工場建設問題が解決する / なつぞら 第112話

2019年8月8日(木)第19週「なつよ、開拓者の郷へ」

あらすじ

十勝管内の農協が、共同で工場を建設する計画は、組合員が全員が賛成することで、期日までに工場の建設許可を提出することができました。その模様を取材にやってきた信哉はなつと再会。信哉は、同じ局に努める女性と結婚したことをなつに報告します。

一方、なつが地元の人々から歓迎を受ける姿を見ていた坂場は、なつの絵の才能が、地元の人の愛情によって育まれたことを実感しました。そして、なつに告げました。自分にも才能があるのなら、もう一度漫画映画に挑戦したいと。

そんな中、なつが組合長の田辺が入院している病院に呼び出されました。そして田辺は、なつにあることを依頼。田辺がなつに頼んだこと。それは、組合がつくる「たんぽぽバター」の商標のデザインでした。

その数日後、なつと坂場、そして夕見子は、雪次郎から帯広の雪月に呼び出されました。雪月にはすでに、門倉と良子、そして倉田もいました。雪月に集まった面々に、雪次郎は自ら開発した新作のお菓子の試作品を披露するのでした。

<<前回111話 | 次回113話>>

第19週 | 第20週 | 第21週 | 第22週 | 第23週
第24週 | 第25週 | 最終週/第26週

Sponsored Link

予習レビュー

十勝管内の農協による工場の建設騒動が収まり、ドラマは週の後半に向けての次の展開がはじまります。

次の展開へのフラグでしょうか。

信哉くんが久しぶりに登場します。しかも、久しぶりに登場した信哉くんは、すでに結婚しています。結婚相手は同僚のようです。

ブログ主は、なっちゃんの結婚相手は信哉くんに違いないと確信に近いレベルで予想していました。

そのように予想したのには理由があります。

『なつぞら』第1回のオープニング映像のアニメーションで、信哉くんがアニメ化されて登場していたからです。

後にも先にも、なっちゃん以外にアニメ化されてオープニング映像に登場したキャラはいません。

だから信哉くんはとっても重要なキャラだろうと考えたわけです。

しかし、信哉くんは他の女性と結婚したことが報告され、その同じ週には、なっちゃんの結婚式の場面も予定されています。

ブログ主の予想は、またしても完全にハズレです(笑)

ところで、信哉くんの登場を今週後半のフラグではなかろうかと、予習レビュー冒頭で述べました。

信哉くんの登場、というより信哉くんの結婚報告がフラグかなと思ったわけです。

その理由は・・・

雪次郎くんが何かをたくらんでいます。このたくらみは次回には明らかになるはずです。その明らかになることへのフラグではないか。

ブログ主はそのように考えています。

ただし、本欄では雪次郎くんのたくらみは伏せておくことにします。

感想

雪次郎くんのドラマ

ブログ主の大好きな雪次郎くんのドラマがまたしてもはじまりました。

菓子職人の修行をはじめたものの、自分のやりたいことを見つけてしまい、お父上に対して反乱を起こし、自分の夢を切々と訴えたエピソード。

雪次郎くんの将来を思う蘭子さんが、断腸の思いで雪次郎くんを突き放したエピソード。

そして、失意の雪次郎くんが帯広に帰還。叶えた夢をきっぱりと捨て去った覚悟を、お父上に見せたエピソード。

雪次郎くんのドラマはどれも忘れられない。ブログ主にとって『なつぞら』の中で、千遥ちゃんのエピソードと甲乙つけがたいほどのものばかりです。

そんな雪次郎くんのドラマに、明日あたり、新しい素敵なドラマが付け加えられるのでしょうか。

コメントへの返信 by 朝蔵

「よつばバター」は北海道からだいぶ離れた私の地元のスーパーでも見ます(よるは去ったさん:111話)
北海道には旅行で一回行ったことがあるだけ。北海道にはあまりご縁がない我が家ですが、バターの銘柄は十年以上、よつ葉バターです。

よつ葉バターのクオリティの高さの理由が、よ〜くわかりました。牛飼いの喜びと愛情がたっぷりと詰まったバターなんですね。

支庁長大清水さんも、なかなかの人物(オペラ座の怪人さん:111話)
北海道への熱い思い。あふれるばかりの愛情。大清水支庁長の絶叫にも近い心からの叫びに胸を打たれました。

