なつと咲太郎が北海道へ / なつぞら 第82話

2019年7月4日(木)第14週「なつよ、十勝さ戻って来い」

あらすじ

千遥が柴田家に姿をあらわしたとの連絡を受けたなつは、咲太郎とともに一日以上もの時間をかけて北海道に向かいました。朝早く、帯広に到着したなつと咲太郎が、まず向かったのは雪月でした。

なつと咲太郎を迎えた雪之助は、二人を十勝までトラックに乗せて行くことにしました。そして、なつと咲太郎は、ようやく柴田家に到着。なつと、柴田家の家族たちは再会を心から喜びました。

しかし、千遥との再会を心待ちにしていたなつと咲太郎に対して、泰樹たち柴田家の家族は思いがけないことを告げました。千遥が、柴田家から姿を消してしまったのです。そして、柴田家の誰もが、千遥が姿を消した理由をわからずにいました。

深く落胆するなつと咲太郎の二人を、柴田家の家族たちは励ましました。千遥はいつかきっとなつのもとに帰ってくる。千遥を信じろと。そんな中、なつと咲太郎に宛てた千遥からの手紙が、柴田家に届くのでした。

<<前回81話 | 次回83話>>

第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link

予習レビュー

なっちゃんと咲太郎くんが北海道にやってきました。

ところで、なっちゃんと咲太郎くんの二人が東京から十勝まで、どれくらいの時間をかけてやってきたのか。

ざっくりとではありますが調べてみました。

上野〜青森:20時間
青森〜函館:5時間(青函連絡船)
函館〜札幌:9時間
札幌〜帯広:9時間
帯広〜柴田家:?時間(雪之助さんのトラック)

この数字がどこまで正確なのか定かではありませんが、丸2日弱かかる計算です。

これほどまでに時間がかかる長旅をすると即決したなっちゃんと咲太郎くん。決断の早さに、千遥ちゃんに一刻も早く会いたいという焦りにも近い気持ちがよくあらわれています。

しかし、なっちゃんと咲太郎くんが、丸2日近くかけて十勝にたどり着いたとき、二人は千遥ちゃんに関して、思いがけないことを聞かされるのだとか。

その思いがけないことが何なのかは、今のところ不明です。一体、何が起きたのでしょうか。

感想

「後ろめたいことがあって急に逃げたのではないか」

千遥ちゃんの思いつめた表情。なっちゃんに会いたくないとまで言った千遥ちゃんの気持ち。それらが明らかにならないまま、千遥ちゃんは姿を消してしまいました。

そして、千遥ちゃんが姿を消した理由という謎をまた一つ残しました。

ところで、前回『なつぞら』81話のレビューページに対して数多くのコメントをちょうだいしました。

それらコメントの中でとても気になったのが、千遥ちゃんは何かから逃げて来たのではないかという予想です。

奇しくも、今回のドラマの中で咲太郎くんも同じことを言いました。

「後ろめたいことがあって急に逃げたのではないか」と。

若くして人生の酸いも甘いも知り尽くし、これまで様々な人の人生の表と裏をたくさん見てきたであろう咲太郎くん。

彼が千遥ちゃんの心の中を推察した言葉、とても説得力があります。

千遥ちゃんが姿を消した謎。今回の最後に届いた千遥ちゃんからの手紙の中に記してあるのでしょうか。

それとも、その謎が明らかになるのは、まだまだ先の話なのでしょうか。

コメントへの返信 by 朝蔵

誰かから逃げている?(よるは去ったさん:81話)
千遥ちゃんの心の闇。かなり深そうですね。お姉ちゃんに会いたくない。それだけでは済まない心の闇。その闇の中には何があるのでしょうか。

そして、そもそもその闇が出来てしまったきっかけは何なのか?下手なサスペンスドラマよりもサスペンス要素がいっぱいですね。

信さんの写真撮影がきっかけで、千遥がいなくなっちゃった、てなことにならないことを祈ります(オペラ座の怪人さん:81話)
信哉くんがカメラのフラッシュを焚いた瞬間の千遥ちゃんの反応。尋常なレベルではない驚き方でしたね。

しかも、写真を誰にも見せないでほしいなんて。写真を撮られるのが嫌い!なら、その気持ちはわからないでもないですが、見せるなという反応には驚きました。

記者魂なのか、いきなり写真を撮る(アーモンドさん:82話)
仕事がら、誰かにカメラを向けることに抵抗がなくなっているのかもしれませんが、いきなりカメラを向けられた千遥ちゃんにしてみたら、それは驚くしかない。

