なつぞら 第18週「なつよ、どうするプロポーズ」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『なつぞら』
2019年7月29日 〜 8月3日放送

『なつぞら』第18週 あらすじ

テレビ漫画『百獣の王子サム』が大ヒット

なつが手がけたテレビ漫画『百獣の王子サム』が、大ヒットを記録。なつと坂場は、東洋動画の大杉会長から、その功績を絶賛されました。

そんな中、東洋動画ではヨーロッパを舞台にした新作長編漫画映画『神をつかんだ少年クリフ』の制作が決定。作画監督に任命された下山は、演出に坂場を推薦します。

坂場がなつにプロポーズ

新作長編漫画映画『神をつかんだ少年クリフ』の監督を任されることになった坂場は、なつにも制作に加わってほしいと懇願。

さらに坂場は、なつに対して思いがけないお願いをしました。映画が成功したら結婚してほしいとなつにプロポーズしたのです。

坂場が退職願を提出

漫画映画『神をつかんだ少年クリフ』の制作がはじまるものの、坂場の強いこだわりにより制作は遅れに遅れるものの、仲が機転を利かせたことでようやく完成します。

そんな中、坂場が会社に退職願を提出。さらに、なつを驚かせるようなことを言いだしました。坂場のことでなつが落ち込んでいると、思いがけない人物がやって来るのでした。

<<前週 第17週 | 次週 第19週>>

Sponsored Link

予習レビュー

[2019/07/22]いっきゅうさんこと坂場くんがなっちゃんにプロポーズ!

いっきゅうさんがなっちゃんにプロポーズすることが判明しました!新作の長編映画が成功したら結婚してほしいと、なっちゃんにプロポーズするのだとか。

しかし、新作映画が完成するやいなや、いっきゅうさんはまさかの退職願提出。

しかも、なっちゃんにあることを告げて、なっちゃんを深く落ち込ませるのだそうです。事前のアナウンスによれば、この週は、これまでで最大のアップダウンの激しい一週間になるとのことです。

[2019/07/17]ついになっちゃんは結婚か?

サブタイトルに「プロポーズ」の文言が入った今週。ついになっちゃんの結婚が描かれるかもしれません。

事前に発表されたストーリーの中には結婚の「け」の字もありません。

しかし、東洋動画の社長さんが結婚式で祝杯を挙げる写真が発表されているのです。この写真と今週のサブタイトルから推察して、なっちゃんの結婚が考えられます。

結婚相手は、16週からの物語の流れから考えて、いっきゅうさんこと坂場くんしか考えられません。

『百獣の王子サム』の実在モデルは『狼少年ケン』?

なっちゃんがはじめて手がけたテレビアニメ『百獣の王子サム』が大ヒットを記録。

ところでなっちゃんの実在モデル・奥山玲子さんがはじめて手がけたテレビアニメは、昭和38年(1963年)に放映が開始された『狼少年ケン』です。

なので『百獣の王子サム』の実在モデルは『狼少年ケン』なのでしょうか。

奥山玲子さんはその後、『魔法使いサリー』や『ひみつのアッコちゃん』の作画に携わることになります。

『魔法使いサリー』と『ひみつのアッコちゃん』くらいから、ブログ主もリアルタイムで観ています。

子供の頃に楽しんだテレビアニメの裏側が楽しみでなりません。

『ゲゲゲの鬼太郎』

[2019/06/28]以下の記述の一部に誤りがあります。『ゲゲゲの鬼太郎』の放送開始は、正しくは昭和43年(1968年)です。

ドラマの中の昭和38年(1963年)リアル東洋動画=東映動画が、この当時に製作したテレビアニメの一つに『ゲゲゲの鬼太郎』があります。

『ゲゲゲの鬼太郎』といえば、今、再放送中の『ゲゲゲの女房』。

『ゲゲゲの女房』とリンクしたエピソードが『なつぞら』の中で描かれるかもしれませんね。

『ゲゲゲの鬼太郎』の初期タイトルは『墓場の鬼太郎』。

タイトルに「墓場」がつくことがスポンサーにイヤがられ、代替策として「ゲゲゲ」が採用されるエピソードが『ゲゲゲの女房』にありますが、そのあたりが『なつぞら』でも触れられないかなと思っています。

