大草原の少女ソラが終了 / なつぞら 第153話

2019年9月25日(水)最終週/第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」

あらすじ

『大草原の少女ソラ』が、大きな成功を収めて放送を終了しました。最終回の放送の終了後、マコプロダクションでは、打ち上げのパーティーが開催。そのパーティーには『大草原の少女ソラ』のスポンサー、ミルコスの社長・松武も参加しました。

そのパーティーの会場で、松武は麻子に対して次回作の依頼をしました。麻子は新作の依頼を快く引き受け、ふたたび家族に喜ばれる作品をつくることを宣言。松武は、なつや坂場の仕事をたたえました。

一方、マコプロダクションのスタッフたちは『大草原の少女ソラ』の制作に関わった日々を懐かしく思い出していました。そして、新作に取り組む決意や、将来の仕事への抱負を口々に語りました。

その次の日。咲太郎に呼び出されたなつは千遥の店に足を運び、そこで思いがけない人物と再会しました。亜矢美が戻ってきたのです。時は流れ夏休みになりました。なつと坂場は、優、千遥、千夏を連れて、北海道の十勝を訪れるのでした。

<<前回152話 | 次回154話>>

最終週/第26週

Sponsored Link

予習レビュー

今回は、サプライズ出演があるかもしれません。

サプライズ出演となるのは、『大草原の少女ソラ』の打ち上げパーティーにやってきたミルコスの社長・松武博を演じる役者さんです。

ミルコスは北海道の企業という設定です。そして、ミルコスの社長・松武博も北海道出身で北海道の開拓者たちを心から尊敬する人物。

北海道をこよなく愛する人物を演じるのにふさわしい役者さんといえば、北海道出身のTEAM NACSのメンバーのうち、まだ『なつぞら』に登場していないあの人しかいません。

あの人とはもちろん、大泉洋さんです。

ちなみに、この日の放送の出演者一覧に大泉洋さんの名前はありません。

名前はありませんが、出演者一覧の末尾に気になる一言が・・・気になる一言とは「その他」。

この「その他」が大泉洋さんかと思われます。

サプライズ出演なので、まだ名前を伏せてあるのでしょう。

TEAM NACSのメンバーが全員揃うかどうか。今回のキャスティングに注目が集まりそうです。

感想

人生の二番出汁ファミリー

人生の二番出汁とは味わい深い言葉ですね。この言葉を最終週に入れたくて、千遥ちゃんを料理人に設定したのかなとすら思ってしまいました。

さて、その人生の二番出汁ファミリーである亜矢美さんと咲太郎くん。そこになっちゃんと千遥ちゃんが加わりました。

奥原三兄妹がドラマの中で顔を揃えるのはもしかしるつとこれが最後かもしれませんね。

明日からは、なっちゃんにとっての人生の二番出汁ファミリーの出番です。

『なつぞら』は残り3回。

この物語がはじまった十勝で最終回を迎えることができるのがとっても嬉しいです。

オープニング映像はアニメーション

『なつぞら』第一回。十勝の丘の上でスケッチするなっちゃんを信哉くんが訪ねてきた場面を思い出さずにはいられないような、ソラとレイの再会。

そして、それに続く『なつぞら』のオープニング映像。

アニメーションだけで構成されたオープニング。新鮮でした。

コメントへの返信 by 朝蔵

朝ドラマ作品がまた一つ終わりに近づき、感慨深く過去作品を思い出したりしてしまいます(璃織さん:152話)
半年も続く朝ドラが最終回に近づくと、おっしゃる通りいろんなことを考えてしまいますね。その作品のこれまでのことや、他の作品のクライマックスなどなど。

その一方で、新作への期待もふくらみ、毎度毎度、朝ドラの最終週はなんとも複雑な気持ちになります。

大雨の中、急いでいる時こそ、慎重に(オペラ座の怪人さん:152話)
町田くんが初めて画面の中に登場したとき。見るからに頼りなげな雰囲気を見て、なんかやらかすな〜と思っていたら、案の定でした。

レイの涙(夜)から新しい扉を開けてそれぞれの希望へと進むことを決める場面(朝)に一気に進む(まなつさん:151話)
夜明けの希望を強調するには、夜から朝に一気に進む演出が効果的ですからね。まなつさんのご高察に得心しました。

猛繁期のMプロでは5名程、動画家が過労死及び不審死(のらくろさん:152話)
そんなに大変な状況だったんですか!?それに比べたらマコプロダクションはまだまだゆるい方なのかもしれませんね。そこまで切羽詰まった空気はないので。

泰樹さんも、とよさんもすっかりお年寄りになられて・・・(サトミさん:152話)
とりわけ泰樹さんの老っぷりはみごとという他ないですね。相変わらず達者なとよさんとの対比に驚かされました。

泰樹さんが指揮をとることになっていますね(ミキティーさん:155話)
初コメントありがとうございます!

危急の際にはどうしても経験豊富な泰樹さんでなければ乗り切れない。オートメーションまかせの照男くんは、泰樹さんに圧倒される。

しかし、そのことで落ち込む照男くんを、泰樹さんはよくやったと認める。それでようやく照男くんも自分に自信を持てるようになる。

そんな展開になるみたいです。

「神っち・桃っち」が接近(おたかちゃんさん:152話)
カミッチはこれまで、同僚の女の子との距離を縮めることに成功したように見えて、あと一歩のところで捕まえそこねてました。今度こそ空振りで終わりませんように(笑)

皆さん徹夜不眠不休だが、気力で乗り越えたんですね(アーモンドさん:152話)
茜ちゃんだけはかなり疲れ切っていた様子でしたね。あんなに真剣に怒る茜ちゃんの姿、これが初めてではないでしょうか。びっくりしました。茜ちゃん、こんなに怒るんだって。

なつは周囲の助けを素直に受けるのはいいとして、際限がないのです(ゆきんこさん:151話)
リトルなっちゃんが、東京のお兄ちゃんに手紙を出すときに、富士子さんに切手代を貸してほしいと頼む場面。なっちゃんの「遠慮」でブログ主に記憶があるのは、あの場面だけです。他が思い出せません。

広瀬すずちゃんは健康的な美人(オペラ座の怪人さん:152話)
映画『チア☆ダン』の中での広瀬すずちゃんも健康的な美人でした。この映画の中での見るからに「健康的な美人」の姿。東京編ではたしかに感じられなかった気がしないでもないです。

「納期」を優先するか、「質」を優先するか(よるは去ったさん:152話)
故・黒澤明監督は、徹底した「質」の優先。「納期」は伸びまくっていたみたいですね。

NHKEテレの朝の子ども番組「みぃつけた」の先代のスイちゃん(にゃんこさん:152話)
あの、一度見たら忘れられないインパクトの強い子役ちゃん。過去にそんな仕事をしていたんですか!?どうりで芸達者なはずです。

あんなふうにむき出しで持っていたら(にゃんこさん:話)
見るからにどこか抜けてそうな町田くんのこと。いつかどこかでポカをやるなと思っていたら(期待していたら)やっぱりやらかしてくれました(笑)

アニメからのオープニング(ヴィヴィアン99さん:144話)
『なつぞら』と『大草原の少女ソラ』が一つになった瞬間。あの感動は言葉で言い表わせません。忘れられません。

なつを核としたなつを取り巻く人々のドラマ(文月さん:151話)
『なつぞら』に限らず、朝ドラは主人公ひとりだけのドラマというよりは、群像劇。主人公を取り巻くキャラたちの群像劇の面白さが、ブログ主が朝ドラを好むポイントです。

最終回では、泰樹の帽子が飛ぶのだろうか?(ぱぽりんさん:152話)
帽子が風で飛ばされる詩のように美しい場面を見るたびにブログ主は思い出していたことがあります。

それは大阪局制作の朝ドラの、家族の記念撮影をするカメラマンを演じるハルカ師匠の髪芸です。

「花子とアン」のオープニング(1013さん:152話)
『花子とアン』のオープニングでは、帽子がずっと飛び続けるアニメーションが実写の景色を背景にして描かれたものでしたね。あのオープニング映像と明るい主題歌。大好きでした。

山に囲まれた地域では山間の奥から太陽が昇るので太陽が見える瞬間、日差しが麓まで差し込んで影が伸びる現象が起きる(としぼうさん:152話)
初コメントありがとうございます!そして、たいへん貴重な情報を教えてくださりありがとうございます。

山に囲まれた地域特有の現象。ほとんどの人が知らないような現象をしっかりと再現されていたんですか!?すごい凝りようですね。真剣に驚きました。

主役の甥や姪(千夏)役として再登場(One way arowさん:152話)
子役ちゃんの物語終盤の復活で忘れられないのは『ちりとてちん』のヒロインの、妄想の中での自分の娘です。あれは楽しかった。

NHKに電話で聞いて見ました(ふみりんさん:152話)
電話で確認したんですか!?すごい行動力ですね!そして、電話で確認したレアな情報を教えてくださり、ありがとうございます!

茜さんがキレた!!(ゆきこさん:152話)
いつも温厚で笑顔を絶やさないあの茜ちゃんがキレたのにはブログ主も真剣に驚きました。よっぽど追い詰められていたんですね。

その短いカットで素人ビギナーカメラマンは唸りながら楽しみにしています(今更ですけどさん:152話)
初コメントありがとうございます!

空のカットは気がついてはいましたが、その映像のクオリティの高さにまでは思いが及んでいませんでした。

空のカットにひそかにこだわっておられた作り手の方たち。そのこだわりをしっかりと受け止めている視聴者がいることを知ったら、感激するのではないでしょうか。

『半分、青い。』での原稿バラまき未遂事件(ひるたまさん:152話)
『半分、青い。』に、そんな場面がありましたね。また、秋風先生が描いた絵を、酔っ払った秋風先生が電子レンジに入れたまま忘れて騒ぎになる、なんていう場面も思い出しました。

半分青いの鈴愛と律みたいに、男女の愛を越えて、口に出さなくても、何でも分かり合えてしまうソウルメイト(璃織さん:153話)
泰樹さんととよさんの関係。まさしく、二人が結ばれるまでの鈴愛ちゃんと律くんみたいな関係ですね。

鈴愛ちゃんと律くんのすれ違いの物語は切なすぎましたが、泰樹さんととよさんの憎まれ口を叩き合う関係は、観ていて飽きることがありません。

<<前回152話 | 次回154話>>

最終週/第26週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まなつ より:

    大泉洋さん、ガンガン北海道弁のイントネーションで盛りまくってアドリブ入れてるな、と私は思いました。ノベライズ本や台本は知りませんが、なっちゃんにかける言葉は沢山盛ってたと思います。「やっと出番来たよー」「いやー、まれの時以来だわー」みたいなのが台詞外に隠ってるように私は感じました(^ω^)。

  2. おたかちゃん より:

    いよいよ登場の大泉さん!アドリブをぶち込むかと思いましたが、いたって真面目でしたね(長ゼリフだったから?)。でもインスタの動画では「大泉節」全開で笑わせてもらいました。あと、ももっちの最後の見せ場、キレッキレのダンスにペアを組んだかみっち、大変でしたね。

  3. りぃ☆ より:

    ずっと、朝蔵さんのサイトを堪能しています。
    さり気ない気配りたっぷりの紹介が優しくて
    朝蔵さんのお人柄がわかります。
    初めてコメントします。
    子供がアニメーション系の仕事をしております。
    その子が153話のマコプロの打ち上げパーティーシーンを見て、
    ああ、アニメ系の人達って踊るんだよね!こうやって🎶
    と言っていました。
    ちょっとした事までリサーチして作られたドラマなんだなと感激しました。

  4. ぱぽりん より:

    まだ間に合うぞ(?)なつぞら企画

    1 期間限定、「某乳酸菌飲料ミルコスパッケージ」
    オリジナルの味は時間的に無理でしょうから、包装と箱などをミルコス仕様に。
    もれなく大草原の少女ソラのセル画と背景画(共に複製)付。
    ただし、100箱に1つくらいハズレがあって、ハズレのセル画は魔界の番長。
    それではちょっと可愛そうなので、ハズレはクエン酸のミニ容器付とし、それを垂らしてミルコスを作れば<魔界の酸っぱさ>が味わえる。

    2 「千遥のおせち」
    高齢者向きに、豪華さを売りにするのではなくお惣菜ベースで、食べやすさと体にやさしい味付け

    3 「大草原の少女ソラ ラジオドラマ仕立てCD」
    さすがにこれだけのためにアニメを作ったら赤字ですからね。
    ドラマ中のアニメを使ってのCDサイズ絵本付

    どれか実現しないでしょうかね。
    最初「千遥の天丼」が食べたいなと思ったのですが、それだとNHKの食堂限定となりそうなのでボツ。

    影が伸びる件について先の書き込み、ちょっと訂正及び追加。
    としぼうさんのコメントが興味深く勢いで書いたのですが、

    帽子が作る翳はやはり翳というべきか悩んでいます。
    先の書き込みをするまでは、周囲の水滴の乱反射による光の中で、帽子の翳の中では乱反射が無いのでその光量の差を見ているように考えていましたが、やはりそうなのではないかなと。

    伸びる前の短い影は、水滴層上部による屈折と乱反射の光によるもので、見かけ上太陽の高度が少し高い位置にある場合のもの。
    それが水滴の水蒸気への変化によって下降し太陽からの直接光へ遷移してゆくので影が伸びる。
    地形によって直接的に生じるのではなく、地形が作る環境によって生じる現象、というのが自分の想像です。

  5. じゅんちゃん より:

    最終話の収録、 台本のタイトルに 優しいあの子 と書かれていましたね。なんだか暖かい気持ちになりました。

  6. tonton より:

    今日は東京アニメ編最後の日でしたが、第一回同様にオープニングはアニメから始まりました。
    気になるのは最終回のエンディングをどうやって終わらせるか、と
    マコさんがいっきゅうさんに伝える次回作のタイトルですね。三千里をどういう風に改変するか?
    興味しんしんです。
    とにかくアニメ編が上手く着地に成功して良かったです。

    残り3話なのが悲しいですが、しかしあと3話あります。そして久々にスピンオフもあります。
    梅ちゃん先生はスピンオフが事実上の最終回でした。
    スピンオフで注目してるのが白い巨塔の高飛車な東夫人から、今作の とよばあちゃんまで
    芸域が広い高畑淳子さんがどうやってアフレコにトライするのか見物です。

  7. さや より:

    大泉洋さんが出演することはネットニュースで事前に知っていましたが、スポンサー会社の社長とは! 森崎リーダーと同じくらいのインパクトでした!

  8. アーモンド より:

    大泉洋、大清水洋役にしなかったのかな?
    その方が語呂よかったのに。

  9. ぱぽりん より:

    としぼうさん、はじめまして。
    コメント、興味深く読ませてもらいました。

    アニメ監修そしてアニメーターさん達、朝日を受けて影が伸びるシーンを意図して描いた、とするのなら、面白いところを観察しているんだなと、感心しました。

    そこで、ちょっと無粋な考察。
    空に飛んだ帽子が翳を作っていますが、本来翳は見えない。
    実際は水蒸気量が多く霧よりも細かな水滴が沢山あってそこに帽子の影が映っている、それを見ているわけですよね。
    地表近くがそういう気象条件、微細な水滴の層の広がりがあるとします。
    多分上下方向はせいぜい10mとか20m程度の厚さで、星を見るのに支障はない。
    けれども水平方向には数百mから数kmの厚みとなるので影のできる強い日の光をさえぎることになります。
    さて、そこに朝日が差し込むとどうなるか。
    水滴層の上部から下方へ向かって、水滴が水蒸気に変わり透き通る。
    見かけ上、太陽が上から下に移動するのと似たようなような状況となる。
    すると、一瞬ですが、短い影が長く伸びるように見える、ということなのだと思います。

    アニメで描かれたような環境では、朝日が当たった時の状況は本当に一瞬で変わってゆきます。
    なるほどなー、と思うばかりです。

    アニメーターさん達の観察力に感心するばかりではちょっと癪なので、ひとつ。
    内惑星である金星、丸く見えることはありません。

  10. リキちゃんママ より:

    やっと大泉洋さんが登場しましたね。お顔が映った瞬間「やっと出た~」って思わず言っちゃいました。なつぞらのサイトのインスタに書いてありましたが、大泉洋さんが出演されている「水曜どうでしょう」にかけてなつぞら水曜日に放送したのかなぁと思いました。

  11. アーモンド より:

    パーティーには兄夫妻も駆けつけてくれましたね。
    千遥親子も来てくれればよかったが、次の日千遥の店でサプライズ!亜矢美と再会!
    それにしても千遥の割烹着本当に貫禄ある。

  12. One way arow より:

    千遥の天丼と三兄弟のお父さんの天丼とが同じ味なのは「お父さんと親方の修行した料亭が同じに違いない」と、たしか149話で盛り上がっていましたよね。あの後、確かめなかったのかなあと気になっています。千遥の義母さんなら千遥の親方はご主人なのだから修業先は分かるんじゃないかなと思います。物語の筋からは少しずれるので触れられないのかも知れないけれど、152話の原稿書き直しや153話のパーティー・ダンスシーンなんかより、内村さんのナレーションでいいから、修行中のエピソードとして兄弟弟子として「出汁の取り方」の難しさや大切さに触れてほしかったなと思いました。料理を通しての味覚や嗅覚の記憶は大きいと思うからです。

  13. アーモンド より:

    今日のオープニングは、大草原のソラからなつぞらにうまい連携でしたね。
    そしてスポンサーの社長(大泉洋)を特別に招待した打ち上げパーティーの場で、ももっちとかみっちがいい関係に?結婚するか?二人でダンス、日本有数のダンスチーム登美ヶ丘高校出身の本領発揮。

  14. ゆきんこ より:

    私も千遥の離婚後の苗字が気になってました。
    「婚姻前の苗字」なら光山ですね。
    そらから千夏ちゃんは苗字が変わるのが嫌じゃなかったのか?
    それとも学校では杉山千夏のままなのか?

    NHKの言う二重戸籍ってそれはないと思います。
    戦時中だったら、服やカバンに、住所、氏名、生年月日が書かれた布を縫い付けてあったでしょうから。

    (ところによっては血液型も書かれてました)。

    保護された時点で

  15. よるは去った より:

    千遥「一番だしだけじゃダメなんです。一番だしを取った後にさらに手間隙かけてを二番だしを取ることが煮物では大事だと親方が言ってました。」
    咲太郎「それは二番煎じみたいなもんか?」
    私も咲太郎兄ちゃんと同じ勘違いをしてました。
    しかし、「煎茶」は「二番煎じ」の方が味が出るとも言うんですがね。

    亜矢美「自分の人生一生懸命生きていく中でコクと風味の二番だしがあるわけでしょ?でも一番だしの本当の家族のことは決して忘れない。」

    奥原三兄姉妹も「一番だし」を忘れることなく自らの「二番だし」を取る努力を怠らなかったこそやってこれたのは間違いないですね。
    亜矢美さんも然り。

    レイ「これから始まるんだ。」
    この事を常に胸中に秘めていたのかも知れない。

  16. オペラ座の怪人 より:

    大泉洋ちゃん、社長さんでした。
    社長さんの前で、
    1人1人、まさかのスピーチか!?
    と思ったら、さすがにそれはなくて、
    良かった、良かった。

    今週の放送も、
    明日木曜から、金曜、土曜の3日間。
    3日間は北海道か?
    Ⅹデーがきませんように。

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    おしまい

  17. 璃織 より:

    昨日の放送、泰樹さんたら、本当はとよさんに会いたくて来たのに、照れ臭くて亜矢美さんの名前を出したりして、バレバレですよね。この二人を見ていると、半分青いの鈴愛と律みたいに、男女の愛を越えて、口に出さなくても、何でも分かり合えてしまうソウルメイトなんだなぁと微笑ましくなります。お互い伴侶が亡くなっても、このような心の友がいるのは幸せな事ですし、泰樹さんがマコプロの面々に語ったように、家族と言わず、全ての皆で心を合わせていかなくては、乗り越えられないほど厳しい開拓だったのでしょうね。ところで、前から気になっていたのですが、泰樹さん、左利きですよね。パフェを左手で食べてましたから。この年代の人は、右利きに直すように親に厳しく言われたはず。(花子とアンでは左利きの吉高由里子さんがそれを意識して、無理して右手で書いて演技していました)でも、泰樹さんがは親がなく、預けられた親戚も親身になってくれたわけでもなく、北海道に渡って来た訳ですから、左利きを直す必要も、余裕も、厳しく言う人もなかった設定なんだろうなぁ……などと思ったりしました。左利きの人が気を付けて右利きで演技するというのは良く聞く話で、余談ですが、他局で杏さんも出ていた「妖怪人間ベム」では、ベロを演じた左利きの鈴木福くんが、一生懸命右手で書いてました。「人間になる心構えに敏感なベムが、きっとベロが左手で書いたら注意するだろう」という裏設定だったんだそうです。彼らは見かけは若いけど長い年月生きている=昔の人ですからね(^_^;)。妖怪なんだからどうでも良い、ではなく、こだわったんだそうですよ。 今は、左利きの人はむしろ器用で重宝がられたり、無理に直すのは良くないと言われますが、昔は結構周りの大人が厳しかったものでした。

  18. ろくさん より:

    残り少ないのでもうないと思いますが、声優役で のんさんが出演すると盛り上がりそうですね。「この世界の片隅に」で声優をつとめられていますし。

  19. より:

    大泉洋ちゃんね

  20. 通りすがりのポチ より:

    送信した後にニュースで大泉さんが出演したというニュースを見ました。
    写真を見る限り、どうもソラの打ち上げパーティーなので、これは社長役で決まりですね。
    榎木さんにも出ていただきたかったな~

  21. 通りすがりのポチ より:

    北海道がらみということだと『ロマンス』の榎木孝明さん、『まっさん』の玉山鉄二さんもありではないでしょうか。私としては社長のイメージだと榎木さんですが。
    朝ドラのヒロインばかりでなく、男性主人公からも最後にでるんじゃないのかな…と思ったりしてます。
    さてさて、1週間後のお楽しみということですね。

  22. ぷーさん より:

    こんにちは!
    「その他」の人物、発表されたようですね!!!
    森崎リーダーの役名から、洋ちゃんの出演はないのかと諦めていたので、嬉しいです!
    (北海道出身のミルコス社長の話を聞いてからはちょっと期待していましたが笑)

    いよいよラストに向けての盛り上がりですね!
    楽しみですね!

  23. おたかちゃん より:

    番組HPで、大泉洋さんの出演決定が発表されましたね!やはりミルコス社長役ということでしょうか?森崎さんが「大清水洋」だったので、どんな役名かも楽しみです。個人的にはナックスメンバーの事務所トップでもある「ミスター」こと、鈴井貴之さんをもじってほしい!

  24. Seera より:

    朝蔵さん、予想的中しましたよ!大泉洋さんの出演が発表されました。写真の様子だと、ミルコスの社長さんのようです。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17098452/

  25. キヨコ より:

    北海道をこよなく愛すミルコス社長「松武博」
    北海道の名付け親である「松浦武四郎」を連想しました。
    命名150年を期に、武四郎の功績が見直されています。この夏には、松本潤さん主演でドラマ化もされました。(NHKドラマ 永遠のニシパ)

    松武社長を「あの方」が?
    いよいよ待ちに待った!ですかね?

  26. まなつ より:

    朝ドラヒロイン、はヒロインでなければだめなんでしょうか。社長さんはもちろん大泉洋さん本命ですが、私は「マッサン」こと玉山鉄二さんでもいいなあと思いました。