しかし、千遥ちゃんの驚き方たるや、普通ではなかったですね。千遥ちゃんの心の傷、思った以上に深そうです。

富士子の「良いところの置屋」と私も思ったのですが、NHKが描けるかですが、悪徳ではない事を祈りたいです(きゅうぽんさん:81話)
ブログ主も、千遥ちゃんが預けられたのが、富士子さんのいう「良いところの置屋」であってほしいと願うばかりです。

でも、千遥ちゃんの暗い目つきが気になります。口では幸せと言いながらも、表情はまったく別のことを物語っているように見えます。

千遥ちゃんの言葉自体には嘘は無いと思いますが、でも、もしかすると置屋から逃げて来たのかもしれないと思いました(ちゃーちゃん:81話)
置屋から逃げた。または身請けしたいという男性から逃げてきた。だから、写真が出回るのは困る・・・

ちゃーちゃんさんのご高察。するどいですね。ものすごく説得力があります。千遥ちゃんの謎のすべてが一つにつながってきます。

18歳ならそろそろ芸者にさせられる頃ですね(まゆゆ結構好きさん:81話)
千遥ちゃんは18歳!千遥ちゃんの年齢のことを、コメントをちょうだいするまで考えていませんでした。

その年齢だと、見習いとして女将さんや年上の女性たちから可愛がってもらえる年代はそろそろ終わる頃です。

人生の大きな節目を迎え、千遥ちゃんは何かに迷っているのかもしれませんね。

おそらく「ジャングル大帝」だと思います(斎藤真弓さん:18週)
『ジャングル大帝』といえば、奇しくも本作に間違いなく大きな影響を受けたと思われる『ライオンキング』の実写版が公開されますね。

『白蛇伝』のカンヌ映画祭出品といい、まるで『なつぞら』放送のタイミングを狙っているかのようです。

(『白蛇伝』は明らかに狙ってますが『ライオンキング』はもちろん偶然でしょう)

脚本を書かずに絵コンテでストーリー作りを進めていく・・正に宮崎駿さんの手法(どんギツネ。さん:87話)
宮崎駿さんがこの手法で作劇されているんですか!?まったく知らなかったので、たいへん勉強になりました。『なつぞら』をさらに楽しめます。ご教示ありがとうございます!

今回の千遥ちゃんの柴田家訪問に際して「写真を撮らせる」ための信哉くんの帯広配置(どんギツネ。さん:81話)
おっしゃる通り、信哉くんが帯広に転勤になったことが、今回はじめて活かされましたね。ただし、信哉くんが撮った写真が何かを巻き起こすのか。まだまだ謎だらけです。

本命:天陽君を捨てきれない私、対抗は信哉君にしても良いけど(^^;)やっぱり「すずちゃん💛吉沢君」の黄金カップルが見たいな(まーちゃんさん:81話)
結婚した天陽くんと再会したなっちゃんが、ついに天陽くんは自分の手の届かない存在となったと痛感する=つまり、天陽くんに対して抱いていた自分の気持ちをはじめて自覚する。

そんな場面が用意されているようです。これって『半分、青い。』にそっくりです。

『半分、青い。』では、誕生したその日からヒロイン・鈴愛ちゃんの相手役は他にいないみたいな登場のしかたをした律くんが、他の女性とまさかの結婚。

鈴愛ちゃんも、相手役間違いなしで登場した律くん以外の男性と一度は結婚しました。

律くんが、鈴愛ちゃんにプロポーズしたにもかかわらず、です。

でも、最後の最後に、鈴愛ちゃんと律くんは結ばれました。こんな遠回りもあったので、天陽くんが完全になくなったわけではない、とも言えるかなと思います。

芸妓さんへの襟替えを控えて、旦那さん(パトロン)への忖度???はたまた、縁談か身請けの予定でもあるのか???(もみじさん:81話)
千遥ちゃんは18歳。18歳以上でないと半玉になれないという法律からいつから施行されたのか定かではないですが、かつては半玉は18歳くらいまでだったとか。

だとすると、もみじさんのご高察のとおり、人生の節目の事情がいろいろとありそうですね。

千遥ちゃんが芸者置屋で育ったとは、意外でした(ときわごぜんさん:81話)
千遥ちゃんのこれまでの十余年。ブログ主にとっても意外過ぎるくらい意外でした。想像すらしていませんでした。

千遥ちゃんが、どこにいて何をしていたのかまではわかりましたが、まだまだわからないことだらけですね。

これからそれ(桶屋で半人前)が変わる時を迎えるのかもしれませんね。せめてその前に兄弟に会いたくなって出てきてしまったのかもしれませんね(少しだけ兄弟が助けてくれるかもしれないという気持ちも無意識のうちにあったかもしれませんね)(さくらさん:81話)
さくらさんの予想。思わず膝を打ちました。千遥ちゃんが、自分は幸せですと口では言いながらも、表情はまったく別のことを物語っている理由も、これで説明がつきます。

