芸術家・ジョージ富士川 / スカーレット 第28話

2019年10月31日(木)第5週「ときめきは甘く苦く」

あらすじ

あき子の頼みによって圭介が荒木荘を出て行く日を迎えました。荒木荘の住人たちが圭介を送り出す中、喜美子も笑顔を絶やさず気丈に振る舞っていました。しかし、圭介の後ろ姿を見送る喜美子の表情は寂しさを隠しきれませんでした。

圭介が去ったあと、圭介の大好物だったおはぎが喜美子の目に飛び込んできた瞬間、圭介の思い出が喜美子の心の中によみがえってきました。喜美子はひとり、涙を流しながら圭介との思い出に別れを告げるのでした。

その年の暮れ。喜美子は大好きな絵を勉強しようと美術学校に足を運びました。週二日の絵画教室に通いながら、喜美子は荒木荘の女中の仕事を続けるつもりでいました。その頃、喜美子の仕事ぶりは大久保からも認められるほどになっていました。

その数日後、喜美子が関心を持った美術学校の講師をつとめている芸術家・ジョージ富士川のサイン会に喜美子は参加。会場に姿をあらわしたジョージ富士川のコテコテの大阪弁に、喜美子は驚かされるのでした。

<<前回27話 | 次回29話>>

第5週 | 第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週
第10週 | 第11週

Sponsored Link

予習レビュー

喜美子ちゃんが失恋します。

喜美子ちゃんと圭介くんの仲の良さに嫉妬したあき子さんが、喜美子ちゃんと圭介くんを引き離そうと算段します。

二人の距離を広げるには、圭介くんが荒木荘を出てゆくのが一番。あき子さんはそのように考えたのでしょう。

そして、その考えを実行に移します。半ば強引に。

昨年前半の朝ドラ『半分、青い。』にも似たような場面がありましたね。

傷心の喜美子ちゃんですが、そんな中で新たな一歩を踏み出しはじめます。美術学校で絵の勉強をしてみようと決意するのです。

いつだったかちや子ちゃんが、お金を貯めて自分の好きなことをしろと喜美子ちゃんにアドバイスしたことがあります。

そのちや子ちゃんの言葉に、喜美子ちゃんは思い出すのでしょうか。

そして、この小さな一歩は、喜美子ちゃんのライフワークである陶芸家の道につながるはずですが、そこに至るまでは、まだまだ試練がいくつも待ち構えているようです。

感想

失恋の味

喜美子ちゃんの涙に朝から泣かされました。

これまで喜んで食べてくれたおはぎを圭介くんは受け取ってはくれませんでした。両手がふさがっているというのは言い訳でしょう。あき子さんの手前、受け取るわけにはゆかなかったのかな。

圭介くんに食べてもらえなかったおはぎを食べながら、失恋の味を噛みしめる喜美子ちゃんの涙。

このお別れによって喜美子ちゃんはひとまわり大きくなるのでしょう。でも、やっぱりかわいそう。

しかし、その年の暮れには美術学校に通うという夢もできて立ち直ることができた模様。嬉しそうな喜美子ちゃんの笑顔に救われました。

「うちはヒラさんについて行きます、辞めません」

ちょっとだけネタバレです。

ちや子ちゃんが言った「うちはヒラさんについて行きます、辞めません」のこの言葉。次週へのフラグです。

ちや子ちゃんの切ない物語も始まるのかもしれません。

「さみしまっしゃないか」

大久保さんが久しぶりに登場しました。

相変わらず喜美子ちゃんに対して手厳しい大久保さんですが、喜美子ちゃんが女中の仕事を始めて早々、火の炊き加減は上手だったと認めていたとは。

喜美子ちゃんの仕事を認めようとしないのは、それをやってしまえば喜美子ちゃんが荒木荘を卒業してしまうから。

そして、喜美子ちゃんが荒木荘を卒業してしまうのは「さみしまっしゃないか」。

大久保さんの口からこんな言葉が出てくる日が来るとは夢にも思いませんでした。この一言で、大久保さんというキャラに心を奪われました。

そして、喜美子ちゃんが荒木荘をやめるつもりがないと知ったその直後の、大久保さんの嬉しそうな顔と言ったら。

今回は地味な回ながらも、素敵な表情をたくさん見せてもらいました。

コメントへの返信 by 朝蔵

信楽の照子お嬢様と変わらないくらいの可愛らしさあリですね(よるは去ったさん:27話)
焼きもちから、喜美子ちゃんのことを見下すような言葉を吐いてしまった。あき子ちゃん、意外に素直な性格なんですね。

「女中!女中!」と、喜美子ちゃんの立場を連発しているときは、一体、どんだけ我がままなお嬢さま育ちなんだと閉口しましたが。

圭介くんはまだわかりませんが、あき子さんはこれが最後の登場場面になるような気がしています。

最後に、あき子さんの意外な素直な一面を見ることができたのは救いでした。

この子であれば、圭介くんの今後の人生がそれほど振り回されることはないかなと思いますので。

もし、あき子さんが、素直な一面を見せないままで、最後の登場場面となってしまったら、圭介くんの残念な将来しか想像できなくなりますからね。

あき子さんのお父上も、顔は怖そうですが、喜美子ちゃんに笑顔であいさつしたりして、なかなか素敵な紳士です。

圭介くんは、幸せになれるのではないでしょうか。

「やきもちや」可愛いところ、あるじゃない!(オペラ座の怪人さん:27話)
上にも記しましたが、あき子ちゃんが最後の最後に「可愛いところ」を見せてくれたのは救いでしたね。

「女中!女中!」と連発したのも。圭介くんの引っ越しを無理強いしたのも。すべては「やきもち」から。

そんな自分の気持ちを圭介くんに伝えらえる素直さにほだされました。

あき子さんの素直で可愛いところを知るまでは、圭介くんの将来が心配でなりませんでした。でも、圭介くん、幸せになれそうですね。

幸せになれた圭介くんが、いつかどこかで再登場しますように。

ちや子の部屋にはダネイホンがおいてある(文月さん:27話)
なんと、そんなネタが仕込まれているんですか!?ちや子ちゃんの「汚部屋」には。

ご自分の滋養のために買ってきたのか。それとも、萬平さんの取材をしたおりに、試供品としてもらったのか。

いずれにせよ「萬平印」は目立ちますので、よ〜く観察していれば見つけることができるかもしれません。

ただし、物語の舞台が大阪から信楽に移ったら。はたして朝ドラ過去作品ネタはどこまで出てくるでしょうね。

まんぷくラーメンは全国で販売されたので、信楽の大野さんのお店あたりで出てくるかもしれませんが、例えば大急百貨店は大阪でなければ困難。

朝ドラ過去作品ネタを楽しむという意味でも、大阪編はもう少し長く続いて欲しいな、というのがブログ主の気持ちです。

高校生やりたかったし大学出てたらもっといい就職先だってあったはず(ゆきこさん:33話)
少なくとも高校を出ていれば、もっといい就職先があったでしょうね。そうすれば、家計だってもっと楽になったはずなのに。

父親として三年間は歯を食いしばっていれば。目先の小さな収入に期待する気持ちをグッと耐え、その後に入ってくるもっと大きな果実を信じることができれば。

喜美子ちゃんも、そして家族も、今よりも幸せになれていたのに。

ブログ主は基本的に朝ドラの登場人物は、残念な人は残念な人なりに、愛すべきポイントを見つけて楽しめる人なのですが、川原家のお父ちゃんは一線を超えてしまっています。

願わくば近い将来。一人前の男として過去の自分の在り方を悔い改め、お父ちゃんを見直せるような展開が用意されていますように。

絶対幸せにするからとか泣かせないからとか(ゆきこさん:11週)
お父ちゃんは一見すると情熱的な男なので、幸せにする、泣かせない、なんて言ったら、その気になってしまうでしょうね。

とりわけマツさんは、いいところのお嬢さんという設定です。男性に対して免疫がないので、簡単に信じてしまったのかもしれません。

来年後期の朝ドラヒロイン(1013さん:27話)
杉咲花さんの最新作の映画『楽園』を最近観たばかりでした。その映画を観て、彼女なら朝ドラヒロインいけるなって思っていた矢先のまさかの・・・

『わろてんか』のライバル会社の物語ですね。『わろてんか』ネタが存分に出てくるかもしれません。

『おちょやん』の制作が発表された事をニュースで知りました(ひるたまさん:『スカーレット』)
池井戸潤さんのビジネス小説シリーズのドラマの脚本を手がけられている方による作品なんですね!?このシリーズ、大好きなので楽しみが増えました。

『スカーレット』に比べると随分早い制作発表となったように思われます(ひるたまさん:『スカーレット』)
働き方改革により、撮影スケジュールにゆとりを持たせるため新作の制作発表時期が早まっていますが、働き方改革がさらに進んでいるということなのでしょうかね。

撮影開始が来年4月ということなので、それまでに大道具さん、小道具さんの準備が、進んでゆくのでしょう。

「オロナイン軟膏」のホーロー看板に登場されていた方だったのですね!(ひるたまさん:『スカーレット』)
「家中みんなで」のあの看板ですね!

