なつと夕見子が川村屋へ / なつぞら 第93話

2019年7月17日(水)第16週「なつよ、恋の季節が来た」

あらすじ

ある日曜日。古びたアパートに住んでいる雪次郎を誘って、なつと夕見子たちは映画鑑賞に出かけました。映画を観た帰り道。なつは食事をするために、夕見子と雪次郎を連れて久しぶりに川村屋へ足を運びました。

川村屋のマダム・光子は、よろこんで三人を迎えました。なつは、咲太郎が声優プロダクションの会社を設立したことを光子に報告。なつの報告を聞かされた光子は、咲太郎が声優プロダクションをはじめたのは、なつの開拓精神の影響だろうとなつに言いました。

すると、夕見子が、光子に相談をはじめました。夕見子は新宿でジャズ喫茶を開くことが望みでした。作家を目指す高山のことを、夕見子は支えたかったのです。しかし、夕見子には高山と結婚する気はありませんでした。

そんな中、夕見子を案ずるなつは、夕見子から口止めされているにもかかわらず、夕見子のことを北海道の富士子に知らせてしまいました。夜遅く、なつから電話が来たことを知った泰樹は、動揺を隠すことができないのでした。

<<前回92話 | 次回94話>>

第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link

予習レビュー

なっちゃん、夕見子ちゃん、そして雪次郎くんの三人が久しぶりに顔を揃えます。

たしか雪次郎くんは夕見子ちゃんのことが好きだったはず。

久しぶりに夕見子ちゃんに会えて、しかもその夕見子ちゃんは駆け落ちしていると知って、雪次郎くんはどんな反応を示すのでしょうか。

また、なっちゃんが久しぶりに川村屋に。雪次郎くんも久しぶりに世話になった川村屋に顔を出します。

川村屋で光子さんに再会するときの雪次郎くんの反応にも興味津々です。

ところで雪次郎くんは「雪次郎の乱」とでもいうべき週で騒動を巻き起こして以降、すっかり出番がなくなってしまってます。

でも、ふたたび雪次郎くんのお騒がせがあるかもしれません。

第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」で、雪次郎くんの新たな騒ぎが勃発しそうです。

それはともかく、なっちゃんはついに夕見子ちゃんが東京に来ていること。しかも、上京の目的が駆け落ちであることを、十勝の富士子さんに連絡。

夕見子ちゃんの乱が、そろそろはじまるかもしれません。

感想

ネタバレ注意!第18週のサブタイトルは「なつよ、どうするプロポーズ」

『なつぞら』第18週のサブタイトルが発表されました。なんと「なつよ、どうするプロポーズ」です。

ただし、アナウンスされた第18週のストーリーにはプロポーズや結婚につながるようなお話を一切含まれてはいません。

しかし、とっても気になる「あること」が・・・。第18週「なつよ、どうするプロポーズ」に、その「あること」について触れています。

なっちゃん自身もその判断に苦しむ、いっきゅうさんによるプロポーズすれすれの言葉。あの謎の言葉が回収されるかもしれません。

コメントへの返信 by 朝蔵

「ヤング101」。 検索してメンバーを見てみたら上條恒彦さんや太田裕美さん、谷山浩子さん(よるは去ったさん:92話)
太田裕美さんもいたんですか!?

『ひよっこ』の挿入歌『恋のうた』が忘れられません。本当に可愛らしい曲でした。そしてあの曲が流れる場面も愛らしいことこの上ない場面でした。

彼女から「なっちゃん」という言葉が初めて出てきたような気がします(よるは去ったさん:92話)
麻子さんが「なっちゃん」と呼んだのは、これがはじめてのはずです。

なっちゃんが麻子さんにはじめて出会ったその日の夜のこと。風車に飲みに来ていた茂木社長が、なっちゃんに対する麻子さんの複雑な女心を洞察する場面がありました。

その複雑な女心が解消されたのかもしれませんね。そして、解消された理由が今週の後半に描かれるのではないかとブログ主は予想しています。

草刈正雄さん若い頃は超イケメンでしたね(れもんさん:92話)
若い頃もかっこいい。年齢を重ねた今もかっこいい。いつまでもかっこいい男性。同性としてただただうらやましい限りです。

