農協で働いている夕見子 / なつぞら 第110話

2019年8月6日(火)第19週「なつよ、開拓者の郷へ」

あらすじ

なつが北海道に戻ってきたその頃、十勝管内の農協では、音問別農協の組合長・田辺を中心にしてある計画が進められていました。管内のすべての農協が、共同でバターなどを製造する乳業メーカーを設立し、十勝の酪農を活性化することを目指していたのです。

農協に就職し、田辺からその実力が期待されていた夕見子は、その計画をなつに語り、なつと坂場もまた、農協が挑もうとしていることを応援します。なつと坂場は、帯広の雪月にも足を運び、菓子職人として腕を磨いている雪次郎や、雪之助たちとも再会しました。

なつと坂場は、面々に結婚することを報告。なつと坂場が、雪月の面々に大歓迎されているところに、十勝農業高校の顧問・倉田や、元演劇部員・門倉や良子も姿をあらわし、なつたちは再会を喜び合いました。

そんな中、十勝の農協が計画している工場建設の障害となるような出来事が発生。国から横やりが入ったのです。国は十勝を集約酪農地域に指定。そうなると、農協が工場を建設することができなくなってしまうのです。

<<前回109話 | 次回111話>>

第19週 | 第20週 | 第21週 | 第22週 | 第23週
第24週 | 第25週 | 最終週/第26週

Sponsored Link

予習レビュー

なっちゃんといっきゅうさんが結婚の報告のために訪れた北海道十勝では、農協がある計画を推し進めていました。

その農協では、なんと夕見子ちゃんが働いています。一時は中退しかかった北海道大学を無事に卒業し、どうやら農協に就職。

組合長の田辺さんから一目置かれる存在になっているとか。

また、雪月では雪次郎くんが菓子職人として腕を磨く日々を送っています。夕見子ちゃんや雪次郎くんの環境の変化が、なっちゃんとの再会を通して描かれます。

また、なっちゃんがいっきゅうさんを連れて雪月を訪れる場面では、十勝農業高校の元演劇部員たちも登場。

あの門倉番長とよっちゃんが、予想通り結婚して再登場を果たします。この二人、どのような夫婦になって登場するのか。楽しみでなりません。

ところで、今週の物語のタテ糸がなっちゃんと坂場くんの結婚なら、ヨコ糸に当たるのが十勝の農協の計画です。

このヨコ糸の物語が語られる中で、TEAM NACSの4人目の男・森崎博之さんが「大清水洋」という、TEAM NACSの5人目の男「大泉洋」みたいなまさかの役名で登場します。

おそらく今回か次回あたりに登場するのではないかと思います。

「大清水洋」という役名が登場したことで、TEAM NACSの5人目の男・大泉洋さんの登場はもうないかなとガッカリしていたのですが、気になる朗報が。

TEAM NACSの4人目の男・森崎博之さんが、大泉洋さんについて「もちろん彼も、今後どこかで登場するかもしれませんよ!」と発言しています。

TEAM NACSのメンバー5人が揃う希望はまだ捨てなくても良さそうです。

感想

泰樹さんを尊敬している夕見子ちゃんのフラグ回収

いみじくも明美ちゃんが口にしましたが、牛乳嫌いで酪農の仕事にも無関心だった夕見子ちゃんが、十勝全域の酪農を新しく生まれ変わらせようとしています。

夕見子ちゃんが酪農の仕事に携わるだけでもある意味画期的だというのに、酪農を生まれ変わらせる=開拓する大仕事に挑むことになるとは。

これまで、実は夕見子ちゃんと泰樹さんは似ているところがある。なっちゃんだけでなく、夕見子ちゃんも泰樹さんの生き様を尊敬している。

そんなフラグめいた場面がこれまで二つほどありました。

それらフラグがついに回収されましたね。

<いっきゅうさんの作品の再評価/h3>
倉田先生、門倉くん、良子ちゃん。十勝農業高校時代のなつかしい面々が再び画面の中に登場して感激です。あの頃の日々を思い出し泣きそうです。自分の青春時代ではないのに。