<<前週 第17週 | 次週 第19週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tonton より:

    この週は坂場の視聴者からの非難ゴーゴーが最高潮になりそうです。

    元ネタの「太陽の王子ホルスの大冒険」が興行的に振るわなかったですが、ドラマ上でも
    映画がヒットせず、プロポーズを取り消してなっちゃんを落ち込ませるのですが、再度プロポーズするそうです。

    こうなってくると制作サイドは意図的に坂場を視聴者から嫌わせようとしているのでは?と勘ぐってます。
    でも。それもこの週で終わりのような気がします

  2. ふーさん より:

    「神をつかんだ少年クリフ」ってモデルの作品は何だろう?
    やっぱり「太陽の王子ホルスの大冒険」ですかね。この作品が長編では最後の東映動画での仕事ですしね。でも、「ヘンゼルとグレーテル」でけっこうホルスのネタは放出しましたからね。
    ホルスのヒロインのヒルダは仲さんのモデルの森康二氏の最高傑作ですが、いっきゅうさんと仲さんが関係がよろしくないのなら、全ての萌えキャラの原点であるヒルダに相当するキャラ登場は期待薄ですね。。

    因みに史実では小田部羊一さんがスーパーマリオのデザインですが、なつぞらでなつが何かのゲームキャラのデザインでも手掛けたら面白いですね。ただ、そのころには奥山玲子さんは銅版画家になっていらしゃるような感じですが。

  3. どんギツネ。 より:

    おーっ!坂場さんがプロポーズするんですね。
    なつを落ち込ませるひと言・・「会社辞めるから、プロポーズは忘れて下さい」とかでしょうか?
    落ち込む、なつの元に現れるのが誰なのかも、とっても気になります。やっぱり、ここは天陽くんがいいなー。

    ただ、29日のあらすじを見て、ふと思ったのですが、大杉社長が紋付姿で乾杯の音頭取るのは、なつの結婚式ではなく新年会じゃないでしょうか?
    ガイド本に載ってた写真は私も見たんですが、なつと坂場さんの結婚式に、あんな趣味の悪い(失礼ですが)屏風は似つかわしくない気がしました。
    2人なら洋装でもう少しオシャレな結婚式をするんじゃないかなー?・・なんて。

  4. みいちゃん命 より:

    「なつよ、どうするプロポーズ」というタイトルからすると坂場とはないな。

  5. まさし より:

     今日のオンエアの原画を見たら、オオカミ少年ケン、ジャングル大帝、ライオンキングをミックスしたようなキャラに感じました。さすがNHK、時代進行に合わせ、いろんなプロダクションをアレンジしているようですね。まだタツノコプロは出てこないのかな。
    当時私は小学3年生。ほぼ、クラス全員がアニメファンでしたが、鉄腕アトムが始まった頃はアトム派と鉄人28号に真っ二つに分かれ、その後、エイトマン、オオカミ少年ケンなど派閥が分かれていきました。オオカミ少年ケンはキャラクターがみな個性的で可愛く、定番オチの悪役ゴリラやクマが、崖下に落ちていくシーンは今でも思い出しますね。
     付随する番組スポンサーも同じように子供に影響を与え、明治派、グリコ派、森永派、丸美屋派などあったように思います。オープニングソングソングにスポンサー名まで入れ込んだ番組もありました。シール欲しさにおやつはずーっと明治のマーブルチョコ、朝ご飯は毎日ふりかけご飯だった時期もありました。
     特にケンの義兄弟のポッポとチッチには女の子のファンが多く、どこの女の子の家に行ってもキャラクターの印刷された缶入りのココアが出てきたのを覚えています。
     ジャングル大帝は今は無きサンヨー電気がカラーテレビの販促を狙ってスポンサーについたと思います。ウチは貧しかったので映画版の予告編を見るまで色のついたジャングル大帝を見ることはできませんでしたが、初めて見たその色彩に背筋まで震えがくるほど感動したことも覚えています。冨田勲さんの子供向けとも思えないオープニング音楽も印象的でした。
     今、何かのきっかけで当時のアニメを見ると、動きも稚拙、色も無い、動いているのは口だけなんですが、思い出の心の中ではフルアニメ、フルカラーで再現されます。エイトマンだけはどうやって走っていたか、とうやって手で弾丸を止めていたか思い出せませんが。。。
     当時のアニメは本当にこどもの心に夢を与えてくれていたのだと思います。