実在モデルの方が所属されていた会社は『わろてんか』の実在モデルの会社と熾烈な闘いを繰り広げていた会社です。

また脚本家の八津弘幸さんは、企業間のバトルを描き続けてきた方。朝ドラらしからぬ、壮絶な作品になるかもです。

<<前回27話 | 次回29話>>

第5週 | 第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週
第10週 | 第11週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 璃織 より:

    昨日、今日と喜美ちゃんの辛い失恋に泣かされました。でも、圭介さんが「喜美ちゃんは僕の大切な妹や、女中、女中って見下した言い方はやめてくれるかな!」と、喜美ちゃんを大事に思う発言があって、ちょっと救われました。妹を亡くした圭介さんは喜美ちゃんに「妹」を見て、いとおしいと思った。でも、「妹」と思いながらもそれが変化してきた事にも気付き始めたのではないでしょうか。だから、おはぎを受け取らなかったのは、あき子さんの気持ちを気にしてというより、おはぎを受け取ってしまったら、喜美ちゃんへの気持ちが残ってしまう、楽しかった荒木荘に後ろ髪を引かれてしまう。自分にキリをつけたかったのでは?と思いました。喜美ちゃんの気持ちも考えて欲しいと思いましたが。…………さて、あき子さんですが、喫茶店を飛び出して「ごめんなさい……焼きもちや…」なんて、しおらしくうつ向いていますが、圭介さんに腕を捕まれて、圭介さんに見えないように口角が上がってるんじゃないかなぁ、なんて思ってしまいました。「ちょっと涙を見せればチョロいもんやなぁ」なんてね……もちろん、圭介さんの幸せの為に、そうでない事を願いますが。そして、大久保さん!あの大久保さんが、外の木戸を閉め忘れるほど、喜美ちゃんが荒木荘をやめない事を喜んでいましたね!本当にステキな大久保さん!(^^)まだまだ荒木荘で働く喜美ちゃんと荒木荘のステキな面々がどうなっていくのか見ていたい!も~っ!クソ親父のせいで‼(`へ´*)ノ

  2. 丹善人 より:

    ジョージ富士川さんの作品、岡本太郎さんを彷彿とさせますね。「半分だけ神」って「半分青い」を意識してるのかな?

    圭介さん、どうみてもあき子さんとうまく行くとは思えない。熱が冷めたら戻ってきそうな気が。

    杉崎花ちゃん、浪花千栄子さんやるんですね。ラジオで花菱アチャコさんとの「お父さんはお人好し」ずっと聞いていました。・・・って、誰も知らないだろうけれど。

  3. さーや より:

    圭介さんが小児科の外科医…
    将来、きみちゃんのお子さん絡みで再登場しそうな予感がしました。あきこさんとは早々に別れ、どこか影のある大人の男性として…と、今から妄想が膨らんでいます(笑)
    それにしても、大久保さんのはしゃぐ姿に、全て持っていかれましたね!やっぱり、大阪NHK制作物は最高です♪

  4. Amo より:

    圭介さんに貰ってもらえなかった おはぎ
    それは喜美ちゃんの「心」だったのかもしれません
    台所で独り置き去りにされた 『おはぎ=自分』を切り分けて 『想い出の欠片』にして一つづつ
    楽しかった事 嬉しかった事 あき子さんがでてきてムムムッとなったこと 大事にしてもらってると思っていたのに妹みたいだと 何やってるんだかアホみたいやぁ
    と泣けてくる もう一口食べて やっぱり泣けてくる おはぎは甘いはずなのに今日のおはぎはエラく塩辛い
    そう 塩辛いんです 「辛い」は「つらい」とも読みますね
    人生あるあるの この事柄 涙流す喜美ちゃんが
    ホンマにいじらしく映った瞬間でした

  5. ぱぽりん より:

    <お嬢様>とは、いったい何者をいうのか!?

    言ってしまいます、これまで言わずにどれほど我慢してきたことか。

    学生の頃、世が世であれば<お姫様>である方と知り合って(残念ながら、付き合った訳ではない)いました、しかも、お二人!
    一人はとある小藩大名家の娘さん、とはいっても自分よりずっと年上。
    アルバイトで行った小さな会社(業界では重要な会社)の社員さんでしたが、とても優しく良い感じの方。
    お姉さん、あるいはお母さん的ポジションで面倒を見てくれました。
    が、しかし。
    その会社の方が言うに、
    「彼女、あんな感じだけれど、すっごい切れ者なんだ」
    社長は切れ者でしたが、その社長も一目置く人物だった模様。

    もう一人は、苗字を言ったら日本人で知らないものはいない方。
    やはりバイトで知り合ったのですが、偉ぶるところは何もないのにメッチャ風格がある。
    社会人となり、後年とある機会に顔を合わせ時、彼女の方から声をかけてきてくれたのでした。
    彼女、早くから、業界で然るべきポジションに着き、現在も業界の為に活動されている。

    共通するのは、懐が広く深い、自分の位置を理解し責任を持って立ち振る舞う、そしてその能力がとても高い。
    加えて、周囲に気を配り、人物の品格がすこぶるよろしい。

