なつが新作の企画を提案 / なつぞら 第86話

2019年7月9日(火)第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」

あらすじ

北海道の柴田家で千遥との再会をはたせなかった失意の中、なつと咲太郎が東京の風車に戻ってきました。なつと咲太郎は、一部始終を亜矢美に報告。話を聞かされた亜矢美は、なつと咲太郎をはげましました。

その翌日、なつは東洋動画に出社。出社早々、なつの出社を待ち構えていた、下山、麻子、坂場が、なつへの宿題としていた短編映画の企画を求めてきました。なつは、『ヘンゼルとグレーテル』を原作にした作品を提案します。

下山、麻子、坂場は、なつの提案に興味を示しました。しかし早速、意見の食い違いが始まりました。坂場は脚本家を立てないで制作を進めることを主張。しかし、坂場のその考え方を、麻子は納得できなかったのです。

その日の夜、なつが企画した提案に乗り気になった坂場が、風車に姿をあらわしました。なつの部屋に迎い入れられた坂場は、物語の結末の描写をなつに相談。なつの答えを聞かされた坂場は、なつの企画を必ず実現すると決意を固めるのでした。

<<前回85話 | 次回87話>>

第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link

予習レビュー

今週のサブタイトルは「なつよ、ワクワクが止まらない」ですが、今週はワクワクどころか千遥ちゃんと再会できない深い落胆の中ではじまりました。

そして今回も、落ち込みながら東京に戻ってくるなっちゃんの描写からスタート。

しかし、出社して早々に新作の短編映画の企画の提出を求められ、そこから一気にお仕事モードに復活。

お仕事モードの中、なっちゃんが提案した企画は、チームのみんなが興味を示し、あの何かとうるさそうな坂場くんも賛同。

このあたりから今週のサブタイトルである「ワクワク」が始まるのでしょうか。

ところで話が前後しますが、十勝での出来事をなっちゃんと咲太郎くんから聞かされた亜矢美さんは、千遥ちゃんの気持ちを察するとのことでした。

亜矢美さんは、千遥ちゃんの気持ちをどのように察したのか。そして、千遥ちゃんの気持ちを察した上で、なっちゃんと咲太郎くんをどのように励ますのか。

今回描かれるエピソードの中で、ブログ主は亜矢美さんの反応にもっとも関心を持っています。

感想

「なっちゃんの相手役は誰?」のテーマが復活

なっちゃんの相手役は誰なのか。視聴者の多くが気になってしかたがないテーマが、久しぶりに描かれました。

しかも、天陽くん夫妻の姿を見たなっちゃんがショックを受けてすぐのタイミングに。

ももっちがなっちゃんにいちいち突っ込みを入れるところが面白い。

「(いっきゅうさんは)何を言い出すかわらからないから怖いが、この人がいればいい作品ができると妙に安心する」というなっちゃんの言葉に、ももっちがするどく返す。

「それってもしかしたら好きになった?」

ももっちに突っ込まれたなっちゃんの焦り方の描写のその直後に、坂場くん本人が、まさかの風車ご来店。

酔っ払った常連の客たちに、彼氏が来ただの、いい男だのと、はやしたてられる。

千遥ちゃんの物語の余韻が消えてなくなってしまうほどの、実に思わせぶりな描写が続いた『なつぞら』第86回でした。

「帰り道を残すための道しるべ」

なっちゃんの部屋に飾られた、千遥ちゃんの写真と千遥ちゃんが描いた兄姉の似顔絵。それらを見て思いました。

夕見子ちゃんの次の言葉がますます重みを増してきたなって。

「パンを落とす代わりに絵を描いている、それが自分の家に帰るための道しるべ」

なっちゃんは、家に帰るための道しるべ、家族が再生するための道しるべをついに見つけました。そして、その道しるべを片時も忘れないよう、部屋の壁に貼りました。

なっちゃんはきっと千遥ちゃんと再会できる。改めてそう信じることができました。

コメントへの返信 by 朝蔵

泰樹「咲太郎・・・・よくここまで頑張ったな。これからも胸張って生きろ。」(よるは去ったさん:85話)
成長した咲太郎くんがドラマの中に登場したころは、残念な面ばかりが強調されていましたが、その陰で血のにじむような努力を重ねていたことを泰樹さんはお見通しですね。

