テレビ班へ異動するなつ / なつぞら 第97話

2019年7月22日(月)第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」

あらすじ

昭和38年(1963年)夏。26歳になったなつは初の原画を担当する女性アニメーターとなり、週刊誌からの取材を受けるほどになっていました。なつが取材されたことを喜ぶ亜矢美は、なつの記事が掲載された週刊誌を大量に買い込みました。

同じ頃、雪次郎は努力の甲斐あって吹き替えの重要な役を手に入れていました。その一方、咲太郎は、劇団赤い星座の中で流れるある噂のことを気にしていました。劇団の中で、雪次郎と蘭子が恋仲になっていると噂になっていたのです。

噂をささやかれる雪次郎のことが、なつは心配でした。そこでなつは、雪次郎を訪問。なつの問いかけに対して、雪次郎は劇団の中でささやかれる噂をきっぱりと否定しました。雪次郎は蘭子を女優として尊敬しているだけでした。

その頃、世間ではテレビ漫画『鉄腕アトム』が大ヒットしていました。テレビ時代の本格的な到来を察した東洋動画は、テレビ漫画を制作するテレビ班を社内に新たに設置。なつは、坂場や茜とともに、テレビ班への異動を命じられるのでした。

<<前回96話 | 次回98話>>

第17週 | 第18週 | 第19週 | 第20週 | 第21週 | 第22週

Sponsored Link

予習レビュー

千遥ちゃんが十勝の柴田に姿をあらわしたのが昭和34年(1959年)初夏。それ以降、前週までのドラマの中の時代は昭和34年(1959年)。

そこから4年の歳月がスキップします。

4年前、短編映画の作画担当に抜擢されたなっちゃんはその後も順調にキャリアを積み重ねたようで、原画担当のアニメーターになっています。

そのことが話題にもなり、週刊誌にその名が載るほどに。

そんな中、テレビ漫画『鉄腕アトム』が大ヒット。それを受けて東洋動画は、新進気鋭のアニメーターであるなっちゃんを、テレビの部署へ異動。

漫画映画の仕事の進め方とまったく異なるテレビ漫画の仕事の進め方に困惑を隠しきれないなっちゃんの、小さな受難がはじまります。

一方、今週は雪次郎くんのまさかの物語が展開します。

雪次郎くんと蘭子さんの仲が噂になるのだとか。そして実際に、蘭子さんが雪次郎くんを自宅に招く場面も用意されています。

雪次郎くんと蘭子さんの間に何が起こるのか、詳しいところはまだ明らかにされていませんが、雪次郎くんが久しぶりにドラマの中央付近に入ってきます。

感想

坂場くんの心の葛藤

テレビ班への異動を命じられた坂場くんの心の葛藤がはじまりました。ブログ主は、このエピソードを楽しみにしていました。

だから、月曜日からこのエピソードがスタートして感激です。

「東洋動画らしくとは鉄腕アトムとは違うやり方ですか?」
「仲さんはあれをアニメーションだと認めていますか?」

テレビ漫画の仕事に、あからさまな嫌悪感を抱く坂場くん。そんな不本意な仕事を命じられた坂場くんの苦悩が見ていてつらい。

ちなみにこの坂場くんの苦悩によって、坂場くんはなっちゃんのことをあらためて見直すことになるのだとか。

テレビ漫画という、坂場くんにとっては避けて通りたい仕事が、なっちゃんと坂場くんの関係に化学変化を起こすことになるのでしょうか。

雪次郎くんの乱、ふたたび?

話が前後しますが、雪次郎くんと蘭子さんの間には何もないようですね。

雪次郎くんと蘭子さんに関する噂が、今週の主要エピソードの一つになるはずです。二人がこれまでになく急接近する場面も用意されています。

なので、雪次郎くんの乱・第二幕を予想していたのですが・・・

雪次郎くんは蘭子さんへの恋心をキッパリと否定。彼の口にした言葉は、素直に言葉通りに受け止めて良さそうです。

しかし、彼が自分の気持ちにまだ気がついていないということもある。

さらに、ここでは詳しくは伏せておきますが、今週末に雪次郎くんは、まさかの行動に出ます。今週の雪次郎くん、要注目です。

コメントへの返信 by 朝蔵

昭治「ジャズなんてただの遊びですよ・・・・。」(よるは去ったさん:95話)
深すぎる愛情の照れ隠しであったとしたら、大橋巨泉さんが実在モデル?と思わずにはいられませんが、あきらかに大人ぶってるだけの様子でしたね。

