直子と常治が激しく対立 / スカーレット 第38話

2019年11月12日(火)第7週「弟子にしてください!」

あらすじ

願いがかなって火鉢の絵付けをさせてもらえることになった貴美子は、作業に没頭するあまり家に帰るのが夜遅くなってしまいました。喜美子が家に帰ると、常治が酔って暴れた後片付けを家族がしているところでした。

常治が暴れた原因は、泥酔した常治に対して直子が文句を言ったことがきっかけでした。事情を知った貴美子は直子を慰めようとするものの、直子は不満を口にするばかりで、喜美子の言葉に耳を貸そうとはしません。

その翌日。出社した喜美子が、絵付けの作業場に足を運ぶと、喜美子にとってあまりにも意外な事態に遭遇。喜美子が絵付けをしたのは遊びだと、深野たちは思い込んでいたのです。続けて深野は言いました。絵付け師になるには長年の修行が必要だと。

絵付け師になるための険しい道のりを聞かされた喜美子は、自分の考えが甘かったことを知り深く落胆しました。気落ちした喜美子が家に帰ると、川原家に思いがけない人物がやって来ていました。ちや子が喜美子を訪ねて信楽までやって来たのです。

<<前回37話 | 次回39話>>

第7週 | 第8週 | 第9週 第10週 | 第11週

Sponsored Link

予習レビュー

喜美子ちゃんが大阪の荒木荘の女中をやめて信楽に戻ってきたのは、直子ちゃんとお父ちゃんの対立が原因でした。

何かと反抗する直子ちゃんのことが手に負えなくなったお父ちゃんが、自分と直子ちゃんの仲介をさせようと考えたわけです。

今回は、喜美子ちゃんが呼び戻されるきっかけになった、直子ちゃんとお父ちゃんの対立が描かれます。

喜美子ちゃんが荒木荘で女中をしていた頃、信楽の実家で繰り広げられていたと思われる日常の一コマが、貴美子ちゃんの目の前に展開するわけです。

さて、喜美子ちゃんが大阪に働きに出る前よりも、ますます残念な男になってしまったお父ちゃんですが、もうそのことに触れるのはやめにします。

わざわざ、ネガティブなところに意識を注いで人生をつまらなくするのは、あまりにもバカバカしいことなので。

それはさておき、今回はとっても嬉しい出来事が描かれます。

あのちや子ちゃんが信楽までやってきます。もちろん、喜美子ちゃんに会うためです。

感想

喜美子ちゃんは再び「自分のやりたいこと」を断念か?

お父ちゃんがまたしても喜美子ちゃんの行く手をはばみました。

フカ先生の話によれば、もし喜美子ちゃんが絵付け師になりたいのであれば、最低3年は無給で修行する必要とのことです。

でも喜美子ちゃんに無給はあり得ない。だから昼間は食堂の仕事をして、仕事が終わった午後4時以降に修行させてもらうしか道はありません。

しかし、喜美子ちゃんが午後4時には仕事を終えて家に帰らなければ、お父ちゃんが何をしでかすかわからない。

それでは直子ちゃんと百合子ちゃんがあまりにもかわいそうだ。

だから、喜美子ちゃんは絵付け師になるための修行をする時間をとることができない。やっと見つけた絵付け師の道をあきらめるしかない。

美術学校についで、自分のやりたいことを見つけたその直後にあきらめなければならない喜美子ちゃんの境遇。

気の毒すぎて胸が痛くなります。

そんな中、「自分のやりたいこと」という考え方をはじめて喜美子ちゃんに教えてくれたちや子ちゃんがやってきました。

喜美子ちゃんの人生に対して、ささやかながらも影響を与えたちや子ちゃん。明日は、失意の喜美子ちゃんと、どのような会話をするのでしょうか。

コメントへの返信 by 朝蔵

戸田恵梨香ちゃんは結構コメディいけるんじゃないかな?と思いました(よるは去ったさん:37話)
枕を大久保さんに見立てて柔道の技をかけてストレス発散をしていたときのハッチャケっぷりもなかなかのものがありました。

もっとハッチャケたところを見せてもらいたいですね。

いつか結婚する場面が描かれることと思いますが、大阪制作の朝ドラらしい笑える夫婦をを演じてもらいたいです。

余談ですが前作『なつぞら』のヒロインを演じた広瀬すずちゃんも、ハッチャケることが得意なはずなのにハッチャケる場面がほぼほぼなかったのが心残りです。

本作『スカーレット』では、そんな心残りがありませんように。

美術学校に行かせるというところまでは行かなくても、喜美ちゃんが陶芸家として自分の「窯」を持つための資金になるとか・・(よるは去ったさん:37話)
常治さんの娘たちに対する横暴な態度を前にして、娘をかばう素ぶりすら見せてこなかったマツさんでしたが、娘想いの一面をついに見せてくれましたね。

