千遥とその娘・千夏来訪 / なつぞら 第145話

2019年9月16日(月)第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」

あらすじ

マコプロダクションに姿をあらわした見知らぬ少女は、千遥の娘・千夏でした。『大草原の少女ソラ』が大好きな千夏を、千遥はマコプロダクションの近くまで連れてきたのです。去り際の千遥になつは声をかけました。

なつの問いかけに対して千遥はこたえました。なつのことは千夏には何も話していないこと。今は神楽坂の料理屋で働いていることを。そして千遥は、神楽坂の料理屋に、お客として来て欲しいと言い残すと、なつのもとを立ち去りました。

なつは、咲太郎と光子にも千遥と再会できたことを知らせました。しかし、なつは千遥の気持ちをはかりかねていました。どうして今になって、千遥は自分に会いに来てくれたのか。なつにはそれがわかりませんでした。

同じころ、千遥は娘の千夏に自分の気持ちを告げていました。千遥は夫と別居していました。そして、離婚することを心に決めはじめていました。千遥は千夏に対して、離婚する気持ちをかためていることを打ち明けていました。

<<前回144話 | 次回146話>>

第25週 | 最終週/第26週

Sponsored Link

予習レビュー

『なつぞら』は残り2週。いよいよクライマックスに入ったところで、ふたたび千遥ちゃんが姿をあらわしました。

しかも、娘も一緒です。

娘の名前は千夏ちゃん。自分の名前の「千」と、再会をあきらめたお姉ちゃんの「なつ」を組み合わせてつけた名前であることは間違いないでしょう。

さて、千遥ちゃんは結婚に当たって家族がいることは隠していたので、もちろんのこと娘の千夏ちゃんにもそのことは打ち明けていません。

なっちゃんという姉がいること。

その姉が、千夏ちゃんが大好きな『大草原の少女ソラ』にたずさわっていることも、言ってはいません。

家族はいないことになっている千遥ちゃんですが、何か心境の変化があったのでしょうか。

家族であることは伏せて、お客として、自分が働いている料理屋に来て欲しい。千遥ちゃんはそのように言い出し、なっちゃんはもちろんその申し出を喜んで受け入れます。

なっちゃんが、千遥ちゃんが働く神楽坂の料理屋にお客として足を運ぶことで、奥原三兄妹の物語がふたたび動きはじめます。

感想

なっちゃんと千遥ちゃんに笑顔が戻る日

ついにこの日が来ました。この日とはもちろん、なっちゃんと千遥ちゃんが再会をはたす日のことです。

ところが、これまでずっと願い続けて来た千遥ちゃんとの再会を果たしたにもかかわらず、なっちゃんの顔はどうしたわけだか冴えない。

喜ぶどころか、憂いを帯びたような表情を浮かべている。

その表情の理由もすぐに判明。どうして今になって、千遥ちゃんは自分に会いにきてくれたのか。

千遥ちゃんの気持ちをそこまで察しているなっちゃんさすがです。

また、なっちゃんを無邪気に喜ばせなかった脚本家の先生の手腕もまたさすがです。

というわけで、千遥ちゃんと再会するやいなや、千遥ちゃんの切ない物語がはじまりました。

再会したにもかかわらず、笑顔がないなっちゃんと千遥ちゃんに、笑顔が戻る日はいつになるのでしょうか。

コメントへの返信 by 朝蔵

「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」も、安藤サクラさんが声だけの出演(なよさん:143話)
芸の幅が広い方だけにいろいろなお仕事をされているんですね。いろいろなお仕事をされているからこそ、芸の幅が広くなるのかもしれません。

出演者の順番、すずちゃんよりサクラさんの方が先(千秋様ファン。さん:143話)
そこは気が付きませんでした。世界進出を果たした大御所女優ですからね、安藤サクラさんは。

そう言えば、安藤サクラさんが世界進出を果たすきっかけになった映画の監督の、他の作品で広瀬すずちゃんは一躍注目を集めたことを思い出しました。

「なんだ・・・・・小さいなっちゃんじゃない・・・・・・。」(よるは去ったさん:144話)
モモッチのセリフ。たしかにウケ狙いかもしれません。なにせ千夏ちゃんはリトルなっちゃん=小さいなっちゃんですからね。

マコがいた部署がそのままマコプロダクションに「異動」(アーモンドさん:144話)
一つの部署が丸ごと東洋動画から離脱し、独立したようなものですね。麻子さんが結婚退社を宣言したときのピクニック。あの日の出来事は今日へのフラグだったようです。

青いピン留め。私が小学生のときに流行っていたもの(うらうらさん:144話)
小道具さんのこだわりもすごいですが、そのこだわりの細部に気がつくうらうらさんの観察眼もまたすごいものがあります。

そこに気がついてくれる人がいて、小道具さんも喜ばれているのではないでしょうか。

千遥ちゃんだって本当はおばさんとおじさんが居るんだよって娘に話したかったですよね(ゆきこさん:147話)
千夏ちゃんに、叔父さんと叔母さんがいることを伝える日を夢見ていたことでしょう、千遥ちゃんは。その夢が叶う日がついにやって来るんですね!

