アニメーターになる決意 / なつぞら 第38話

2019年5月14日(火)第7週「なつよ、今が決断のとき」

あらすじ

天陽の家に向かったはずのなつが、天陽の家に来ていないことがわかり、柴田家の面々は騒然となっていました。そんな中、弥市郎と砂良の家で朝を迎えたなつが、柴田家に帰ってきました。

柴田家の家族たちが安心する中、なつを案じた天陽が、柴田家にやってきました。その天陽に対してなつは、弥市郎と砂良の家からの帰り道に決めた、あることを打ち明けました。なつが打ち明けたこと。それはアニメーターを目指して東京に行く決意でした。

その日の夜、柴田家の面々に対してなつは、東京に行きたいと告げました。咲太郎を支えたい、妹の千遥と三人で暮らしたいと言いました。しかし、アニメーターになるという夢を打ち明けることはできませんでした。

なつのその言葉を聞いた泰樹は、なつに対して勝手に出て行けと言い放ちました。なつの顔は二度と見たくないとまで言いました。ショックを受けたなつは、すぐに出て行こうとするものの、剛男と富士子に諭され、落ち着きを取り戻すのでした。

<<前回37話 | 次回39話>>

第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週

Sponsored Link

予習レビュー

今週のサブタイトルは「なつよ、今が決断のとき」ですが、サブタイトルにある「決断」の第一歩を踏み出します。

なっちゃんの中で「アニメーターになる!」という夢がついに芽生えます。

そして、なっちゃん自身よりも早く、なっちゃんの夢の芽生えを察していた天陽くんに対して、なっちゃんはそのことを宣言。

なっちゃんの宣言によって、天陽くんは告白の機会を失ってしまいます。

二人の微妙なすれ違い。まるで『半分、青い。』の鈴愛ちゃんと律くんのようです。なっちゃんと天陽くんの二人も、この先でもすれ違いが繰り返されるのでしょうか。ちょっと心配です。

それはさておき、なっちゃんは柴田家の家族にも、高校を卒業後は東京に行きたいと宣言。しかし、どういうわけかアニメーターの夢は心に秘めたまま。

本心を隠す理由は、ドラマを観てからのお楽しみにしたいと思います。

さて、芽生え始めた夢を、天陽くんにも打ち明け、家族にも打ち明けたなっちゃんですが、早くもその夢がゆらぎはじめるようです。

泰樹さんの冷たい反応に、決意がゆらぐようです。

サブタイトルの「決断のとき」は、まだしばらく先となる見通しです。

感想

泰樹さんの焦り

東京に行きたいと言いだすなっちゃんに対して、泰樹さんが冷たい態度をとることは事前に知っていました。

しかし、暴言と言えなくもないきつい言葉を、泰樹さんがあそこまで強い口調で言うとは、想定外でした。

でも、泰樹さんの気持ち、わからないでもありません。

なっちゃんが自分の目の前からいなくなるこれからの日々が、泰樹さんには耐えられなかったのでしょう。

酪農家を継いでもらえなかったとか、柴田姓を名乗ってもらえなかったとか、そんなレベルではなく、なっちゃんを失うことそのものが怖かったのだと思います。

泰樹さん、無骨に見えて、実はとっても繊細な人みたいですから。

感情にまかせてなっちゃんに暴言を吐いてしまった泰樹さんでしたが、そのあとに深く落ち込む姿がとっても切ない。

照男くんに「お前まで巻き込んで悪かったな」と言った言葉で、泰樹さんの気持ちがすごくよくわかりました。

泰樹さんは、なっちゃんを失いたくなかった。

そして、なっちゃんを失いたくないあまり、焦りに焦っていたのでしょう。そして、なっちゃんを失わないために、孫の照男くんまで利用しようとした。

なっちゃんを照男くんと結婚させようとしたのは、柴田牧場の将来のためでもなく、まして孫の照男くんの将来のためでもなく、自分のためだった。

泰樹さんが照男くんに謝ったのは、焦りすぎていた泰樹さんが、ようやく我に返ったのかもしれない。

そんな感想を持った『なつぞら』第38回でした。

コメントへの返信 by 朝蔵

なつ「怒りや悲しみを消すにはどうしたら良いんですか?」弥市郎「消さずに込める!」(よるは去ったさん:37話)
弥市郎さんの「消さずに込める!」という言葉。『ちりとてちん』のヒロインのおじいちゃんの言葉を思い出しました。

悩んだことも苦しんだことも、いつかキレイな模様になって出てくるという言葉です。

このおじいちゃんの言葉が『ちりとてちん』のヒロインのその後をずっと支え続けました。弥市郎さんの言葉も、なっちゃんを支える言葉になるかもしれませんね。

2時間ドラマ業界の重鎮、中原丈雄さんが本格的に登場。(オペラ座の怪人さん:37話)
中原丈雄さんは、『聯合艦隊司令長官 山本五十六』の南雲忠一を演じられた姿が、強く印象に残っています。