  6. どんギツネ。 より:

    実話では、高畑勲さんや宮崎駿さんと共に、奥山さんの旦那様の小田部さんが会社を辞めて独立し、奥山さん自身は東映に残って、ひみつのアッコちゃんなどを手がけられますが、ドラマの中では、なつは会社に残らず、坂場さんや神地さんと一緒に独立するような気がします。
    そのために、小田部さんをモデルにした役を敢えて作らなかったのではないかな?と。
    「奥原なつ」という役が、奥山さんと小田部さん2人を集約した役のような気がしてきました。

    坂場監督の初作品が興行的に振るわなかった→彼を後押しした神地くんやなつの作りたいものが作りにくい雰囲気になっていく→新たなアニメの表現を求めて3人で独立・・こんな展開になっていく気がします。
    独立後に作る作品のモチーフになるのは、アルプスの少女ハイジや火垂るの墓など。
    ハイジは、なつの北海道時代の体験を活かす形で。
    火垂るの墓は、なつや坂場さんが体験した戦争や空襲の体験を活かす形で・・子供だけではなく大人も楽しめる、新しい時代のアニメーター達が作る作品を見せて欲しいなーと思います。

  7. みゆ より:

    なつは誰と結ばれるのでしょうか。

  8. 連ドラフリーク より:

    千遥ちゃんのお見合相手は坂場君なのかな~
    だって妹の育ての親の置屋のおかみさんが言っていたし、
    東洋の誰だっけか、なつに坂場の父親が大学の教授ってことも
    言っていましたから。
    すんなり、なつと坂場君が結婚できないんじゃないか
    と思ってます。

  9. 斎藤真弓 より:

    だんだん面白くなってく夏空。アニメの歴史が今の若い人にわかってもらえるいいチャンス❣️
    虫プロのアニメーターに推薦してあげるという今考えると勿体無い話を蹴って自由に文の漫画を描きたいからと漫画家への道を選んでしまった私です。雑誌デビューは果たせましたが結局挫折してしまいました。そしてそのことは決して無駄ではなかったし、そういう青春時代があったということは私にとって宝物です。ディズニーアニメ、東映アニメ、虫プロアニメにも夢中になっていたあの頃が懐かしいです。娘たちに『夏空見ながら毎朝ワクワクしてるんじゃない?』なんてメールもらってます。

    今後の展開大いに期待しています。

  10. Takako Kikuchi より:

    狼少年ケン見てました!お菓子にオマケのシールが入っていて、洋服ダンスの引き出しにたくさん貼っていたのを覚えています。歌も歌えます!ボボンガボンボンボンガボン🎵私は園児でした。
    チロリン村、ブーフーウー、ウルトラQ、名犬ラッシー、鉄人28号…時系列がよく分かりませんが、白黒からカラーへ。私は1964年の東京オリンピックを4歳で観戦、世田谷区に住んでいたので、マラソンを沿道で見たのを覚えています。話が逸れました、あの時代、懐かしいです。

  11. 優音詩美 より:

    地方の人は本当に働き者だと思います。
    その生活の中で初対面の人達が突然泊まりに来る、それを笑顔で迎え入れる。主婦は本当に大変。
    演劇を観に行く、スキーの大会を観に行く。
    松嶋菜々子さん少しは休んでいいんですよ。
    「やってらんないわよ!」ってブチギレてもいいと思う。

  12. 加藤泰樹 より:

    昭和30年代からリアルタイムで漫画映画を見ていたので、明らかにここで出てくるのは狼少年ケンでなければつながりません。 ジャングル大帝はもう少し後にブームになり、まずは児童雑誌から火がつきました。 狼少年ケンはまず映画がヒットし、森永がスポンサーについてテレビアニメになって行きます。
    ドラマの流れは実際には白蛇姫⇒赤胴鈴之助⇒狼少年ケンという流れで、この絵のタッチで遊星少年、宇宙エース、ソラン、そしてサリーへと続いていき、森永を筆頭とする日本の製菓会社がバックアップしていきます。

  13. ふーさん より:

