遭難したなつが救われる / なつぞら 第37話

2019年5月13日(月)第7週「なつよ、今が決断のとき」

あらすじ

天陽に呼ばれ、山田家に向かったなつは、その途中で吹雪に見舞われてしまいました。遭難し雪の中で倒れてしまったなつを助けたのは、町から遠く離れた森の中で暮らしている彫刻家の阿川弥市郎の娘、砂良でした。

猟銃や動物の毛皮、そして木彫りの彫刻の数々が飾り付けられた阿川家の中で、なつを目を覚ましました。なつはその時、弥市郎と砂良の親子とは初対面のつもりでいました。しかし、砂良はなつのことを知っていました。

弥市郎と砂良は、倉田と知り合いで、倉田に招かれ、なつが出演した演劇を鑑賞していたのです。弥市郎は、東京で教師をしていました。東京の空襲で妻を亡くしていました。そして、戦争への怒りを彫刻に込めていました。

あくる日の朝。目を覚ましたなつは、夜明けと同時に阿川家を発ち、家族が待つ家に向かいました。家路の途中で目にした日の出の光景は、なつの心を激しく揺さぶりました。そしてなつは、なつを案じる家族のもとに無事に戻るのでした。

<<前回36話 | 次回38話>>

第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週

Sponsored Link

予習レビュー

今週のサブタイトルは「なつよ、今が決断のとき」。このサブタイトルにある「決断」とは、なっちゃんが下す高校卒業後の進路への決断です。

なっちゃん、ついに東京でアニメーターになる決断を下します。というわけで、北海道十勝編は今週が最後です。

さて、北海道十勝編の最終週となる今週、十勝の新キャラが登場します。

彫刻家の阿川弥市郎さんと、その娘の砂良ちゃんです。

この親子は倉田先生の知り合いなのだそうです。だから、倉田先生を通して、なっちゃんのことも知っていたのだとか。

しかし、人里離れた森の奥で暮らしているこの親子のことを、なっちゃんはこれまでまったく知らなかったようです。

なっちゃん視点からは初対面なので、ドラマの中でも初登場なのでしょう。

さて、北海道十勝編の最後に登場した二人の新キャラ。この二人との出会いがきっかけとなって、なっちゃんは気がつくようです。

自分はアニメーターになりたい。そのためにも東京に行きたいと。

本人だけが気づかず、天陽くんは気づいていたなっちゃんの夢。その夢に向かって、なっちゃんが「決断」を下すまでが、今週、描かれます。

感想

なっちゃんの涙

日の出の光景に心をうばわれたなっちゃんの涙が美しい。

この涙は、自分でも気がついていなかった自分の夢に覚醒した瞬間の涙なのでしょうか。

一歩間違えていたら命を落としていたはずのなっちゃんが、自分の中にある夢を、明日あたりからはっきりと自覚するのでしょうか。

小学校時代の漫画映画の鑑賞会。

東京でのアニメーションスタジオの見学。

そして『ファンタジア』の鑑賞。

これらの経験を経て、なっちゃんがついに覚醒しました。いよいよ、なっちゃんの人生が動き始める予感でいっぱいの月曜日でした。

前回にひきつづき照男くんに注目

前回にひきつづき、照男くんにすべてを持って行かれました。

とりわけ今回は、照男くんの登場場面はわずか数秒しかないというのに。前回で、照男くんの男前ぶりに心を奪われていたので、なおさらのこと、照男くんに注目してしまったのでしょう。

