短編映画の制作が始まる / なつぞら 第89話

2019年7月12日(金)第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」

あらすじ

東洋動画の短編映画の制作メンバーたちは、それまで行き詰っていたストーリーづくりが、なつが提案したアイデアによって解決。結末までのストーリが決まったことで、ようやく作画などの作業がはじまりました。

同じ頃、咲太郎が設立した声優プロダクションの会社は、外国映画の日本語吹き替えの仕事を受注。咲太郎は、自分の会社の所属声優である蘭子や雪次郎たちを集め、会社設立以来、はじめてとなる吹き替えの作業が始まりました。

しかし、吹き替え作業は初日からトラブル続きでした。俳優たちが仲間割れをはじめた上に、雪次郎は方言をなおすことができなかったのです。そんな混乱した現場を、弁士の豊富遊声が巧みにコントロールしました。

一方、なつと茜が、麻子に尋ねました。『ヘンゼルとグレーテル』の仕事を面白くないと思っているのかと。なつの問いかけに麻子は応えます。自分の情熱を人に押し付けるのはズルい。しかし、情熱がなければ漫画映画の制作は続けられないと。

<<前回88話 | 次回90話>>

第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link

予習レビュー

今週のサブタイトルである「ワクワクが止まらない」は、今回のためにあるのでしょうか。

北海道に帰省したなっちゃんが、柴田家での夕見子ちゃんとの会話から着想を得て企画した短編映画の制作がようやくはじまりました。

一方、咲太郎くんが設立した声優プロダクションの会社が、外国映画の日本語吹き替えの私仕事を初受注。

なっちゃんと咲太郎くん、それぞれの仕事が本格的に動き始めました。

ところで、今回のエピソードでブログ主が何よりも驚いたのは、あの雪次郎くんが、咲太郎くんの事務所の所属声優になっていたことです。

蘭子さんが所属声優になることは、かなり早い段階からわかっていました。

しかし、雪次郎くんまでもがその道に進むとは!

前回、咲太郎くんが声優の将来性を熱く語る場面が用意されています。咲太郎くんが熱く語った相手の一人が雪次郎くんでした。

このことがきっかけとなって、雪次郎くんは声優という職業にも挑むことになるのでしょうか。

いつか、なっちゃんが手がけるアニメに、雪次郎くんが声優として参加する、そんな日が来るかもしれませんね。

感想

麻子さんの今後のフラグ?

麻子さんの実在モデルと言われている女性は、リアル東洋動画を離れ、別の会社に移籍したのだとか。当ブログにちょうだいしたコメントでその事実を教わりました。

ブログ主はその事実を教えてもらってから、麻子さんのことがずっと心配でした。

麻子さんは史実にしたがい、東洋動画から他の会社に移籍し、ドラマの中から姿を消してしまうのだろうかと。

ブログ主の朝ドラベスト3のうちの一作は『ちりとてちん』です。その作品でヒロインを演じた大好きな貫地谷しほりさんに会えなくなる日が来ることが心配だったのです。

今回『ヘンゼルとグレーテル』を原作としたストーリーがようやく結末まで完成。

チーム下山の面々が盛り上がる中で、麻子さんだけは白けきっている。オープニングタイトル前に描かれたストーリー検討会の場面で、その不安はますます大きくなりました。

今回の最後に、その麻子さんの白けきった様子の本心の一部が回収されました。麻子さんに本心を尋ねてくれたなっちゃんに感謝です。

でも、麻子さん、本心のすべてを口にしたわけではないような気がします。

口に出していない何かがまだある。ブログ主はそんな気がしました。麻子さん、東洋動画の面々と一緒に仕事をすることに興味を失いつつあるのでしょうか。

東洋動画でなっちゃんの天敵として登場した麻子さんは、ドラマ全体の中でとても重要なポジションに立つキャラクターです。

今回の麻子さんは今後の展開のフラグ。いつか麻子さん週によって、麻子さんの本心のすべてが回収されるかもしれない。

そんな気がする『なつぞら』89回でした。

コメントへの返信 by 朝蔵

短編のはずが、長編アニメになりそう(通りすがりさん:88話)
短編では済まないボリュームですね。なっちゃんの夢から着想を得た、結末に至るストーリー。あれだけで短編一本をかるくつくれそうです。

なっちゃんと坂場くんの競作ともいうべき結末に至る場面だけでも、実際にアニメ化された作品を観てみたいと真剣に思います。かなり面白そうです。

山田一家は東京大空襲で被災するまでは東京住まいだった(どんギツネ。さん:94話)
天陽くんと坂場くんのつながり。まったく想像つきませんでしたが、どんギツネ。さんのおっしゃる通り、天陽くんの一家は東京出身でしたね。

だとしたら、戦前に具体的なつながりがあっても不思議はありません。天陽くんの一家の過去をすっかり忘れていました。

1964年の東京オリンピック(Takako Kikuchiさん:18週)
「東京オリンピック」「世田谷区」「マラソンを沿道」

これらのキーワードに思わず反応してしまいました。時代はズレますが、上の三つのキーワードが一致する街に長年住んでました。

時代はズレているかもしれませんがご近所さんですね!

