喜美子が荒木荘を辞める / スカーレット 第34話

2019年11月7日(木)第6週「自分で決めた道」

あらすじ

実家の苦しい状況を知った喜美子は、信楽に帰ることを決意しました。大阪に戻った喜美子は、荒木荘の面々に告げました。実家が多額の借金をかかえ、にっちもさっちも行かなくなっている状況にあることを。

続けて喜美子は、信楽から大阪に戻ってくる間に固めた決意を荒木荘の面々に告げました。荒木荘の女中の仕事を辞めて故郷で働くこと。美術学校に通うためのお金は借金の返済に当てて、夢も諦めることを。

その翌日。喜美子は荒木荘の面々に別れを告げるものの、喜美子の夢を応援し続けてくれたちや子の姿はそこにはありませんでした。ちや子は最近、新聞社を辞めていました。そして失意の中にいることを雄太郎が喜美子に聞かせました。

喜美子は、ちや子に手紙を残して、荒木荘を出て行きました。その数日後、荒木荘に帰ってきたちや子は、喜美子からの手紙を雄太郎から受け取りました。その手紙には、ちや子のことを案じる喜美子の気持ちが記されているのでした。

<<前回33話 | 次回35話>>

第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週
第10週 | 第11週

Sponsored Link

予習レビュー

喜美子ちゃんが荒木荘を辞める日を迎えてしまいました。

ブログ主は荒木荘と荒木荘の面々が大好きでした。だから、荒木荘の場面がいつまでも続いて欲しかった。

次回から荒木荘ロスに悩むことになりそうです。

願わくば荒木荘の面々、さださん、ちや子さん、雄太郎さん、大久保さん、そして一足早く荒木荘を去って行った圭介くん。

みなさんと再会できる日が来ますように。

さて、喜美子ちゃんが荒木荘をやめるという騒動の中で、ちや子ちゃんが新聞社を辞めてしまいました。

ヒロインの大きな転機のタイミングで、わざわざ描かれるもう一人の転機。

しかも、このたび喜美子ちゃんが諦めることになった「夢」のヒントを与えてくれた、喜美子ちゃんにとってはとても大切な友人の転機です。

ちや子ちゃんのドラマがここから始まり、いつかどこかで喜美子ちゃんのドラマと合流する日が来るのでしょうか。

少なくともちや子ちゃんとの再会はありそうですね。

感想

「この道を選んで良かったと笑って言える日が来ますように」

楽しかった大阪荒木荘編が終わってしまいました。

喜美子ちゃんの言葉をそのまま借りるならば「働くことはできても自分がどうなって行くのかわからない」険しい道を、喜美子ちゃんは自分で選びました。

ワクワクするような道。この先、何が起こるのかがはっきりわかるような道を、喜美子ちゃんはキッパリとあきらめました。

その選んだ道について喜美子ちゃんは言いました。

「この道を選んで良かったと笑って言える日が来ますように」

この喜美子ちゃんの願いが叶いますように。そして、ちや子ちゃんにもう一度、お茶漬けをつくってあげられる日が来ますようと、祈るばかりです。

追伸:静かで心に沁みる回でした。そして喜美子ちゃんとの別れを惜しむ荒木荘の面々の優しさに朝から癒される回でした。

コメントへの返信 by 朝蔵

常治さんは歴代ダメ親父の集大成(1013さん:32話)
おっしゃる通り、常治さんは歴代朝ドラヒロインのダメ親父たちの残念なところをすべて一人に注ぎ込んで生まれたようなキャラですね。

このレベルを超えるダメ親父のキャラクター造形は、もはや不可能です(笑)

お父ちゃんの中ではイヤイヤ大阪に行ったまま我慢してる喜美ちゃん(Anneさん:32話)
お父ちゃんの中では「助けたる」と本気で思っているのが半分。残りの半分は「助けたる」ことで自分のやっていることを正当化しているのかな?と思いました。