そして倉田先生が口にした、いっきゅうさんが退職のきっかけとなった映画への評価。

なっちゃんはもちろんですが、いっきゅうさんにとって何よりもの救いになったのではないでしょうか。

「あれを作った君になら奥原を安心して任せられる」

これほど心に響く褒め言葉は他に見当たりません。

いっきゅうさん。東京では、あの映画に関しては散々な言葉しか言われなかったけれど、北海道に来てからは明美ちゃんと倉田先生に正しく評価されました。

そのことが妙に嬉しい『なつぞら』第110回でした。

コメントへの返信 by 朝蔵

北海道でヒグマの料理(よるは去ったさん:109話)
北海道で熊肉の缶詰というのを見かけたことがあります。

熊肉と、それから鹿肉。もう一つ何の肉だったかを失念しましたが、いかにも北海道らしい獣肉の缶詰、3点セットでした。

ちなみにブログ主が北海道に行ったとき、鹿肉ハンバーガーというのは食べました。旭山動物園の売店で販売されてました。

もう次のスカーレットの話題も出始めている。いよいよ佳境に。(アーモンドさん:109話)
『なつぞら』も残すところ2ヶ月を切りました。

なっちゃんといっきゅうさんの結婚直前。いっきゅうさんの監督作品の大失敗により、アニメーターたちが自由闊達に才能を発揮できていた東洋動画の環境も激変するみたいです。

これから、アニメーターとしてのなっちゃんのストーリーが大きく動き始める予感しかしません。

坂場いっきゅうさんって、家政婦のミタの、長男だった(オペラ座の怪人さん:109話)
そうだったんですか!?

柴田家での結婚の挨拶の場面。実は、ミタ親子の感動の再会の場面だったんですね。撮影現場ではずいぶん盛り上がったことでしょう。

やっぱり北海道編はいいですね!(もみじさん:109話)
北海道編は何より、北海道の面々のキャラが面白いですからね。

『ひよっこ』も、キャラが面白かったので、ストーリーの進展がほぼほぼない会話だけの場面でも十分に楽しむことができました。

『なつぞら』北海道編はそれに通じるものがありますね。

いつかは死ぬことは、当たり前ですが、『なつぞら』では、それをストレートに描く必要はない、と思います(よしけんさん:109話)
物語の時間が何十年にもわたる場合、人の死の描写は避けて通れません。しかし『なつぞら』の物語の時間は、なっちゃんの高校時代以降はわずか十余年。

そういう意味でも、『なつぞら』は人の死を正面から扱うには時間が短すぎますね。

高校時代の雪次郎くんを残念キャラと重ねて書かれますが、雪次郎くんは子供時代から全く残念キャラではない(どんギツネ。さん:115話)
どんギツネ。さんのおっしゃる通りです。本当に申し訳ない勘違いをしました。北海道編の若手男性キャラの中で、相対的な評価を下してしまいました。

天陽くんといい、照男くんといい、北海道編で「男の見せ場」が用意されていたのに対して、雪次郎くんに同様の見せ場がなかったことが、ブログ主の目を曇らせてしまったみたいです。反省しています。

明美ちゃんが大人の役に代わっているのは驚きました(落合明人さん:110話)
明美ちゃんがいつの間にか大学生!なっちゃんたちだけを見ていると時間の経過がわからなくなりますが、子供の成長を見ると、どれだけ時間が経ったのかが一目瞭然ですね。

ちーくんと成人した明美から明らかになった映画の失敗の原因はターゲット層の見誤りによるマーケティングの失敗(tontonさん:109話)
いっきゅうさんの監督作品の大失敗が、柴田家の子供たちの会話だけで一瞬にして総括されてしまいましたね。

あの柴田家の場面を東洋動画の幹部たちに見せてあげれば、東洋動画は大きく飛躍できるかもしれませんね。

予定を早めてこの週で妊娠するんですね(tontonさん:20週)
はい。今週中になっちゃんの妊娠が判明するようです。事前に公開されていた情報は、そのあたりのことを意図的に伏せていたのかなとも思います。

