寂しさ募らせる常治たち / スカーレット 第16話

2019年10月17日(木)第3週「ビバ!大阪新生活」

あらすじ

ある日、喜美子のもとに照子から手紙が届きました。

喜美子が去った信楽では、照子が充実した高校生活を送っているふりをしながら、喜美子がいない寂しさを募らせていたのです。

喜美子がいない寂しさに耐えきれずにいたのは常治も同じでした。

常治は泥酔した勢いにまかせて、寂しい思いをしていることを打ち明けます。

一方、大阪では、喜美子が荒木荘の住人たちと、故郷の思い出話に夢中になっていました。

そんな中、喜美子は故郷を発つ前に拾ってきた信楽焼のかけらを披露。

喜美子がお守りにしているというその信楽焼のかけらを見せられた新聞記者のちや子は、古い時代の信楽焼には価値があると言い出すのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回15話 | 次回17話>>

第3週 | 第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週

Sponsored Link

予習レビュー

喜美子ちゃんがいなくなった信楽。

大阪に行くなと泣いた照子ちゃんが、寂しさを募らせるのは気の毒としか言いようがありませんが、常治さんまで寂しさを募らせていたとは。

もちろん、寂しい気持ちは親として当たり前ですが、酔った勢いにまかせて気持ちを口に出すほど、というのは重症です。

これまでブログ主が観てきた朝ドラで、娘に家を出られて寂しいながらもその気持ちを口に出したり素振りに出した父親というのは記憶にありません。

その点で、喜美子ちゃんのお父ちゃんは、朝ドラでは新しいタイプの父親なのかもしれません。

また、喜美子ちゃんがいなくなった後のマツさんや直子ちゃんの反応。このころにはすでにかなり大きくなっているはずの三女の百合子ちゃんの反応。

信楽に残された四人の家族のそれぞれの反応がちょっと楽しみなブログ主です。

一方、大阪での新生活に順応することに必死で、おそらく寂しさを感じているヒマがないであろ喜美子ちゃん。

ホームシックにはかからないんでしょうか。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回15話 | 次回17話>>

第3週 | 第4週 | 第5週
第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週 | 第10週
第11週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆきこ より:

    わあー自分の稼ぎが無い癖になけなしの金を酒に変えて娘に苦労かけさせた挙句働かせに出しておいて自分の気分で帰ってこいって言うんですね?腹立つクソ親父ですねー