雪次郎の家族が上京する / なつぞら 第74話

2019年6月25日(火)第13週「なつよ、「雪月」が大ピンチ」

あらすじ

演劇の道に進みたいと願う雪次郎が川村屋をやめると宣言してから数日が経過したある日の朝早くのこと。目を覚ましたなつが窓の外を眺めると、窓の外に見覚えのある三人の人物がいました。次郎の家族、雪之助、妙子、そしてとよがやって来たのです。

小畑家の家族たちが雪次郎の部屋を訪ねたとき、雪次郎はすでに川村屋の従業員アパートから引っ越した後でした。そこで、小畑家の家族たちは、なつが暮らしている風車にやって来たのです。

小畑家の三人は、雪次郎が役者になりたいと言い出したのは咲太郎のせいだと察していました。小畑家の三人は咲太郎を問い詰め、咲太郎もまた小畑家の三人に反論。激しい口論に発展。小畑家の三人に問い詰められた咲太郎は、雪次郎の居場所を白状しました。

小畑家の三人は、雪次郎を訪ねる前に川村屋に足を運び、雪次郎が辞めてしまったことを、土下座をして光子に詫びました。そして、川村屋を出た雪之助たち小畑家の家族は、雪次郎が住んでいるアパートに踏み込むのでした。

<<前回73話 | 次回75話>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link

予習レビュー

雪次郎くん週とでもいうべき一週間の二日目。

雪次郎くんによる、川村屋をやめて役者を目指す騒動を受けて、雪次郎くんの家族・小畑一家が東京にやって来ました。

家族も顔を揃えたことで、ついに雪次郎くんのドラマが動きはじめます。

さて、雪之助さんは、自分の息子に対して「良からぬ影響」を与えたのは咲太郎くんであることを察知しています。

雪之助さんがそのように勘付いたのは、風車での会話の中でことなのか。それとも、雪次郎くんの手紙にそのように書いてあったのか。

くわしいところはわかりませんが、最近、騒ぎを起こさなくなっていた咲太郎くんが、雪次郎くん騒動の当事者の一人としてドラマの真ん中に戻って来ます。

ところで、咲太郎くんがイプセンの『人形の家』のポスターを風車の中に貼り出したころより、咲太郎くんと雪次郎くんの二人は、妙に息が合っていました。

あのときの二人の息の合った様子が、今週へのフラグだったみたいですね。

感想

雪次郎の乱

川村屋をやめると宣言した雪次郎くんを説得すべく、小畑一家が帯広からやって来ました。

そして期せずにして、息子が一所懸命に生きていることを、小畑一家は知ることができたのではないでしょうか。

咲太郎くんいわく、雪次郎くんが合格した演劇の競争倍率は10倍。それほどの難関を勝ち抜いたことで、雪次郎くんが演劇に対して真剣であることがわかりました。

一方、川村屋の料理長・杉本さんは、雪次郎くんの真剣な働きぶりを高く評価しました。雪次郎くんは菓子職人の修行にも真剣だったようです。

気まぐれで演劇を志したわけでもなく、演劇に心を奪われてもなお、菓子職人の修行を気を抜かずに続けていたみたいです。雪次郎くんは。

そんな、雪次郎くんの真剣な生き様を感じずにはいられないような話をたくさん聞かされた小畑一家。

雪次郎くんが常に真剣だったことを知った上で、ついに雪次郎くんと対峙しました。

雪次郎の乱、明日から本格的に「乱」らしい展開がはじまるのでしょうか。

コメントへの返信 by 朝蔵

咲太郎「雪次郎がどう生きるかは家族でなく雪次郎が決めることだろう。」(よるは去ったさん:73話)
帯広にいる家族の前でこの言葉を口にしたら、それはもう大炎上間違いなしですね。そして、その炎上現場を実際に見てみたい気もします。怖いもの見たさというやつです(笑)

雪次郎、辞めるなよお~(オペラ座の怪人さん:73話)
雪次郎くんがこの先どうなるのか、その展開はまったく読めません。しかし、何があったとしても、雪次郎くんには帰る故郷がある。

五木ひろしの『ふるさと』みたいですが、それがあるので雪次郎くんは見ていて少しだけ安心できます。

噂では、この週に「宮崎駿」が登場するということですが(ふーさん:16週)
そんな噂があるんですか!?

もしかしてとは思っていましたが、「宮崎駿」さんが誰なのかはほぼほぼ確定ですね。坂場さんの仕事ぶりに感心する天才肌の新人。それが「宮崎駿」さんでしょうか。

東映動画のアニメーションをどこまでなぞるのだろうか…と考えているのですが、もしかしたら「太陽の王子ホルスの大冒険(1968年作品)」まで行くかもしれない(ふーさん:15週)
ふーさんのご高察のとおり、ドラマの主要舞台の北海道にちなんで、東洋動画のアニメーションのストーリーを完結させる・・・十分に考えられますね。

詳しい解説をありがとうございました。

確かに雪月は跡継ぎは雪次郎君しかいませんからね(落合明人さん:74話)
雪次郎くんが演劇の道に進むのは、ほぼほぼ決まったような気がしますが、その後の雪月がどうなってしまうのか。

