咲太郎の誤解を解くなつ / なつぞら 第47話

2019年5月24日(金)第8週「なつよ、東京には気をつけろ」

あらすじ

なつが十勝から逃げ出してきたと勘違いした咲太郎は、なつを、亜矢美のおでん屋・風車に連れて行きました。なつは、十勝の柴田家で大切に育ててもらったことを咲太郎に告げ、咲太郎は騒ぎを起こしたことをなつに詫びました。

川村屋の従業員アパートに戻ったなつは、北海道から逃げ出してきたという咲太郎の勘違いを解きました。そして、なつを東京まで連れてきた雪之助が、なつが漫画映画を製作している東洋動画への入社を希望していることを、咲太郎に語りました。

その数日後、北海道の帯広に戻った雪之助のもとに泰樹と富士子が訪問。雪之助は、東京で見た試作品のクリームソーダで泰樹と富士子に振る舞い、なつが咲太郎と再会できたことを報告しました。

そんな中、なつは就職したばかりの信哉と再会しました。なつは信哉を、おでん屋・風車に連れて行きました。一方、仕事で東洋映画に足を運んだ咲太郎は、社内の廊下で大杉社長と遭遇するのでした。

<<前回46話 | 次回48話>>

第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週 | 第12週 | 第13週

Sponsored Link

予習レビュー

詳しくは伏せておきますが、今回、なっちゃんが東京を離れて十勝に行った後の咲太郎くんが、東京でどのように生きてきたのかが語られるようです。

咲太郎くんの過去を語るのは、咲太郎くん本人ではなく、おでん屋・風車の女将、亜矢美さんと、いつぞや川村屋に登場した親分の藤田さんです。

さて、なっちゃんが十勝に連れてこられたばかりのころ、咲太郎くんに会いたい一心のなっちゃんは、家出までこころみました。

家出をする前も、富士子さんにお金を借りて東京の咲太郎くんまで手紙を出し続けるものの、返事は一向に来ない。

その頃、咲太郎くんは一体東京で何をしていたのか。どのような経緯で、咲太郎くんは亜矢美さんと出会ったのか。

咲太郎くんの過去数年間の歩みが明らかになることで、なっちゃんと咲太郎くんが離ればなれになった時間が回収されるようです。

また、なっちゃんが手紙を出し続けたにもかかわらず、咲太郎くんが返事を一切出さなかった理由はなんだったのか。

そのあたりのことも明らかになると、きっとなっちゃんも救われるでしょうね。

咲太郎くんからの手紙を、来る日も来る日も待ち続けるリトルなっちゃん。あのときは本当に不憫でなりませんでした。

感想

咲太郎くんは「変なおじさん」のポジションに限りなく近いキャラ確定か?

咲太郎くんの暴走が止まりません(笑)

なっちゃんが東洋動画に入社したがっていることを知るや「俺にまかせとけ!」。なっちゃんが東洋動画で何をしたいかまで詳しく知らないうちに、まかせとけって・・・

ただし「俺にまかせとけ!」を、口先だけで終わらせず、即座に実行に移すところはさすがです。

女の子に限って、優しくし過ぎるだけのことはあります。

口だけでなく行動するところは立派。

しかし、その行動も考え抜いた末の行動ではなく、思いつきによる暴走です。

ここ三回ほどで、咲太郎くんの性格がよ〜く見えてきました。

当ブログのコメント欄に、咲太郎くんとなっちゃんの兄妹関係は『男はつらいよ』の寅さんとさくらと同じ、というするどいメッセージをいただきました。

このメッセージの通り、咲太郎くんはまさに寅さん。

そして朝ドラ定番の「変なおじさん」のポジションに限りなく近いキャラであることが、ほぼ確定したようです。

コメントへの返信 by 朝蔵

みんなで1か所に集まって、じっくりと話し合うべし、(オペラ座の怪人さん:46話)
他の人はともかく、咲太郎くんだけはじっくりと話し合って誤解を解くということが不得手みたいですね。

思い込みだけで突っ走って、誰の言葉にも耳を貸さない。話し合いの場を持っても、話し合いに応じるかどうか。

この思い込みの強さのせいで、多額の借金を背負うことになったのでしょうか。

直感と主観で考える似たもの勘違い兄妹(ともあきさん:46話)
9年ぶりの再会。しかも、それぞれがもっとも人としての成長を遂げる時期に当たる時間を共有していない。

だから、なかなか理解し合えないのは無理もないとしても、少し呼吸を整えて、どこかでじっくりと話し合いの場を持って欲しいものですね。

でも、そんな冷静な兄妹の関係では、退屈でドラマにはならないのかもしれません(笑)

2人の心の中にずっといた&拠り所としていたのはそれぞれ、9年前の妹(兄)の姿(ひるたまさん:46話)
ただでさえ思い込みの強い兄と妹が、それぞれの心の中で、強烈な思い込みによってお互いの理想の姿をつくりあげてきたはずです。

