深野に弟子入りして3年 / スカーレット 第43話

2019年11月18日(月)第8週「心ゆれる夏」

あらすじ

喜美子が深野に弟子入りを許され、絵付け師の修行をはじめてから2年半の歳月が経過し、喜美子は21歳になっていました。絵付けの修行をはじめてからの2年半の間、喜美子は絵付けの技術習得の練習を欠かさずに行ってきました。

絵付けの修行をはじめてから、喜美子は失敗して捨てられた焼き物を拾い集めては、自宅で夜遅くまで絵付けの練習に励みました。そんな訓練を繰り返して半年ほどが経過。喜美子はようやく絵付け師として認められることになりました。

昭和34年(1959年)。その年の冬に販売する火鉢のデザインを考案する季節が再びめぐってきた夏。深野は喜美子に言いました。絵付けの新しいデザインを考えてみよ。人から喜ばれるデザイン、誰もが買ってくれるデザインを考えてみよと。

それから喜美子は新しい火鉢のデザインを考え続けました。家に帰っても、仕事をしている間も、家族や、大阪の荒木荘で出会った人々のことを想像しながら、喜美子は深野から言われたデザインとはどのようなものかを考え続けるのでした。

<<前回42話 | 次回44話>>

第8週 | 第9週 第10週 | 第11週

Sponsored Link

予習レビュー

喜美子ちゃんが深野さんの弟子になるかならないかでもめた前週から3年の時間がスキップして新しい週がスタートします。

喜美子ちゃんは21歳。下っ端ではありながらも、すでに絵付け師としての仕事を任されるようになっていました。

この3年の間、深野さんの絵付けにより丸熊陶業の火鉢の生産と販売は順調。

成長を続ける丸熊陶業、先代の絵付け師に辞められてしまい一時は大変みたいでしたが、わざわい転じてなんとかというやつだったみたいです。

そんな中で、ついに喜美子ちゃんが絵付けのデザインを任されることに。

前週までは、自分の道がなかなか開けず、やりたいことが見つかるとお父ちゃんという障害物が入る喜美子ちゃんでした。

でも、今週からいよいよ、喜美子ちゃんは自分の道を見つけ、その道をまっしぐらに歩んでゆくようです。

陶芸家になるのはまだだいぶ先の話のようです。その間にも、お父ちゃんが騒ぎを起こすことがあるかもしれません。

しかし喜美子ちゃんもすでに成人です。

かつてのようにお父ちゃんに振り回されることなく、自分の道を歩んでゆけますように。

感想

今回のドラマの中の時間を整理してみました

今回は時間のスキップの描写が複雑でした。回想が半分くらいを占めていたので。そこで、スキップした時間を整理してみました。

まず冒頭が昭和34年(1959年)夏。

昭和31年(1956年)冬。ここから回想。絵付けの修行をはじめた喜美子ちゃんが、捨てられた火鉢の破片を拾い集めて絵付けの練習を繰り返す。

昭和32年(1957年)夏。丸熊陶業の火鉢の販売は好調。人手不足がフカ先生の悩みです。喜美子ちゃんは自分にもやらせてほしいと申し出るものの、フカ先生はそれを無視。

昭和32年(1957年)冬。喜美子ちゃんはようやく絵付け師として認めら、絵付けの仕事で給金がもらえるように。

昭和33年(1958年)夏。お弟子さんの二人。1番くんと2番くんは、絵付けのデザインに挑戦。しかし、フカ先生のデザイン以外は採用しないと言い切られる。

昭和34年(1959年)夏。再び、絵付けのデザインを考える季節を迎え、ついに喜美子ちゃんは絵付けのデザインを任される。

以上、今回のドラマの中の時間を整理してみました。

コメントへの返信 by 朝蔵

朝蔵さんには師匠と呼べる人はいらしゃいますか(みいちゃん命さん:41話)
私しもいますよ。人生の師匠が。学生時代の先輩です。その先輩のことは学生時代からその生き様に心酔していました。過去数十年間、まったく異なる道を歩んでいますが、今も心から尊敬し、師として仰いでいます。

師匠と呼べる人がいるかどうかで、人生の豊かさは変わってきますね。みいちゃん命さんの人生も心豊かなものであるとお察しします。

そして、素敵な人生の師匠とのご縁が次々にある喜美子ちゃんの人生も、これからますます豊かになってゆくことでしょう。

年月を何年も飛ばすのが好きなドラマですね(アーモンドさん:43話)
子役から何年もの時間をスキップするのは、朝ドラの半分くらいの作品が同じことをしているので定番の展開です。

