スカーレット 第8週「」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』
2019年11月18日 〜 11月23日放送

あらすじ

昭和34年(1959年)夏。喜美子21歳

昭和34年(1959年)夏。21歳になった喜美子は、三年の修業を経て、丸熊陶業の絵付け師の一人になっていました。

丸熊陶業の社長・秀男に、喜美子の絵付けを採用するつもりはありませんでした。一方、婿養子として照子と結婚し丸熊陶業を承継する敏春は、喜美子の才能に注目していました。

敏春はまた、丸熊陶業の拡大を目指して商品開発室を新設。美術大学出身の十代田八郎など、三人の新入社員を雇い入れました。

丸熊陶芸のマスコットガール・ミッコー

そんな中、喜美子が信楽初の女性絵付け師になったことが注目を集め、地元の新聞社の取材を受けることになりました。

それまで九人目の弟子の「キュウちゃん」と呼ばれていた喜美子は、取材を機に敏春から勝手に愛称を「ミッコー」に変えられてしまいます。

そして秀男は、喜美子を「丸熊陶芸のマスコットガール・ミッコー」として、喜美子を会社の宣伝に使おうとします。

深野の日本画家の過去

新聞に「マスコットガール」と報じられたこと。そして、新聞に掲載された記事には、深野のことが一言が触れられていないことが、喜美子には納得がゆきませんでした。

しかし喜美子の意に反して貴美子は世間の注目を集め、深野が絵付けした火鉢よりも、喜美子が絵付けした火鉢が売れるようになりました。

そんな事態に八郎は怒り心頭でした。八郎は、深野がかつて日本画家であることを知っていました。そして八郎は、深野の日本画に強い思い入れがあったのです。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

<<前週 第7週 | 次週 第9週>>

Sponsored Link

予習レビュー

またしても朝ドラ過去作品とよく似た状況

またしても既視感いっぱいの場面が登場します。『ちりとてちん』のある場面にそっくりなエピソードです。

「丸熊陶芸のマスコットガール・ミッコー」として注目を集め、師匠よりも売れてしまうというまさかの展開。

『ちりとてちん』にもよく似た状況がありました。

ヒロインのB子ちゃんは、珍しい女性噺家としてテレビ局に引っ張りだこ。注目を集めることで仕事が次々に舞い込んできます。

しかし、それが面白くない草々兄さん。そんな場面がありました。

ただし、大きく異なる点が一点。

B子ちゃんの人気が出れば出るほど、草々兄さんは卑屈になり、ついにB子ちゃんと草々兄さんの夫婦関係は険悪に。

でも『スカーレット』では、弟子の作品の方が売れても師匠は動じないみたいです。深野さん、大人です。安心して見ていられそうです。

喜美子ちゃんに春が訪れるフラグ

話が前後します。そして、今後の展開へのネタバレが含まれます。

今週から登場する、丸熊陶業の新入社員・十代田八郎くん。彼は、将来の喜美子ちゃんの相手役です。

将来と言っても、二人が一緒になるのはそれほど先の話ではありません。

圭介くんへの淡い初恋。そして失恋。

恋に破れて、ちょっとばかり切ない気持ちを味わった喜美子ちゃんに、ついに春が訪れるフラグが立ちます。

1日も早く、喜美子ちゃんに本格的な春がやってきますように。

<<前週 第7週 | 次週 第9週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする