台本『白蛇伝説』が完成 / なつぞら 第20話

2019年4月23日(火)第4週「なつよ、女優になれ」

あらすじ

演劇部顧問の倉田が、地区大会で上演するための劇の台本『白蛇伝説』を完成。なつが演劇部に入部したのは、泰樹を思ってのことだったと知っている倉田は、なつにヒロインを演じさせることにしました。

倉田は、絵を描くことが好きななつに、舞台の背景画を描いてもらいたいと相談しました。なつは、その頼みを断るものの、雪月の店内に飾ってある絵が、倉田の思い描く絵に近いイメージを持っていることを、倉田は思い出しました。

雪月に飾ってあるその絵は、天陽が描いた絵でした。なつは早速、舞台の背景画を頼むため、天陽の家へ足を運びました。なつの頼みを天陽は快諾。天陽は仕事の合間に、舞台の背景画を引き受けることにしました。

天陽の家に足を運んだなつは、天陽一家の悩みを知りました。天陽の家の牛乳は、いつも乳業メーカーからの評価が低く、天陽一家はそのことを思い悩んでいたのです。そんな中、なつは演劇の準備を着々と進めるのでした。

<<前回19話 | 次回21話>>

第4週 | 第5週 | 第6週 | 第7週 | 第8週
第9週 | 第10週 | 第11週

Sponsored Link

予習レビュー

お芝居の台本を完成させた倉田先生を演じるのは、柄本佑さん。

その柄本佑さんは、数年前に大ヒットした朝ドラ『あさが来た』の中で、「白蛇はん」という残念なニックネームを持つキャラを演じました。

その「白蛇はん」へのオマージュでしょうか。

お芝居の台本のタイトルは、「白蛇はん」ならぬ『白蛇伝説』。朝ドラ100作目の、過去作品ネタがこんなところにも仕込まれているようです(笑)

それはさておき、『白蛇伝説』上演にあたり、演劇の経験がまったくないなっちゃんがヒロインに抜擢されました。

なっちゃんに演劇の経験はありませんが、さりとて、なっちゃんは演劇部の初めての女子部員。演劇部には、なっちゃんの他に女優がいません。

演劇未経験者がヒロイン。止むを得ないことなのでしょう。

ヒロインを任されたなっちゃんは、舞台の背景画まで任されそうに。なっちゃんは、これはしっかりと断りました。

しかし、その大仕事は、あの天陽くんに任せることに。少年時代に視聴者の涙を誘った天陽くんが、再びドラマの中に入ってきました。

感想

泰樹さんのドラマ

天陽くん一家の牛乳の評価が低い。ちょっとばかりネタバレになりますが、今週のストーリー展開上のとても重要なフラグが出て来ました。

詳しくは伏せておきますが、今回のドラマの中でさりげなく描かれた天陽くん一家の悩み、記憶にとどめておこうと思います。

同様の天陽くん一家が悩む場面が、あと1回か2回、出てくるかもしれません。

この天陽くん一家の悩みと、なっちゃんがこれからはじめる演劇。そして、農協に対して頑なな態度をとり続ける泰樹さん。

この三つのエピソードが今週のどこかで合流してくるはずです。

この「合流」までの泰樹さんの心の移り変わりが今週の最大の見所かもしれません。なので、泰樹さんの言葉や表情の細かいところも今週は見逃せません。

泰樹さんのドラマが少しづつ動き始めました。

コメントへの返信 by 朝蔵

私の母校でも演劇部の部員が朝早くから(よるは去ったさん:19話)
ブログ主の母校は、朝早い時間すら稽古をしていませんでした。部活動は放課後だけで、朝練と呼ばれるようなものは皆無だったと記憶しています。

十勝農業高校の演劇部は伝統があるみたいなことがドラマの中で語られていたので、その伝統を守るために、自ずと稽古もハードなのかもしれませんね。

演技も出来て且つ「歌える」女優さんが求められる可能性大(ひるたまさん:『エール』)
『ごちそうさん』でも、主人公夫婦の妹が、美しい歌声の持ち主という設定を体現するために、ミュージカルの分野でも活躍する女優さんが起用されました。

それと同じで、ひるたまさんの予想されているオーディション結果になるかもしれませんね。そうなると、歌も楽しめる朝ドラになりますね。

門倉君の入部(オペラ座の怪人さん:19話)
誰にも逆らわれた経験がない親分肌の男性が、強気な姿勢に出て来る勝気な女性に一目惚れするというのは、定番のパターンです。

門倉くんも、なっちゃんに一目惚れしたことが考えられますね。そして、一目惚れしたので演劇部への入部を決意したのでしょうか。

だとしたら門倉くん。見かけによらずかわいいキャラです。

出来れば将来大人になった時の門倉くんの姿も見たいです(ひるたまさん:19話)
同感です。大人になった門倉くん。地元十勝の農家や酪農家の人々の誰からも慕われる、器の大きな人物になるような気がしてなりません。

ドラマの後半では、一度は上京したなっちゃんが十勝に戻る場面があるかもしれません。その頃に再登場してほしいですね。

窮地のなっちゃんを救うようなポジションで。本当に楽しみなキャラです。

『ど根性ガエル』の『ゴリライモ』(Amoさん:19話)
門倉くん、おっしゃる通り 『ど根性ガエル』の「ゴリライモ」の実写版ですね。あんなバンカラキャラ、久しぶりに見ました。

> 正真正銘の白蛇

「白蛇はん」として、生まれ変わったのでしょうか。現在、再放送中の白蛇はんは、和歌山のみかん畑で働いていますが。

泰樹さんが番組終了まで、長寿を全うされますように!(オペラ座の怪人さん:19話)
前作『まんぷく』のヒロインの母親・すずさんのように最終回まで元気な姿を見せてほしいです。

