泰樹が雪月のとよを訪問 / なつぞら 第152話

2019年9月24日(火)最終週/第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」

あらすじ

『大草原の少女ソラ』のある場面に心を打たれた泰樹は、久しぶりに帯広の「雪月」に足を運びました。「雪月」では、とよが泰樹を迎えました。とよは、泰樹が突然訪問してきた理由を尋ね、いつもの毒舌で泰樹を励ましました。

なつが『大草原の少女ソラ』の中で描いた夜明けの場面に、泰樹は心を動かされていました。その感動を泰樹はとよに伝えました。そして、泰樹ととよは、何度も夜明けに励まされた開拓の日々を思い出していました。

一方、マコプロダクションでは、相変わらず面々が締め切りに追われながらアニメーションの制作に励んでいました。完成は遅れ、テレビ局のプロデューサーからのクレームの電話に、麻子は詫びつつも、クレームがあったことをスタッフたちには伏せていました。

そんな中、原画を運んできた町田が雨の中で転倒。アニメーションの原画を描き直しを余儀なくされる事態が発生しました。疲労の限界に達していた面々は夜を徹して原画を描き直し、窮地を乗り切るのでした。

<<前回151話 | 次回153話>>

最終週/第26週

Sponsored Link

予習レビュー

富士子さん情報によれば、泰樹さんの元気がないということでしたが、その元気がない泰樹さんが元気を取り戻すエピソードが今回のテーマの一つになるようです。

身体が衰え、かつてのように仕事ができなくなってしまった泰樹さん。自分の寿命を感じていたのでしょうか。

しかし、泰樹さんは『大草原の少女ソラ』のある場面に心を動かされます。

それは朝日が昇る場面。おそらくなっちゃんがアニメーターを志すきっかけとなった朝日がアニメーションの中で再現されるものと思われます。

その場面を見て泰樹さんが若い頃を思い出すようです。

泰樹さんの若い頃。何度も開墾が挫折しかかることがありました。これ以上はもう無理だろう。あきらめかけることが泰樹さんにも何度もあったようです。

そんな泰樹さんの気持ちを奮い立たせてくれたのが朝日でした。

泰樹さんは、朝日に励まされて、もう少しだけやってみようかと、何度も思い直すことがあったのだとか。

その頃のことを、泰樹さんは『大草原の少女ソラ』を観て思い出し、その泰樹さんの気持ちを察したとよさんが、泰樹さんを励ます。

そして、「もう少しだけやってみようか」という若い頃の気持ちを思い出した泰樹さんは、もう一度、前を見る。

そんな泰樹さんの気持ちの変化が、今回の中で描かれる見通しです。

最終回に向けて泰樹さんが元気を失いつつあることが心配でした。でも、元気を取り戻した泰樹さんとともに、最終回を迎えることができそうです。

感想

「私に会いたいということはお迎えがきたということ」

とよさんの泰樹さんに対する毒舌が久しぶりに炸裂しました(笑)しかも、その毒舌のブラックなテイストがハンパない。

「私に会いたいということはお迎えが来たということ」

このとよさんの毒舌で見えてきました。泰樹さんが元気を失っていた理由を。身体の衰えによって「お迎えが来た」と感じ始めていたのかもしれません。

もう自分はダメだ、と。

でも、なっちゃんが描いた夜明けの場面に、泰樹さんは救いを見出したのでしょう。

開拓時代、これ以上の開拓は無理だと思う度に、夜明けの朝日によって励まされ、失意の中から再び立ち上がった日々を。

その泰樹さんの不安に、とよさんは真っ正面から斬り込みました。さすがとよさん。泰樹さんのことをよくわかっている。

その上で、夜明けの場面に救いを求めている泰樹さんの気持ちを察し、夜明けの朝日が自分たちの救いであり続けたことを、泰樹さんに告げました。

泰樹さん、これでもう一度元気を取り戻してくれるのでしょうか。

最終回まであとわずか。最後までに、もう一度、泰樹さんの凛々しい表情を見ることができますように。

コメントへの返信 by 朝蔵

あの時の約束を見事果たしたよ(よるは去ったさん:151話)
今みたいに、遠方の大切な人に手軽に自分の気持ちを伝えることができない時代。なっちゃんの気持ちはアニメーションを通じて、十分に伝わったのではないでしょうか。

そこがなつぞらとの違いですね(アーモンドさん:151話)
『なつぞら』と『大草原の少女ソラ』。人物設定は微妙にズレてますが、どの人物が誰に該当するのか、とってもわかりやすいですね。

離婚して苗字がどうなるのか気になっていた(丹善人さん:151話)
はじめまして!コメントありがとうございます!