声優ってのは、咲太郎が会社化(オペラ座の怪人さん:88話)
咲太郎くんの実在モデルがいるみたいですね。当ブログにちょうだいしたコメントで、はじめてそのような声優の歴史を知りました。

咲太郎くん。なっちゃんと再会したばかりの頃は、このまま朝ドラ定番の「変なおじさん」になってしまうのではないかと心配したものですが、時代の先端を走る経営者に大化けしそうですね。

うちの家内は湯婆婆と湯バードみたいって言っていました(ふーさん:89話)
ブログ主は「湯婆婆」を思い出してました。というか、アニメの知見にとぼしいので、それしか思い出せませんでした。

人それぞれ、いろんな見え方があるんですね。岩男モーグという存在は、ちょうだいしたコメントではじめて知りました。

グリム兄弟の間でも似たような意見の対立はあった(よるは去ったさん:88話)
兄弟間でも、実際にそんな対立があったんですか!?

もしお兄さんが一人で創作していたら、ほぼほぼホラー作品になっていたかもしれませんね。逆に弟さんだけで創作していたら、現代の「本当は怖い」シリーズは生まれなかったかもです。

素直に見れば、これ以上ないくらい分かりやすく描写されてると思いますよ(どんギツネ。さん:89話)
どんギツネ。さんのおっしゃる通り、素直に観るようにしてみます。

ブログ主の中では、天陽くん説はほぼほぼ消えているのですが『なつぞら』第一回のオープニングでアニメ化された信哉くんの存在がいつも心のどこかに引っかかってます。

オープニングのアニメでアニメ化されたキャラは、なっっちゃん以外、信哉くんだけですから、どうしても彼のことが気になってしまいます。

子分を雇ったら…咲太郎…それは駄目!と思ってしまいました。恩義でも(きゅうぽんさん:88話)
親分が連れてきたあのお二人。雇ったら人件費の壮大なムダ使いになりそうですね。歩合制で仕事を紹介するのさえも、あのお二人についてはやめたほうがいいかと思います。

怪しさ全開。何をするかわからないところがありますから。

久々の藤正親分の出番が咲太郎くんの成功するフラグなのかな?(もみじさん:88話)
咲太郎くん、親分から面倒くさそうな二人を押し付けられてしまいましたが、このことが後々になって、咲太郎くんの窮地を親分が救う、なんていう展開になるかも。

と、想像の翼をひろげてみました。

鈴愛と裕子が徹夜で漫画のネームを仕上げるシーンにそっくりで嬉しかったです(あみさん:88話)
職場で、ヒロインが誰かと一緒に徹夜で仕事を仕上げるという状況に既視感があっったのですが、なかなか思い出せずにいました。

ちょうだいしたコメントで思い出すことができました。『半分、青い。』にありましたね。そっくりな場面が。

鈴愛ちゃんが秋風先生のもとで修行を積む頃のエピソード。ブログ主も大好きでした。あのときの感動を、ちょうだいしたコメントで思い出すことができました。ありがとうございます!

まだアニメがまんが映画と呼ばれ、サブカルチャーとなるずっと前のお話(CanDo17さん:89話)
はじめまして!たいへん貴重な情報の数々を教えてくださりありがとうございます。

今でこそ、ハリウッド映画の劇場での吹き替え版上映が当たり前になり、人気俳優の声の出演を売りにしていますが、ここに至るまで、数多くの役者さんたちの弛まぬ努力の積み重ねがあったんですね。

たとえ待遇が良くなてくても、最高の仕事を追求した役者さんたちの働きぶりがあっての、今の状況があるのかと、考えさせられるコメントでした。

十勝のある人物・・・?(いけないジョニーさん:16週)
とっても気になる、十勝から東京に駆けつけてくるある人物。第95話の予習レビュー欄に、ブログ主の予想を述べてみました。

まさかの人物ですが、「十勝のある人物」の東京での姿のあらわし方や、ストーリーの文脈から考えて、この人しかいないかな・・・。そんな予想です。

<<前回88話 | 次回90話>>

第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちゃーちゃん より:

    二つ目のコメント失礼します。
    スタッフの中の「小田部羊一」という名前に(?)という気持ちで見てました。
    「名前が似てるだけ?」
    いえいえ本人ぽいです。
    なっちゃんのモデルになった方の旦那さん。
    ご本人が「アニメーション時代考証」でクレジットされてます。

