なつぞら 最終週/第26週「なつよ、天晴れ十勝晴れ」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『なつぞら』
2019年9月23日 〜 9月28日放送

『なつぞら』最終週/第26週 あらすじ

『大草原の少女ソラ』が最終回を迎える

昭和50年(1975年)4月。優が小学校の入学式を迎える中、激務に追われるなつを手伝いに、富士子が十勝からやって来ました。

そして梅雨。『大草原の少女ソラ』は最終回を迎え、マコプロダクションでの打ち上げを経て、富士子は十勝に戻ります。

なつたち一家が十勝を訪問

夏休み。なつ、坂場、ゆうの一家。そして千遥と千夏は、北海道十勝の柴田家に帰って来ました。年老いた泰樹と再会したなつは、感激し涙を流します。

そんな中、十勝は嵐に見舞われました。柴田家は停電し、危機的な状況に陥った柴田牧場の牛たちを照男は救うことに成功。泰樹は照男の活躍をたたえました。

十勝の夏空

嵐が去った翌朝。泰樹はなつを連れて、嵐で荒れ果てた山田家の畑のジャガイモ堀りを手伝いに行きました。泰樹は自分の死を悲しむ必要はないと、その場でなつに告げました。

なつと坂場、そして優の一家は十勝の大草原を散策。十勝の夏空を見上げながら、なつは未来に思いを馳せるのでした。<完>

<<前週 第25週 | 次週 『スカーレット』>>

Sponsored Link

予習レビュー

泣いても笑っても最終週。ついにその日が来てしまいました。

昭和50年(1975年)の夏休み

最終週。最後の場面は、北海道で迎えるようです。

優ちゃんの小学校入学の春。なっちゃんが作画監督をつとめていた『大草原の少女ソラ』が最終回を迎える梅雨を経て、季節は夏。

昭和50年(1975年)の夏休み。

なっちゃん、いっきゅうさんさん、優ちゃんの坂場一家。そして、離婚した千遥ちゃんと娘の千夏ちゃんは、北海道へ。

そして夏の北海道の風景の中で『なつぞら』の最後の物語が描かれます。柴田家の面々がふたたびドラマの真ん中に戻ってきます。

久しぶりに語られる照男くんのドラマ

なっちゃんの譲り合いを掛けた天陽くんとのスキー対決。熊に扮した砂良ちゃんへのプロポーズ。

これら2つのエピソード以来の、照男くんのドラマが最終週に語られます。

この頃、柴田牧場も近代化が進み、乳牛たちは機械によって搾乳されてました。しかし、嵐による停電で搾乳が動かない!

搾乳しなければ牛は病気になってしまう。

そんな危機的状況から、照男くんの必死の努力によってからくも脱し、その照男くんの努力を泰樹さんがたたえます。

照男くんは子供の頃から、自分が泰樹さんから認められていないことにコンプレックスを感じていました。

そのコンプレックスが、最終週にようやく回収される見通しです。照男くん、よかったね。

泰樹さんの最期?

このとき、泰樹さんはすでに90歳を超えています。老いは隠せない。かつての覇気は失われている。そんな泰樹さんが描かれるようです。

また、泰樹さんは自分の死を口に出すのだそうです。自分が死んでも悲しむ必要はない。そんな言葉を・・・

泰樹さんの最期がドラマの中で描かれるのかどうか。今はだまわかりません。

しかし、最後の最後に、そんな悲しい場面はできることなら避けてほしいものです。明るく楽しく『なつぞら』の物語が終わってほしいものです。

<<前週 第25週 | 次週 『スカーレット』>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. おおきまち より:

    私がリアルタイムで全話視聴したのはひよっことなつぞらだけなんですが
    なつぞらは100回記念だからという理由のみで意地になって見ていました。
    不満を述べたら1冊本が書けてしまうぐらい鬱憤が溜まっているので程々にしますが
    色々と残念な作品だったので、子なつと泰樹さんが牽引した最初の2週間以外は
    早く忘れてしまいたいですね本当に。私にとって「朝ドラとは何ぞや?」と
    問いかけてくれた作品でした。なつぞらに対して大いに不満を抱いたからこそ
    ちりとてちん・ゲゲゲ・カーネーション・あまちゃん・あさが来た等の過去の名作を
    見まくった動機付けになったことだけは唯一の収穫かもしれませんね。
    今はおしんとゲゲゲの再放送とスカーレットを毎回楽しんで視聴しています。

