千遥の捜索を信哉に頼む / なつぞら 第63話

2019年6月12日(水)第11週「なつよ、アニメーターは君だ」

あらすじ

なつはアニメーションのトレースというはじめての仕事に挑みました。しかし、簡単にできると思ってはじめたその作業は思いのほか難しく、なつは自分の実力がまだまだ不足していることを実感しました。

一方、なつの同僚の桃代は、なつに感化されて会社に着てくる服が彩りあざやかになっていました。そして、なつと桃代の服が毎日変わっていることを、アニメーターの下山にするどく指摘されたなつと桃代は、その観察眼に驚かされます。

そんな中、信哉が親と離ればなれになった子供の取材をしていることをなつは知り、妹の千遥のことを思い出しました。しかし、咲太郎は千遥を探すことに否定的でした。幸せに暮らしているかもしれない千遥の邪魔をしてはいけないと咲太郎は考えていたのです。

その日の夜。なつは、咲太郎を説き伏せました。千遥に会いたい。千遥を遠くから見るだけでもいいと。千遥に会いたい気持ちは咲太郎も一緒でした。そして、咲太郎は、千遥の行方探しを信哉に頼むことを受け入れるのでした。

<<前回62話 | 次回64話>>

第11週 | 第12週 | 第13週

Sponsored Link

予習レビュー

前週、なっちゃんは作画課に異動する社内試験で不合格でした。

社内の異動試験の結果が出るまで、なっちゃんは努力に努力を重ねいました

だから、なっちゃんの不合格というまさかの結果は、また何者かの横やりが入ったのではないかと疑ってかかっていました。

しかし、実際にまだまだなっちゃんには実力が不足していたみたいです。

簡単にできると思っていたトレースという作業が、思ったように上手にできない。そして、落ち込むと同時にアニメーションの仕事の奥の深さを思い知らされるなっちゃん。

なっちゃんは、まだこういう段階にいたようです。

一方、妹の千遥ちゃんのストーリーがにわかに動きはじめました。

今さら千遥ちゃんを探し出して、どこかで幸せに暮らしているかもしれない妹の心を、かきみだすべきではない。

咲太郎くんはそのように考えるものの、なっちゃんは・・・

ちょっとだけネタバレになりますが、千遥ちゃんのストーリーは今週の土曜日あたりから大きく動きはじめる模様です。

感想

千遥ちゃんの物語

久しぶりに登場したリトルなっちゃん・リトル千遥ちゃんの回想映像とともに、ついに千遥ちゃんの物語がはじまりました。

今の時点では、千遥ちゃんの物語がどのように展開するのかは不明です。

でも、行方不明の家族との再会。なんだか『ひよっこ』に似ているな、ということで、『ひよっこ』を振り返ってみました。

『ひよっこ』のヒロイン・みね子ちゃんが、行方不明になっていたお父ちゃんとの再会を果たしたのが7月31日(月)の放送日。

そして、みね子ちゃんがお父ちゃんと再会するきっかけとなった世津子さんの登場が7月10日でした。

いずれも7月。

『なつぞら』も、あと2週間ほどで7月を迎えます。

そろそろ、千遥ちゃんの物語が激しく動きはじめるかもしれませんね。

雪次郎くんの夢は前途多難?

一方、雪次郎くんはスイッチが本気で入ってしまったようです。前回の蘭子さんの鋭い一言が雪次郎くんが封印していた夢を解いてしまったのは間違いありません。

高校卒業前後、雪次郎くんが進路に悩むような描写は一切ありませんでした。

雪次郎くんは、親の決めた道を歩むのが当たり前と受け入れていたのでしょう。そして、演劇はあくまでも趣味に過ぎないと。

でも、実は単なる趣味を超えた情熱を持っていたのかも。天陽くんが海外への情熱を自覚することなく、息を吸うように絵画を描き続けているように。

息を吸うように絵画を描ける環境にいる天陽くんに対して、演劇が息を吸うような存在だった雪次郎くんは、その息を吸えなくなりました。

その息苦しさに、今になって気がついてしまったのでしょうか。

さて、ちょっとネタバレになりますが、雪次郎くんの夢は前途多難のようです。自分の道を思うようには進めないことが判明しました。

第13週「なつよ、「雪月」が大ピンチ」

コメントへの返信 by 朝蔵

なつ自身の戦争直後の境遇を表すと同時に、後に『白蛇伝』で声を担当された宮城まり子さんへのオマージュ(ひるたまさん:44話)
間違いなく、ひるたまさんのご考察の通りかと思います。煙カスミが歌っていた『ガード下の靴みがき』は。

このようなオマージュネタを仕込んでいるのは、脚本家の先生ご自身なのか、それとも他にネタを仕込むリサーチャーがいるのかわかりません。

いずれにせよ、ひるたまさんのように、ネタをしっかりと見抜いてくれる視聴者が存在することは、ネタを仕込んでいる方にとっては、仕事人としてこの上ない喜びではないでしょうか。