泰樹さん同様に、すずさんも大好きなキャラでした。そしてすずさんとの悲しい別れと、すずロスがいつも心配でした。

その心配がなくなったとわかった時は、ホッとしました。

文化系の部活の分類に入れられながらも体力作りの為のランニングや腹筋運動は欠かせませんでした(ちゃーちゃんさん:19話)
十勝農業高校の演劇部同様に、やっぱりトレーニングが体育会系レベルのハードさだったんですね。

ブログ主の出身高校の演劇部は、かなりゆるいところだったので、ドラマの中で描かれたような姿を一度も見かけたことがありません(笑)

真田昌幸が「源三郎、源次郎、ワシはどこでまちがった?」(ともあきさん:19話)
そんなセリフがありましたね。ちょっとネタバレになってしまいますが、『なつぞら』の中でも、草刈正雄さん演じる泰樹が同様にセリフを言うみたいです。

また、泰樹さんはすでに、一度は見離すような態度をとった天陽くんの実家の農地を、なっちゃんの一声で救うという「心変わり」も見せています。

自分を厳しく見つめることができるこんな人物。素敵です。

最終的には尻にしかれている旦那役として登場(どさん:19話)
門倉くんは、一目惚れしたなっちゃんにフラれてしまうのでしょうが、一緒に芝居の稽古で汗を流した門倉くんの姿を、いつも良子ちゃんが見守っていた・・・

そんな展開を期待しています。

この二人がくっつくと、門倉くんが「尻にしかれている旦那役」という展開、あり得ますね。良子ちゃん、なかなか強そうなので(笑)

夕見子ちゃんが今後どっかで、ぐれたりしないか心配になるくらい(どさん:19話)
夕見子ちゃんは、剛男さんの性質を受け継いだみたいで、泰樹さんみたいな仕事はしたくない。その点が救いですね。

夕見子ちゃんが、泰樹さんの血を受け継いでいたら、ぐれる心配が出て来ます。でも、もしそうだったとしたら、夕見子ちゃんもきっと「わしの弟子」扱いですね。

女子がズボンをはいているのは普通(どさん:19話)
寒い地域の場合、スカートしかダメというのはあまりにも酷ですからね。

戦火の下を駆け抜けて来た強さ?(よるは去ったさん:19話)
よくよく考えてみると、なっちゃんだけが「命懸け」を経験しているんですね。しかも、子供だけで終戦直後を生き抜いた強さも併せ持っているわけです。

<<前回19話 | 次回21話>>

第4週 | 第5週 | 第6週 | 第7週 | 第8週
第9週 | 第10週 | 第11週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よるは去った より:

    夕見子「バーカ。子供がそういうこと言うんじゃないよ。」明美「バーカ。子供にばかり仕事させてんじゃねーよ。」ったく!この二人は(笑)。
    しかし、夕見子「あんたのそういうとこつまんない。やるなら自分のためにやんなよ。(中略)だったら私も応援してやる。頑張れよ。」夕見子ちゃんは辛口ながらも気のいい役ですね。

  2. キヨコ より:

    なつぞらエンディングのアニメーション投稿。
    何日か前に、「半分、青い。」でスズメの漫画を担当した
    なかはら・ももたさんの作品が!
    こんな所にも朝ドラオマージュ。

  3. オペラ座の怪人 より:

    泰樹さん大好きの私ですが、
    本日は、松嶋なな子さんについて書かせていただきますと、

    予習を一切しない私は、松嶋さんの「なつぞら」ご出演を知らず、
    「なつぞら」を見て、初めて、松嶋さんがご出演、
    しかも、北海道のお母さん役と知り、
    え!? あの、都会的な松嶋さんが、と思ったのですが、

    どうして、どうして、しっかり、北海道の母を演じておられる、
    「家政婦のミタ」とは大違い、と思いました。

    しかも、泰樹さんとは父娘の関係。
    あの泰樹さんに物言える娘にして、我が子3児+なつ=4児の母、
    たっくまし~!

    今日も、白蛇の台本をしっかり読んで、
    なつを元気づけていました。

    ♪ヽ(´▽`)/ ♪♪(~▽~@)♪♪ρ( ^o^)b_♪♪ヽ(*´▽)ノ♪へ(*^▽^)/★*☆♪

    おしまい

  4. よるは去った より:

    正治「うちの牛乳は脂肪分が少ないって・・・・・。」現代は「低脂肪牛乳」が「売り」になっていたりしますからね。ああ、ゼイタクデ罰当たりな時代になったもんてすな。

  5. へるるん より:

    なつのモデル奥山玲子さんの最初の仕事とされる日本初のカラーアニメーション白蛇伝からきているのでは?
    柄本佑さんの白蛇さんにもかけてはいると思いますが
    というか逆で白蛇さんだったからキャスティングしたとか?

  6. ザリガニ大王 より:

    あさぞう様、いつも楽しく拝見しています。今回の「なつぞら」はわたくしの故郷、十勝地方のお話で大変喜んでいます。さて、今回ご指摘の「白蛇」は、天陽くんのモデルと思われる神田日勝が住んでいた鹿追町で、毎年行われているお祭りがヒントではと考えております。また、なつが通っていると思われる旧制「十勝農業高校」は昭和47年ごろに全国大会にも出場した歴史ある演劇部がありました。
    参照:鹿追町の伝承 白蛇姫物語(https://www.town.shikaoi.lg.jp/sightseeing/history/densho/)