いっきゅう~、プロポースしたのか~(オペラ座の怪人さん:92話)
いっきゅうさんのあの言葉。何を意味したんでしょうかね。プロポーズにしか聞こえませんが、いっきゅうさんのことだから、他意はない。言葉そのまま。なんて言い出すかも。

保育園児の頃、初代ルパン三世をリアルで見てました。当初、大人を意識して制作されたはず(キヨコさん:92話)
ブログ主も初代の『ルパン三世』をリアルで見ました。たしかに、はじまったばかりの頃は大人向けでしたね。子供には刺激が強くて妙にドキドキしたのを思い出します。

そういう青春時代があったということは私にとって宝物です(斎藤真弓さん:18週)
そんな青春時代を過ごされていたんですか!?おっしゃる通り、宝物以外の何者でもない豊かな時間を過ごされたんですね。

『なつぞら』の世界に誰よりもワクワクされているんじゃないでしょうか。『半分、青い。』の前半にも通じる青春時代だったんですね。

「一生をかけてあなたと作りたい・・・」ある意味、プロポーズにも聞こえましたが・・・(゚Д゚;)(もみじさん:92話)
いっきゅうさんのこの言葉。普通に考えるとプロポーズですが、いっきゅうさんの場合、普通の考えとは別次元の発想をする人ですからね。

素直に受け止めていいのかどうか悩ましいところです。

夕見子ちゃんも高山さんも頭でっかちで観念や理論ばっかり先走って生活感がない危ういカップルですね(ウーン)先行きが怪しい感じしかしないです;;(まーちゃん:92話)
夕見子ちゃんと高山くん。このお二人、どう見ても恋人に見えません。異性の友達かといえばそうでもない。

おっしゃる通り、長続きしないような気がします。

そして、いっきゅうさん。彼も、夕見子ちゃんやいっきゅうさんに通じるものがあるので、彼の言葉をどう受け止めたらいいのか・・・

後半になって、難しいキャラが増えてきましたね。

ゆみこちゃんはその後恋愛遍歴を重ね、最後は近くにる雪次郎の良さに気がついてゴールイン(たいさんさん:92話)
ブログ主も同じような展開を予想しています。

夕見子ちゃんは、めぐりめぐって雪次郎くんのもとへ。一方、雪次郎くんもめぐりめぐって雪月へ。

そして二人は雪月の大将と女将になる。そんな展開になるような気がしてなりません。

なっちゃんの相手、生涯の伴侶は、これで確定ですか(よしけんさん:92話)
いっきゅうさんの言葉を素直にプロポーズと受け止めていいものなのかどうか。悩ましいところです。

いっきゅうさんのキャラから考えて、遠回しな表現はしなさそうなので、もしプロポーズするときは、単刀直入に言うような気がしないでもありません。

笑福亭鶴瓶さんの『家族に乾杯』に、貫地谷しほりさんがゲストとしての出演(よしけんさん:92話)
情報提供ありがとうございます!貫地谷しほりさんファンのブログ主も感激です。必ず観ます。

私も神地くんは宮崎駿かと(斎藤真弓さん:16週)
『なつぞら』は、なっちゃんが何歳くらいまで描かれるのか定かではありませんが、あと10年くらいすると、キャラそれぞれの実在モデルがはっきりするかもしれませんね。

小田部羊一さんと奥山玲子さんの馴れ初めとなった社交ダンスのエピソード(ともあきさん:92話)
そんなリアルのエピソードがあったんですか!?『てるてる家族』へのオマージュとばかり思ってましたが、史実にもとづいたエピソードでもあったんですね。

空気読めない彼の事なので、プロポーズまでの意味は含まずに「一生」って言った気もしないではないですが・・(どんギツネ。さん:92話)
いっきゅうさんのことなので、言葉の裏には何の意味もなく、言葉どおりそのまま、なんてこともあるあるですね。