なっちゃんを天陽くんの家に行けと言ったのはこの自分だから。

責任を感じる照男くんが、家族が止めようとするのを振り切って、なっちゃんを探しに行こうとする姿に泣けました。

木彫りの熊

北海道のお土産の定番の一つ「木彫りの熊」。弥市郎さんも制作していた木彫りの熊の熊について、ざっくりと調べてみました。

この木彫りの熊。スイス由来のようです。

尾張徳川家の当主だった徳川義親が、欧州旅行の折に、スイスのベルンで「木彫りの熊」を購入。

その「木彫りの熊」を、旧尾張藩士たちが入植した北海道八雲町の「徳川農場」に送り、農業を営めない冬の間の収入源として「木彫りの熊」を土産として制作することを推奨。

それがはじまりなのだとか。

ブログ主が幼い頃、我が家にも「木彫りの熊」が3体ほどありましたので、馴染みの存在でしたが、こんな歴史があることは初めて知りました。

コメントへの返信 by 朝蔵

泰樹さん、言っちまったかあ!(オペラ座の怪人さん:36話)
言ってしまいましたね、泰樹さん。言ってはいけないことを。

何回か前にも、うっかり口がすべりそうになっていましたが、あのときは、あやういところで富士子さんが止めてくれました。

しかし、今度はストッパーがいなかったのがまずかった・・・

照男、頼りになるじゃん!最初は、確かに頼りなかったけど。(オペラ座の怪人さん:36話)
照男くんは子供の頃からずっと、たよりなげなキャラとして描かれていましたが、この回の照男くんは、別人と見まがえるほどでした。

泰樹さんが、照男くんのことを見直してくれるといいのですが。こいつ、なかなかみどころのある男に育ったなって。

大河ドラマ『利家とまつ』で、主役のまつを演じたのは、松嶋菜々子さん(よしけんさん:36話)
素敵なコメントをありがとうございます。

『なつぞら』は、朝ドラ過去作品、往年の名作アニメーション、さらに大河ドラマのネタがいっぱい詰め込められています。

なっちゃんと照男くんの結婚が出たというのも、『利家とまつ』のネタなのかもですね。

竹中直人さん、多摩美術大学出身ですよ(Mutsumi Uneさん:36話)
そうでした。竹中直人さんでした。

知り合いから大学生時代の竹中直人さんのことをよく聞かせてもらっていたころ、その知り合いが作家デビューをする前の村上龍さんのことを知っていて、村上龍さんの話もたまに聞いていました。

村上龍さんの出身大学と、竹中直人さんの出身大学。記憶が混ざってました。

吹雪の中で倒れているなっちゃんを誰が救出するのかな?(よるは去ったさん:36話)
あの状況で、助けてくれた人がいたのは奇跡に近いことですね。冬の北海道では、家まであと十数メートルというところで遭難する人さえいるほどですから。

かなり危ない状態だったはず。

たしか『北の国から』でも、吹雪の中の遭難シーンがあったはず。あのときは、馬で助けてに行ったと記憶しています。

ドラマのオープニングアニメ、毎度毎度シカの足の動きに目が行ってしまいます(ぱぽりんさん:36話)
シカの足の動きなど、気にもとめてはいませんでした。というか、それ以前にシカの足の骨格の構造すら、まったく知りませんでした。

骨格の構造を正しく理解した上で、それを正確に再現しているわけですね。これから注意してシカの足の動きも観察します。

なつなのに真冬の雪原で、凍死(アーモンドさん:37話)
夏だから、冬は苦手なのかもしれませんね。

男性陣がイケメン揃いアーモンドさん:36話)
本当にイケメンばっかりです。女優さんもキレイな人ばかりだし。

<<前回36話 | 次回38話>>

第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆきこ より:

    泰樹じじや…生みの親より育ての親って言うでしょ!確かに血は繋がってなくてももう1人の可愛い孫である事には変わりはないでしょうに…咲太郎が居たら殴られてましたよね利家とまつは従兄妹同士だったらしいですから利家兄=照夫まつ=なっちゃん利家=天陽君ですよねあっちはおばさんがまつの事が可愛くて仕方なくて利家兄とまつを最初結婚させようとしていましたもんね(その話が別の方と出ていたらごめんなさい)

  2. とらばさみ より:

    砂良ちゃんは「湖にオショロコマを捕りに行った」と言ってましたが、柴田牧場から天陽くんの家の間には湖は無さそうなんですが、どこの湖をモデルにしているのだろう?