これまでも肝心な情報はいつも伏せられていましたので。

家族内の立場も変わってきているようで、今後、泰樹さんがだんだん弱っていくのをみるのは、たまらなく切ない(はままさん:109話)
泰樹さんの前で何も言えなかった。言ったとしても、汗をかきかき必死すぎたあの剛男さんが、堂々と泰樹さんに対して自分の意見を言い切る。

いつの間にか大学生になっていた明美ちゃんの成長とともに、時間の経過を感じずにはいられませんでした。

つも夕見子も分け隔てなく泰樹おんじに愛されていたんですね(みいちゃん命さん:109話)
今週、農協職員になった夕見子ちゃんが挑む工場建設プロジェクトは、まさに開拓者魂があっての仕事。

夕見子ちゃんもやはり泰樹さんの血を引いてるんですね。

牛乳嫌いだった夕見子ちゃんが乳業メーカー設立に尽力する。人生は何が起こるかわからない。面白いですね。

剛男さんよりじいちゃんの方が嫁に出すのを嫌がってる(ゆきこさん:109話)
泰樹さん、今のところやせ我慢してますね。前週の最後の予告映像の中に、泰樹さんが一人で泣いている映像がありました。

やせ我慢しきれなくなるときが来るのかもしれません。

お母さん 広瀬すずさん似ということだと、広瀬アリスさん(いち子さん:25週)
いいですね!そのアイデア。サプライズ要素もたっぷりあって、注目を集めることができそうです。

清原果耶さんが拾って助けた赤ちゃんの仮の名前は、しずちゃんだったよーな??(はるみんさん:110話)
調べてみました。清原果耶さん演じるアオイが拾った身元不明の赤ちゃん。その子の名前は「しずか」だそうです。

<<前回109話 | 次回111話>>

第19週 | 第20週 | 第21週 | 第22週 | 第23週
第24週 | 第25週 | 最終週/第26週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はまま より:

    倉田先生が入ってくるカットの背後に黄緑色の箱「ニューサファイヤ」が映っています。
    多分、洗濯用の洗剤かな?と思います。
    ひよっこでは、あかね荘に入居したばかりのころ、なぜか住人同士がお互いの身の上を
    知っている・・・という共同炊事場のシーンで見られます。

  2. はまま より:

    雪月の向かいにある雑貨屋さん。時代がダブってきたこともあってか、
    あかね荘(ひよっこ)でも見た商品が並んでいましたね。

  3. ちょこみんと より:

    「透明なゆりかご」の赤ちゃんは清原さんがつけた仮の名はしずかちゃんで、本来の親(女子高生)の父母が女子高生の妹として育てます、「ちなつ」と名付けました、と報告するシーンがありました。

  4. 道産子 より:

    大泉洋は「ステキな金縛り」の様な出方をするかも?

  5. ひるたま より:

    オープニングクレジットを目を皿の様にして見ていました。「門倉良子」…おぉ来た!と思いましたね。

    ところでその再会場面でどうしても気になってしまった場面があったものでして。
    3人目がお腹にいるという‘おめでた’中のよっちゃんのお腹を叩いた場面…あれはいくら何でもちょっと…?と感じてしまいました。奇しくも現在(既に他の皆様もコメントで触れられていますが)真夜中の時間帯でドラマ『透明なゆりかご』が再放送中。『透明な…』を見てから件の場面を見たこともあって、尚更気になってしまったのかもしれません。
    折角の再会場面に水を差す演出になってしまったような…??

    ところで。その『透明な…』、今作の「千遥」こと清原果耶さん主演という事で録画をとりながら今回初めて見ていますが…清原さんだけのドラマでは決してありません。お世辞にも肌触りが良いとは言えない内容&展開もありますが、全てに於いて考えさせられ、見る側は心を惹きつけられずにはいられない作品です。

    すみません。『なつぞら』のコメント欄なのについ他作品のコメントまで書きこんでしまいました。

  6. よるは去った より:

    はるみんさん。「透明なゆりかご」2話でヒロイン(清原果耶)が可愛がった女の子の赤ちゃんは、最初は身元不明でヒロインがバイトしている産婦人科医院の前に捨てられていたので、最初は仮に「しずか」とヒロインが名付けるわけですね。しかし、その2週間後にその家族が「ご迷惑おかけしました。」と引き取りに来る。そしてその家族が「しずか」の「産みの母」の女子高生(蒔田彩珠)の名前「千絵」から一文字とって「千夏」と名付けたわけですね。それを側で聞いていたヒロインの「表情」が固まるのですが、私的にいろんな意味で複雑な「表情」に見えましたね。特に「なつぞら」の「千遥」ちゃんを視た後ではね。

    更に脇に話が逸れて申し訳ないのですが、「透明なゆりかご」で「しずか」の名前を聞いたとき、「ここでも狙っているかな?」と思いました。
    先輩看護師役の水川あさみちゃんが以前、某自動車メーカーのCMで演じた役が、大人になった「ドラマえもん」の「しずか」ちゃん。
    NHK はこういう「狙い」が好きなのかなと思いましたね。

  7. tonton より:

    もう会えないと思っていた倉田先生の再登場にヤッホー!

    すずちゃんは実年齢より上の雰囲気が出ているタイプではないので、番長のおっさん臭とよっちゃんのおばさんヘアメイク、高畑敦子さんの意図的な腰曲がり演技で時間の経過が把握できた感じです。
    改めて同じ童顔系の朝ドラヒロイン出身の宮崎あおいさんはそれを演技力でカバーしてしまう技量は凄いと思いました。
    歴代の朝ドラヒロインで紺野美沙子さん、田川陽介夫人の藤吉久美子さん、沢口靖子さんetcとかも
    出てきてほしいんですけど育児中なので難しそうなのが残念

  8. まゆゆ結構好き より:

    よっちゃん、なんだかんだで番長と幸せそうで良かったです。北海道メンバーほぼ勢ぞろいで、ほっこりしました。

  9. オペラ座の怪人 より:

    今日は広島原爆の日。
    朝8時のなつぞらも、
    30分以上遅れて、始まりました。

    北海道の懐かしい面々が総出演。
    いや、天陽君がまだか!?

    それにしても、雪次郎はいい味出していました。

    ♪ヽ(´▽`)/ ♪♪(~▽~@)♪♪ρ( ^o^)b_♪♪ヽ(*´▽)ノ♪へ(*^▽^)/★*☆♪

    そして、高畑淳子さんは老いた味を出していました。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  10. リキちゃんママ より:

    今日の放送の終わりのナレーションで、なつのお父さんがいっきゅうさんのことを『この人はこういうことが好きなんだなぁ』って言ったあとなっちゃんが『うん』って言ったのが親子の会話になってたからなんか嬉しかったです

  11. よるは去った より:

    一久「皆さんの工場を必ず作ってください!応援してます。」
    内村N「なつよ。この人はこういうことが本当好きなんだな。」
    一見頼りなさそうでいながら自分で納得のいかない問題に対してはとことん立ち向かっていく。
    東洋動画ではしょっちゅう火花を散らせていたけど、音間別農協の工場建設問題でも同じような火花を散らすのでしょうか。
    心配・・・・・・・じゃなくて楽しみ。
    国をギュウッ(牛)と言わせる場面とかあるのかしらん。

  12. はるみん より:

    「透明なゆりかご」再放送 第2話で、清原果耶さんが拾って助けた赤ちゃんの仮の名前は、しずちゃんだったよーな??

  13. 落合明人 より:

    朝見ての感想です゜明美ちゃんが大人の役に代わっているのは驚きました今までの明美ちゃんだったら少女ぼ勝ったからかもしれませんけれども明美ちゃんも大学生とは驚き月氏が感じました
    それより私は子なつの回想が二度も出てくると話感動しました
    先週の土曜日のシーンは泣きました

  14. おたかちゃん より:

    大泉洋さんのキャラからして、本編と関係ない登場(雪月の客とか、掃除夫とか)も十分あり得ますね。ただ探し過ぎると肝心のストーリーが入ってこなくなるので、心の片隅に留めておきましょう。