よくそこに気がつかれましたね。ブログ主は注意力が散漫なので、いつもこういった点を見逃してしまいます。

太陽が昇るにつれて木々の根もとから影が伸びていく場面(糟谷英勝さん:151話)
ご指摘のとおり、正午に近づくにつれ影は短くなってゆくものですからね。それにしても、よくそのような細かいところに気がつきましたね。ブログ主はまったく気がつきませんでした。

従来の朝ドラなら富士子さんがヒロインだったかも(まゆゆ結構好きさん:151話)
『大草原の少女ソラ』のお父さんは泰樹さんがモデル。一方のソラちゃんは、泰樹さんの娘=富士子さん?なんてことを考えてしまいました。上に引用させていただいたコメントを拝読したときに。

菊池桃子さんは、初芝居ながらいい演技ができる(tontonさん:151話)
半年ほど前のこと。菊池桃子さんのインタビュー記事で、初めて挑戦する大役への意気込みが語られていました。その大役は秘密ということでしたが、あれはきっと朝ドラなのだと思います。

来年前半のエールは土曜日は番組がありません(落合明人さん:152話)
働き方改革によって、朝ドラも週休二日制になるみたいですね。

夜は私一人しか動画チェックいないっていうのに、影まで直せっていうの!?(ぱぽりんさん:151話)
なるほど!本日のアニメの影の描写に問題があるみたいですが、麻子さんが修正を拒んだので、ちょっと残念な影になってしまったんですね(笑)

麻子さんならアルアルです。

いよいよ秋の朝ドラが始まりますね!(にゃんこさん:第1週)
『スカーレット』の特番をご覧になりましたか?子役ちゃんが昭和から抜け出してきたのか?といったテイストの実に可愛らしい子で、楽しみでなりません。

あの場面で東京に行くのは富士子さんでも泰樹さんでもなく、剛男さんでなくてはならなかった(ひるたまさん:150話)
なっちゃんの数奇な運命のきっかけとなったのが剛男さんの決断ですからね。奥原くんとの約束を果たそうという決断。そして、その決断から生まれた物語がようやく回収されました。

(誤)「柴田くん」⇒ (正)「奥原くん」(ひるたまさん:150話)
訂正しました。

今となっては懐かしい場面(ひるたまさん:150話)
咲太郎くんが暴走しまくって残念な姿を披露しまくっていた頃。きっといつか、こんな姿が懐かしい思い出になるんだろうなと思ってみてました。

その通りになってしまいましたね。

奥原3兄妹を、労働量、労働時間で比べてみたら、(ドラマの時間軸で)子供の時から今に至るまで、なつが一番多いのではないか(ぱぽりんさん:151話)
ある時期までは、咲太郎くんとなっちゃんの労働時間は同じくらい。でも、咲太郎くんは社長になったことで労働時間は激減したはず。

実際に、多忙を極めるなっちゃんの代わりに熱を出した優ちゃんの看病をしていたほどのゆとりがありましたからね。

<<前回151話 | 次回153話>>

最終週/第26週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tonton より:

    線動画だけを見てアフレコを行うという非常に難しい作業を声優さん達はやっていたのですね。
    こういう内情が見れるので東京アニメパートのアフレコシーンは好きでした。
    あとレミ子さんの声は野沢雅子さんをソフトにした感じに聞こえて仕方ないです。
    参考にしているのかもしれませんね。

  2. はまま より:

    徹夜明けで帰宅した なつ がポストから抜き取った「朝一新聞」。
    17日(火曜日)の新聞だったので、ドラマの流れから言って、
    昭和50年6月17日だと思われます。
    1面の見出しに「取り壊し(以下判読不能)」とあったので、
    何のこと?と思い調べてみましたが、今のところわかっていません。
    前日16日には佐藤元首相の国民葬があって三木首相が殴打される、
    という事件もありましたから、それらを差し置いていったい何を
    取り壊すのが1面になりうるのか?
    朝ドラとしては明るいニュースではなかったので差し替えた?
    それなら17日でなくても取り壊し記事でなくても良かったのでは?
    何かスタッフのメッセージが込められている?
    う~ん、疑問。でも楽しい。