恋愛というよりはむしろ仕事(ビジネス)上のパートナーとして作品を一緒に作って行きたいと宣言したように解釈(ひるたまさん:92話)
ブログ主も、考えれば考えるほど、言葉どおりに受け取るべきなのかなと思ってます。いっきゅうさんがプロポーズの言葉をあんな風に装飾するとは思えません(笑)

アメリカさんを持ち出しちゃったのが原因じゃないかと思うんですよね(ゆきこさん:92話)
仮に大人向けの映画をつくる現場であったとしても、政治的に微妙なテーマは、興行的にもリスクがありますからね。

仲と井戸原が、頭が固く物わかりの悪い人物のように表現(ぱぽりんさん:92話)
仲さんと井戸原さんが、どのような時代を生きてきて、どのような仕事をしてきたのか。そこが描かれないままだったので、おっしゃるとおり、仲さんと井戸原さん、立場がありませんでしたね。

<<前回92話 | 次回94話>>

第16週 | 第17週 | 第18週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アーモンド より:

    京都アニメーションという会社が、放火され多数の死傷者が出ました。
    なつの会社と同じような会社が、被害に遭ったと思うと悲しい気持ちになります。

  2. ひるたま より:

    「よく、この敷居が跨げましたね」「えっ?」「…冗談です」⇐野上さんのセリフ、私も全く同じ事を考えていました。言われた雪次郎くん、手を胸に当てる仕草をしていましたね(^^;)。そもそも川村屋でご飯食べようという流れになった段階で、顔にこそ出さなかったものの内心は躊躇していたのでは?などと想像しました。
    そのような雪次郎くんに対してもマダム:光子さんは温かく接していました…やはり根は優しい女性ですね。別の回で咲太郎くんは光子さんを「あいつ」呼ばわりしていましたが。(^^;)

  3. ぱぽりん より:

    さて、麻子。
    麻子の抱えているのは、結婚への焦り、ではなく、結婚することへの迷い、だと思うのですが、夕見子はそんな人生の岐路に<志>という道標を立てて,、いとも軽やかに踏み進んでいる。
    なつ達にとっては危なっかしい夕見子の姿が、麻子には羨ましく眩しいものに見えたのでしょう。
    麻子と夕見子を絡ませるとは思いもよりませんでした。
    麻子が仕事と結婚にどう折り合いをつけ先に踏み出すのか、気になります。

  4. ゆきこ より:

    遂に富士子母ちゃんに知らせちゃいましたねあやみさんの言う通り友達ならほっとけで済むけどこれはやっぱり駄目ですよね案の定富士子母ちゃん心配してるじゃんよ夕見子ーこれは北海道に帰ったら家族会議決定でしょうね

  5. よしけん より:

    一久さんは、もしかしたら、プロポーズのつもりで言ったのではないのでは、あくまでもずっと一緒に仕事をしたいという意味に過ぎないのに、不器用で空気を読めないから、なっちゃんが結婚の申し込み、あるいは結婚を前提としたお付き合いの申し込みと受け取るような言い方をしてしまったのでは、とふと思いました。

    信さん推しの私としては、そう思いたいです。

    でも、なっちゃんは明らかに動揺していたし、一久さんに対して、ただの好奇心ではなくて、好意を持ち始めているし、その気持ちがどんどん強くなりそうで、やがては、好意以上の気持ちになるのか?

    一久さんも、やがては、好意以上の気持ちになるのか?

    今後の「恋」の行方は、私には、全くわかりません。

    私は、なっちゃんの生涯の伴侶としては、一番に信さん、その次に、雪次郎くんがいいと、勝手に願っています。

  6. オペラ座の怪人 より:

    夕見子~、大学は卒業してくれよ~
    東京が良いなら、卒業してからにしてくれよ~

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    おしまい

  7. ゆきこ より:

    駆け落ちして来たって言うけど柴田家に彼氏さんをちゃんと紹介したんでしょうか?紹介もせずに駆け落ちしたんなら夕見子が勝手ですよね聞かされた富士子もとい柴田家だって寝耳に水だったはずですいくら知らせるなよって言われたってなつだって葛藤したはずですよねなつに八つ当たりしようもうなら何でなつに当たるのさーって言われそうですね