常治さんがどうしてここまでダメ親父なのか。この謎が解けた頃に、お父ちゃんのレビューを再開しようと思います。

母さんあんたもしっかりしなさい(ゆきこさん:32話)
常治さんという残念な男性に惚れただけのことはありますね。お母ちゃんまでこれほど残念だとは意外でした。

また、ブログ主の知る限り、朝ドラではお父ちゃんは残念でもお母ちゃんはしっかり者のパターンが多いかと。

お母ちゃんまで残念というのはある意味で新鮮です。

“脱落”する方達がいてもおかしくないのでは?と思うようになって来ました(ひるたまさん:32話)
『ごちそうさん』のときは、和枝姉さんは怖いながらも正論しか言ってない。間違っていることは一言も言ってないと、和枝姉さんを擁護する声が一定数あったと記憶しています。

しかし本作のお父ちゃんは、正しいことを一言も言っていないというあり得ないレベル。ケタ外れのキャラです(笑)

本作(『エール』)の脚本家が途中交代(ひるたまさん:『エール』)
実際に何があったのかはわかりませんが、結果として心から楽しめる作品に仕上げてもらえれば、視聴者としてこれ以上の喜びはありません。

ピアノ講師を経験された後に脚本家(ひるたまさん:『エール』)
ピアノ講師としてのご経験がドラマに反映されたら、音楽の場面はリアルなものになるかもしれません。

ただしブログ主は音楽の分野は詳しくないので、ドラマの中の音楽場面がリアルかどうか判別がつかないだろうと思います。

(照子ちゃんは)今後も出演し続けて、親友であり続けるのかしら?(オペラ座の怪人さん:33話)
朝ドラで定番のヒロインの幼なじみ=生涯の親友。これが照子ちゃんのポジションなのかなとブログ主は予想しています。

だから準主役として今後も出演場面が続くような気がしています。

ブログ主さんは、幸せな方なんでしょうね(えほんやさん:33話)
ブログ主はとっても幸せですよ!

川原家を超える状態を二十年以上経験し、それを乗り越えて今の幸せがありますので、おかげさまで幸せの価値を誰よりも感じることが出来ています。

キッズ5人のユニット(よるは去ったさん:33話)
なるほど、そういうことでしたか!完全に勘違いしていました。

このダメダメ父ちゃんには何か意味があるのだろう、と思って視聴する事にしています(キヨコさん:33話)
ブログ主も基本的にそのように考えてお父ちゃんを観察することにしています。そして、「意味」がはっきりと分かった時にレビューを再開するつもりです。

ただ、一つ言えるのは、お父ちゃんが喜美子ちゃんを翻弄するたびに、喜美子ちゃんは人生の師匠とも言える素敵な人たちと出会っています。

もしお父ちゃんが残念なお父ちゃんでなければ、喜美子ちゃんにこんなご縁はなかったはずです。

皮肉でなく、お父ちゃんはその点では娘の成長の役に立っているんだなって思います。

検索して「パブリカ」観てくださいませ(まなつ、改め、ももこさん:33話)
詳しく教えてくださりありがとうございます!とってもお詳しいですね!

出生届では,前夫(草間)の子として受け取られると思います(文月さん:33話)
里子さんのお子さんの件。詳細にわたる解説をありがとうございます。ドラマの中で、この問題が勃発しないことを祈るばかりです。

常治父ちゃんはせめて「酒」やめるところから始められないもんかなあ(よるは去ったさん:33話)
酒をやめるか減らすかすれば、その分だけでもツケは減りますからね。さらに欲を言えば酒を飲まなくなった時間も、喜美子ちゃんみたいに内職に費やせば、小額ながらもお金も入ってきます。

<<前回33話 | 次回35話>>

第6週 | 第7週 | 第8週 | 第9週
第10週 | 第11週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆきこ より:

    信楽の住人の優しさがかえって仇になってしまったような気がするのですが…ツケを払い切るまで店にあげてやらなかったのも優しさだったと思います信楽から離れて大阪の荒木荘の大人に色々なことを教えて貰えて見聞き出来たきみこちゃんは幸せだったと思います親元を離れて大阪に出てきたから得られたものだってあったはずなのに…そこの所を理解できないでいるのが情けない親ですよね

  2. みいちゃん命 より:

    荒木荘のシーンがなくなると食事シーンが極端に減ると思われるので取り上げておきたい。いま劇中に登場した料理の作り方が、「きみちゃんのレシピ」としてYOUTUBEに連続して投稿されている。
    この朝ドラの料理を担当しているのが広里貴子さんで、「ごちそうさん」以来、大阪放送局制作の7作の料理指導を行っているとのこと。なぜそんなことを知っているかというと、今年5月にMBSの「ごぶごぶ」に久本雅美さんが出演した折に、NHKの朝ドラに出演したいという久本さんに広里さんの料理がふるまわれて、美味しそうだったからだ。

  3. あさのあさみ より:

    喜美ちゃんの話を黙って聞くさださん、大久保さん、雄太郎さんの3人。
    ちや子さんの会社がなくなったり、圭介くんが恋に落ちた理由の一つがわかりました。
    ここに、正義感の強いちや子さんや、ピュアな圭介くんがいたら、「子供の人生は親の物ではない」「家族の犠牲になる必要はない」「自分で稼いだお金で自分の好きな道に進め」とか正論を叫び、喜美ちゃんの決心が揺らいでしまいそうです。
    喜美ちゃんのことを可哀想過ぎると思いながらも、世の中は正論通りにはいかない、ということを長い人生経験から学んでいるであろう大人な3人だけが荒木荘に残ったわけです。
    ただ黙って聞くだけ、寄り添ってるだけのシンプルな態度が、今の喜美ちゃんにとっては何よりもの慰めになっただろうと思います。
    こんなに素敵な荒木荘での3年弱の生活、間違いなく喜美ちゃんの人生の宝物の一つになるでしょうね。

  4. ぱぽりん より:

    常治がどうしようもないクソオヤジであることは間違えないものの、常治のやっていることが解らないでもない。
    オート三輪を買ったのが最近であるなら 「何考えてるの?」 なわけですが、お金を取られたすぐ後ということなので、若い者二人を使う為に(多分)何とか増やした仕事を自分一人でこなそうとしたのでしょう。
    見通しを立てないままに走ってしまったので、悪い目が出て結果、更にどうしようもない状態に落ち込んでしまった。
    「これが、酒も飲まずにやってられるか!」

    で、問題はここから。
    マツはなぜ常治に酒をやめるよう言うことが出来ないのか。
    マツはなぜウソで信楽に呼び戻され、勝手に今の仕事を辞めさせられ、自分の夢を絶たれようとする喜美子を救ってやることを考えないのか。

    NHKホームページ登場人物紹介によれば、マツは大地主の娘で、常治と駆け落ち同然で一緒になったとある。
    マツが現状を変える行動をとらないことに、惚れた弱みで何も言えない、常治の悪いところを客観的に見ることが出来ない、病弱なので子供を連れ常治の下を離れる行動をとれないし、結婚の経緯があって実家を頼ることもできない、等々いろいろな理由を上げることが出来るが、それにしても喜美子に限らず、3人いる娘の誰一人に対しても先を考え守ってやる姿勢を感じ取れない。

    結局、常治一人がダメなのではなく、マツも全く同じ、ダメオフクロ、ということなのでしょう。

    でも、しかし、しかし。
    ドラマの製作に「もう少し何とかしてくれよ」という気持ちが沸くものの、べっぴんさんやわろてんかで顕著に感じた不快感がないのが救いで、今のところ見続けています。

  5. 丹善人 より:

    雄太郎役の木本さん、朝ドラ出たいと懇願して、ギター弾けますか?と聞かれて、弾けないのに、出来ますと答えて役を貰ったそうですが、普通に見てられるくらい指導の甲斐があったようですね。少なくともポケットビスケッツのウドちゃんよりかは上手です。

  6. オペラ座の怪人 より:

    最後、ちや子さんに会えなくて残念だ。

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    ちや子さんは、ほんと、よくできた人物で、
    年上の親友、みたいな、みたいな。

    しかし、ジョージ富士川は
    どうなるんだ!?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    おしまい

  7. よるは去った より:

    ちや子「やめたったああっ!!やめたりましたああっ!!」
    さえずりマスター「ちょっと・・・・・・二日酔いやろ・・・・・。」
    ちや子さんは転んでもただ起きない女性かも。