さすが泰樹さんです。人を見る目が他の人とは別格です。

物語のスパイスとして千遥のエピソードは素晴らしかったです(まゆゆ結構好きさん:85話)
ドラマの半分が終わり、折り返し地点でもあったので、強烈なスパイスで中だるみを防いだのかもしれません。

後半は、スパイスが効いた場面が多くなるかもしれません。

アニメーターとしての成功物語と、家族の再生物語りがリンクできると思います!(あさのあさみさん:85話)
夕見子ちゃんが言った『ヘンゼルとグレーテル』の兄と妹を結ぶパンは、奥原三兄妹にとっての絵、という言葉。

この夕見子ちゃんの言葉は、アニメーターの物語と家族が再生する物語がリンクし、最後に千遥ちゃんが兄姉と再会できるフラグであると信じたいです。

私の一押し夕見子がご活躍の回でした!(オペラ座の怪人さん:85話)
大学生になった夕見子ちゃん。するどい言葉は、高校生時代よりもさらにさえわたってましたね。

たった一人で家族全員を振り回してしまうなんて、たいしたものです。

NHKが清原果耶さんの程の女優さんを単発ゲストのような扱いにするとは思えず、千遥ちゃんの再登場はあると思います…。(重信六三郎さん:84話)
仮に、清原果耶さん演じる千遥ちゃんが単発だったとしても、先週の一週間のインパクトの強さから言って、視聴者の希望に応えるためにも、物語を変えてでも後半に見せ場を作るのではないかと思います。

前作『まんぷく』の鈴さんが、人気者のあまり亡くなる場面が変更されたように。

それほど強烈な印象を残した千遥ちゃんの登場場面でした。

「パンを落とす代わりに絵を描いてんの。それが自分の家に帰るための道しるべなんだわ」夕見子のセリフが、きょうだい3人の今後を暗示(はままさん:85話)
夕見子ちゃんの深いセリフが『なつぞら』後半の展開、奥原三兄妹の今後の展開の予言みたいに聞こえました。

夕見子ちゃんの「予言」が当たりますように。

千遥ちゃんの服は、「ひよっこ」でお父ちゃんがすずふり亭に置いて行った重箱のように最後の最後で回収(ぴよっこさん:85話)
素敵な予想ですね!

お父ちゃんが記憶を取り戻して、重箱を取りに来る日を鈴子さんが信じ続けていたように、千遥ちゃんが自分の洋服を取りにくる日が来ることを信じたいです。

今日のおんじも良かったですね(テイさん:85話)
泰樹さんの言葉のひとつひとつ。表情のひとつひとつが、朝からいちいち泣かせてくれます。決して泣くような場面ではないのに。

これが名優の仕事というものですね。

なっちゃんのお相手、私はずーっと信さんだと信じています。理由はやはり、この物語が2人の再会から始まっているからです(あみさん:85話)
『なつぞら』第一回限定のオープニング映像のアニメーションで登場した信哉くん。オープニング映像で、なっちゃん以外にアニメ化されたのは信哉くんだけ。

彼は特別な存在、なっちゃんの相手役だと、ブログ主も考えています。

「もっと普通を疑え」←夕見子ちゃんが大学生活で得た最大の収穫(ひるたまさん:85話)
夕見子ちゃんの北海道大学での最大の収穫が、次週の夕見子ちゃん週でおもいっきり回収されるのかもしれませんね。

夕見子ちゃんが大好きです。だから、次週が楽しみでなりません。

劇中では靖枝を夭折⇒‘退場’させる、という力技(ひるたまさん:84話)
『半分、青い。』のように、ヒロインと幼なじみが遠回りした挙句に結ばれる展開にするためには、相当の力技が必要となりそうですね。