「完」 内村N 「 こら、まだまだ終わらせるな。来週に続けよ。」(よるは去ったさん:96話)
麻子さんの最後の場面(?)があまりにも素晴らしかったので、うっかり「完」のテロップを素直に受け止めてしまいました(笑)

本当に悲しいです。ドラマとは関係ないコメントですみません。(みりんさん:96話)
ブログ主もみりんさんと同じ気持ちです。亡くなられた方の中には、今年入社したばかりの子もいたとか。才能を開花させることができなかったその子たちのことを思うと、本当に悲しいです。

宮崎アニメの前には、やっぱり手塚治虫ワールドが強かった(きゅうぽんさん:96話)
手塚治虫ワールドの作品群のタイトルを並べられて思いました。ブログ主は、手塚治虫さんの作品で育った世代なのだなって。特に『メルモちゃん』の印象が強烈に残っています。

主題歌はいまだに忘れられません。「赤いキャンディー、青いキャンディー、知ってるかい?」というやつです。

麻子さ〜ん!寂しいです。悲しいです。(よしけんさん:96話)
ブログ主も、しばらくの間、麻子さんロスで悩むことになりそうです。9月に再登場して欲しいですね。

なっちゃんには是非とも、麻子さんが「戻ってきたくなるような凄い漫画映画を作って」欲しいものです。

一久さんの「1本ぐらいは君と、長編漫画映画に挑戦してみたかった」というなっちゃんへの言葉(よしけんさん:96話)
いっきゅうさんのこの言葉。本当に意味深です。

なっちゃんへの未練をあらわす言葉なのか。それとも漫画映画への未練をあらわす言葉なのか。いっきゅうさんの考えていることは、さっぱりわかりません(笑)

出番が終了した貫地谷しほりさんを労う、出演者の方々の送別会みたい(よしけんさん:96話)
セット撮影が続いた中での珍しい野外ロケ撮影でのピクニック場面。野外ロケによる開放感が、セットの中で働き続けていた貫地谷しほりさんを労うかのようでした。

藤本沙希さんも、杏樹さんも、これを機に声優のお仕事を増やしてほしい(まゆゆ結構好きさん:96話)
声優さんたちが映画に声を吹き込んでいる場面は観る機会が少ないので、ドラマの中とはいえその仕事現場の様子は新鮮です。

声だけの出演でありながら、皆さん、全身で演技されているんですね。

あやみさんのお下がりのド派手な服着て出勤してきたなっちゃん見て先を越されるんじゃないかと思って余計な焦りを感じていたんですね(ゆきこさん:96話)
派手すぎるなっちゃんに、麻子さんは他の誰よりも強く反応していましたが、あれは寿退社を宣言するフラグだったんですね。

一見リアルな背景を描けば描くほど製作者が日常世界を観察していないことが見えてきて(ぱぽりんさん:96話)
名前は伏せておきますが、ハリウッドの某大御所監督で、お金をかけたとても立派なセットを建造することで有名。でもディティールがいつも雑で、作品世界から現実世界に引き戻されてしまうことを思い出しました。

私が1番好きなアニメ「ハイジ」が描かれるでしょうか!?(tonkoさん:96話)
『ハイジ』といえば・・・。

『なつぞら』の主要舞台の一つである新宿で、奇しくも先日『ハイジ』の特設ショップが営業してました。

ちなみに『ハイジ』の特設ショップの直前は、北海道物産展。十勝ゆかりのお菓子が並んでました。

(雪次郎と夕見子)二人で雪月を継いで、爺ちゃんに美味しいお菓子をたくさん食べさせてあげて欲しいなー(どんギツネ。さん:102話)
一度は東京で暮らすと決めた夕見子ちゃんは北海道に戻り、東京で様々な経験を積んだ雪次郎くんも北海道に戻る。

大人になった二人が、故郷であらためて向き合ってほしいですね。

「ひよっこ」で出てきた早苗さん(落合明人さん:97話)
『ひよっこ』の早苗さん。ドラマの途中で渡米しましたが、『ひよっこ2』で戻ってきてくれました。麻子さんはスピンオフでなく本編の中で戻ってきてほしいですね。

この子たちのような人たちが災難にあったのかと思うと(直次郎さん:96話)
災難に遭われた子たちが、普段どんな仕事をしていたのか、ドラマの中で観ていたときでもあり、本当に胸が痛みます。