    また、高校の同級生で医者の家柄、自身も医者になったA子さん。
    一緒にご飯を食べていて(残念ながら、付き合っていた訳ではない、こればかりなのはちょっと悲しいね)、自分がパセリを残していたら
    「食べないの?だったらいただいていい?」
    「もったいないから」
    と、自分のはじいたパセリをおいしそうに食べるのでした。
    そんな彼女と、恩師に送る記念品を買いに行った時。
    A子さんリードでデパートに行ったのですが、売り場を通りこし、なんと外商部へ突入!
    外商部皆さんの深い礼。
    「この予算で、・・・・」
    彼女の魔法の囁きで、すばらしい一品を受け取ることが出来たのでした。

    やはり、自分としてはこうした女性達を<お嬢様>と括りたい。
    絶滅危惧種、手厚い保護を、是非とも!

  6. ともあき より:

    先週末の予告の大久保さんのルンルン♪は
    きみちゃんが荒木荘を辞めないことへの嬉しさだったんですね!
    ツンデレ大久保さんかわいすぎます!

  7. きゅうぽん より:

    大久保さんカムバック\(^o^)/
    さみしまっしゃないか→聞き取りにくいかもですが、多分「さみし(お)まっしゃないか」と
    おが入っていると思いますが、私も高速で言うのでほぼ英語の短縮形みたいなもんです(笑)

    おはぎが切ないアイテムになりましたね。

  8. いち より:

    追伸、追っかけてきた圭介さんがすぐ見つけられる所にいたのもポイントです!ほんとに謝る気ならカフェの前で鉢合わせるはず!

  9. あさのあさみ より:

    連投失礼します。
    荒木荘から帰る大久保さん、ちょっと長めに映りましたね。
    本当は嬉しいくせにいつまで仏頂面なんだと見てましたら、あの笑顔!
    さすがベテラン女優、最高です!

    追伸:先程の投稿、もしかしたら同じものが2通送信されてしまったかも知れません💦お手数ですが、1通削除して下さい

  10. あさのあさみ より:

    杉咲花ちゃん、演技力、存在感ともに申し分なく、納得のヒロイン抜擢ですね。
    花ちゃんの他、高畑充希ちゃん、土屋太鳳ちゃん、古くは「マー姉ちゃん」の妹だった田中裕子さんなど、ヒロインの妹役からヒロインへのパターンは多いですね。
    広瀬すずちゃんの妹だった清原果耶ちゃんのヒロインも大いに期待してます。

  11. いち より:

    あきこさん、あれ、わざとですよ!!絶対。
    俳優さんも分かってて「あざとい」女の演技なさってるんだと思ってました。
    ほんまに素直な子は、いくらお嬢様でも女中さん見下したりしないし、「いがくせい」に釣られて一人でホイホイ会いに来たりしません!お見合いを気乗りしないと断ったくせに、条件いいから圭介さん見に来たような人ですよ。
    照子ちゃんだって、あさが来たのあさちゃんも、べっぴんさんのすみれちゃんだって、女中さん見下したりしなかった!!

  12. よるは去った より:

    ちや子「『自由は不自由やで!』言う人や。」
    なんとなく「芸術は爆発だ!」に響きが似てるような似てないような?と思ってネットで調べてみたら、やはりモデルはあの大先生らしい・・・・。
    ジョージ「ジョージ富士川やで」が出てくるまで喜美ちゃんが欧米人のオッチャンと同じポーズを取りながら見上げていた作品もひょっとして「太陽の塔」がモデル?

  13. オペラ座の怪人 より:

    あと、書こうと思っていて、
    つい、毎度、忘れちゃうんだけど、
    今日、書きます。

    めがねの新聞記者さん、
    なかなかの人物で、
    きみちゃんの親友になるのかしら?

    大島優子さんとは違った意味での、
    年上の親友?

    (⌒▽⌒)(^◇^)(⌒▽⌒)

    おしまい

  14. オペラ座の怪人 より:

    恋物語は終わっちゃったけど、
    って、全くつまらない恋物語だったけど、
    と、毎度毎度、悪く言って、すみません。

    でも、ジョージ富士川が登場!?
    おもしろくなりそうな予感が!?

    全然予習をせずに見ているんだけど、
    さてさて、どうなることやら?

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    おしまい

  15. ゆきこ より:

    半分青いのアレかー正直彼女側の理論が支離滅裂で引きましたねー大体彼氏の私物だよ?写真だよ?気持ちは分かるけど私物破壊は駄目だよ鈴愛ちゃんがもうちょっと賢くてはっきり物言う子で物事を第三者の目線で話せる子だったら振られてますよそれと並行してね住んでるとこ出ろってあき子さんあんた恋人といえどもにそんな事言える権利は無いよ圭介さんが優しい人だったから良かったけどそうじゃなかったら喧嘩になってたと思いますよ