なつぞら 第24週「なつよ、未来をこの手に」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『なつぞら』
2019年9月9日 〜 9月14日放送

『なつぞら』第24週 あらすじ

マコプロダクションのスタッフが北海道へ

昭和49年(1974年)初夏。麻子の会社で坂場が提案した企画『大草原の少女ソラ』の制作がはじまる中、なつたちスタッフは北海道にロケハンに行きました。

そんな中、帯広の雪月で、なつは亜矢美と7年ぶりに再会。全国を歌と踊りを披露しながら渡り歩いてきた亜矢美は、十勝にやって来ると雪月で雇われることになりました。

『大草原の少女ソラ』の放送が開始

昭和49年(1974年)10月。『大草原の少女ソラ』の放送が開始。視聴率が伸び悩み、放送中止の話が出るものの、作品に感激した視聴者たちに支えられ放送の継続が決定。

マコプロダクションにとって初の独自企画となる『大草原の少女ソラ』は人気番組となり、なつたちは多忙な日々を送ることになります。

千遥との再会

そんなある日。『大草原の少女ソラ』のファンだという少女が麻子の会社にやって来ました。その少女は自分の名前を「杉山千夏」と名乗り、立ち去って行きました。

少女の名前を聞いたなつはとっさに会社に外に飛び出しました。会社の外には、千夏の手を引いて歩く母親の姿がありました。千夏の母親は、千遥でした。

<<前週 第23週 | 次週 第25週>>

Sponsored Link

予習レビュー

初夏の北海道の美しい景色と、開拓史の物語

今週の前半は、麻子さんの会社「マコプロダクション」に移籍したなっちゃんが、新しい会社の中間たちとともに初夏の北海道を訪れます。

久しぶりの北海道編のような一週間。十勝の初夏の風景を楽しめる週になりそうです。

坂場くんが提案し、移籍したなっちゃんが参加することになった企画『大草原の少女ソラ』の、物語の舞台は北海道です。

奇しくも麻子さんが東洋動画を去る直前。

短編映画を完成させピクニックに行った面々が、次に作品をつくるときは事前にロケハンをしようと、どなたかが提案したと記憶しています。

あのときのロケハンの提案が、麻子さんも一緒の中で回収されます。

ロケハンでは、泰樹さんをはじめとして、十勝に入植した人たちの、十勝開拓の歴史が語られるのだとか。

初夏の北海道の美しい景色と、開拓史の物語。楽しみいっぱいの一週間になりそうです。

ついに千遥ちゃんと再会!

そして今週、ようやく、なっちゃんと千遥ちゃんが再会する日を迎えます。

ただし、今週中は、千遥ちゃんの姿がチラッと登場する程度で終わるかもしれません。再会の本格的な物語は次週。

次週は千遥ちゃん週です。

千遥ちゃんが十勝の柴田家に姿をあらわしたときは、大いに泣かされました。それ以来の号泣週になるかもしれません。来週は。

『なつぞら』は残すところ2週間ですが、最後の最後に、奥原三兄妹は、笑顔で再会することができそうです。

ただし、笑顔で再会の前にちょっとばかりつらい展開も用意されています。

<<前週 第23週 | 次週 第25週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もんばび より:

    ロケハンのみんなは、どこに泊まるのかな。

    ふつうに考えると、帯広の旅館ということになるのでしょうけども、なつや由見が嫁いで、ヘタすりゃ明美ちゃんだってお嫁に行っちゃったとするならば、柴田家は結構大勢が泊まれる環境にあるのでは?

    だとすると、ロケハンチームは「柴田家で数日を過ごす」という、夢のようなひとときを享受できるのかな?

    みなさんどうか、少しでも多くの収穫を手にして、東京に帰ってくださいね。

  2. みいちゃん命 より:

    確かに、東映の協力を得ていたら忖度してマコプロダクションがジブリとなる描き方はしないですね。だから茜と神地は結婚せず、神地はマコプロダクションに入らなかったということでしょう。

  3. みいちゃん命 より:

    youtubeで岡田斗司夫さんが予想していたんですが、「大草原のソラ」は「アルプスの少女」がモデルで、「なつぞら」のオープニングのアニメーションが使われるのではとのこと。そして、なつと泰樹の関係がソラ(=ハイジ)と(アルム)おんじの物語に投影されるものになる。それですべてが結び付くことになるとのこと。確かに、この番組の題名は「なつソラ」、十勝編での泰樹じいちゃんとなつが馬車で草原の中を進むシーンは、アルプスの少女の中で見たようなシーンでしたよね。

  4. ふーさん より:

    ズイヨーって摩訶不思議な会社でした。制作担当の西崎義展氏は日曜日の午後7時半にフジテレビ系で「アルプスの少女ハイジ」を作りながら、同じ日曜の午後7時半に読売テレビ(日本テレビ系)で「宇宙戦艦ヤマト」の企画を通します。裏番組を作る訳にいかないので、西崎氏は別に「オフィスアカデミー」を作りズイヨーを退社。当初、低視聴率だったヤマトは再放送で人気が出て、今の「アニメ」の元祖となりました。因みに西崎義展氏はズイヨー時代に手塚治虫氏原作の「ワンサくん」を作っています。犬のキャラクターのワンサくんとミドリちゃんは三和銀行のキャラクターに採用されました。

  5. tonton より:

    「なつぞら」が東映の協力を得て制作されている以上、そこを飛び出した人達が起こした会社が
    元の職場を凌駕するストーリーはさすがに描けない事情もあって、なつ30代でドラマを終わらせるのかもしれませんね

    あと7月も終わりに近づいてみて、十勝編と東京編を交互に見せる構成はいいと思いました。
    3か月の前編&後編に分けてしまうと、半分青いのように、折り返し地点でドラマの舞台が
    大幅に変わる事で、前半レギュラー陣のキャストロスが起きたり、プロットで失速するリスクは
    減りますから

  6. 水無月 より:

     いつも楽しく拝見させていただいております。
    話の概略がわかり映像をみるのが今から楽しみです。
     ところで魔界の番長は鬼太郎、草原の少女ソラはハイジのイメージでしょうか?
     ハイジの制作会社瑞鷹エンタープライズは高畑氏、宮崎氏も縁があったと思うのですが。