ももっちにもいい人ができますように(23号さん:96話)
ももっちが一番恋愛に興味を持っていそうな上にとってもかわいいのに、なかなか恋とは縁がなさそうですね。

「ヘンゼルとグレーテル」、BSプレミアムで演ってくれないでしょうか(樹の背さん:96話)
今後もドラマの中で、ドラマ用のオリジナルアニメが制作されるものと思われます。その作品集を何かの機会に見せてもらいたいものですね。

なつのあの服は、おねえちゃんに抱きしめられた<奥原千遥という存在の記録>(ぱぽりんさん:96話)
思い出のつまったお姉ちゃんの服が不要となり、自分の服を取りに戻る=お姉ちゃんと心おきなく一緒に過ごせる。そんな日が千遥ちゃんにやって来ますように。

夕見子と雪次郎それぞれの恋の物語が終わり、雪次郎が北海道に帰った(みいちゃん命さん:102話)
夕見子ちゃんと雪次郎くん。おさまるところにおさまる。北海道での、そんな展開が待っていそうですね。

子役は海外では子役や親子関係の役では似ている人を探すそうです(ちゃーちゃん:96話)
子役と成長後の姿。『ちりとてちん』は、ヒロインの子供時代と成長後の姿。よく似た役者さんを揃えたものだと感心したことを思い出します。

「だべ」はこの辺り(福島県)では女性も普通に使います(ちゃーちゃん:96話)
語尾に「だべ」がつく言葉。広い範囲で使われているんですね。『なつぞら』で北海道でも使われていることを知るまでは、神奈川県の一部限定とばかり思っていました。

(麻子さんが)業界に戻ったら、立派なアニメーターになるんだろうな(連ドラフリークさん:96話)
ご主人が海外で活躍するような建築家なので、麻子さんの美意識にさらに磨きがかかって、きっといいお仕事をするようになるでしょうね。

そんな麻子さんをもう一度観てみたいです。

<<前回96話 | 次回98話>>

第17週 | 第18週 | 第19週 | 第20週 | 第21週 | 第22週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みいちゃん命 より:

    山本治彦さん、そうだったのですね。S社の携帯のCM(白い犬のお父さんがでている)に広瀬さんと吉沢亮さんが恋人役で出ていて、しかもサカナクションの「忘れられないの」がかかっていたので、てっきりパロディかと思っていました。

  2. 山本治彦 より:

    なっちゃんがインタビュー受けてるときに描いていたのは犬の絵でしたね。これはたぶん「わんわん忠臣蔵」の絵なんでしょうね。ちょうど風車の壁には「わんわん浪士」っていう犬の絵のポスターが貼ってありました。私が幼稚園の時今から56年前。幼稚園のみんなで列を作って近所の映画館に観に行ったのを思い出しました。県庁の所在地でもない小さな地方の町にも映画館が二つあった時代。何かすごく感動した思い出があります。今でも主題歌は歌えます。(笑)YOUTUBEに予告編がありました。

  3. たいさん より:

    今回一番印象に残った小さなシーンです。
    雪次郎ー蘭子さんの火のないところに噂は立たないという説を述べたお兄ちゃんの言葉の次にでた「なつの職場でもそんなことないか?」という問いかけに板場君の映像がでてきて、納得したような顔のなちゃんの一言、「ある。。。」・・・・これってなっちゃんの意中の人が板場君ってことで決定ということですかね。

  4. みいちゃん命 より:

    それよりも、4年経っても「あなたとずっと仕事したい」と言っていた坂場と何もないのは、この二人はないな。坂場が千遥の相手でもなくなった。

  5. みいちゃん命 より:

    なつちゃんの机の上に、白戸家の犬のお父さん。タイアップはあり得ない?

  6. ぱぽりん より:

    本日仲が着ていたジャケット、なつが同じ柄のワンピースを着たことがあったような記憶が・・・
    そして井戸原の、ド派手&意味不明なデザインのベレー、なつの影響を受けたのか???
    何かナゾな意図というかメッセージが込められているというか、ウ~ン。

    さて、月岡氏に相当する人物として、突如登場した猿渡。
    言っていい、言っちゃうよ、言わずにはいられないよ、あまりにもイメージが違いすぎない????????

    多分、坂場とキャラ重なりしないように、との判断なのでしょうが、視聴者としては、オヨヨ、としか言いようがありません。
    いかにも切れ者、として登場してほしかったところです。

    ついでと言ってはなんですが、リアル百獣の王子サム、「狼少年ケン」。
    舞台の設定は<インドのジャングル>。
    狼、ん?
    ゾウ、んん??
    キリン、んんん???