「大草原の少女ソラ」、オープニングも内容も本作内で一番の素晴らしい出来ばえ(まゆゆ結構好きさん:144話)
『大草原の少女ソラ』を一話だけでも丸ごと制作したら、『なつぞら』ファンがこぞって観るので、きっとかなりな視聴率を取れるでしょうね。

ハイジ、マルコ、未来少年コナンを足して3で割ったような作品(23号さん:144話)
脚本家の大森寿美男さんが、まさに23号さんやブログ主と同世代なので、子供の頃に心を躍らせたアニメの世界観をふんだんに取り入れてますね。

さぞかし楽しい仕事だったろうと思います。

『視聴率』って一体何なのだろう?(よるは去ったさん:144話)
おっしゃる通りですね。『ちりとてちん』なんて、傑作の一つなのに惨敗と言っても差し支えないほどの視聴率です。DVD売上でリベンジしましたが。

『ひよっこ』も出足はかなり悪い数字でしたよね。

千夏ちゃんの着ていた、お洋服(オーバー〕と、髪型は、キアリスの雰囲気(ソニミンさん:144話)
はじめまして!

千遥ちゃんが働いている神楽坂の料理屋は、どちらかといえば高級店みたいなので、千遥ちゃんの家はそれ相応に裕福なはず。

キアリスみたいな高級子供服を娘に着せていても決しておかしくないですね。

おじいさんが倒れるている予告編(落合明人さん:145話)
泰樹さんが心配です。牛舎でよろける場面の予告映像。週末、ずっとあの映像のことが心に引っかかっていました。泰樹さんが大好きなので心配でなりません。

ふゆちゃん(あさがきた)がまた出てきて嬉しい限りですが将来朝ドラの主演になりそうな子(まかろん☆さん:144話)
お久しぶりです!ふゆちゃんは、将来の朝ドラヒロイン、ほぼほぼ間違いなしですね。どんなヒロインとして登場するのか、楽しみでなりません。

天陽君は、大河ドラマで忙しい(千秋様ファン。さん:144話)
農作業と絵描きの仕事の両立で働き過ぎで倒れてしまった天陽くん。これまで以上に忙しくなりそうですね。

ムーミンの時からカルピス漫画劇場(Yuri Yamaneさん:143話)
はじめまして!ムーミンの時からだとすると、ブログ主と同世代ですね。『アルプスの少女ハイジ』は、ダイジェスト版DVDをたまに見返すほど大好きな作品です。

今週1週間は神週でした(tontonさん:144話)
おっしゃる通り神週でした。アニメーションの世界に通じている方なら、毎回、悲鳴をあげっぱなしではなかったでしょうか。

神週になったのには理由があったのですね!これほどの才能がこの一週間を支えていたとは!

<なつぞら>「大草原の少女ソラ」豪華原画陣判明 「トトロ」佐藤好春さん、「セロ弾きのゴーシュ」才田俊次さんら起用

オープニングで駆け回ってたのは優ちゃんじゃなくてソラちゃんだった(ゆきこさん:144話)
アニメーターとして成功したなっちゃんが北海道を舞台にした物語の中のソラちゃんを描くイメージ。それがオープニングのアニメーションだったみたいですね。

隠れキャラ(文月さん:144話)
隠れキャラを使っての、朝ドラ過去作品へのオマージュ。面白い見方ですね!

杏さんの弟が杏さんの代わりに出演するその役は料理屋の元店主。杏さんが演じたヒロインも料理屋で生まれたので、しっかりと『ごちそうさん』へのオマージュになっています。

アルプスの少女ハイジのエピソードを思い出しました(文月さん:144話)
文月さんが記憶されている『アルプスの少女ハイジ』の二つのシーン。ブログ主も記憶の中にわずかに残っています。だから『大草原の少女ソラ』は既視感がいっぱいです。

少し見ない間にすっかりお姉さんに(もんばびさん:144話)
子供の成長は早いですね。撮影は1年近くかかっているので、リトルなっちゃん=千夏ちゃんもそのくらいの時間が経っているかと思います。その間にここまで成長したんですね。

役柄の設定的によく引き受けたなぁと思いました(ムーミンさん:25週)
朝ドラの権威があってこそのキャスティングと言えますね。朝ドラの仕事なら、大胆なキャスティングでも断る理由はないのでしょう。