行政のお偉いさんにこんな人物がいれば、地元の酪農家の方々も安心ですね。

一久さんは、熱い人であることはわかっていましたが、理屈っぽいだけではなくて、情に厚く涙もろい人だった(よしけんさん:111話)
菊介さんの熱すぎる演説を聞いて、感極まって泣いてしまうとは意外でした。いっきゅうさんの反応。

これだけ情に厚い性格ということは、一度はなっちゃんを失ってしまったと失意のドン底でいたとき、それは深く落ち込んでいたんでしょうね。

泰樹じいちゃんと悠吉さんが農協設立の時とは違って静か。今週のもう1つのトピックは時の経過と世代交代なのかな?(tontonさん:111話)
農協設立のときは、最初は反対の立場。のちに賛成の立場に転じた泰樹さん。反対の立場のときも賛成の立場のときも、いつも中心には泰樹さんがいました。

その泰樹さんが、今や事の成り行きを見守るポジションに。tontonさんのおっしゃるとおり、世代交代がさりげなく表現されていますね。

「工場建設届? の様式がB5版」(ぱぽりんさん:111話)
またまたさすがの観察眼ですね!紙のサイズまでしっかりとチェックしているなんて。

ブログ主は、紙のサイズがAとB、二つの規格があってもそれほどの不便を感じた経験はありませんでした。

しかし、職種によっては大変なことになるんですね。

工場建設問題(騒動)の件、「…え!?…こんなにあっさりと解決させちゃうの??(ひるたまさん:111話)
実際には、工場建設まで山あり谷ありで困難の連続だったようですね。

前作『まんぷく』では、こうした困難のエピソードをこれでもかというくらい時間をかけて描いてました。

主人公に関連するエピソードと、サイドストーリーの中で語られるエピソードでは、扱われ方が異なるということなのでしょうか。

道産子サービスデー(キヨコさん:111話)
熱い(暑い)道産子たちのハートが、よつ葉乳業を作ったのかと納得の回でした。ちなみに我が家はずっと昔からバターはばつ葉バターだけです。

これは今で言うならマタハラですよね(ゆきこさん:117話)
今でこそ「マタハラ」という便利な言葉がありますが、当時はそんな言葉はもちろんのこと、妊婦を大切にする職場なども少なかったと思われます。

麻子さんが設立する会社では、そのあたりのケアもしっかりと行われていて欲しいですね。

倉田先生が入ってくるカットの背後に黄緑色の箱「ニューサファイヤ」(はままさん:110話)
なつかしいあかね荘の共同炊事場に置いてあった洗剤がリサイクルされているとは!『ひよっこ』に登場した小道具のリサイクル情報ありがとうございます!

雪次郎の披露したお菓子は共同乳業会社の作ったバターをもとに作った(みいちゃん命さん:113話)
夕見子ちゃんの、雪次郎くんの新作お菓子への絶賛ポイント。いったい、どこになるんでしょうね。

<<前回111話 | 次回113話>>

第19週 | 第20週 | 第21週 | 第22週 | 第23週
第24週 | 第25週 | 最終週/第26週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    既に複数の方達もコメントで触れておられますが…。
    ‘信さん’こと信哉くんって、当初はどういう立ち位置のキャラクターとして設定されていたのかな?…と、ふと疑問に思いました。

    朝蔵さんも以前仰っていた通り、第一話の冒頭からいきなりドラマティック&意味ありげな登場の仕方だった信哉くん…物語のキーパーソンになるのかな?と私も思っていたのですが、どうやら違っていたようで。単にヒロイン:なつを都合良く動かすための‘駒’としてのキャラクターだったのかな~??
    率直に書いてしまうと、個人的には脚本家の先生(&制作陣)による信哉くんの扱いが雑に思えてしまって残念です。彼の人生ももう少し見てみたいような気がしますので。 (これはもしかしたら夕見子ちゃんと何かあるのでは!?という期待を抱いた時期もありましたが…まぁ、職場結婚(お相手を演じているのはこれまた「朝ドラヒロインOG」三倉茉奈さんでした^^)で彼も幸せを手に出来たという事で良し、としましょうか。(^^;)

  2. みいちゃん命 より:

    誰も触れてないので書きます。「漫画えいが」をまた作りたいと、なつに伝えた一久。そして二人は牧場の真ん中で「やるぞ~、空~!」と叫んでおりました。これって、二人で作ることになる「大草原の少女ソラ」の伏線ですよね。見え見えすぎて誰も触れないのかな。