  2. ちゃーちゃん より:

    「なつぞら」では多くの声優さん達が出ていますね。山寺さんもそうですし「煙カスミ」の戸田恵子も。そして藤井ディレクターの高木渉さん。
    高木渉さんは「半分、青い」では菜生のお父さん役としても出ていましたね。
    100作目だという事で歴代のヒロインを沢山出演させていますがその他の役の人が多く出ていて「あの作品に出てた」と探すのもおもしろいです。

  3. かあさ より:

    劇団薔薇座ですね

    難波圭一さんも所属されていたと思います

  4. ぱぽりん より:

    吹き替えのシーン、レミ子、キャラクターに合った良い声でしたね。
    雪次郎は残念でしたが、もし作品が<じゃじゃ馬億万長者>のようなものであったなら訛りが活かせたのにね。
    ちなみに自分は、<名犬ラッシー>や<わんぱくフリッパー>は大好きでしたが、<じゃじゃ馬億万長者>や<ミスター・エド>などのバカバカしくアホらしい作品も好きでした。

  5. ひるたま より:

    続きです。
    否…雪次郎くん自身にはちゃんと自覚があったのかもしれないな、と投稿してからふと思い直しました。劇団に入ってからかなり矯正したものの、初めての吹替の仕事で緊張してしまったという事で…つまり、時子ちゃんと同じ状況だったのかもしれません。
    まぁ、この辺りも次話(第90話)で明かされるのかもしれませんが。

  6. ひるたま より:

    個人的に今回は、吹替の場面が面白かったです。少年の声を女性の声優さんが当てる、というのは今でこそごく普通ですが当時は殆ど無かったのでしょうね…きっと。(そして余談&声の仕事ではないですが、男の子をモチーフとしたマスコットの‘中の人’を女性が演じる、というケースも今は結構普通にあるようです)

    「え?訛ってましたか?」
    雪次郎くんが訛りを指摘される場面を見ながら…『ひよっこ』で時子ちゃんがオーディションを受ける(&落ちる)場面を思い出しました。時子ちゃんの場合は訛っている自覚を本人がちゃんと(?)持っていて、緊張のあまりそれが本番で出てしまうという展開でした。(そして『ひよっこ2』でも共演俳優に訛りを指摘されて…というエピソードがありましたね。いやはや茨城県民の1人としては耳が痛い話です。茨城弁の感染力は非常に強い&茨城県民は決して訛りたくて訛っている訳ではありませんので(^^;)
    一方の雪次郎くんには「訛っている」という自覚が本人には微塵もない訳で…現実問題としては、劇団研究生に入った時点で先ず矯正されるのでしょうけれど。
    この屈辱(?)から、お酒を飲んでクダを巻く雪次郎くんの姿が見られるのでしょうか。(祖母:とよさん&父親:雪之助さんの系譜を受け継いでいたら…かなりタチ悪い絡み酒になりそう^^;)

    「あなたってずるいわ。そうやって何でも一途に自分の情熱だけを貫こうとするんだから…」「えっ、それじゃ私が人の事を考えられないみたいじゃないですか」
    麻子さんとヒロインのこのやり取り…広瀬すずさんのファン、そしてアンチ広瀬すずの視聴者はそれぞれどのように受け止めたのでしょうね。(個人的に‘女優:広瀬すず’を本格的に見たのは本作が初めてですが、見進めるうちに「ファンも多いと同時に、アンチも結構多そうだな~」と感じているのが率直な印象です。個人的にはやや後者寄りかな?…広瀬さんごめんなさい)

  7. のらくろ より:

    今日のアフレコ西部劇「拳銃渡世人」はスティーブ・マクィーン主演の「拳銃無宿」のあからさまなパロディで笑いました。
    方向性の違いで麻子さんやめそうですね・・・。史実では、モデルの中村和子さんは東映動画の組合に嫌気がさして退職され、虫プロの穴見常務の奥様になられ一時アニメ引退されるのですが、折からの殺人的なテレビアニメブームでアニメータ不足となり、ご主人の虫プロに復帰されました。
    当時の虫プロの主だったスタッフは東映動画出身ばっかりで、人手不足になると平気で東映動画に人材ハンティングしに行ったそうです。

  8. どんギツネ。 より:

    ブログ主さま。
    いつも丁寧かつ誠実にお返事くださいまして、ありがとうございます。

    なっちゃんの結婚相手が信さんの可能性・・失礼ながら、私はゼロだと思ってます。
    何故なら、陽平さんが、なつを仲さんに紹介した時以外は、専ら「天陽くんのことを、なつに伝えるため」だけに出てくるように、信さんもまた「奥原3兄妹の唯一の共通の知人として、彼らの再会のために動かすキャラ」として、脚本家さんが扱っているように感じるからです。