    大好きなアニメではあったものの、なんだか疑問を感じつつ見ていたことも事実。
    あらためて調べてみると、設定としてのインドのジャングル、一応、セーフ。
    狼、確かに、<かつて>はインドにも生息していた。
    像、アジアゾウがいる。けれども、アニメで描かれているのはどう見てもアフリカゾウ。
    キリン、キリンはいくらなんでも・・・

    ただ、オープニングテーマの乗りの良さはピカイチ、さすが小林亜星さんです。
    そうなれば(疑問を感じた方、却下!)富田さんの、ジャングル大帝のオープニングテーマ、忘れられません、素晴らしいです。
    となれば、かまやつさんの、はじめ人間ぎゃーとるずのエンディングテーマ(やつらの足音のバラード)、深いです。
    以上、自分にとって忘れられない、3大アニメ曲。
    蛇足ばかりですみません、毎度のことですが文章がまとまっておりません、陳謝、陳謝。

  7. tonton より:

    なつぞらの公式Facebookサイトで、なつが誰と結ばれるのかが結ばれる人役がネタバレしてました
    ウッチャンの思わせぶりなナレーションはやはりドンピシャだったようで

    天陽くんの爽やかさが好きだった私は、先週末まで引きずっていましたけけど
    自分の気持ちを遠回しに表現して視聴者に何て不器用なんだ!あ~じれったいと視聴者に少々の
    苛立たしさを与えつつも、その中に「誠実さ」を見せる中川大志くんの演技に次第に好感が持てるようになりました。
    これからなつにどう迫っていくのか?楽しみが1つ増えました。

    多くの芸能事務所が自分の所の若手俳優を朝ドラの主要な役に出したい中、
    ヒロインの相手役は、これまでの1作品に1人という事実上の制約から自由になって
    こういう形で複数の役にスポットを当てるというのもいいなと思い始めました

  8. ぱぽりん より:

    TVアニメである鉄腕アトムに夢中になった世代ですが、
    「なんでグルグル飛んでいる、早くやっつけろ!」
    など、大人の事情を知らないのでイライラしたところも多かったですね。
    後年読んだ話では、スポンサーである明治製菓がこれだけしか出せないがといって提示した1話200万円を、手塚氏が100万円でいいと言ってしまったところからのアニメ界の地獄のスタートだとか。
    手塚氏は、人気の高い鉄腕アトムなので<版権ビジネス>を見込んで いける!(他の会社ではこの金額で請け負えない:ブラック手塚氏?) としたのでしょう。
    オリジナル作品宇宙エースでスタートし、その後人気作品を多々生み出したタツノコプロは良く頑張ったものだと思います。

    ちなみに、当初、東映動画がタツノコプロと共同でアニメ制作を計画していたものの版権の扱いで合意に至らず、タツノコプロが自身で全制作したものが宇宙エースで、東映動画が制作したものが宇宙パトロールホッパであるとのこと。今見ると、ホッパ(カッパ型宇宙人)の力の抜けたキャラクター、なかなか味があっていいなと思います。
    さすがリアル仲、森さんデザインです。

  9. もみじ より:

    意に添わぬ異動で戸惑う坂場さん、
    案外、心が狭い人ですね!?^^;
    そんな人はどこの職場にもいますが・・・
    開拓精神を受け継いだなっちゃんの方が
    対応力がありますね。
    ぜひ、なっちゃんと共に切磋琢磨して、
    人間としても成長してほしいと感じました。

  10. オペラ座の怪人 より:

    麻子さんのいない東洋動画は寂しいなあ。

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    いっきゅうさんは、相変わらず、
    ごちゃごちゃ言うなあ。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    ま、的外れではないんだが。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    おしまい

  11. よるは去った より:

    猿渡「ライオンに育てられた少年・・・・・・・.」ん~モデルは「狼少年ケン」?

  12. 通りすがり より:

    雪次郎-蘭子さんに文夏砲が炸裂するのでしょうか?
    …忘れてください

  13. 落合明人 より:

    朝見ての感想です麻ちゃくが結婚相手は建築家で結婚したらイタリアに旅立つて言ってましたけれども
    これって「ひよっこ」で出てきた早苗さんのことお思い出しました。
    それにしては最後のほうで完がでてきてあわっくて内村が何言ってるんだこの後もこのドラマが続く手行ったのか笑でした