  3. 美都 より:

    信さんのお嫁さん、話だけでさらっと終わるのかと思ってたら、テレビにお天気お姉さんとしてマナカナが・・・・・・。(見ただけでは区別できないので、後でどっちか確かめたらマナの方でした)。これだけの出演かと思ったら、なつが、この人が信さんのお嫁さんだと言い、びっくり! また、歴代ヒロインの登場ですね! こうなったら、最終回までに、あと何人出て来てくれるかという楽しみ方もあるなあ。と思いました。

  4. おたかちゃん より:

    三倉茉奈さん、信さんの奥さんで登場しましたね!2回もヒロインされたのに、テレビに映るだけであっさりでしたがしっかり存在感示していました。。

  5. みいちゃん命 より:

    テレビで協同乳業会社設立のニュースを伝えていた女性アナウンサー、信さんの連れ合いはマナカナのどちらかですよね。また1人朝ドラヒロインが出演されたわけですね。

  6. さぁ~ より:

    こんにちは。

    第1回・・・アニメ化もそうですが、なっちゃんが十勝の丘で風景を描いてる時に
    学生帽をかぶった信さんが登場していました。
    咲太郎兄ちゃんとの再会・千遥ちゃんの幼い時の千葉の住所・千遥ちゃんが十勝にやってきたときの写真・・・。
    ところどころで信さんがキーパーソンと感じておりました。

    したがって私も朝蔵さんと同じく、なっちゃんの相手は信さんと予想しておりましたが
    おもいっきりハズレましたね。

  7. ぱぽりん より:

    劇中、TVに映る天気予報のコーナーで原日出子さんが登場するものと予想していたところがまさかの千遥の育ての親役。
    でも、天気予報とニュースの場面は絶対に使われるはずと考えていましたが、信哉の妻役としての三倉茉奈さん登場は予想外でした。
    牛飼いである泰樹さんとしては、ふくよかな原さんのほうがよりめんこく感じたのでは?

    バターのパッケージは製品をイメージして黄色を使ったものが多いようです。
    <たんぽぽバター>はその点、ブランド名とバターのイメージが色によって直結し解り易い、良い名前なのかなと思います。
    問題は、各社製品の黄色の中で埋没しない工夫。
    たんぽぽの葉っぱ、牧草の緑をどう使うか、でしょうか。
    近所のスーパーで売られている某社オリジナル製品は白基調のパッケージなのですが、意外とそれがさわやかで目立つ。
    パッケージデザインとロゴデザインをセットで考えると、白い箱に緑と黄色の控えめなロゴ。
    どうもそんな感じの提案がされるのかな、などと思っています。

  8. ぱぽりん より:

    外れて悔いなし予想4
    <土曜放送予定のなつの結婚式、よっちゃんは4人の子持ちになっている>

    3人目がお腹の中にいる、と言っていたよっちゃん。
    だったら子供は3人、と考えるあなた、甘い!
    その後、双子であることが判明!!
    従って、2+2=4 というわけで、4人の子持ち、と予想。

    番長には、それくらいの試練(!!!)が必要。
    で、その後もう一人産まれて、よっちゃんは最終的には5人の子持ち。
    まあ、それくらいのほうが面白いじゃありませんか。

  9. あさのあさみ より:

    信さんのお嫁さんが朝ドラヒロインとは!
    奥原三兄妹の母や千遥ちゃんの姑に気が取られて盲点でした(笑)
    信さん推しの私でしたが、今日の放送を見て、二人は兄妹なんだなあと改めて思いました。
    でも、それなら、信さんが「僕に身内がいないから、二人だけで式を挙げたんだ」と言った時に、「私達は信さんの家族なのに!」と叫んで欲しかったです。
    ともあれ、戦災孤児だった二人に、それぞれ新しい家族ができて、幸せになって良かったです。

  10. オペラ座の怪人 より:

    信さんも結婚していたか!?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    まあ、この時代はLINEもないから、
    人と人とがなかなか繋がらず、
    そのメリットもあり、
    デメリットもあり。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    おしまい

  11. よるは去った より:

    なつ「新しく『タンポポ』が咲きます。」
    どうも私的に『タンポポ』というネーミングを聞くと「バター」より「ラーメン」を先に連想してしまって(^_^;) 以前、宮本信子さんが主演したあの「映画」を録画して何度も繰り返し見たせいかな・・・・・・・・。