咲太郎「『目覚めること』がこの芝居の『テーマ』なんだから(よるは去ったさん:62話)
上に引用した、咲太郎くんの言葉を見落とし、ではなく、聞き落としていました。咲太郎くん、こんな意味深なことを言っていたとは。

というわけで、この回は雪次郎くんの覚醒の回でしたね。そして、波乱含みの展開の巨大なフラグでもありました。

雪次郎!お菓子作りを忘れ、夕見子を忘れ、演劇に身をささげるのか!?(オペラ座の怪人さん:62話)
演劇一筋に生きるのか。それとも、演劇の道は挫折し、その挫折を糧にして、菓子職人としてさらにビッグになるのか。

雪次郎くんの今後の人生から、いよいよ目が離せなくなりましたね。

六花亭がなくなってしまうw(ななしですさん:62話)
泰樹さんから照男くんと砂良ちゃん夫婦が受け継いだ柴田牧場のバター製造業が発展。柴田牧場が製造したバターのショールームとして、照男くんが雪月を買収。

などという筋書きを妄想してみました。六花亭をなくさないために(笑)

宮崎駿監督がNHKプロフェッショナルで「日本のアニメーションはね。観察によって基づいてない」(ともあきさん:62話)
宮崎駿さんがそんなことをおっしゃっていたんですか!?

この言葉がヒントになったのかもしれませんね。なっちゃんの「人間の模写。私もあんな演劇を絵に描きたいな」というセリフは。

坂場さんが高畑勲さんなのでしょうね(ふーさん:12週)
高畑勲さんの『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きなのですが、高畑勲さんご本人については、ブログ主はあまり詳しくありません。

坂場さんと高畑勲さん。どのようなつながりがあるのでしょうか?『平成狸合戦ぽんぽこ』ファンとして、とっても気になります。

ヴィヴァルディの「春」に似ていますか?(カツエさん:全作品リスト)
Youtubeで「おはようさん 歌」で検索したら、ヴィヴァルディの『春』をアレンジしたらしいダ・カーポの曲がヒットしました。

あけみちゃんと千遙ちゃん歳が近いから仲良くなれそうですよね(ゆきこさん:68話)
明美ちゃんと千遙ちゃんといえば、なっちゃんがまだ9歳の頃。明美ちゃんを見ながら、千遙ちゃんのことを思い出していたことがありましたね。

二人はきっと年齢は同い年くらい。

北海道に行って、悪い夢を忘れてほしいものですね。

『おはようさん』に関しては主題歌はおろか歌詞は無いインスト版(ひるたまさん:全作品リスト)
少し上の欄にも述べましたが、Youtubeで見つけました。「おはようさん 歌」で検索すると出てきます。

歌詞がないインスト版。しかも南沙織さんではなくダ・カーポ。

だから、これは違うのかなと思っていましたが、どうやらYoutubeでヒットしたのが、ひるたまさんがおっしゃるヴィヴァルディの『春』にそっくりのオープニン曲のようです。

「それで、よく芝居をやめられたわね」←雪次郎くん、明らかにスイッチが入っちゃいましたね(ひるたまさん:62話)
ここまでわかりやすいスイッチの入り方が見られるとは思いもよりませんでした。

注意深く観察していないと雪次郎くんの心の動きはわからないかも。それくらいに考えていましたので。

雪次郎くんは、自分の夢に覚醒してしまったみたいですが、その夢には前途多難の道が用意されているみたいです。

<<前回62話 | 次回64話>>

第11週 | 第12週 | 第13週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. オペラ座の怪人 より:

    のぶさん、
    イケ面で、誠実で、人脈もある(らしい)し、
    最高!

    そして、咲太郎、もっと最高。
    なんとまあ、頼りになるお兄ちゃん。

    ♪ヽ(´▽`)/ ♪♪(~▽~@)♪♪ρ( ^o^)b_♪♪ヽ(*´▽)ノ♪へ(*^▽^)/★*☆♪

    そこいくと、川村屋の野上さん(近藤芳正さん)ったら、
    嫌味を言ったり、
    かわいいことを言ったり、

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    妹ちはるには会えるのか?
    会って、会話をするのか?
    あ!
    ブログ主様!
    どうか、教えないでください。
    毎日、予習をせずに、
    テレビを見て、感動しています。

        

    おしまい

  2. よるは去った より:

    川村屋にテレビ。以前の作品の「てるてる家族」でヒロイン(石原さとみ)の母親(浅野ゆう子)が店の客寄せのためにテレビを設置した逸話を思い出しました。あの時代はテレビはまだ数世帯いやもしかして十数世帯に一つのアイテムだったんですね。

  3. にゃんこ より:

    先日twitterで、奥山玲子さんも着てくる服が毎日変わってファッショナブルだったので、大塚康生さん(なつぞらの下山さん)が「奥山ファッションショー」というスケッチを作っていたというエピソードを読みました。今日の下山さんの指摘はこのエピソードに基づいているのかもしれませんね。

  4. shimoji より:

    はじめまして。いつも楽しみに拝見しています。ネタバレを見ても楽しめる朝ドラ。
    最高です。