『花子とアン』にも出演されていましたね。

映画の世界の人と思い込んでいましたが、テレビドラマの実績の、その数の多さにびっくりしました。

なつと夕見子の二人が家を出ると、食事の時にどう並ぶか(ぱぽりんさん:37話)
リトルなっちゃんが9歳の頃から、最近に至るまで、柴田家の食卓の並び方が、これほど変化していることにはじめて気が付きました。

子供たちの成長。剛男さんと富士子さんの家の中でのポジション。それらの変化に応じて、さりげなく並び順を変えている演出もにくいですが、それをここまで整理されているぱぽりんさんも、さすがです。

これら数年間の並び方予想も楽しませてもらいました。

ところで、なっちゃんと夕見子ちゃんが実家を出て、照男くんが結婚し子供も生まれた頃。

夏休みなどで、なっちゃんと夕見子が帰省したときなど、並び方はどうなるんでしょうね。また「三姉妹」が横に並んで、バトルを繰り広げるのかな?(笑)

照雄が昭雄になっていました(ぱぽりんさん:37話)
すべてなおしておきました。

毛皮のチャンチャンコ、真田丸で真田昌幸が着ていたものとおなじ(ともあきさん:37話)
貴重な情報提供ありがとうございます。毛皮のチャンチャンコ情報は、当ブログのコメントでは初めてのはずです。

それにしてもよく気が付きましたね。

ブログ主も『真田丸』を観ていましたが、毛皮のチャンチャンコが同じものであることにはまったく気が付きませんでした。

どこの湖をモデルにしているのだろう?(とらばさみさん:37話)
なっちゃんが暮らしている土地で、これまで川は一度だけ出てきましたが、言われてみれば湖がまだ登場していませんね。

生みの親より育ての親って言うでしょ!(ゆきこさん:37話)
泰樹さんにとっても、血のつながりのないなっちゃんの方が、血のつながりのある夕見子ちゃんよりもかわいい。

自分の孫も同然、というより、孫以上の存在です。

でも、あまりにもかわいいと思うあまり、自信がないのかもしれませんね。なっちゃんは自分のことを本当のおじいちゃんと思ってくれているのかなって。

泰樹さん、ああ見えて慎しみ深いところがありますから。

<<前回37話 | 次回39話>>

第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ともあき より:

    いやービックリしました。
    一晩の決断が、まさかの『東京行き』でしたから。
    吹雪の中で生死をさまよったなっちゃんには自分の生きる道がアニメーターだと、弥市郎さんの魂にも触れて感じたのかもしれませんね。
    そして今日からカンヌ映画祭です。
    『白蛇伝』が、デジタルリマスター版となって上映されることになりました。
    ますます、なつぞらが盛り上がりそうですね!

  2. ぱぽりん より:

    とらばさみさん同様、自分も砂良がどこに魚を取りに行ったのか気になりました。
    当時の環境、地形を想像すると、音問別町を貫いて十勝川に流れ込む音問別川(きっとあるはず)にも蛇行があって、あちらこちらに小さな三日月湖、その一つで漁をした、と脳内補完しています。

    朝蔵さん、訂正、ありがとうございます。

    「なっちゃんと夕見子が帰省した時など・・・」
    もうこうなったら、ヤケクソです、奥の手、です。
    富士子は剛男を立てつつ泰樹に睨みを利かせる席と想像されるので

    剛男・照男・子供  妻  富士子・夕見子・なつ・明美
    そして泰樹は真ん中手前、画面の中央に後頭部が ド~ン!!

  3. オペラ座の怪人 より:

    泰樹さんが心を鬼にして、
    愛のむちで「出て行け」みたいに言って
    びっくり、

    していたら、

    富士子さんが心を鬼にして、
    愛のむちで「ビンタ」で
    もっとビックリ。

    しかし、最後の内村さんのナレーションのとおり、
    肝心要、「アニメーター」になりたい、
    を言っていないのには、
    もっと、もっとビックリ。

    さらに、さらに、
    夕見子の憎まれ口と
    なつと夕見子の友情のようなものに、
    もっと、もっと、もっとビックリ。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  4. よるは去った より:

    なっちゃんは戦火の下だろうが、吹雪の中だろうが信哉君や砂良ちゃんのような人たちに助けられながらも逞しく生き延びると言ったところでしょうか。

  5. どんギツネ。 より:

    なっちゃんと天陽くんは結ばれないと思います。
    なっちゃんが結婚するのは東京で出会うアニメ関係者の誰か・・かと。
    小田部さんをモデルにした登場人物がいないので、誰が相手になるのかなー?と思ってたんですが、昨日の早朝に放送されてた「なつぞら」の特集番組を見て、中川大志さんの演じる役が相手役のような気がしました。
    昨日の番組内で、それを暗示するようなシーンが放送されたわけではないので、完全に「勘」なんですけどね。
    中川大志さんの役は高畑勲さんをモデルにした役と言われてますが、高畑さんと小田部さんは同期ですし、二人の人物をモデルにした役なんじゃないかなー?と。