写真を撮られたことに対して、あれほどの拒絶反応を示したのも合点がゆきます。

千遥ちゃんの生い立ちと年齢を考えると初めてお客をとるのが怖くて逃げてきたんじゃないでしようか(1013さん:81話)
逃げ出してなっちゃんに助けを求めようとも思った。でも、逃げきれない気持ちもあり、自分のこれからのことをなっちゃんに知られたくない。だから会いたくない。

千遥ちゃんの謎に満ちた言動の数々。想像がひろがります。

親戚の家でも、いじめられても笑っている子だったのですから、置屋が生活も幸せだというのも嘘なのでは(ももさん:81話)
親戚の家でいじめられながら、千遥ちゃんは本心を隠して笑っていたという事実をすっかり忘れてました。

自分は幸せだという千遥ちゃんの言葉。ももさんのおっしゃる通り、そのまま受け取れないかもしれませんね。

剛男さんと富士子さんが、千遥ちゃんが、柴田家にずっと居たいと言い出した場合のことを、話していましたが、これが、将来、千遥ちゃんが芸者にならずに済むことのフラグであることを願います(よしけんさん:81話)
たくさんの方から、千遥ちゃんはこれからの状況から逃げてきた説を予想するコメントをちょうだいしましたが、ブログ主もそんな気がしてきました。

よしけんの願われている、千遥ちゃんが柴田家の一員になる展開。そんな展開になって、千遥ちゃんに真の幸せを実感してほしいものです。

ところで、次週には咲太郎くんが「社長さん」になることが確定。

千遥ちゃんが、置屋から出るには多額のお金を求められることも考えられます。そんなときに社長になった咲太郎くんが一肌脱ぐ、そんな展開も希望します。

<<前回81話 | 次回83話>>

第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アーモンド より:

    千遥は、着てきた服を置いて、なつの服を着て出ていきましたね。
    永遠の別れとなるかもしれないから、形見として置いて行ったとも考えられます。またなつの服も千遥にとって形見になるでしょう。
    お互い体のサイズは合うのでしょうかね。なつも千遥の洋服を着たらいいのにと思いました。
    また千遥の養母、朝ドラヒロインだった原日出子さんですね。一回きりの出演でしょうか。
    また、千遥の清原沙耶さんロスも起きそうです。

  2. ひるたま より:

    かつて姉:なっちゃんが着ていた服のままで姿を消した千遥ちゃん…訳あり感がますます強く、サスペンスフルな展開になって来ました。
    千遥ちゃんは最初から柴田家を出るつもりでいたのか? さもなくば、言葉通り牧場の様子を見に外に出た所を追手(東京から来た置屋の関係者等)に見つかって捕まり、飛行機(別の方のコメントにもありますが、あの当時は高嶺の花だった筈でしょう…置屋関係者ならば出せる金額かもしれませんが)に乗せられて東京に連れ戻されてしまったか? まぁこの事は明日(第83話)の放送を見れば氷解するのでしょうが。

    ところで些か唐突ですが、あの服装が仮に天陽くんあたりの目に留まったら、彼は一体どのような反応を示すのでしょうか?…ふと考えてしまいました。まぁその前に天陽くんと千遥ちゃんが鉢合わせしていなければ単なる一視聴者の妄想で終わる訳ですが。(^^;)

    放送記者となった‘信さん’信哉くんの勤務先…現実に即すれば個人的には日本放送協会(NHK)若しくは東京放送(TBS)のどちらかかな?と想像しながら見ていました。(TVやラジオのニュースに携われるとなると、ラテ兼営の局に絞られますので)
    帯広に転勤、という事で…どうやら彼の勤務先はNHKである事がほぼ確定しましたね。

    ところで信哉くんが帯広に行った事によって、夕見子ちゃんとの接点が出来る可能性があるのでは?という事がふと頭に浮かびました。これから夕見子ちゃんも帰省して来るようですし、そこで信哉くんとバッタリ鉢合わせしてもおかしくないような? 以前柴田家を訪れた信哉くんに刺激されて(?)普段は決して家事を手伝わない夕見子ちゃんが少しばかり家事を手伝っていた場面を思い出しました。大学という環境を知っている点では夕見子ちゃんと信哉くんは共通している≒共有出来るものを持っている筈…。

  3. もみじ より:

    やっとの思いで十勝に着いてみれば、
    すでにそこには千遥ちゃんの姿はなく、
    落胆して涙を流すなっちゃん・・・
    千遥ちゃんから届いた手紙の宛名は、
    【柴田なつ様・奥原咲太郎様】
    千遥ちゃんはなっちゃんが柴田の籍に
    入っていると思っていたのか?
    それらのシーンが切なかったです。
    なっちゃんには温かい家族がいた・・・
    千遥ちゃんもそれに触れて、このまま、
    なっちゃんと咲太郎くんに会ってしまったら、
    置屋さんに戻れなくなってしまう・・・
    そんな気持ちから姿を消したのでしょうか?
    でも、泰樹さんの言葉を信じて、
    千遥ちゃんは必ず戻ってくる!
    千遥ちゃんが置屋さんとのしがらみから
    解放される日が来ることを願うばかりです。

  4. しし より:

    朝ドラで置屋がらみの逃げたというのは描かないのでは。私はその置屋からすでに誰かの家にもらわれているのではと思います。すっかりお嬢様風の雰囲気からお金持ちのところに。そしてそれは金持ちだけど犯罪がらみ(置屋繋がり)のお金持ち、そしてそこから逃げた訳でないけど、姉や兄に何かつながると迷惑かけるかもと思っているから。

  5. よしけん より:

    千遥ちゃんから、なっちゃんと咲太郎くん宛の手紙には、宛先に、「柴田なつ」と「奥原咲太郎」とありました。
    千遥ちゃんは、なっちゃんが、改姓したと思い込んでいるようで、それ故に、余計に遠い存在だと感じたのでしょうか?
    なっちゃんは、紛れもなく柴田家の家族の一員だけど、あえて「奥原」のままで改姓はしていないことを千遥ちゃんが理解すれば、新しい良い展開に向かうのでしょうか?

  6. まゆゆ結構好き より:

    なつが剥き出しの感情をぶつけられるのは、今だに咲太郎と信さんだけなんですね。柴田家の人たちには決してやらないですよね。

  7. ゆきこ より:

    信さん…迂闊だったねせめて千遙ちゃんに許可取ればよかったのに陸奥宗光の奥さんも芸者さんだったらしいんですけど置屋って結構芸事のお師匠さんに気性が激しい人が多いらしいんです可愛がってもらってたかもしれないですがそれ以上の事もあったのかもしれないですね船橋のおばさんの所から逃げたって聞いた時も思ったけど逃げるのって結構勇気がいる事だと思うんですそれ以上の事を置屋で求められたんならそりゃ逃げてもいいと思います

  8. きゅうぽん より:

    手紙気になりますね!
    本当に芸者になるための、踏ん切りとして会っておこうとしたのならですが、○線(自粛)の方なら、とても切ないです。他の方の、両親の縁で引き取ったのなら、嬉しいですね。

    東京に帰ったのなら、再度さがすのにはポイント絞り込めそうですが。

    「奥原なつ」として生きていたと知らなかった千遥ちゃんでしたね。てっきり養女になっていると思って宛名が「柴田なつ」になってましたね。

  9. オペラ座の怪人 より:

    あちゃー、
    会えなかったかあ。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    そんな予感がしたんだよなあ。

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    おしまい

  10. よるは去った より:

    明美「千遥ちゃんから手紙が来た・・・・・。」
    内村N 「 なつよ・・・・千遥の想いは今そこにある・・・・。」
    明日全てが語られるわけですね。
    千遥「姉には会いたくない・・・・。」
    剛男「何かに怯えているような気が・・・・。」
    昨日の回で語りきれなかったかも知れない過去。
    富士子「なつの服に着替えて・・・・・その服を着たままいなくなってしまったの。」
    の事情までが語られるのでしょうかね。

  11. アーモンド より:

    千遥の機嫌を損ねたのは、記者である信さんで
    したね。記者魂なのか、いきなり写真を撮るから。せっかくの兄妹再会に水を差したと思ってるんです。

  12. 相澤隆幸 より:

    硬く考えないで下さい。
    それじゃ無くとも新得と鹿追、士幌、音更、帯広の距離がそれぞれデフォルメされて同じ町内の土地であるかの様に表現されているのですから架空の土地を楽しみましょう?

  13. つる より:

    帯広というのは十勝地方の中心都市で柴田家があるのは音問別(架空)といっています。なので帯広から十勝へ行くというのはかなりおかしいわけです。帯広に着いたということはすでに十勝にいるわけですから。十勝が大きくフューチャーされているので仕方ないのかもしれませんが、地元の人間としてちょっと気になったので意見させてもらいました。