「となりのトトロ」のオープニングにそっくり(傍観者さん:144話)
たしかに『となりのトトロ』へのオマージュを感じさせるテイストでしたね。

竹内結子さんに一票(千秋様ファン。さん:144話)
『なつぞら』のはじめの頃。泰樹さんの描写で『真田丸』へのオマージュが次から次へと登場したので「淀殿と秀頼」の再現はあり得ますね。

なつの娘の役にしなかったのは、何か意図があるんですね(アーモンドさん:144話)
自分の幼い頃に似ていることで、なっちゃんに「おや?見覚えのある顔」と思わせる狙いがあったのかもしれません。

松下奈緒?風太朗(さん:147話)
『ゲゲゲの女房』は再放送中。しかも、描かれている職業も『なつぞら』のそれに近い。もっとシンクロしても良さそうですね。

「ひよっこ」のすずふり亭のキャスト(ゆきんこさん:146話)
『ひよっこ』の社員食堂の料理人がすでに雪次郎くんの師匠として登場しているので、残るは『半分、青い。』ですね。

料理上手の母といえば「ごちそうさん」(なすびさん:25週)
千遥ちゃんの(元)ご主人役に杏さんの弟さんがキャスティングされているので、杏さんが出たら姉弟の共演となりますね。

はじめて会う少女から杉山千夏ちゃんに「ひょっとして?」と感じさせる必要(よるは去ったさん:144話)
名前が「千遥」と「なつ」をくっつけた名前というだけでは「ひょっとして?」と感じるのは無理がありますからね。

ところが、小さいなっちゃん=リトルなっちゃんであれば、それだけも視聴者もなっちゃん自身も「ひょっとして?」と感じずにはいられません。

「ご入学おめでとうございます。」と女性創業者が姿を見せて(よるは去ったさん:144話)
銀座に優ちゃんを連れてお洋服を買いに行った富士子さんが、手に「大急百貨店」または「キアリス」の紙袋を抱えって帰ってくる。

それくらいはやってほしいですね。当時は、「数寄屋橋大急」の中に「キアリス」が入っていましたから。

<<前回144話 | 次回146話>>

第25週 | 最終週/第26週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるたま より:

    続きです。
    ところで、この回で坂場夫妻が兄夫妻(咲太郎&光子)を自宅に呼んで振舞ったメニューが「カレーライス」…率直に申し上げて、義姉:光子さんに対してカレーを振舞うとは…なつ&イッキュウ夫妻、結構度胸あるな~!とTVの前で驚嘆(?^^;)しました。
    もっとも、かつて光子さんが経営していた「川村屋」のメニューは“カレー(ライス)”ではなく“カリー(ライス)”…似て非なるメニューなのかもしれませんが。(;^_^A

  2. ままさん より:

    はじめまして たのしく読ませていただいています。
    千遥ちゃんの旦那さんの渡辺大さんは、杏さんの、実兄ではなかったでしょうか? 弟となっていたので、ごちそうさんの弟役の方ではないのにとおもいました。

  3. ひるたま より:

    今日も含めて今週は、「千遥ちゃん」清原果耶さんに全てを持って行かれそうです。

    「娘がソラのファンなんです。…どんなところで作っているのか、私も見たくなって…」千遥ちゃん、心の底では実姉に会いたかった筈と、このセリフで個人的には確信しました。(以前北海道の柴田家の庭先で砂良ちゃんに「お姉ちゃん?」と呼びかけた場面を思い出しました。そもそも本当に会いたくなければ、娘を連れてここまで来る事など無かった筈でしょうから)

    「千遥&千夏」=清原果耶さんと粟野咲莉さんの母娘役が全然違和感無いな~!と思いながら見ていました。まだ10代の筈の清原さんですが…メイクその他を差し引いても、娘を持つ母親を演じている事に違和感が全くありませんね。おそらく実姉:なつ以上に紆余曲折の多い人生を過ごして来たであろう千遥ちゃんをヒロインにした朝ドラを見たい!と思わずにいられませんでした。

  4. サトミ より:

    千遥役の女優さん、まだ10代だったと知り驚きました。悩み疲れている感じ、娘さんを愛している感じが数分でもヒシヒシと伝わって来ました。
    せっかく再会できたのに、なんか喜べない感じは、ひよっこのお父さんを思い出しました。

  5. みき より:

    渡辺大さんはお兄さんでは?

  6. Anne より:

    朝蔵さん、こんにちは。
    昨日の日曜美術館で高畑勲監督を取り上げられていて、私の大好きな『アルプスの少女ハイジ』の現地でのロケハンの様子など伝えていて、なつぞらを思い浮かべながら見ておりました。
    その中には宮崎駿監督や、なつぞらのなっちゃんのご主人のモデルの小田部羊一さんもいっしょに写真に写っていて何だか感慨無量になりました(^^;
    作品作りにこだわりを持って臨んでいたのだなぁと思ったので、ついこちらにも長々と失礼しました。

  7. ゆきこ より:

    朝の出勤前に泣かさないでー。゚(゚∩´﹏`∩゚)゚。千遥ちゃん…表情が冴えないと思ったらなんと離婚千遥ちゃん自身も自分が好きだだの結婚しようだののたまっといてふざけんな(怒) からの離婚という事なんでしょうか優ちゃんは写真越しでおばちゃんの事を知ってるのに千夏ちゃんはおじさんおばさんそして従姉妹の事を全く知らないのが悲しいですねこれから別れる予定の旦那は別ですが( ⌯᷄௰⌯᷅ )

  8. ぱぽりん より:

    千遥千春千夏千秋千冬千景千尋千種千佳千華千花・・・ちょっと目が眩んでしまいます。
    まだまだいっぱいいる千○さん、それなのに千夏の名を聞いて何かを感じ取ったなつ、超ウルトライントロクイズ、強いのかもしれません。

    とにかく、そんななつの早押しが千遥との再会に結びついた、よかったね。

    千遥役の清原さん、ネットでいろいろ書かれているように、素晴らしい演技ですね。
    30代のお母さんを感じました。
    清原さん、いろいろな表情も見せてくれますが、ただ他のドラマも含め、<屈託のない笑顔>が無いように思うのですが、それは苦手なのでしょうか。
    どうしても、悲しみの上、や、苦しさの先、にある笑顔を見てしまいます。

    広瀬すずさんは<ちはやふる>で、白目剝いて口開けてイビキかいて眠る<とても残念>な姿を見せてくれましたが、そういう残念感をこれまでなつぞらで見る事が無かったのが不満。
    <やっちまった>な姿もOK、そしてそれがイイ感じ、なのが広瀬さんの強みと思うのですが,どうでしょうか。

  9. たいさん より:

    マコプロダクションのロゴってタツノコプロダクションのロゴに似てませんか?

  10. よるは去った より:

    千遥「ごめんね・・・・・・お母さん、千夏にちゃんと家族作ってあげられなくて・・・・・・・・。」
    千夏「大丈夫だよ・・・・・・お母さん・・・・・・私がいるでしょ・・・・・・・・・。」
    この後で「大草原の少女ソラ」の視聴シーン。
    あの母娘はもしかしたら「新たな旅立ち」をしなくてはならないかも知れない自分たちと、「洪水」で住む家を失い「新たな住み場所」を求めて馬車に揺られている一家とを重ね合わせて視ていたのですかね。

    カスミ「♪まぶしい大地にひ~ろがる~空~」
    あの主題歌は千夏ちゃんだけでなく千遥ちゃんの胸にも「エール」のように響いたかも知れない。
    最後の場面で千遥ちゃんに甦った笑顔を見てそう思いました。

  11. まなつ より:

    竹内結子さんがヒロインだった朝ドラ「あすか」の相手役は藤木直人さんでしたね。やっぱりお母さんは竹内結子さんがいいです。

  12. まーちゃん より:

    いよいよ奥原3兄妹のお母さん登場ですね^^

    今作においてことごとく予想を外してきた(涙)私も最後のヘボ予想をしてみます^^;まず美貌という観点からは沢口靖子さんと波瑠さんが双璧と思いますが年齢諸々勘案してナシかと…次に天丼を作るというシチュエーションを考えて割烹着が似合いそうという観点から池脇千鶴さんか竹内結子さん、でもインパクトに欠けるかも…という事でインパクトという観点からはのん(能年玲奈)さんが一番なのですがやっぱり若すぎる気もする(ウーン)

    ワンシーンのみのご出演という事でどなたでもサプライズではありましょうが国仲涼子さんあたりが無難というかしっくりくる気がしますがどうでしょうか( ^ω^)・・・

  13. アーモンド より:

    千遥は、夫と別れて娘を連れて嫁ぎ先を出ようとしている。
    おしんも息子を連れて嫁ぎ先を出ようとしている。
    またまた同時進行ではないかな。

  14. 落合明人 より:

    朝見ての感想はやり前回朝ドラまんぷくの福ちゃんがソラのナリエタ―でしたね
    おじいさんが倒れるている予告編でていましたけれども多分そして私の感なんですけれどもそのあと倒れて発見されて病院に入院しているていゅうて坂場一家なつちやんの妹千夏は十勝に行って見舞うていよいよ最後週にとつにゅうするんじないのかなていゆう私なりの感です外したらすいませんです
    そうもうしとつ予告編で雲のじゅうたんの女パイロットが出演するそうですよ