その点が心配ですね。

「まんぷく」では、波乱の前にはほぼ確実に福ちゃんが緑の服(にゃんこさん:72話)
福ちゃんの衣装の色とストーリー展開に、そんな関係があったんですか!?まったく気がつきませんでした。

今週は、緑の服パターンのとおりの展開になりそうですね。

坂場さんが酒場です。(笑)(カリメロンさん:16週)
ご指摘ありがとうございます。調べてみたら、この週を含めて合計3箇所で「酒場」が見つかりました。

やなやつ、やなやつ、やなやつ!これは、耳をすませばのセリフ(うさおさん:73話)
このセリフ、どこかで聞いたセリフだと思いながらも、思い出せずにいました。これでやっとスッキリしました。

ありがとうございました!

千遥役は清原果耶ちゃんだとか「あさが来た」のおふゆちゃん(ちゃーちゃん:73話)
『あさが来た』の中で描かれた、おふゆちゃんと亀助さんの恋の描写が忘れられません。あの時の清原果耶ちゃん、名演でした。

千遥ちゃんは、心に深い傷を負っている少女みたいです。難役ですが、それだからこそふたたび名演を見ることができるかもしれませんね。

坂場は高畑勲、神地は宮崎駿がモデル(ちゃーちゃん:73話)
なっちゃんの結婚相手が、見えて来そうになると、それはあり得ないことが判明する。この繰り返しです。

いつになったらはっきりと見えて来るんでしょうかね。本当にハラハラさせられます。

月岡貞夫さん(のらくろさん:17週)
詳しい情報提供ありがとうございます。

ドラマの中に月岡貞夫さんに該当する人物が出て来るのかどうか、楽しみです。

朝蔵さんリアルタイムで観てたんですね。(優音詩美さん:18週)
はい観てました。『魔法使いサリー』と『ひみつのアッコちゃん』、両作品の主題歌は今でもよ〜く覚えています。

ヨーロッパを舞台(優音詩美さん:18週)
記憶が不確かですが、『なつぞら』18週の頃のテレビアニメといえば、物語の舞台は、昭和テイストいっぱいの住宅地か、またはヨーロッパでしたね。

舞台が宇宙空間に移るのは、もう少し後のことだったでしょか・・・

川村屋の店の前の雰囲気が「べっぴんさん」のキアリスの前に似ている(にゃんこさん:73話)
そこはまったく気がつきませんでした。次に川村屋が登場する場面があったら、しっかりと確認してみます。

<<前回73話 | 次回75話>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆきこ より:

    これはもう千遙ちゃんに再会したら秘密事があってもやりたい事があっても絶っっ対にお兄ちゃんに話したらダメだよって徹底周知しないとダメでしょうねなっちゃんだって友だちだからこそ止めただろうし川村屋となっちゃんの苦労を水の泡にして!このバカ!と思って見てました

  2. きゅうぽん より:

    咲太郎の言うことはもっともだけど、田舎、老舗の跡取りはそうはいかないのよーと言いたいですね。
    仮に戦争がなく、みんなが平和に暮らせていたら、咲太郎も父の跡を継ぐ形になっていたのになと思いますね。ただ、咲太郎は自分が父のようにと思っていたけど、でも雪次郎だって最初から演劇をやりたいかったわけではなかったし、この先どうなるのか、夢破れても(今から言うなですが(^_^;))雪月は逃げの場所ではなく、やっぱり自分の道だったと思ってほしいなと思います。

    雪月か川村屋の近くの緑の看板が、ちはるがいるだろうと思われたおじさんのアパートの近くにあったのと同じだったようなが気がしましたが、一瞬だったのでうろ覚えですが(笑)

  3. オペラ座の怪人 より:

    雪月の3人が
    (大金がかかるだろうに)
    北海道から上京して、
    雪次郎とご対面。

    これで、雪次郎が役者にならない、
    ってな展開は、
    ありえないんだろうなあ。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  4. よるは去った より:

    亜矢美「こんなんでどうだろ?」と手にしたビールのラベルに「大黒ビール」(笑)。あの場合「NHK ビール」もあると何かで読んだことがありますけど。

  5. よるは去った より:

    今度このドラマでかなり重要な役を演るらしい清原果耶ちゃんは朝ドラでは「あさが来た」のふゆちゃんの役でもあったけど、私的には全部は視なかったけど「透明のゆりかご」が印象深いです。
    「全身」で演技できる女優さんかななんて勝手に思いましたけど。
    「あさが来た」で二回目に出てきた時の役が「ナツ」というのもなんか意味深?

  6. 落合明人 より:

    土曜日今日の朝見ていた感想ですけれどもなつちゃんが雪次郎君に説強説得が激しくやつてましたけれども
    私はこれお見てあまちゃんであきちゃんが種士先輩おなぜ仕事お辞め手あきちゃんが激しく説強したのお思い出しました確かに雪月は跡継ぎは雪次郎君しかいませんからね
    でも演劇に進ていゆのも爽籟の進路も先端市にあるのかもね