咲太郎が声優事務所設立 / なつぞら 第88話

2019年7月11日(木)第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」

あらすじ

テレビの時代が到来することを確信した咲太郎は、それまで働いていた劇団をやめて、海外のテレビ映画にアテレコする声優プロダクションの設立を宣言しました。そして、咲太郎のプロダクションの所属第一号の声優に蘭子の所属が決まりました。

声優プロダクション設立の準備を進める中、咲太郎は、声優という職業が持っている可能性の大きさを雪次郎とレミ子たちに語りました。雪次郎とレミ子も、劇団員のかたわら声優としても活動することになります。

月日は流れ、初夏。なつたち東洋動画の短編映画の制作メンバーたちは、制作の期限がせまっているにもかかわらず物語の結末が決まらない状態で行き詰っていました。下山はじめ、なつや麻子は焦りを募らせていました。

その日、なつは夜遅くまで作画に励み居眠りをしました。そして、居眠りの最中に見た夢に、なつは物語の結末の着想を得ました。なつは夜を徹して作画を続け、その作画をもとに坂場はストーリーをつくり、ついに物語の結末が決まるのでした。

<<前回87話 | 次回89話>>

第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link

予習レビュー

いつのことだったか、川村屋でアメリカのテレビドラマを見ていた咲太郎くんが、洋画の吹き替えのための声優という職業の存在を知り、興味を持ちました。

その場面を見て、ブログ主は咲太郎くんが声優を目指すフラグではないかと予想しましたが、予想はまたしてもハズレました。

咲太郎くんが目指すのは声優ではなく、声優プロダクションでした。

ブログ主の予想よりも、咲太郎くんの発想はひとまわりもふたまわりも大きなものでした。

そして、あの蘭子さんが、咲太郎くんがこれから設立する声優プロダクションの所属声優の第一号に!

これにも驚かされましたが、東洋動画の初の長編アニメーション『白蛇姫』の声優をやったことが、フラグだったのかもしれません。

かくして、蘭子さんの付き人だった咲太郎くんは、蘭子さんを率いる大将に。

なっちゃんとの9年ぶりの再会以来、いったい何の仕事をやっているのかよくわからない咲太郎くんでしたが、これで道が決まりました。

将来、咲太郎くんとなっちゃんが一緒になって、一つのアニメーションに関わる時が来るのかもしれませんね。

願わくば、そこに千遥ちゃんも加わることができるといいのですが。

感想

なっちゃんと坂場くんの距離が縮まったが・・・

今回描かれた一連のエピソードの中で、なっちゃんと坂場くんの距離が一段と縮まりました。二人の夜を徹して共同作業で、行き詰まりも突破できました。

ヒロインの視点から見て最悪の第一印象で登場した男性キャラが、その後、意外な一面でヒロインの心をつかみ、ヒロインとの距離を縮めて、ついにヒロインの相手役確定。

朝ドラの定番パターンの一つを、なっちゃんと坂場くんは演じています。

でも、坂場くんがなっちゃんの相手役になるようには見えない。今回のドラマを見ているかぎりでは。

距離が縮まっているはずなのに、微妙な距離感がまだまだいっぱい残っている。この微妙な距離感の正体が、ブログ主にはなかなか見えてきません。

本作『なつぞら』は、ヒロインの恋バナについては前例のないレベルで思わせぶりな描写が続きますね。

思わせぶりな描写で引っ張りに引っ張った千遥ちゃんのエピソードには、あっと驚かされましたが、それと同レベルか、それを超えたサプライズが用意されているのでしょうか。

コメントへの返信 by 朝蔵

いきなり出てきましたね!新人君(優音詩美さん:14週)
いつの間にかストーリー検討会の席にいて、いきなり新人とは思えない大胆すぎる発言によってドラマの中に初登場。

なかなか衝撃的な劇中デビューでしたね。文字通り彗星のごとくあらわれた天才です。

神地航也君のモデルはかの大監督のM・H氏・・・・・?(よるは去ったさん:87話)
どうやらあの大監督みたいですね。今回、初登場の天才肌の新人くんは。

リアルの大監督氏の、若い頃にこんな感じだったんでしょうか。晩年の姿しか知らないので、若い頃の姿がまったく想像つきません。

その実在の人物とは、やっぱ、あの人でしょうか?(オペラ座の怪人さん:87話)
才気あふれる異色の新人。実在モデルはどうやら「あの人」みたいですね。

当時、リアルで「天才」を目の当たりにした人たちは、いったいどんな反応を示したんでしょうね。そこがとっても気になりました。

ヤバイ感じの天才ですね(まゆゆ結構好きさん:87話)
神地くんが放っている才能がほとばしるようなオーラをうまく言い表す言葉が見つからなかったのですが、やっと見つかりました。

