麻子から誤解されるなつ / なつぞら 第56話

2019年6月4日(火)第10週「なつよ、絵に命を与えよ」

あらすじ

東洋動画の仕上課に配属されたなつは、仲の誘いで、作画課を見学する機会を得ました。作画課の部屋でなつは、仲と井戸原が、東洋動画の漫画映画を支えているアニメーターであることを聞かされました。

なつが作画課を見学しているそのとき、なつの耳に激しい口論の声が聞こえてきました。声の主は、麻子と堀内でした。仕事に対して厳しい態度で臨む麻子は、堀内の描いた原画を酷評。麻子の酷評が納得できない堀内が、麻子と口論をはじめたのです。

そのころのなつは、亜矢美から服を貸してもらって出勤していました。亜矢美が貸してくれる服は、どれも派手なものばかりでした。しかし麻子は、なつが仕事よりもオシャレに夢中になっていると思い込んでいました。

そんなある日、麻子はなつを責め立てました。なつは目ざわりだ。会社に男を探しに来ているのなら、自分の前に姿を見せないでほしいと。麻子の一方的で理不尽な言いがかりに、なつは言葉を失うのでした。

<<前回55話 | 次回57話>>

第10週 | 第11週 | 第12週 | 第13週

Sponsored Link

予習レビュー

ブログ主はこの回が来るをずっと待っていました。なぜならこの回から、ブログ主が大好きな『ちりとてちん』でヒロインを演じた貫地谷しほりさんが登場するからです。

もしかすると初登場は前回、月曜日の回かもしれません。月曜日の時点で貫地谷しほりさんのお名前がクレジットされているからです。

しかし、なっちゃんと、貫地谷しほりさん演じる「マコさん」こと麻子さんがドラマの中で会話を交わす場面が描かれるのは、おそらく今回がはじめてのはず。

だから、本格的な登場は今回からになるかと思います。

さて、貫地谷しほりさんは『ちりとてちん』の中では、朝ドラでは極めて珍しいネガティブ思考の残念なヒロインを演じました。

しかし『なつぞら』で貫地谷しほりさんが演じるのは、ネガティブ思考かどうかはわかりませんが、『ちりとてちん』のヒロインとは異なる、ちょっと怖いできるお姉さん。

そんなちょっと怖いできるお姉さんに、なっちゃんが早速かみつかれるみたいです。

服をあまり持っていないなっちゃんを見るに見かねた亜矢美さんは、毎日、自分の服をなっちゃんに着せて出勤させるのだとか。

しかし、元ダンサーが着るような服です。きっとドがつくような派手な服ばかりかと思われます。

派手な服ばかり着てくるなっちゃんをマコさんは完全に誤解。ちょっと怖いできるお姉さんは、なっちゃんにどんな態度で挑むのでしょうか。

かつての残念なヒロインの変身ぶりが楽しみでなりません。

感想

人間関係のトラブルの回収ストーリー

ついにヒロインの天敵が動きはじめました。この時が来るのを待ってました。

今回のドラマの中のなっちゃんの言葉を借りれば、快適だった北海道では一度も経験したことがない理不尽な言いがかり。

誤解がもとになった人間関係のトラブルは、泰樹さんとの間で何度か繰り広げられましたが、なっちゃんと泰樹さんの信頼関係が前提にあるので安心して見ていられました。

しかし、なっちゃんと麻子さんとの間には、まだ信頼関係はありません。あるのは、なっちゃんに対する麻子さんの一方的な思い込みと誤解のみ。

だから、とても安心して観ていられません。

でも、だからこそ楽しみでもあります。誤解からはじまったややこしい人間関係が、これからどのようなプロセスを経て回収されてゆくことになるのか。

人間関係のトラブルの回収ストーリーが大好物なブログ主にとって、これからのなっちゃんと麻子さんの関係は、目が離せません。

追伸:麻子さん、想像していたよりは物腰の柔らかいキャラでした。堀内さんに食ってかかる場面。もっと猛然と口論するものと思ってました。

堀内さんに対してしっかりと敬語を使っていたりして、立場はしっかりとわきまえたキャラであるみたいです。

コメントへの返信 by 朝蔵

「ジャイアントパンダ」なる動物(中略)あの頃は「『動物図鑑』で見たことがある。」が大部分だったんじゃないですかね(よるは去ったさん:55話)
あまりにも漫画チックな可愛らしさを持つジャイアントパンダ。ドラマの中の時代は、伝説の動物・ユニコーンみたいな存在だったのかもしれませんね。