  3. ひるたま より:

    今日の原画バラまき(?)事件を見ながらふと…『半分、青い。』での原稿バラまき未遂事件(ヒロイン:鈴愛ちゃんが秋風先生の原稿を取り上げ、窓からバラまこうとしたエピソードがあったように記憶しています)を思い出しました。
    そして今日の、町田くんによる(彼の場合は決して悪気は無かったのですが)一連の“事件”…いずれも、作家サイドからしてみれば激怒しても仕方が無い案件ですね。

    率直に申し上げると…この原画が全部ダメになってしまう、というエピソードがそもそも劇中(作劇上)で必要だったのだろうか??と見ながら首を捻らずにはいられなかった、というのが正直な気持ちです。(あくまでも私だけかもしれませんが)
    他の方のコメントでも触れられていましたが、せめて原画はビニール等の通い袋等に入れて持ち運びするのがむしろ自然なのでは?と思わずにいられませんでした。袋に入れていたものの、躓いた弾みで袋を投げ飛ばしてしまった⇒その弾みで袋の中からうっかり原画が“飛び出して”しまった…という流れだったならばまだ分かるのですが。あの激しい雨にも関わらずむき出しで持ち運びとは…素人目で見ても些か酷過ぎます。これまた率直に申し上げて脚本&演出が雑! と言われても仕方がないのでは?と思わずにいられません。

    「私だって限界よ…無理よ…どうやってそんな時間作れっていうの!?」これまた率直に申し上げて…個人的には茜さんの言う事の方がむしろ真っ当だな~と感じてしまったのは私だけでしょうか?…茜さんは何も悪くない筈。

    後半の原画バラまき事件が悪い意味で強烈過ぎて…前半の泰樹さん&とよさんの折角の共演場面が吹き飛んでしまったのが正直な気持ちです。(ネガティブなコメントばかりで本当に申し訳ありません…)

  4. 今更ですけど より:

    初投稿です。いつも楽しみに拝読しています。
    最終回が近づいて初めて気がついたのですが、
    毎回1秒か2秒程度の空のカットが挿入されるんですね。
    下弦の月月で気がつきました。
    素人でも買えるカメラで撮る写真の解像度は今や4kを軽く上回るものです。
    ですが、NHKが本気ですごく高い機材で撮ったであろうその短いカットはTV用に圧縮されてはいても
    解像度は兎も角、絵としてはやっぱり迫力がありますね。
    夜明けの空だったり、雲の写真だったり。気がついてからの写真は月も含めてお空の写真ばかり。
    今更だけど、その短いカットで素人ビギナーカメラマンは唸りながら楽しみにしています。

  5. ゆきこ より:

    茜さんがキレた!!だがしかし…これは人間極限状態でやられたら誰だってキレるやつです(´;ω;`)転んじゃった人も気の毒なんですが…ビニールカバーが無いが故に起こった悲劇ですね(°д°)←うん誰だってこんな顔したくなりますよやっちゃった人も目撃者も(泣)泣きたくなっても仕方ないですねうん茜さんは悪くないですよお疲れ様ですね( ;꒳​; )そしてなっちゃんは9つの頃からの牛の搾乳で早起きも慣れちゃったけどアニメーターになってから徹夜という負のスキルを身につけて母になってまたさらに鍛えられてしまいましたが富士子母ちゃん達が心配するのも無理無いですね

  6. ふみりん より:

    朝蔵さんへ

    私も、丹義人さんと同じに千遥さんの名前が奥原千遥になっているのを、あれ〜?と思いました。
    戦争孤児として届けを出して、光山の戸籍に養女として迎えたはずです。
    第14週の千遥さんから、なつと咲太郎兄さんに宛てた手紙に書いてあります。
    (なつは、読んでいました。)
    ですから、光山千遥だと思いました。
    で、NHKに電話で聞いて見ました。
    「確かに光山の家に養女として迎え入れたけど、奥原家にも籍が残ったままであると言う設定だそうです。」
    聞きながら、なんだか良く分からないなぁと思い、その旨も伝えました。
    一応 そんなところだそうです。

  7. One way arow より:

    主役(なつ)の子役が、ドラマの終盤になって主役の甥や姪(千夏)役として再登場という手法は、朝ドラや大河で定着しましたね。今回の場合、優より千夏の方が背が高いで千夏のの方が年上だと推定できるし違和感もなく、上手くいっていまね。子役というと天陽くんは少し年上っぽい同級生という感じでした。子役って身長や歯の抜け具合などが気になるので難しいだうなと思います。今回の場合、夕子の妹がいつまで経っても子どもっぽいのが気になりました。メイキャップや髪型、服装などで雰囲気づくりをするのですが、俳優の実年齢前と実年齢後とのギャップを見るのも楽しみの一つです。富士子役の松嶋さんと泰樹役の草刈りさんの変貌ぶりに注目してきました。残りわずかですね。寂しいな。

  8. としぼう より:

    初めてコメントさせていただきます。
    なつぞら開始早々、こちらのブログを見つけまして、それ以来ドラマ共々毎日拝見して楽しませていただいております。ありがとございます。いよいよドラマも今週で終わりで寂しいですね。
    ところで、「大草原の少女ソラ」の中で朝日が昇るときの影の描写についてですがアニメーション監修の館野さんのツイッターの説明によると山に囲まれた地域では山間の奥から太陽が昇るので太陽が見える瞬間、日差しが麓まで差し込んで影が伸びる現象が起きるそうで、過去のアニメでも使われている表現だそうです。
    その他ドラマでは描かれない「大草原の少女ソラ」の細かなストーリ設定なともコメントされており、より深くドラマが楽しめます。

  9. 1013 より:

    アニメの中でお父さんの帽子はどこまで飛んだのでしょうかね。
    朝ドラで帽子が風に乗って飛ぶ印象的なシーンはこれで3度目です(天陽くんの最期のシーンと「花子とアン」のオープニング)が、過去2回は夢を叶えた人のもとに落ちてきたものでちょっと気になりました。

  10. ぱぽりん より:

    なつと信哉が再開した時、風にあおられたなつの麦藁帽。
    天陽が死ぬ間際、空に投げ上げた麦藁帽。
    そして大草原の少女ソラで、レイが決意を語った時、風に飛ばされたダイトの帽子。
    もしかして、最終回では、泰樹の帽子が飛ぶのだろうか?

    と、どうでもいいけれど、気になるメロン。
    TVを見ている柴田家の食卓に並んだメロン、あのオレンジがかった実の色は、間違いなく <夕張メロン> ですよね
    唐突な夕張メロンの登場、その意図は??

  11. にゃんこ より:

    で、こっちはなつぞらの感想で。
    町田くん、大事な原画なんだからせめて通い袋を作って、そこに入れて欲しかった・・・
    あんなふうにむき出しで持っていたら、転んでいなくても原画がダメになっちゃうよ~と画面の前で突っ込んでしまいました。

  12. にゃんこ より:

    「スカーレット」の話ですが、朝蔵さんのコメントの返信なのでここでm(_ _)m
    特番見ました♪小学生の娘が、ヒロインの子役がNHKEテレの朝の子ども番組「みぃつけた」の先代のスイちゃんだと騒いでおりました。娘にもなじみのキャストが出てくれるので、来週からも親子で楽しめそうです。

  13. よるは去った より:

    麻子「作品の質は絶対にこっちで守るわよ・・・・。」
    以前に漫画家の柴門ふみ先生が民放の某バラエティートーク番組で「私も主人も『締め切り』を守るの好きなんです。」と言ってましたが、それから何ヶ月か後にご主人の弘兼憲史先生がNHKラジオのトーク番組で「自分にとって『不本意』』な出来の作品が本屋に陳列されるのを見ることほど辛いことはありませんね。」と言ってました。
    「納期」を優先するか、「質」を優先するか モノを描いたり作ったりする人は常にそのへんとの戦いなんでしょうね。

  14. オペラ座の怪人 より:

    昨日、友達に指摘されて、
    初めて気がついたのですが、
    広瀬すずちゃんは健康的な美人なので、
    北海道でのシーンはとっても似合っていて、

    でも、東京に来てから、
    あやみさんのお下がりの「派手な」服を
    とっかえひっかえ着て、

    北海道時代の健康的な美しさが、
    失われてしまった、と。

    う~ん、納得。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  15. アーモンド より:

    町田は、先輩に似たのかいっきゅうさんと同じようなドジ。
    でも全社挙げて乗り越えるんですね。
    皆さん徹夜不眠不休だが、気力で乗り越えたんですね。疲労蓄積でも、体調崩した者は無かったんですね。

  16. おたかちゃん より:

    終盤にきて、「神っち・桃っち」が接近してる様子ですが、このふたりアラフォーですよね?それであの感じは違和感が。桃っちは早くから結婚願望全開で、彼氏もいたはずなのに、なぜにまだ独身?