その思い込みによって作られた理想の兄・理想の妹からかけ離れた、現実の兄・現実の妹に直面し、混乱しているんでしょうね。

混乱しながらも、自分の思い込みは簡単には捨てられない。思い込みの強い人特有の、負のスパイラルまっしぐらの兄妹の姿。楽しめます。

ところで、この思い込みの強い兄妹には、もう一人、生き別れになった妹がいます。

この妹もまた、思い込みの激しさでは、兄や姉に引けをとらないキャラとして登場するのでしょうか。こちらも気になりはじめました。

野上さん:若いマダムの後見役で、店の経営を取り仕切る(ひるたまさん:46話)
野上さん、もしかすると先代のオーナーの右腕的な存在だったのかもしれませんね。店の経営まで任されるような、企業でいう雇われ社長みたいなポジションです。

先代の急逝により、光子さんがマダムのポジションについたものの、まだ店舗経営の経験は浅い。

だから、先代の薫陶を受けた野上さんがサポート。そんなところのようですね。

亜矢美さんは悪人ではないけど勝手な思い込むで突っ走るところがあるのかな(よるは去ったさん:46話)
なっちゃん、咲太郎くん、そして亜矢美さん。この三人、似た者同士かもしれません。

ちょっとネタバレになりますが、この三人は、一緒に暮らすことになるそうで、そうなったときの三人三様の思い込みによる暴走が懸念されます(笑)

鈴木杏樹ちゃんが演じる亀山蘭子という女優(よるは去ったさん:46話)
当コメントには13週以降のネタバレが含まれます。ご注意ください。

蘭子さん。どうやら雪次郎くんの人生に大きな影響を与えることになるようです。また、雪次郎くんと咲太郎くんが、友情で結ばれる展開も判明。

雪次郎くん、咲太郎くん、蘭子さん。この三者がどこに向かって行くのか。楽しみになってきました。

<<前回46話 | 次回48話>>

第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週 | 第12週 | 第13週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よるは去った より:

    咲太郎「兄ちゃんはあの人を舞台に戻してやりたいんだ。」 私的に咲太郎兄ちゃんに初めて涙腺緩んだような気がします。なつ「お兄ちゃんはあんまり優しくしないほうがいいと思う。」内村N 「 咲太郎には『同情』と『愛情』の『垣根』がないようです。困ったことに『女の子に限って。その優しさが時々出過ぎてしまうようです。女の子に限って。」はウケたけど。

  2. よるは去った より:

    雪之助「それは違うぞ。誰から聞いたんだそんなこと。」 なつ「あ・・・・それは多分・・・・。」 誰かさんにとって「酒は気〇〇い水」ってことですな。 
    それにしても、とよ「どこが広いのクリームソーダのことしか考えてないべさ。」 思い返してみると泰樹じいちゃんがやけ酒とか飲んで荒れている場面は見たことありませんね。落ち込んだ時に一人部屋の中で饅頭食べて「お茶が欲しい・・・・。」という場面はあったけど。じいちゃんは下戸・・・・・? 

  3. 道産子 より:

    ナレーションの内村光良さんが2回言う「女の子に限って」の言い回しが、内村さんが演じるライフの三津谷寛治に似ているなと思いました。

  4. よるは去った より:

    蘭子さんが雪次郎君に影響を?蘭子さんのモデルの方は肢体不自由のお子さんの為の福祉事業で有名な方ですからね。きっかけとなるワードは雪次郎君の専門分野の「スイーツ」ですかね?お父さんの雪之助さんもご婦人ウケずる「スイーツ」が得意のようだし。
    まあ、それは咲太郎君の事も含めて13週以降の楽しみにということで。

  5. よしけん より:

    今日の放送の野上さんは、全然嫌味な感じではなかったですね。

    ただの嫌味な人ではないのでは、という予想は当たりそうですが、あまり早くいい人になってしまうと、ドラマが少し面白くなくなるのでは、と懸念しています。

    それから今日、泰樹が見られたのが嬉しかったです。
    本当にもう、今の泰樹さんは、好々爺そのもの。
    優しい草刈正雄さんのままでした。

    柴田牧場のバターを使用して、川村屋のカリーはますます人気メニューには、という展開を希望しますが、そうはならないのでしょうか?

    とにかくこのドラマは、本当に先の展開が楽しみでならないです。

    DVDの予約購入は、決定です。

  6. オペラ座の怪人 より:

    誤解をしている人がいっぱい、
    みんなで話し合えば、誤解が解けるけど、
    それができないのが、人間関係、
    って、昨日、書きましたが、

    今日は話し合いが2つ。
    なつと咲太郎と雪雪父息子の4人で話し合い、

    雪父はあっと言う間に北海道に帰り、
    雪月で、
    泰樹さん・富士子さん・
    雪父・雪母・雪ばばの、計5人で話し合い、

    誤解が解けて、良かった、良かった。

    ♪ヽ(´▽`)/ ♪♪(~▽~@)♪♪ρ( ^o^)b_♪♪ヽ(*´▽)ノ♪へ(*^▽^)/★*☆♪

    しかし、咲太郎が社長に対して、
    余計なことをしそうで、こわい。

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    明日、土曜の朝ドラが楽しみです、
    って、来年から、土曜朝ドラがなくなるんだ。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい