なつと麻子が激しく対立 / なつぞら 第69話

2019年6月19日(水)第12週「なつよ、千遥のためにつくれ」

あらすじ

東洋動画の新作漫画映画『わんぱく牛若丸』のキャラクター検討会の席で、なつと麻子が激しく対立をはじめました。二人とも、主人公の母親役・常盤御前のキャラクターを提出。常盤御前のキャラクターをめぐって、なつと麻子の意見が対立したのです。

対立する二人に対して仲と井戸原が言いました。なつも麻子も、常盤御前の性格をよくとらえている。しかし、性格の一面しかとらえていないと。仲と井戸原の言葉を、なつと麻子は受け入れました。

一方で、千遥のことを案じつづけていたなつは、元警察官だった下山に相談しました。戦後の混乱の中で家出をした少女は無事に生きているかと思うかと。下山は、警察官時代の経験をなつに聞かせ、家出をした少女は無事だろうと励ましました。

そんな中、仲は、なつと麻子に対して、1枚のキャラクターの絵を示しました。それは、なつと麻子が描いた常盤御前のそれぞれの特徴を、一人のキャラクターに取り入れた絵でした。その絵を見せられたなつは、仲の才能に目を見張るのでした。

<<前回68話 | 次回70話>>

第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link

予習レビュー

なっちゃんと麻子さんが激しく対立します。

新作漫画映画『わんぱく牛若丸』の主人公の母親役のキャラクターの絵をめぐって、二人の見解が対立するそうです。

二人の意見がどのように対立するのか、まだ詳しいところはわかりません。

しかし、某雑誌に掲載されているなっちゃんと麻子さんがそれぞれに描いた常盤御前の絵を見ると、同じ常盤御前でありながら、まったく異なるキャラクターとして描かれています。

なっちゃんが描く常盤御前は、紫色の衣装を身にまとった、おだやかな表情の女性。

一方の麻子さんが描く常盤御前は、真っ赤な衣装に身を包み、腹に一物も二物もありそうな、鋭い目つきをした女性として描かれています。

なっちゃんと麻子さんの二人の対立。最終的に軍配は麻子さんの方に上がるようです。

なっちゃんは自分の間違いを素直に認めて麻子さんに謝罪。しかし、麻子さんはなっちゃんの謝罪を受け入れません。

なっちゃんと麻子さんの対立は、収まらないまま、バトルの第二弾へと突入するのでしょうか。

感想

下山さんがおまわりさんをやめた理由

元おまわりさんの下山さんの優しい笑顔が心にしみました。そして、下山さんがどういう人なのかよくわかる回でした。

下山さんがおまわりさん時代の経験。近所から逃げ込んできた女の子を助けた話。

なっちゃんが考えたとおり、下山さん自身がその女の子を助けた張本人かもしれないし、下山さんが自分で否定したとおり、その女の子を助けたのは先輩かもしれない。

しかし、いずれにせよ、下山さんが大切にしているものがよくわかるエピソードでした。

下山さんは根っからの正義の人なのでしょう。でも、下山さんのおまわりさん時代は、法律は未整備で、理不尽なことがまかり通っていた時代です。

前作『まんぷく』で、未整備の法律の理不尽さに萬平さんは度々苦しんでましたからね。

そんな理不尽さんに失望して、下山さんはおまわりさんをやめたのかなと思いました。

ただ単にアニメーションが好きだった、というだけではなさそうですね。下山さんがおまわりさんをやめた理由。

もっと詳しく下山さんの過去の話を聞く機会があると嬉しいです。

なっちゃんと麻子さんが描いた常盤御前の絵をめぐって、対立する二つの意見の仲裁に入った井戸原さんの、采配の振り方がおみごと!

なっちゃんと麻子さんの二人の絵の出来栄えを認めながらも、それぞれのキャラクターに欠けているところを等しく指摘。

あの言い方では、なっちゃんと麻子さん、二人とも心から納得できます。

その井戸原さんの言葉を受けて、仲さんが仕立て直した常盤御前の絵。これもまた、なっちゃんと麻子さん、二人の絵の出来栄えへのリスペクトが込められた仕上がりでした。

なっちゃんと麻子さん、それぞれが表現したかった常盤御前の特徴を、巧みに取り入れられていたみごとというしかありません。

元おまわりさんの下山さんといい、井戸原さんといい、仲さんといい、東洋動画には心やさしき人ばかり。

麻子さんも、なっちゃんを対等の存在と認めるような発言。

東洋動画の場面、これからしばらくは心地よく観ることができそうです。(これからしばらく、というのは、しばらくするとちょっと面倒臭いキャラが登場するからです)

コメントへの返信 by 朝蔵

酒場ではなくて‘坂場’かな?と思われます(ひるたまさん:73話)
ご指摘ありがとうございます。さっそく訂正しました。

奇しくもなっちゃんの二十歳の誕生日に、酒間違いでした(笑)

あの時の家内は本来の家内ではなくなっていた(よるは去ったさん:68話)
終戦直後の東京の不自由な暮らしを強いられる環境下で、正常心を保っていたら、あまりにも出来すぎた話になってしまいますからね。

その点で、食糧に困ることのない土地に預けられたなっちゃんは強運です。

暗いけど、グッと来たのは、咲太郎の、涙ポロポロ、でした。(オペラ座の怪人さん:68話)
咲太郎くんが大粒の涙を流す場面には、ブログ主も泣かされました。

涙を流す直前まで、なっちゃんの前では涙を見せまいと、歯を食いしばっていたのだと思うと、余計に泣けます。

天陽くんはご両親から結婚しろと言われていた(ふーさん:13週)
結婚をすすめられてましたね。とりわけ、お母上は息子の結婚に真剣な様子でした。

その報告かもしれませんね。そして、天陽くんとなっちゃんの恋バナが完全になくなったところで、なっちゃんの新たな恋バナが間も無く始動。

そんな展開もあるかもしれませんね。

17日になってますよ。(つとむさん:68話)
ご指摘ありがとうございます。さっそく訂正しました。

日付が17日(月)(FYLさん:68話)
ご指摘ありがとうございます。曜日まで間違ってましたね。

想像以下の悲しい結果と咲太郎くんの男泣きに連日朝から涙腺が崩壊(ともあきさん:68話)
ブログ主にとっても想像を超えた結果でした。千遥ちゃんは、家計を助けるために「向島電機」に働きに出されてしまったとか、そんな展開を予想してましたので。

まさか家出とは。本当にビックリしました。

そして咲太郎くんの男泣き。思い出すだけで泣けてきます。

『べんけい対ウシワカ 弁慶対牛若』:短編映画ということもあってか、Youtube で恐らく視ることができました(よるは去ったさん:67話)
Youtubeで視聴できるんですか!?いいことを教えてもらいました。とても気になってましたので。

なつ、66話と68話で同じ服装をしています(ぱぽりんさん:68話)
ついにネタ切れになったのでしょうか。

亜矢美さんの洋服コレクションは大量にあるものの、全部が全部、会社に着てゆけるものではないですからね。

とくに亜矢美さんが普段着ているようなものを、なっちゃんがそのまま着たら・・・麻子さんの目のカタキにされることは避けて通れません(笑)

なつぞらの一番のテーマは、なつ達3人の兄妹が家族を取り戻すこと(ぱぽりんさん:68話)
ブログ主も、『なつぞら』のメインのテーマは、家族の再生かな、という気がしてきました。

だとすると、千遥ちゃんとの再会はまだまだ先の話かもしれません。

または『ひよっこ』のときみたいに、再会を経て、そこから家族の再生の物語がはじまる。そんなパターンも考えられますね。

再会して、いきなり家族が一緒でハッピー。これでは安直すぎますので。

牛若丸が急な崖を馬で駆け降りるシーンで、「アニメーションにしかできない表現」をめぐっての討論になります(おみやさん:71話)
たいへん貴重な情報提供ありがとうございます。

坂場くんというキャラは何事も理詰めの性格。『ごちそうさん』の悠太郎に通じるところがあるのかなと思ってましたので、おみやさんが見つけた情報は、そのままドラマに再現されそうですね。

私がすきな朝ドラを4つ挙げるなら、ゲゲゲ・朝が来た・ごちそうさん・カーネーション(おみやさん:全作品リスト)
おみやさんと朝ドラの好みが似ているようです。ブログ主も『あさが来た』『ごちそうさん』『カーネーション』は、どれも忘れられない作品です。

そんな中『ゲゲゲの女房』だけ、観たことがないんです。好みが似ている方の大好きな作品ということで、気になって仕方ありません。

<<前回68話 | 次回70話>>

第12週 | 第13週 | 第14週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. おみや より:

    はじめまして。
    こちらには、かなり昔から拝読させていただいていました。
    昔すぎていつくらいかわからないくらいには。
    今回のなつぞらは私も好きなアニメーションが題材ということで
    せっかくなのでかきこませていただきました。
    よろしくお願いします。

    さて、某雑誌ですが、私も読みました。
    私が読んだのはNHKウイークリーステラです。もし違う雑誌でしたらすみません。
    NHK自体が出版してるので、ある意味ネタバレとしては一番信用できる雑誌ですね。

    同じ登場人物なのに、なつと麻子さんで解釈が全く違うのは面白いし興味深いですね。
    今回はコンペンションですが、こういったキャラクターデザインというのは一から作っているので
    担当が一人であっても、なんども描き直すキャラがいたりします。