  17. サトミ より:

    あさイチで紹介されていた、草刈正雄さんと高畑淳子さんのシーンが今日でした。確かに、とよさん、パック効果もありキレイすぎました(笑) でも肌の質感はともかく、泰樹さんも、とよさんもすっかりお年寄りになられて・・・。素晴らしい演技を目の当たりにできて、朝から幸せです。

  18. のらくろ より:

    東洋動画がテレビアニメに進出する頃から不思議に思って注視していたのですが、アニメ制作現場にも関わらず必需品のカット袋とタイムシートが小道具で出て来なかった・・・。
    特に「マコプロ」シーンでは、原画、動画はほぼ外注なのに、制作進行の二人は何故かカット袋ではないコクヨのフラットファイルに原画、動画を挟んで下請けから持ち運びしている???
    今日のアクシデントシーンの放送で初めてカット袋が出てきてモヤモヤが解消しました。あの時代は、スケジュールが殺人的で(笑えない話ですが、猛繁期のMプロでは5名程、動画家が過労死及び不審死してます・・・合掌)
    実際に疲労困憊した制作進行が電車やバス、タクシーに回収したカット袋を忘れ、納品が間に合わず以前の再放送で番組の穴埋めをした例も多々あった様です。

  19. オペラ座の怪人 より:

    みんなが許してくれたから、
    あんまりクドクド言わないけど、
    と言いつつ、言っちゃうけど、

    大雨の中、急いでいる時こそ、
    慎重に、荷物を運ばなきゃ、いけないよ。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    北海道、草刈さんと高畑さんの、
    男女の友情、減らず口、
    グッときました。
    Xデーが来ませんように。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    おしまい

  20. 璃織 より:

    みいちゃん命さんの仰有るように、朝蔵様には本当に感謝しております。毎日届く、多くのコメントに丁寧にお返事を下さり、私はそれが嬉しくて連日コメントするようになりまして……(^_^;)。また、皆さんのコメントや情報に色々な感想があったりで、自分のこだわりや、つまらない事、脱線した事もコメントしたくなってしまって困っています。すみません……  ★エールで唐沢寿明さんと菊池桃子さんが夫婦役とは……今期、他局ドラマのボイスでも夫婦役。唐沢さんは妻(菊池さん)の惨殺された姿に涙する捜査官役……というドラマの最終回を見たばかりだったので、何だかホッコリ!★渡辺大さんが「浮気してしまう役」でしたが、今期、他局で杏さんが主演したドラマが「偽装不倫」。まぁ、杏さんは不倫する役ではなく「独身なのに結婚してると嘘をついてしまう」役だったんですが、仲間由紀恵さん扮する姉役が、逆に「結婚してるのに独身と嘘ついて不倫している」役。仲間さん、花子とアンに続き、不倫する役でした。色々ありましたから何だか気の毒なような…本当に制作側は容赦なくシビアですね★松嶋菜々子さんが「おばあちゃん」というのにショックを受けられたという話。私は、杏さんがごちそうさんで最終的におばあちゃんになったのがびっくりでした。その後、あさが来た、べっぴんさん、わろてんかと、ヒロインがおばあちゃんになりましたが、もう慣れました。別の意味でびっくりだったのは、とと姉ちゃんで太地真央さんが、高畑充希さんの本当のおばあちゃんであってもおかしくない実年齢だったことです……。なんだか、朝ドラマ作品がまた一つ終わりに近づき、感慨深く過去作品を思い出したりしてしまいます。脱線話ですみません。

  21. 落合明人 より:

    朝見ての感想富士子さんが千夏お見てなんだかなつちゃんのこともの時と似ているて言ってましたけれども
    それは千夏は役者は子なつでしたからね
    そういえば来年前半のエールわ土曜日は番組がありませんよ