しかも、常治さんの行動をしっかりと先読みした上で、常治さんに妨害されずに娘の夢を守ってあげようという心意気。

常治さんの前では言えなかったけれど、心の中では常治さんの行動に困りはてているんですね。安心しました。

少額づつ貯めはじめた貯金が大きく回収される日が来るといいですね。

癖のありそうな人だから、弟子入りまでにひと悶着、と思ったら、「ええよ~、ええよ~」(オペラ座の怪人さん:37話)
お弟子さんたちからのすべての質問に対して「ええよ~、ええよ~」と、質問の中身など考えずに決まった答えを返すだけ。

さらにお弟子さんの名前はまったくおぼえようとはせずに、数字で呼ぶ。

絵付け、または絵を描くこと以外は、徹底して頭を使おうとしないある意味でストイックな姿勢が素晴らしいと思いました。

天才肌の方ですね。フカ先生は。

草間さん、大久保さんについで、このフカ先生は喜美子ちゃんの人生の師匠になりそうな予感でいっぱいです。

素敵な登場人物がまた一人増えたことが嬉しいブログ主でした。

<<前回37話 | 次回39話>>

第7週 | 第8週 | 第9週 第10週 | 第11週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ろく より:

    1番さん、べっぴんさんの「大急ですから」の小山さんですね!

  2. リキちゃんママ より:

    こんにちは!今日気がついたんですが、1番さん役の方はべっぴんさんの大急百貨店の小山さんの役をやられていた方でした。

  3. ずんこ より:

    深野先生は、一番さんが隠れて泣いていたことをちゃんと知っていたんですね。
    名前は覚えなくても、その様子はきちんと見ていたのですね。
    きっと、さりげなくフォローもされていたのでしょう。
    だから一番さんも二番さんも、先生と仕事をするのがとても楽しそう。
    深野先生大好き、が、とても伝わってきます。
    先代の絵付師の師匠とは、大違いですね。
    周りのお弟子さんたちの、何とピリピリしていたことか…。

    喜美ちゃんの生涯の師として、どんなことを教えてくれることになるのでしょう。
    絵付け以外にも、いろんなことを教われそうですね。

    楽しみです。

  4. izu3 より:

    常治さんを見ていると祖父を思い出します。
    (多分祖父と常治さんは同じ年代かと思います)
    祖父は、私が小さい頃は毎日お酒飲んでは暴れる、なけなしのお金では高級ベルト買ってみたり!とまあ好き放題やってましたわ。
    仕事も家のことも子ども任せで、自分の好きな盆栽に没頭してました。
    だからかな~ダメダメな常治さんも憎めないんですよね(笑)

  5. よるは去った より:

    常治「誰に言うてんねん!!!」
    「ちゃぶ台」引っくり返すとか、あの時代の「オヤジ」たちの図柄みたいなところあったかな。
    梶原一騎先生の「巨人の星」の主人公の父親とかね。
    昭和50年頃から「家庭内暴力」をやらかすガキの図柄みたいになって(しかも『金属バット』付きで)
    現代でも「テーブルクロス」を引っくり返すオヤジとかいるみたいだけど、大抵の場合は「DV」と認定されて「法」の保護のもと「妻子」にポイされてしまうことがあるようで。
    常治父ちゃんも「妻」「娘」が相手だから、あんなだけど腕っぷしの強い「息子」が二、三人いて「金属バット」とかでの反撃喰らいそうになったら、「話せばわかる・・・・・。」になってしまうのかしらん。

  6. 丹善人 より:

    単に絵が好きだと言うだけで、いきなりお金になる仕事が出来るわけがないという、当たり前のことを気づかされるというまだまだ子どもでしたね。というか、そういう当たり前なことを丁寧に描くドラマ作りなんだと。しかし、長女ばかり可愛がる家での次女は嫌になっても仕方がないでしょうね。

  7. ゆきこ より:

    これは…酷いですねヾ(((;ꈡ▱ꈡ;)))ノ エエエッ?直子ちゃんと百合子ちゃんお姉ちゃんが帰って来るまでこんなことがずっと続いてたんだねこりゃ酷いわ残念どころか最早アル中っていう名の病気ですね逆に遅く帰ってきたから分かった事だと思います

  8. オペラ座の怪人 より:

    じょうじお父さんのことは
    つい先日、許したけど、
    撤回します。
    ちゃぶ台返しなんて、
    許しません!

    ι(`ロ´)ノ ι(`ロ´)ノ ι(`ロ´)ノ

    絵付けの先生とその弟子(1号、2号)だけど、
    きみちゃんのこと、遊びと思っていたかあ!?
    先が思いやられますなあ。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    そんな、沈んでいるきみちゃんに
    ちや子さんが会いに来てくれて、
    感動の再会だけど、

    先週土曜日の「次週予告」で
    映っちゃっていたからなあ。
    感動も半分?

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    おしまい