    信さんの主な登場シーンを思い出してみてください。
    ドラマの冒頭、咲太郎の消息が分かるかも?ということを伝えに、十勝までやって来て、なつが咲太郎と再会してアニメーターという夢を見つける、きっかけを作りました。
    次に、千遥ちゃんを探したいというなつの為に、信さんが彼女を探す。
    この時、彼が探すことに矛盾を抱かせないために、マスコミの記者という職業に就かせているんだと思います。
    そして、十勝へやってきた千遥ちゃんの写真を撮らせるために、彼を帯広を転勤させた。

    感想欄などで「なつは信さんを便利に使いすぎ」というコメントを時折見かけますが、そう見えてしまうのは脚本家さんが信哉くんを「便利なキャラ」として書いている部分があるからだと思うんです。
    ここまで「3兄妹の再会のために動く」という役割で描かれている彼が、なつの未来の夫に昇格するとは、とても思えません。

    冒頭のアニメーションシーンに彼が描かれたのも、彼が相手役だからではなく、単純に空襲のシーンの凄惨さを和らげるために、あのシーンを描くのにアニメーションという手法を取ったに過ぎないのではないでしょうか?

  9. みいちゃん命 より:

    藤正親分とのくだり、いまなら反社会勢力との関係ということで叩かれていただろうに。

  10. マラサン より:

    「麻子さん」のモデルの中村和子さんは手塚治虫の虫プロに移籍し、鉄腕アトムやリボンの騎士の制作に関わったそうですよ。きれいでおしゃれな女性だったみたいで、手塚先生は彼女をリボンの騎士のモデルにして描いたそうです。

  11. まゆゆ結構好き より:

    なつのアニメへのひたむきさと同時に、人間としての未熟さ(周囲への配慮が足りない等)もきちんと描いていて、本作は好感が持てます。そして「ずるい」という言葉が、なつの子供時代から繰り返し現れてきますよね。

  12. たいさん より:

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見させていただいてます。

    今日のマコさんのフラグですが、私の感想は、なつのストーリーを展開する才能に感心し、認め始めます。時折見せるあの表情は自身のアニメーターとしての限界を感じた表情に感じました。東洋動画を去るにしても、白けるということではなく、アニメーターとして自身の至らない点に気がつき、そのための転職であると想像します。ですから、ライバルというより、良き理解者としての存在を最後まで維持すると思います。

  13. オペラ座の怪人 より:

    雪次郎、山寺さんに口を塞がれて、
    雪次郎の台詞も、山寺さんが声色を変えて、
    やってました?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  14. よるは去った より:

    レミ子「私の役間違ってない?」
    声だけとはいえ女優さんが男の子の役とかは当時は違和感あったかな?
    レミ子ちゃんのモデルはひょっとして故・高橋和枝さんかななんて勝手に考えてしまいました。

  15. CanDo17 より:

    はじめまして。
    当時は今ほど声優に対しての待遇も良くなかった頃でした。
    「声優」という職業として地位もまだ確立されず、ギャラもさほど高くなかったですね。
    以前のコメントで書かれていましたが、声優のプロダクションの青ニプロは伝説です。
    ちなみに、ドラマであるように当時声優で活躍されていた方は劇団員・舞台俳優が多かったです。
    あのアランドロンの吹き替えの野沢那智さんは劇団薔薇座を主宰されておりました。ちなみに、かすみ役の戸田恵子さんも所属されていました。まだアニメがまんが映画と呼ばれ、サブカルチャーとなるずっと前のお話ですが。

  16. ふーさん より:

    太陽の王子ホルスの大冒険のモーグみたいなキャラが出てきましたね。岩男モーグでしたが、こっちは森の巨人ですね。(最後に樹になるのは庵野秀明っぽいけど(笑))
    僕は魔法使いのおばあさんをラピュタの海賊みたいと思っていましたが、うちの家内は湯婆婆と湯バードみたいって言っていました。銭婆は良い人でしたから、湯婆婆+銭婆+湯バードではないかと。

  17. おこちゃん より:

    はじめまして。
    いつも見させてもらっています(∩_∩)

    新宿は私の学校があった所で、昔の新宿はこんな風だったのかな?なんて、
    考えながら『なつぞら』を観ています。

    残念な事に、十勝で奥原兄妹とは会えなかったですが、
    千遥ちゃんは置屋さんの所で大事に育てられていて良かったです。
    同じ新宿区内では、花街の『神楽坂』がありますから、もしかして繋がるかな?なんて。
    そうすると、嫁ぎ先は由緒ある料亭かしら?仕事上の接待とかで、もしかしたら会えるんじゃ?…
    想像は膨らみます。
    こんな感じなので、朝ドラは観るのを止められません。
    はじめてなのに、勝手な想像ばかり書いてしまってすみません( ̄▽ ̄;)