  2. みいちゃん命 より:

    最終週に関してのアニメ業界の裏話、なかなか面白いので、ぜひ見てほしい。
    電話で麻子さんを責める番組プロデューサーが何を恐れていたのかが理解できます。
    また、ぱぽりんさんが指摘したお父さんとレイの別れのシーンの朝日の影についても述べています。
    岡田斗司夫、なつぞら最終分析その1「アニメ業界のタブーを描いちゃった最終回」

    YouTubeの検索欄に次のコードをコピペしてください。= 66GRsB756-4

  3. tonton より:

    最終週は水曜までの前3話がアニメ編、木曜からの後ろ3話が北海道編の
    それぞれフィニッシュとして構成されているようで、ドラマのオンエアがスタートして以来、
    (てるてる家族と比べて)脚本のモチベーションに波があるなとは感じたものの
    終わりよければ~という諺があるように、終盤からはいい形でフィニッシュができるなと
    確信が持てました。

    今作は100作目という事でロケ回数多し、ヒロインOGの多数登場、オーディション採用人数を
    例年より増加しかも華のあるキャストを揃えて、てるてるや あまちゃん、あさが来たとは違う
    ロスが来そうです(涙)。
    このドラマは物語途中に批判も多かったのですが、数年経てば後々の語り草となる作品の1つに
    なりそうな予感がします。
    ドラマが終わるのが寂しいです。

    と打った所で来月から「エール」がクランクインするので
    よそ見して他サイトをサーフィンしたら、何と!とと姉ちゃんで25年ぶりに朝ドラカムバックを
    果たした唐沢氏がまた戻ってきます。それだけじゃなく風間杜夫氏も戻ってくるんですね♪
    エールのチームもなつぞらに負けないぞ!という意識を持っていたなら嬉しいです。
    https://www.excite.co.jp/news/article/Crankin_6862403/

  4. 真夜中の太陽 より:

    最終週でついにTEAM NACS全員出演が叶うことに!「北海道出身のオーナー」さんがどこかで登場するそうで、今から楽しみで仕方ありません。本作は本当に1回しか出ない役でもキャスティングが豪華(贅沢?)でびっくりします。

  5. よしけん より:

    人は必ず死にます。
    もちろん私も、辛い永の別れを何回も経験しています。
    しかし、『なつぞら』の中で、しかも最終週で、泰樹さんの最期をストレートに描く必要はないし、描いて欲しくはないです。
    泰樹さんの死を暗示させるだけで、十分。

    『真田丸』では、草刈正雄さんが扮する真田昌幸が、白髪で身体も衰弱した老人になった姿が、描かれました。

    これは、志半ばで亡くなった父・昌幸の無念さを晴らすためにも、幸村(信繁)が大坂の陣で徳川と戦う、というストーリーの展開から、昌幸の死を描く必要が、ありました。

    しかし、『なつぞら』は、そこまで直接に具体的に描く必要は、ありません。
    私がこの素晴らしいドラマのラストの演出を任されたら、そうします。

    ちなみに、私、真田幸村(信繁)という英雄も、それを演じた堺雅人さんが大好きで(大学学部が同じ)、『真田丸』が幸村(信繁)の死の瞬間を、直接的にではなくて、それを暗示させる描き方をしているものの、それでもDVDを購入する気にはなりませんでした。

  6. イク より:

    色んな事に尽力して下さったノブさんがあらすじにかすりもしないんですが、最終回までに何らかのエピソードは出てくるの?

  7. なおみ より:

    できることなら、奥原三兄妹ファミリーで十勝での最終回を迎えてほしいですね。
    咲太郎ファミリーは忙しいのかな? お子さんはいるのかな?