スカーレット 第3週「ビバ!大阪新生活」」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』
2019年10月14日 〜 10月19日放送

あらすじ

喜美子の大阪での働き口

喜美子の大阪での働き口は、荒木商事の社長・荒木さだが所有している下宿屋・荒木荘の女中の仕事でした。

荒木荘には、医学生の酒田圭介、新聞記者の庵堂ちや子、市役所を辞め映画俳優を目指す田中雄太郎、そして荒木荘の所有者のさだが住んでいました。

一方、荒木荘にはもともと女中として雇われていた大久保のぶ子がいました。のぶ子は喜美子に言いました。あんたが女中などつとまるわけがないと。

喜美子を厳しく鍛え上げるのぶ子

荒木荘の女中として働くことを一度はあきらめかけた喜美子でしたが、のぶ子に認められる仕事をしようと決意を新たにしました。

その日から、のぶ子による厳しい指導がはじまりました。のぶ子は、喜美子の働きぶりを簡単には認めようとはしませんでした。

それどころか、のぶ子は繕いものの仕事を、次から次へと押し付けました。しかし、喜美子は弱音をはかず、徹夜をしてでも仕事をやり遂げました。

はじめての給料日

喜美子が楽しみにしていた給料日を迎えました。しかし、女中見習いである喜美子がもらえる給料はごくわずかな金額でした。

そんな中、荒木商事が開催する下着ショーを、喜美子は見にゆくことになりました。喜美子は会場に散乱していた湯のみを率先して片付けます。

その喜美子の気の利く働きぶりを見ていた人物がいました。ちや子が働いている新聞社の編集長・平田昭三郎です。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

<<前週 第2週 | 次週 第4週>>

Sponsored Link

予習レビュー

テンポのはやさに驚かされます

喜美子ちゃんの大阪での日々がはじまりました。ヒロインが故郷を離れるタイミングが、本作は通常よりも早めです。

多くの作品は、ヒロインが故郷を離れるまでの描写を一ヶ月ほどかけて描きますが、成長したヒロインが故郷で過ごす場面の放送はわずか数日。

わずか3週目にしてヒロインは故郷を発って都会に出てしまいました。

テンポのはやさに驚かされます。

既視感でいっぱいの荒木荘

ヒロインの大阪での生活がスタートする第3週。ブログ主の中は既視感でいっぱいです。

同じことを感じておられる方もいるかと思います。そうです。喜美子ちゃんが住み込みながら働くことになった荒木荘は、まるで『ひよっこ』のあかね荘。

そして、荒木荘の住人・圭介くんは、みね子ちゃんが恋した島谷くん。新聞記者のちや子ちゃんは、永遠の20歳・早苗さん。雄太郎さんは、残念な漫画家のお二人といったところでしょうか。

ところで、新聞記者のちや子ちゃんは、その後、婦人雑誌の記者に転身。ヒロインと仲の良い関係がつづくみたいです。

婦人雑誌=女性誌の記者で思い出すのは『ちりとてちん』の奈津子さん。ちや子ちゃんはまた、奈津子さんへのオマージュでもあるのかもしれません。

また、市役所を辞めたという雄太郎さんを演じるのは木本武宏さん。木本武宏さんといえば『ごちそうさん』で、市役所の職員を演じました。

両者の市役所はともに大阪市役所のはずです。

木本武宏さんが演じる雄太郎さんは、『ごちそうさん』の藤井課長。「べにこ!」がなつかしい藤井さんへのオマージュのような気がしています。

<<前週 第2週 | 次週 第4週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アーモンド より:

    前にはなつぞらであったのですが、経費を抑えるために、以前の朝ドラのセットの一部を使い回していると言っていました。同じような時代の家の風景や間取りとかか似ているのは、そのためかもしれません。