深野心仙と出会う喜美子 / スカーレット 第37話

2019年11月11日(月)第7週「弟子にしてください!」

あらすじ

火鉢の絵付けに魅了されてしまった貴美子は、絵付けの作業場に足を運びました。するとそこには見知らぬ男がいて、貴美子はその男に追い返されてしまいます。その男の名は深野心仙。丸熊陶業が新たに雇った絵付け師で、日本画家としても著名な人物でした。

丸熊陶業の社長が深野に頼み、喜美子は絵付けをすることを許されました。貴美子は、深野の二人の弟子たちに指導を受けながら火鉢への絵付けに挑み、二人の弟子は喜美子の絵付けの出来栄えを絶賛しました。

喜美子は、一つの火鉢の絵付けをすべてやらせてもらえることになりました。喜美子は夕方になり、家に帰る時間になっても火鉢への絵付けに没頭していました。深野と二人の弟子が帰宅し夜になっても、喜美子は絵付けを続けました。

その頃、常治は飲み屋で仲間たちにある相談をしていました。その相談とは、喜美子の縁談を紹介してほしいというものでした。常治は喜美子を結婚させるつもりでいました。しかし、常治のそんな思惑も知らず、喜美子は火鉢への絵付けに夢中になるのでした。

<<前回36話 | 次回38話>>

第7週 | 第8週 | 第9週 第10週 | 第11週

Sponsored Link

予習レビュー

草間さん、大久保さんに次ぐ、貴美子ちゃんの人生の師匠になりそうな人物が今回あらたに登場します。

日本画家の深野心仙。絵付け師たちに辞められてしまった丸熊陶業が、あらたに雇った絵付け師です。

また、今週からいよいよ貴美子ちゃんはライフワークである陶芸家への道に直接つながる仕事をはじめます。

その仕事の師匠である深野心仙画伯。これまでの人生の師匠よりも、貴美子ちゃんに大きな影響を与えることになるかもしれません。

そんな、重要な新キャラクターである深野心仙。演じるのはイッセー尾形さん。『まんぷく』以来の朝ドラ出演です。

貴美子ちゃんはこれまで人生の師匠とでも言うべき素敵な人物とのご縁に恵まれていました。深野心仙もまた、そんなご縁でつながる素敵な人物でありますように。

一方、家族の縁においては少しばかり残念なところがなきにしもあらずの貴美子ちゃん。お父ちゃんがまた変わった行動を開始。

美術学校に通う夢に代わる、絵付けというあらたな夢を貴美子ちゃんは見つけたばかりだと言うのに、その夢をも奪ってしまうつもりなのでしょうか。

感想

喜美子ちゃんが夢中になれること

ついに喜美子ちゃんが夢中になれることを見つけました!(祝)

中学校を卒業したころ。故郷の信楽で家族や幼なじみたちと一緒に暮らしたいと思っていたのに、大阪で就職することを余儀なくされ。

その大阪で、美術学校に通うという夢を見つけ、その夢をあと少しのところで叶えられるというタイミングで信楽に戻ることになり。

お父ちゃんに振り回されてばかりいた喜美子ちゃんが、ようやく自分のやりたいことを見つけました。

火鉢への絵付けに時間を忘れて没頭する喜美子ちゃんの姿はまぶしかった。朝ドラヒロインらしい姿をようやく見ることができました。

喜美子ちゃんがこの道を進んで行くのには、まだまだいくつもの超えなければならない障害があるはずです。

でも、ここまで来たのだから、もうこれ以上、お父ちゃんに振り回されて欲しくない。それがブログ主の願いです。

お父ちゃんに振り回されて欲しくない

喜美子ちゃんがこれ以上、お父ちゃんに振り回されて欲しくない。

そんなブログ主の願いもむなしく、再びお父ちゃんが喜美子ちゃんの人生を振り回しかねない大きなフラグが立ってしまいました。

喜美子ちゃんの縁談です。

もちろん喜美子ちゃんに良かれと思ってのことでしょう。だから、自分の都合ばかり押し付けていたころよりは、今回のお父ちゃんの行動はまだマシかと思います。

しかし、よりによって喜美子ちゃんがやっとやりたいことを見つけたそのタイミングで、喜美子ちゃんの縁談を進めるとは、相変わらずお父ちゃんは間が悪い。

お父ちゃんが、喜美子ちゃんの知らないところで築き始めた、喜美子ちゃんの人生の障害物。喜美子ちゃんはどうやって乗り越えて行くのでしょうか。

それとも、お父ちゃんに振り回される度に、人生の師匠や大切な友人と巡り合ってきた人とのご縁に恵まれている喜美子ちゃんのことです。

お父ちゃんの暴走によって、素敵なご縁が待っているのでしょうか。

コメントへの返信 by 朝蔵

今、信楽焼の絵付けの火鉢は高級品として売れてる(よるは去ったさん:36話)
生活必需品として売れているのではなく、高級品として売れている、というところに暮らしが豊かになりつつあることを感じます。

戦後の復興期を経て人々の暮らしが豊かになってきたのは家電製品の普及とともに、と思い込んでいましたが、それ以前に豊かになっていたんですね。

『スカーレット』ではじめて知りました。

猫が出なくなってさびしい(丹善人さん:36話)
朝ドラの中で、野良猫だか飼い猫の鳴き声がどこかから聞こえてくるというのはよくありますが、猫が姿をあらわすのはとってもレア。

朝ドラの中に姿をあらわした猫。ブログ主は『ごちそうさん』と『あさが来た』くらいしか記憶がありません。

レアな猫が見れなくなって、ブログ主も寂しいです。猫ロスを癒すためにもBSの朝ドラ放送の直後に『世界ネコ歩き』を放送してほしいです。

ロープもムシロもソレらしいものが何もない三輪トラック荷台。常治は一体何をしている???(ぱぽりんさん:36話)
三輪トラックを購入したものの仕事を請け負うことができず、三輪トラックに投資したお金を回収できずに家計は火の車。

こんな状況かもしれません。

三輪トラックが妙にピカピカしてキレイだったのがブログ主は気になっていました。あれ、仕事してるのかな?って。

<<前回36話 | 次回38話>>

第7週 | 第8週 | 第9週 第10週 | 第11週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. オペラ座の怪人 より:

    絵付けの師匠、
    癖のありそうな人だから、
    弟子入りまでにひと悶着、
    と思ったら、
    「ええよ~、ええよ~」
    良かったね、きみちゃん、

    って、大丈夫か?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    あとでしっぺ返しがあるのでは?

    おしまい

  2. よるは去った より:

    マツ「それで・・・・・これや・・・・・・。」
    マツ母さん、先週の記事で「情けない。」みたいに書かれていたけど、これを機にマツ母さんの株上がるかな。
     昔からよく「塵も積もれば・・・・・・」と言いますから、美術学校に行かせるというところまでは行かなくても、喜美ちゃんが陶芸家として自分の「窯」を持つための資金になるとか・・・・・・・。
    私事で恐縮ですが、「五百円玉」を貯めに貯めて「三百万円」まで行き、「マイカー」を買ったという人の話を聞いて「カッケエエ!」と思い、マネして「五百円玉」貯金を始めて、SV車を一括で買ったのですが、その後も辞められなくて・・・・・。今は豊かな老後の為に続けてます。
    また現在大河ドラマ「いだてん」でビートたけし師と森山未來君が演じている五代目・古今亭志ん生師は「びんぼう自慢」という自伝が出るくらい若年~壮年期は貧しかったそうですが、次男の強次君が親の後継いで落語家になり(三代目・古今亭志ん朝師)、高級外車(アルファロメオスパイダーで当時日本には二台しか無かったとか。)を買いたいと言った時は「『真打』の車じゃねえか。出してやれ。」と言って、りん夫人に二百万円(昭和三十年代の二百万円だから現代では二千万円相当?)にスッパリ出させたいう話を何かで読んだときは「超カッケエエ!」と思いました。
    マツ母さんの思いやりが「カッケエエ」以上の実を結びますように。

  3. よるは去った より:

    喜美子「『入ったらあかん!』みたいな・・・・・。」オープニングの喜美ちゃんと深先生のやり取りは思わず笑えました。
    作業室から閉め出された喜美ちゃんが隙を見て戸を開けようとすると、見抜いていたかのように戸を抑える深先生。その時の喜美ちゃんの表情が何とも(笑)。
    戸田恵梨香ちゃんは結構コメディいけるんじゃないかな?と思いました。