にそんな物騒な話持ち出すな!農協さん直接出てきてどうして行きたいのかちゃんと泰樹じじに直談判するべきだよ姉妹の喧嘩以上に物騒だわなっちゃんも来た時よりは遠慮する気持ちは減ったのかもしれないけどこれはやり過ぎ

  3. ずんこ より:

    農協の何がそんなに気に入らないのか…
    そこがようやく、少し見えました。

    1人北海道に渡り、農地を開墾し牛を飼ってきた泰樹さんなら、一人の力の小ささ、みんなで協力することの大切さを分かっているはずだと思っていました。
    だから、、農協で農家が協力し合うことのどこに反対しているのだろうと、疑問に思っていました。
    プライドだったのですね。
    それと、自信。

    自分が育て上げた牛の出す牛乳に、泰樹さんは絶対の自信とプライドを持っていた。
    その自慢の牛乳が、他の農家の牛乳に混ぜられてしまうことが、我慢ならなかったのですね。
    今でいう、ブランド牛乳の発想。
    出来れば「柴田牛乳」ブランドとして、農協で売ることができれば…
    それなら泰樹さんも、許してくれるかな。
    助け合いは、必要だから。

  4. オペラ座の怪人 より:

    調略という言葉、初めて聞いた言葉で、
    前後の文脈からして、意味は大体分かったけど、
    なんと、大河ドラマで草刈さんが使っておられたとは!

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  5. よるは去った より:

    泰樹「世の中明るくなると大事なものが見えなくなる。」夕見子「うまいこと言うなじいちゃん。」なつ「夕見、引っ掻き回さない!」このやり取り私的には笑えた。

  6. アーモンド より:

    なつの通う高校の先生、まんぶくの安藤サクラの旦那さんではないですか?
    夫婦で朝ドラ続けて出るとは?