まゆゆ結構好きさんの「ヤバイ感じの天才」がそれです。本当にこの言葉通りの才能。ギラギラして怖くなるほどです。

千遥ちゃんのお子さんがなっちゃんの作った映画やアニメの大ファンになった時に物語がもう一度動かないかな?(ともあきさん:87話)
なっちゃんがあと数年キャリアを積んで、いっぱしのアニメーターとしてその名が知られ活躍するようになった頃。

千遥ちゃんは、すでに子供を産んで、その子供がアニメに夢中になるお年頃。ともあきさんの想像通りの展開。あるかもしれませんね。

このディズニー手法は、膨大な時間と人件費が掛かりすぎる(のらくろさん:87話)
坂場君くんが主導する脚本家を立てない「ディズニー手法」に対して、麻子さんが一貫して異を唱えつづけていますが、麻子さんが経営のリアルを代弁しているのかもしれませんね。

のらくろさんのコメントを読んで、麻子さんの意見は単なる反対意見ではなく、的を得た正論だということがよくわかりました。

高畑さんがうわごとみたいにストーリーとアイデアを話し出すとその場で宮崎さんがコンテにしていく(ふーさんさん:87話)
坂場くんと神地くんの絶妙なコンビネーションは、史実がヒントになっていたんですか!?

とっても興味深いエピソードを教えてくださりありがとうございます!

青ニプロダクション(ふーさんさん:87話)
浅学非才にして「青ニプロダクション」をはじめて知りました。

咲太郎くんにも実在モデルが存在したんですね。咲太郎くんはオリジナルキャラなのか、実在モデルをヒントにしているのか、そこを知りたかったので、教えていただき助かりました。

才能が化学反応を起こしたみたい(にゃんこさん:87話)
麻子さんは坂場くんの仕事のスタイルが好きではない。神地くんは坂場くんの仕事のスタイルに心酔している。

麻子さんと神地くん。ある意味で正反対の性格なのに、その二人から、まったく新しいキャラクターが誕生する瞬間。まさに化学反応を起こしたみたいでした。

奥山玲子さんの旦那様の小田部羊一さんは、なつぞらでアニメ時代考証(リキちゃんママさん:87話)
お久しぶりです!

そこにまったく気がつきませんでした。次回、しっかりとクレジットに注目します。教えてくださりありがとうございました。

紹介もせずに駆け落ちしたんなら夕見子が勝手ですよね(ゆきこさん:93話)
夕見子ちゃんのあまりにも身勝手な恋愛観・結婚観を、なっちゃんはまったく理解できない。そんな場面が用意されているみたいです。

柴田家の家族たちには何も言ってなさそうですね。

新人なのに、いきなり絵コンテ(はるさん:87話)
いきなり絵コンテをつくってしまう上に、その絵コンテの出来栄えやアイデアのユニークさは、先輩たちを真剣にうならせるレベル。

間違いなく「天才少年」ですね。

(「バベルの塔」は)染谷さんの奥様の出演された映画の題名(クラコットさん:87話)
ネタとしてひそかに仕込んだのかもしれませんね。

わかる人だけがわかればいいレベルの難易度の高いネタを見抜かれたクラコットさん、さすがです!

<<前回87話 | 次回89話>>

第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    声優がメインの事務所といえば、既にふーさんさんも挙げておられる『青二(あおに)プロダクション』が特に著名ですね。おそらく多数の方が「青二プロ」の名前を挙げるのでは?という位、日本に於ける代表的な声優事務所、といっても決して大袈裟ではないでしょう。
    その青二プロダクションは『東京俳優生活協同組合』(略称「俳協」HPでもこの表記が使用されています)から独立する形で設立されたとの事。
    その「俳協」の設立は1960年という事で…年代からいえば、咲太郎くんが設立した会社は「俳協」もモデルとして(≒ヒントを得て)劇中では描かれているのではないか?とも感じています。(あくまでも私見ですが)
    なお「俳協」は今も健在で、著名な方では冨永みーなさん(『大草原の小さな家』キャリー役、そしてTV番組のナレーション等でも多数活躍)等が在籍しています。
    そして先に挙げた『青二プロダクション』からは更に『81(エイティワン)プロデュース』『ぷろだくしょんバオバブ』が枝分かれするように設立されて行ったとの事。

    日本の芸能史の要素の1つとして調べて行くと、なかなか興味深いものがありますね。(^^)

  2. あみ より:

    なつと坂場くんが徹夜でアニメのストーリーを考えるシーンは、私が『半分、青い』でもっとも好きな、鈴愛と裕子が徹夜で漫画のネームを仕上げるシーンにそっくりで嬉しかったです。あのとき裕子ちゃんが描いたスケートの絵は夢で見たものでした。夢というディテールまでそっくり。オマージュだったのかなあ?