実際にドラマの中でも、「この動物を見た人はいないらしい」みたいなセリフがあったと記憶しています。

中国には、龍などの想像上の動物がたくさんいますが、ジャイアントパンダもその一つくらいに認識されていたのでしょうか。

麻子(朝ドラヒロインの先輩でもある貫地谷しおりさん)は厳しくいけずそう(アーモンドさん:55話)
麻子さんは、朝ドラ定番のヒロインの天敵キャラに間違いありませんね。しばらくの間、なっちゃんは、この麻子さんという存在に悩まされることになるのでしょう。

でも、ヒロインの天敵キャラの、これまた定番の展開は、いつしかヒロインの最大の理解者に変身すること。

仕事に厳しい麻子さんのことです。頼れる先輩になってほしいものです。

今日の仕事初日、職場でどうなることか?と思っていました。(オペラ座の怪人さん:55話)
ヒロインが初出勤日で遭遇する受難。これは、朝ドラによくありがちなパターンですが、『なつぞら』の場合は、それほどの困難もなく楽しく過ごせましたね。

最後の瞬間までは・・・

最後の最後に、ヒロインの受難のフラグが立ちました。しかも、受難の元となる人物はかなり手強そうな相手です。

やっぱり、朝ドラヒロインは、受難の日々は避けて通れない運命にあるのでしょうか。

作画、仕上はもちろん絵コンテや色指定など、さまざまな役割があり、ほんとにたくさんの人たちがアニメづくりに関わっているのだなぁと改めて思いました(にゃんこさん:55話)
ブログ主も、アニメーションがつくられる過程で、これほどまでに多くの人たちがたずさわっていることを『なつぞら』ではじめて知りました。

たずさわった人の分だけドラマがある。

これから、アニメーションをもっと丁寧に観なければと思いました。エンディングのクレジットに登場する人たちの名前にも、もっと敬意を払おうと思ったことでした。

奥村玲子さんのアニメ作品の一つの「魔法使いサリー」の親友の名前が「ヨシコちゃん」愛称「ヨッちゃん」(よるは去ったさん:55話)
『なつぞら』に出てきたヨッちゃん。十勝農業高校のクラスメイトで、なっちゃんと一緒に演劇部にも入りましたね。

『なつぞら』のヨッちゃんと『魔法使いサリー』ヨッちゃん。

名前だけでなく、キャラクター的にも通じるものがあるかもです。

雪次郎の室名は<アザミ>アザミの花言葉は「独立、報復、厳格、ふれないで」(ぱぽりんさん:60話)
ドラマの中の誰も気づかないような細部への仕掛けにこだわる、作り手の方々の仕事ぶりには感心するばかりです。

しかし、それ以上に、誰も気づかないような細部の仕掛けを、いつも鋭く見抜いているぱぽりんさんの観察眼に驚かされています。

多分「えっ派手!」という軽い驚きのほうだと思い直しました(あみさん:55話)
仕上課の新人たちの中で、なっちゃんのあざやかな原色の服。完全に浮いてましたからね。

でも、出勤初日ということもあり、あれでほどほどに抑えたみたいです。これから、ますますヒートアップするらしいです。

朝ドラでは”白蛇伝”ではなく”白蛇姫”ですよ(たむさん:61話)
ありがとうございます!ご指摘いただきはじめて気がつきました。微妙に一文字だけ変えてあるんですね。

先の書き込み、第54話6月1日に入れるつもりで1週間間違えました(ぱぽりんさん:60話)
気になさらないでください。どこに書き込まれても大丈夫です。

「ウチの夫の才能を分かっていない!」とレコード会社に乗り込んだ逸話があるのだとか。この話、劇中でも登場するかもしれませんね(ひるたまさん:『エール』トップページ)
制作発表時のアナウンスによれば、主人公の奥様は、天才の夫を持ちながらも自分こそが世界の中心であると信じて疑わない人物であるとの由。

レコード会社に乗り込むエピソードは、上に述べたようなヒロインの性格を物語るには格好のネタですね。

<<前回55話 | 次回57話>>

第10週 | 第11週 | 第12週 | 第13週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よるは去った より:

    落胆家→落語家 出来たら修正願います。柳家喬太郎師匠が見たらムッとするかも。

  2. よしけん より:

    どなたかお教えください。
    十勝編で、なっちゃんなどが、スキーを移動手段として使っていましたが、北海道とか雪国では、
    実際にそうなのでしょうか?

    わざわざ嘘を描くとは思えないので、そうなのでしょうね。

    実は、私は名古屋市在住ですが、小学校時代、同級生の子が、お父様の転勤で、北海道に引っ越して行きました。そして、その年の冬には、届いた手紙にスキーの板を履いている写真が同封されていて、さすが北海道と思ったのです。
    数年後、同級生が名古屋に戻って来た時には、スキーのことを、特に聞いたりはしませんでした。

    今回の朝ドラを見て、スキーがスポーツだけではなくて、冬の日常の移動手段であるのを見て、驚き、自分の無知を思い知った次第です。

  3. よしけん より:

    東京編になってから、視聴率が少し下がったと聞きました。理由は、かつての朝ドラのヒロインだった、主役級の女優さんたちがいっぱい登場して、出演者が豪華すぎ、咲太郎くんの出番も多くて、誰が主役がわからなくなっているから、とか。

    私は、かつて見ていた朝ドラのヒロインOGの方々が、どのように現ヒロインと関わってくるのかが、北海道・十勝編でも東京編でも、とても楽しみで、広瀬すずさんもますます可愛くて綺麗で魅力的なので、毎日の放送が楽しみでなりません。

    いろいろな意見はありますが、とても素敵なドラマだと、私は思います。

  4. にゃんこ より:

    風車のお客さんが咲太郎にいちゃんに「落語を勧めたい」と言ったのは、今後咲太郎にいちゃんがそっち方面に進むかもなフラグなのか、それとも「昭和元禄落語心中」に出演していた岡田将生くんへのオマージュ?どっちなんだろう?とふと考えてしまいました。

  5. かえで より:

    初めまして、いつも楽しみにしております。
    風車のお客さん役で柳家喬太郎師匠がご出演!
    「さいちゃん、知ってるよぉ。落語なんかやらねえかなと思ってんだよ!」
    岡田将生さん、ドラマ「昭和元禄落語心中」で落語家有楽亭八雲役を演じておられましたからクスッと笑いました。
    落語監修が柳家喬太郎師匠でしたしね。
    そしてなっちゃんのアニメーションに掛けて「ぬけ
    雀」の話を持って来るなんざぁ、憎いねぇ朝ドラスタッフさん!
    明日喬太郎師匠の落語を聴きに行くんですが、抜け雀やらないかなぁ〜。

  6. ひるたま より:

    「咲ちゃんか…知ってるよ。…落語なんかやんねぇかなと思ってんだよ」…お!?もしかして!?(^^)
    「咲太郎くん」=岡田将生さんといえば『昭和元禄落語心中』…私は未見なのですが。

    本職の噺家さんが咲太郎くんを知っているようですが、可能性としては
    ①寄席に咲太郎くんが客として通っていた。
    ②寄席で咲太郎くんが何か裏方のスタッフとして(入場券の販売や券もぎ、或いは売店の従業員etc.)として働いていた。
    ③かつてのムーランルージュ絡みで繋がり(ショービジネスの世界は一般社会以上に人と人との繋がり(コネクション)が物を言いそうな業界でしょうからね)があり、師匠からも可愛がられていた。
    ④上記3つのいずれでも無い。

    …この辺りの想像は視聴者にお任せします、という所なのでしょうか。

    ところで岡田さん、そして「麻子さん」=貫地谷しほりさん、お2人とも落語が絡む(重要な役割を果たす)作品に出演経験がある点は共通していますね。

  7. オペラ座の怪人 より:

    あちゃー、出ちゃいましたね、人間関係。

    仕上課の隣席、モモッチさんとは良い人間関係が
    構築できそうですが、

    作画課のまこちゃん?
    とは、悪い人間関係を構築か?

    それとも、誤解が解けて、親友・戦友になるか?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  8. よるは去った より:

    落語家「一流の芸術ってえのはね、魂が籠って描いた絵が抜け出すんですよ・・・・・。」
    麻子「『動画』はただのつなぎじゃないでしょ?(中略)それ思って動かしてよ!」
    場所は別々でも共通性のあるお二人さんの話をなっちゃんはどこまで聞いていたかな?落語家の師匠が言っていた「抜け雀」という噺は聴きようによっては「怪談」みたいな噺だと私的には思うのですがね。

  9. よるは去った より:

    咲太郎「タヌキか・・・・・?」まああの時代はそんな人がフツー(?)だったかな?(笑)

  10. ふーさん より:

    実際の奥山玲子さんってこの麻子さんみたいな性格の方だったらしいです。1970年初めの東映動画の労働争議の際は高畑勲、宮崎駿、奥山玲子の三氏が中心だったそうです。
    「あおぞら」女性アニメーターのモデルは奥山玲子さんってことですから、奥山さんのキャラが麻子さんやなっちゃんに分離して描かれているのかもしれないです。
    奥山玲子さんの小田部羊一さん、番組のスタッフの名前にありますね。