ほのぼのとした「なつぞら」を描くならノブさんを夫にしてノブさんにも本当の家族になってもらいたい(ちゃーちゃんさん:85話)
信哉くんは、奥原三兄妹以上の、正真正銘の天涯孤独の身。身寄りらしい身寄りと言ったら、奥原三兄妹くらいです。

信哉くんの孤独な境遇が救われて欲しいですね。本当の家族を持つことで。

東洋動画辞めて鉄腕アトムを作る会社に移籍(どんギツネ。さん:16週)
麻子さんの今後の展開は今のところまったく読めないですね。でも、何か大きな出来事があるような気がします。

存在感のあるキャラでありながら、見せ場らしい見せ場がこれまでのところ用意されていないので。

役的に「靖枝さん」役が決して悪役であって欲しくない(ひるたまさん:84話)
靖枝ちゃんを悪役にはしてほしくないですね。彼女には悪役が似合いません。というか、悪役の姿など気の毒すぎて見ていられないかもです。

もう2度と一生会わないのかなぁ?(優音詩美さん:15週)
なっちゃんが十勝を去るときの、千遥ちゃんを想いながら浮かべたなっちゃんのおだやかな笑顔。

あの笑顔を見たとき、千遥ちゃんはなっちゃんと再会できるのではないか。そんな気がしました。

(^^)/~~笑顔で手を振る千遥ちゃんに泣きました。再会の日が必ず来るフラグと信じたいです。(TT)/~~(もみじさん:85話)
ブログ主も、なっちゃんの服を着た千遥ちゃんが手を振る場面。再会のフラグだと信じたい気持ちでいっぱいになりました。

(千遥ちゃんは)だとするとお座敷に上がっているということになりますよね(通りすがりのポチさん:85話)
まだお座敷に上がっているはずです。お座敷に上がっている千遥ちゃんのことを、立派な家柄の青年がみそめたのかもしれませんね。

出会いはそれくらいしかないはずですから。

<<前回85話 | 次回87話>>

第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キノピー より:

    朝が来た依頼久々のコメントです。9日のシーンで気になるセリフと描写が、一久さんこと坂場君のお父さんが大学教授というセリフと、風車にいるなつのもとを訪ねた坂場君が、千遥ちゃんの写真を見てたシーンです。千遥ちゃんの結婚相手の男性は由緒ある家柄とのことなので、ひょっとしたら坂場君のお父さんの大学の教え子か、大学の同僚、又は同じ研究室の師匠と弟子の関係などで、つながっている可能性があるかなと。ある日坂場君がお父さんの元を訪れて、そこで、教え子夫婦を紹介されたらそこに千遥ちゃんがいて、なつに知らせて運命の再開を果たす。坂場君が千遥ちゃんと再開するためのキーパーソンになるフラグの可能性があるかなと。いずれにしてもなつと千遥ちゃんは再開できる、そんな気がします。

  2. もみじ より:

    亜矢美さんの心温まる励ましを深読みすると、
    千遥ちゃんはまた北海道に来るのでは?!

    なっちゃんの結婚相手については、
    今後のお楽しみですが、個人的には
    信さんかな???第1話の始まりが
    信さんとの再会シーンだったから・・・
    でも、信さんは北海道~九州(?)転勤のある
    放送局勤務だから、どうかな?
    という気もしますが、結婚する頃は
    本部または東京隣接県の放送局勤務?
    ということで・・・^^;

    それと、妄想というか願望というか、
    再び柴田家をを訪れた千遥ちゃんは、
    十勝で結婚する?!^^;

  3. よるは去った より:

    なつ「そんな残酷な結末を子供に見せたくないんです。」
    小学生の時に教室の文庫にあったのを読んだ「ヘンゼルとグレーテル」の挿し絵でグレーテルにかまどの中に押し込まれ、炎に包まれながら断末魔に歪む魔法使いの婆さんの表情は子供心にはトラウマではあったけど、その前に「ウルトラマン」「ゲゲゲの鬼太郎」のような「悪怪物退治」の話を視て育った私にはスカッとする場面でもありましたね。
    一久「魔女は子供たちの自由や未来を奪うような社会の理不尽さの象徴・・・・・・。」
    ん~そこまで考えたことあったかなあ。