スカーレット 第1週「はじめまして信楽」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』
2019年9月30日 〜 10月5日放送

『スカーレット』第1週 あらすじ

ヒロイン喜美子と信楽焼との出会い

昭和22年(1947年)春。この物語の主人公・川原喜美子(9歳)は、両親と二人の妹とともに大阪から滋賀県信楽に移り住むことになりました。

信楽に引っ越して早々、近所の子供達にからかわれる一方で、学校では同級生となった信作や照子との学力のあまりの違いに、喜美子はがく然となってしまいます。

そんなある日、喜美子は陶芸家の慶乃川と出会い陶芸に関心を持つものの、幼ない喜美子には、はじめて手に触れる信楽の土の価値が理解できません。

心に栄養が足りない草間

一方、大阪に買い出しに行った父の常治は街中で暴漢たちに囲まれている草間と名乗る男を助け、信楽に連れて帰ってきました。

草間は、医者から心に栄養が不足していると言われるなど、いつも思いつめた表情を浮かべていました。そんな草間のことが喜美子は心配でした。

草間を案じる喜美子は、草間を慶乃川のもとに案内しました。慶乃川の焼き物を見せるためです。しかし、慶乃川の焼き物に対して、喜美子は思いがけない感想を口にします。

信作と照子の秘めた気持ち

喜美子は絵を描くのが上手でした。そして妹の直子の頼みで紙芝居づくりに没頭。学校の先生から、もっと勉強しろと注意を受けます。

しかし喜美子は先生に反論しました。父の常治に、女に学問は必要ないと言われたと言い返し、そのことが大きな騒動を巻き起こします。

そんな中、同級生の照子から、同じく同級生の信作との仲を取り持ってほしいと頼まれた喜美子は、信作と照子の秘めた気持ちを知ることになるのでした。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

<<『スカーレット』トップページ | 次週 第2週>>

Sponsored Link

予習レビュー

前作『なつぞら』とヒロインの年齢も時代背景もほぼ同じ

新作朝ドラ『スカーレット』のはじまりです。

第1週は、子役ちゃん時代からのスタートです。

物語の始まりは昭和22年(1947年)春。ヒロインの喜美子ちゃんは9歳です。

前作『なつぞら』の物語の始まりは昭和21年(1946年)初夏。当時、ヒロインのなっちゃんは9歳でした。

なので、喜美子ちゃんはなっちゃんよりも一歳年下。ほぼ同年代といっても差し支えない年齢差です。

本作はヒロインが50代を迎える頃まで描かれるとのことなので、昭和の最後の頃か平成のはじめの頃までが描かれることになるのでしょうか。

『なつぞら』よりは長い年月が描かれることになりますが『なつぞら』と同時代でもあるので、ドラマの中に『大草原の少女ソラ』や「まんぷくヌードル」が再び登場すると、ちょっと嬉しいかも、と楽しみにしています。

ブログ主は陶芸が大好きです

実はブログ主は陶芸が大好きなんです。自分で一度だけロクロをまわしたこともありますが、あまりにも残念な出来栄えに自作は断念。

今はもっぱら大人になったヒロイン・喜美子ちゃんみたいな作家がつくった焼き物を楽しんでいます。

信楽にも何度か足を運んだことがあります。もちろん信楽焼を求めるためです。

また、30年近く前には、信楽陶芸博も見に行きました。(信楽高原鉄道で大惨事が起こった直前のタイミングでした。あの大惨事、今でも胸が痛みます)

アニメーションは好きですが基本的な知識すらもほぼほぼないため『なつぞら』は、ディティールへの作り手のこだわりを楽しめきれませんでした。

しかし、本作は私が好きで好きでたまらない分野でもあるので、楽しみでなりません。

また、愛すべき変人がよく出てくる大阪局制作の朝ドラであるという点。週6回放送する朝ドラ作品としては最後のものになるという点、等々。

楽しみは尽きません。

これから半年間。また、当ブログでたくさんの方々と一緒に、喜美子ちゃんの成長の物語を楽しむことができれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

<<『スカーレット』トップページ | 次週 第2週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. にゃんこ より:

    いよいよ秋の朝ドラが始まりますね!

    朝ドラヒロインは絵を描くのが得意な人が多いですね。
    『なつそら』のなっちゃんや『半分、青い』の鈴愛はまぁ、本職ですから当然としても、『とと姉ちゃん』の常子も『カーネーション』の糸子も、『まれ』の希も絵が上手でしたね。