    高畑勲・宮崎駿・大塚康生・小田部羊一・奥山玲子・森康二によるアニメ史に残る傑作「太陽の王子ホルスの大冒険」のような作品を作っているのでしょうか。ヒルダがいなければ今のアニメの「萌え」もありませんし。ラナもクラリスもヒルダがオリジナルみたいなもんですから。
    アイヌの人形劇「チキサニの太陽」を北欧を舞台にして翻案したのが太陽の王子ホルスの大冒険ですから、「ヨーロッパを舞台」というドラマ中の設定だとすると、ホルスなのかな? って思わざるを得ません。
    この展開、楽しみです。

    ただ、ホルスって労働組合の団結をテーマにしているからなあ。それに、NHKの朝ドラで東映動画のロックアウトをやるんだろうか。。

  14. HIRO より:

    百獣の王子というタイトルからはレオを連想しますが、この段階で虫プロのアニメが出てくるのはちょっと考えづらいですね・・・モデルの奥山さんが参加したのは東映動画の狼少年ケンですし、ケンはターザンが元ネタと思われる主人公でした。ライオンに育てられた人間の子がサム、という設定もありかもしれませんよ。

  15. 斎藤真弓 より:

    私も「百獣の王子サム」は、ジ「ャングル大帝」だろうなって思って読み進めたら「狼少年ケン」て言ってるのであらら❓と思いました。
    ですよね、おそらく「ジャングル大帝」だと思います。私も高校生の頃毎週欠かさず見てて大好きでした。

  16. 優音詩美 より:

    昭和43年は1968年。

  17. どんギツネ。 より:

    ゲゲゲの鬼太郎がテレビアニメになったのは、昭和38年ではないと思います。
    ゲゲゲの女房からの知識しかないのですが、水木夫妻に長女が生まれたのが昭和37年の12月。
    翌年の38年は、北西出版での悪魔くんの連載くらいしかなく、初節句も祝えなかったり、電気が止められたり貧乏のドン底にいたはずです。
    状況が好転し始めたのは昭和40年に単発で「テレビくん」を書いた頃からで、その翌年の昭和41年に悪魔くんがテレビドラマとして放送され、ゲゲゲの鬼太郎がテレビアニメになったのは、その数年後だったと思います。

  18. のらくろ より:

    あくまでも、私個人の想像ですが、「百獣の王子サム」の実在モデルは東映動画初のテレビアニメ「狼少年ケン」ではなく、タイトルから推察すると虫プロ製作の日本初カラーテレビアニメ「ジャングル大帝」ではないかでしょうかね・・・。
    「鉄腕アトム」「エイトマン」「宇宙少年ソラン」「宇宙エース」「鉄人28号」「スーパージェッター」とSFアクションばっかりのアニメ黎明期で「ジャングル大帝」は苦戦を強いられたみたいですが、とにかくオープニングの出来が素晴らしく、
    本編の三倍以上の経費を掛けられて作られ、東映動画出身の「鳥の勝井」と異名をとる勝井千賀雄さんのフルアニメのフラミンゴの飛翔シーンの技術が素晴らしく、本作「なとぞら」のオープニングのたんぽぽが鳩に変化し飛翔するシーンの原型になっているのでは・・・と勝手に想像しております。
    このオープニング動画は現在でも、YouTubeで「ジャングル大帝 OP」「ジャングル大帝 OP/ED」として閲覧できます、ぜひご覧になって頂けたら幸いです。
    「ジャングル大帝」は「」鉄腕アトム”Astro Boy”」に続き欧米諸外国でも”Jungle Emperor Leo”として放映され、後にディズニーが設定を模倣して「ライオンキング」を作りますが、原作者の手塚治虫さんは大のディズニーファンで、アイデアの盗作を怒りもせず「ディズニーにまねされるとは、大変名誉なことだ」と大喜びされた逸話が残されています。

  19. オカモトユキコ より:

    千遥が見つかり3人で会えるのにどうして千遥は
    なつ,咲太郎に会いたくないのでしょうか?
    どうして十勝に訪ねて来たの?

  20. 優音詩美 より:

    ヨーロッパを舞台。。犬が出てきますかね?山羊かなぁ?
    楽しみです。

  21. 優音詩美 より:

    朝蔵さんリアルタイムで観てたんですね。