  3. ともあき より:

    前出のコメントでしたらごめんなさい。
    泰樹さんの着ている毛皮のチャンチャンコ、真田丸で真田昌幸が着ていたものとおなじでは!?
    画像検索で調べたら、やはりでした。

  4. ぱぽりん より:

    ごめんなさい、照雄が昭雄になっていました。

  5. ぱぽりん より:

    「気になる・・・、やっぱ気になる!」
    と、いうわけで、何が気になるかと言うと、
    <なつと夕見子の二人が家を出ると、食事の時にどう並ぶか>、です。

    場面に向かって右側手前から奥に、中央右から左、左手手前から奥に、の順で書くと、

    剛男が復員してきた時
    泰樹・剛男  富士子・明美  照男・夕見子
    右側手前が上座の設定か。中央は台所にいちばん近いので主婦の座、ということになっている様子。
    明美の食事は富士子が面倒を見てあげなければいけないから富士子の横が必然、か。

    子なつが加わってからは、
    左側が 照男・夕見子・なつ
    左側は子供達の列であり、そして、照男、夕見子の実子兄弟を立てての並び順、かな。

    9年経って
    泰樹・剛男・照男  富士子  夕見子・なつ・明美
    明美が自分でご飯を食べられるようになった時から左の列にずれたのだろう。
    明美にとってなつは夕見子と同様な姉、というのが見て取れる。
    大人となり、<むさくるしい>右の列に移動させられた照男、残念。

    なつと富士子が東京へ行っている間、
    泰樹・剛男  明美  照男・夕見子
    明美が富士子の代わり、主婦の役目をしていることが解る。
    もっとも、真ン中に誰もいないと画面が寂しいし、その場合照男が左に移らないとバランスが悪い、との演出上の理由なのでしょうけれど。

    で、なつと夕見子が抜けた時の予想。
    泰樹・剛男  富士子  照男・明美
    こんなところが順当だろうか。

    さて、照男が結婚したら(ネタバレで誰だか知っているけれど、照男の嫁さんを「妻」としておく)
    泰樹・剛男・照男  富士子  明美・妻
    を本命と予想。

    さらに、明美が家を出たなら
    泰樹・剛男  富士子  照男・妻

    富士子が主婦の座を照男の妻に譲ったら
    と、ここからが難しい。
    富士子はどこへ行く?
    照男が左の列に移動し、富士子は剛男の隣へ行くのか、それとも、左の列が 富士子・照男 となるのか。
    左の列が 照男・富士子 となるのは考えにくい。照男は富士子の顔を立てるだろうし、富士子としては照男と妻の間では座りが悪そう。
    もしその時に照男の子供が生まれていたら
    泰樹・剛男・照男  妻  富士子・子供
    照男と妻が傍にあって、食事の間富士子が子供の面倒を見る、という前提でこんな並びが有力そう。

    泰樹・照男 妻・子供 剛男・富士子
    そして
    泰樹・剛男・富士子  妻・子供  照男
    この二つのパターンは、どうも柴田家ではありそうに思えない。

    さて、どうなるのでしょうか。
    考えてみると、結構、遊べます。

  6. オペラ座の怪人 より:

    2時間ドラマ業界の重鎮、
    中原丈雄さんが本格的に登場。

    なつぞらのホームページに
    えらく怖い顔をした写真が載っていて、
    どうなることやら?
    と思っていましたが、

    結構気さくなおじさんで
    良かった良かった。

    ♪ヽ(´▽`)/ ♪♪(~▽~@)♪♪ρ( ^o^)b_♪♪ヽ(*´▽)ノ♪へ(*^▽^)/★*☆♪

    中原さん、通りすがりの
    1~2回だけとか、
    1~2週だけとか、なのかしら?

    それとも、これからレギュラーなのかしら?

    あ!
    例によって、ブログ主様!
    ご存知でも、教えないでいただけると幸甚です。

    おしまい

  7. よるは去った より:

    なつ「怒りや悲しみを消すにはどうしたら良いんですか?」弥市郎「自分の魂と向き合うしかないべな。消さずに込める!」なっちゃんの将来への大きなヒントになっていくのかな?

  8. アーモンド より:

    なつなのに真冬の雪原で、凍死しそうになるなんて