  3. もみじ より:

    グリム童話で
    狼を連想するのは「赤ずきんちゃん」
    やさしい魔女は「シンデレラ」
    夢に砂良さんのお父さんが出てきて、
    それをヒントにストーリーが出来上がり、
    グリム童話のあれこれを織り交ぜて?
    何か壮大な?本当にとんでもない
    「ヘンゼルとグレーテル」が出来上がりそうですね!?^^;

    咲太郎くんの声優プロダクション、
    また騙されて雲隠れ・・・なんてことに
    ならないことを願うばかりですが^^;
    蘭子さん、レミさん、雪次郎くん、
    藤正親分が連れて来たお2人さん、
    個性派揃いのプロダクションになりそうですね。
    久々の藤正親分の出番が咲太郎くんの
    成功するフラグなのかな?という気もします。

  4. きゅうぽん より:

    今、問題になっている闇営業。わろてんかでは、食いっぱぐれのないように、売れない芸人でも月給を払って安定化を図っていたのに…でも、実際はどうでしょう(^_^;)
    親分出てきましたが、子分を雇ったら…咲太郎…それは駄目!と思ってしまいました。恩義でも。

  5. どんギツネ。 より:

    ヒロインの恋バナ、思わせぶりですか?
    深読みしようとし過ぎてるから、そう感じるのではないでしょうか?
    素直に見れば、これ以上ないくらい分かりやすく描写されてると思いますよ。
    天陽くんと結ばれないことも、なつが東京に出てアニメーターになるドラマなのに、少年時代の天陽くんが「俺はここで生きていきたい!」と号泣しながら吐露した時点で、二人が結ばれない初恋相手同士になることは予想できましたし。

    半分青いの展開に影響されてらつしゃるのかも?ですが、あのドラマは朝ドラとしては異例の「恋愛が主題」のドラマなので参考にはならないと思います。
    朝ドラは基本、主人公が何かを目指しそれを成し得るまでの人生を描くもの。
    時折、その基本から外れた朝ドラもありますが、なつぞらは「アニメーターを目指す女性の人生を描く」王道の朝ドラです。
    ヒロインの恋や結婚はドラマの主題ではなく、ヒロインの人生の1ページ、足跡として描かれるはず。
    その人生の1ページである恋と結婚を描くために、坂場さんになつが惹かれて行ったり、二人の距離が縮まっていく経過を描いているのが、正に今だと思います。
    恋愛や結婚がドラマの主題でない以上、せっかく描いた二人の距離が近付く描写を覆して、他の誰かと結ばれるということは、ほぼないと私は思います。

  6. よるは去った より:

    内村N 「 グリムさんに怒られないか・・・・?」
    グリム兄弟の間でも似たような意見の対立はあったようですね。
    収集した民話をそのままに(朝蔵さんのコメントにもあった「本当は怖い・・・・・・」のままに)伝えていくべきという兄・ヤーコプ氏に対して、「主に子供相手なんだから『残酷さ』等は避けた改訂をして伝えるべき。」という弟・ヴィルヘルム氏。
    後に兄・ヤーコプ氏は「言語学」に専念して「ドイツ語文法」等、数々の業績をあげ、「童話編集」は弟・ヴィルヘルム氏の仕事になったようですが。

  7. オペラ座の怪人 より:

    史実に基づいた話だとしたら、
    声優ってのは、咲太郎が会社化したのか!

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  8. 通りすがり より:

    短編のはずが、長編アニメになりそうですね
    ホルスかなぁ?

  9. ふーさん より:

    2000年代はじめまで東映動画の出演声優を独占していた青ニプロダクションの創業者、久保進が咲太郎のモデルでしょうかね。
    南青山二丁目だったから青二プロだそうで。

    ところで、千遥はデビ夫人になるんじゃないかって噂がネットで飛び交っています(笑)

  10. 虎之助 より:

    蘭子さんのモデルは、宮城まり子さんですね。