なつぞら 第20週「なつよ、笑って母になれ」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『なつぞら』
2019年8月12日 〜 8月17日放送

『なつぞら』第20週「なつよ、緑の森のわが家」あらすじ

なつと坂場の新婚生活

東洋動画は新作のテレビ漫画『魔法少女アニー』を制作することを決定。坂場と結婚間もないなつは、その新作テレビ漫画の原画を任されることになりました。

その頃、なつと坂場は西荻窪の借家住まいをしていました。そして東洋動画を辞めた坂場は、翻訳の仕事を請け負い自宅で仕事をしていました。

咲太郎と光子の結婚/姿を消す亜矢美

そんな中、新宿の再開発によって風車が立ち退きを余儀なくされました。一方、咲太郎は光子と結婚することを亜矢美たちに宣言します。

亜矢美たち面々は風車で咲太郎と光子の結婚を祝福。しかしその数日後、亜矢美は咲太郎の前からこつぜんと姿を決してしまいます。

仕事と育児の両立

一方、下山と結婚した茜が妊娠しました。茜が産休に入る直前、茜は出来高制の契約になると会社から告げられました。それはクビを宣告されたに等しいことでした。

そんな中、なつも妊娠しました。仲や井戸原の応援もあり、なつは出産後も作画監督を任されることになるのでした。

<<前週 第19週 | 次週 第21週>>

Sponsored Link

予習レビュー

[2019/07/25]なっちゃんといっきゅうさんの新婚生活

結婚したなっちゃんといっきゅうさんが新婚生活を送るのは、西荻窪。新宿から電車で10分ほどのところです。

西荻窪といえば『ひよっこ』です。

とは言っても、まだドラマ化されてはいませんが。

『ひよっこ』は当初、1980年代までを描く予定で、みね子ちゃんとヒデくんは西荻窪に店を出して、子供もいる。そんな設定だったそうです。

もしかすると『ひよっこ3』『ひよっこ4』と続いたとき、西荻窪が描かれるかもしれません。

余談ですが、ブログ主も西荻窪に住んでいました。とても好きな街です。

『魔法使いサリー』が実在モデル?

なっちゃんが原画の担当を任された新作アニメ『魔法少女アニー』は、東映魔女っ子シリーズの第1作『魔法使いサリー』が実在モデルでしょうか。

なお『魔法使いサリー』の放送期間は昭和41年(1966年)12月5日から昭和43年(1968年)12月30日まで。

なので、ドラマの時代は昭和41年(1966年)前半といったところでしょうか。

ちなみに、なっちゃんがプロポーズされたのが昭和39年(1964年)です。

なっちゃんと坂場くんの結婚のタイミングは、このページを投稿した時点ではまだ定かではありませんが、ドラマは時間をスキップしながら描かれるのかもしれません。

なっちゃんの妊娠のフラグ?

この週の翌週には、妊娠したなっちゃんの姿が描かれます。

なっちゃんの妊娠がいつわかるのかはまだ明らかにされていませんが、茜ちゃんの育児と仕事を両立させる姿は、なっちゃんの妊娠のフラグなのかもしれません。

一方、光子さんが川村屋のマダムを引退するのだそうです。

引退する理由や、引退した後に何をするのか。そして、光子さんの引退を聞かされた咲太郎くんが決意することが何なのか。詳細は不明です。

そもそも光子さんが引退して、それが咲太郎くんのある決意にどうつながってゆくのでしょうか。もしかして二人は結婚?と考えるのは、うがち過ぎでしょうか。

<<前週 第19週 | 次週 第21週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tonton より:

    今週から第3部が始まり公式の人物相関図も更新され、なつは奥原の苗字とサヨナラしましたが
    道を相手に闘った経験を東洋にも生かす展開となるようですね。
    でも中小零細企業相手だと経営者がワンマンなケースが多いので、更に理不尽な仕打ちを受けて
    泣き寝入りするケースが大半なのを考えると、東映で起こった史実はレアなケースでしょう

  2. アーモンド より:

    スピッツの歌う主題歌「優しいあの子」の意味は、なつの第1子、優のことをさしていたんでしょうかね?

  3. tonton より:

    サブタイが「なつよ、笑って母になれ」に変わったっていうことは、予定を早めて
    この週で妊娠するんですね。
    ネタバレブックとは少し予定が変わったのかもしれませんね

  4. ふーさん より:

    「魔法使いサリー」の横山光輝氏による原作タイトルは「魔法使いサニー」でした。しかし、日産の自動車が「サニー」だったのでスポンサー以外の商品名は良くないということで「サリー」に変更になったそうです。
    スポンサーがらみでタイトルが変わることはよくあったようです。白土三平氏の「風の石丸」が藤沢薬品工業がスポンサーになったので「風のフジ丸」に変更になったり。
    ただ、放送局は現在のテレ朝のNETでしたから、「フジ丸」だとフジテレビの方が良かったような(笑)
    しかし、「魔法少女アニー」。どんなアニメが朝ドラ内で放映されるのか楽しみです。

  5. みいちゃん命 より:

    咲太郎と光子の結婚。リアル世界でも岡田将生と比嘉愛未がくっつけば、お似合いだよね。私生活では優柔不断な感じの岡田君としっかりしている比嘉さんバランスがいいのでは。岡田君はガッキーと仲はいいのにずっと進展しない。そのガッキーと親友なのが比嘉さん。ガッキーが山ちゃんと蒼井優をくっつけたしずちゃんの役回りをすればあり得るのかな。でも岡田君の異常なきれい好き、潔癖症がネックだったりして。

  6. ぱぽりん より:

    いけないなー、朝蔵さん。
    最終週までネタバレされたら、我慢できずに読んじゃうじゃないですか。
    自分、犬だったら、絶対に<おあずけ>できません、ガルルッとなります。

    <西荻窪>、くさすぎます、それにHYK3、HYK4の製作に制約ができてしまうので、<その線>は無い、とみた。

    問題は、千遥の義母。
    やはり朝ドラヒロインになるのでしょうね。
    ドラマの設定だと年齢が60才ちょいかと思うのでその前後の女優さんを探ると、ヤヤヤ、一人とっても怪しい方がいる。
    田中裕子さん。
    もし田中裕子さんが出演となると<ダブルおしん!>ということで話題性も高い。
    「どこでまちがっちまんだろうねー」ということで、息子が愛人のところに走るのもわかる気がする。
    ただ、愛人と暮らしているとのことで、そこはおしん、きつく窘めるものと。
    「まちがっちまった」息子の肩を持ちそうなイメージの女優さんだと、浅茅陽子さんがいいんじゃないかと思うのですが、どうでしょうか。
    店を千遥に渡し、孫娘をあきらめるところはちょっと違うかな。
    なほ子達との交渉で譲歩するところを優先すると、心優しそうな紺野美沙子さん(ちょっと若いけれど)でしょうか。

    うーん、難しくて鉄論が出せない。
    <外れて悔いなし予想3>、保留です。