でも、それ以外で異例なほどに時間のスキップが多いですね。子役ちゃん時代からはじまったのにもかかわらず、放送開始一ヶ月半でヒロインは成人してしまいました。

本作『スカーレット』はヒロインの五十代頃までを描くのだそうで、その分、時間のスキップも早いのでしょうか。

でも『マッサン』のときは主人公の最晩年まで描かれましたが、前半はここまで時間のスキップはありませんでしたね。

戸田恵梨香さんに敢えて「素」を出させる今作の演出(ひるたまさん:41話)
おっしゃるとおり、雄太郎さんの姿に喜美子ちゃん、ではなくて戸田恵梨香さんが本気で笑っていたように、戸田恵梨香さんは今回もフカ先生の姿に本気で心を打たれている様子でしたね。

まるでドキュメンタリー映像を見ているかのようでした。

一見すると地味なドラマながらも、実はそれまでにないような演出に果敢にチャレンジしているような気がします。

さすが大阪が制作する朝ドラです。

実はとんでもなく激しい気性の持ち主で、ゆくゆくは常治さんと立場が逆転してふんぞり返ってるくらいになってもらいたい(はままさん:41話)
お父ちゃんは喜美子ちゃんにたよりっきり。一体、どっちが親なのかよくわからないレベルです。

お母ちゃんもまた、喜美子ちゃんが信楽の実家に戻ってきてから喜美子ちゃんにたよりっきり。そして喜美子ちゃんにたよりながら、少しづつ強くなってきた気がします。

喜美子ちゃんが大人になるにつれて、お母ちゃんがパワーアップするかもしれませんね。

それにしても娘に育てられる両親。なかなかめずらしい朝ドラですね(笑)

来週から心待ちにしていた福田麻由子ちゃんの登場(丹善人さん:42話)
リトル百合子ちゃん。終わってしまいましたね。『マッサン』の主人公夫婦の幼女・リトルエマちゃんがお気に入りだったので、リトル百合子ちゃんの笑顔には癒されました。

お父ちゃんのちゃぶ台返しにはもう慣れてると言った百合子ちゃん。福田麻由子ちゃんにバトンタッチして、お父ちゃんのちゃぶ台返しにたびたび遭遇することになるのでしょうか。

成長した百合子ちゃんとお父ちゃんの関係が心配です。

幼なじみっていいですね(23号さん:42話)
ブログ主は幼なじみとは一人残らず縁が切れてしまいました。だから、悶絶するほどうらやましかったです。喜美子ちゃんたちの3人組が。

なつぞらのなっちゃんが東洋動画に入った時の線を書く練習をするシーン(リキちゃんママさん:42話)
喜美子ちゃんの線を引く練習場面に既視感を感じながらも思い出せずにいました。たしかになっちゃんが同じことをやってましたね!

しかもそれを「寄り道」と表現されたところも素敵です(にゃんこさん:42話)
にゃんこさんはもしかすると「絵」や「イラスト」に関するお仕事をされているのでしょうか。コメントが妙にリアルだったのでそう思いましあ。

そしてフカ先生の「寄り道」。そのはからいの粋なところ。そして言葉の選び方の絶妙なところ。本当に素敵な師匠です。喜美子ちゃんは幸福です。

朝ドラからまたお宝のようなセリフをもらった(みいちゃん命さん:42話)
朝ドラは、宝石みなたな言葉が散りばめられているところが魅力の一つですね。ブログ主は『ちりとてちん』の塗り箸の言葉の教えの言葉が心の宝物です。

常治父ちゃんの株上がるかな?(よるは去ったさん:42話)
いろいろと困った問題を抱えているお父ちゃんですが、喜美子ちゃんのことが本当に好きなんですね。そして心から信頼してるんですね。

お父ちゃんの晩年。ようやく「大人」になれた頃のお父ちゃんに、泣かされるような気がしてきました。今はそのための準備期間なのでしょう。

「ちりとてちん」の順子ちゃん(璃織さん:42話)
機会があったらぜひ『ちりとてちん』をご覧になってください。順子ちゃんは本当に素晴らしかった。この作品ほど笑えてこの作品ほど泣けた作品はありません。

「自由は、不自由やでぇ!」(ずんこさん:42話)
ジョージ富士川先生のこの言葉を聞いて思い出したのは小学校・中学校時代の夏休みの「自由課題」でした。好きやれと言われると本当に困惑しました。自由は不自由でした。

しんさくくんの卒業祝の残りですよね(いちさん:42話)
いただいたコメントでスッキリしました。おはぎが一つしかなかった理由がやっとわかりました。残った材料で一つだけ自分たちのためにつくったのかもしれませんね。

今週は、何だか「ちりとてちん」を彷彿とさせると言うか、似ているな…と感じました(tonkoさん:42話)
ヒロインの幼なじみの照子ちゃんが地元の伝統産業を代表する会社の社長令嬢、というところも『ちりとてちん』にそっくりですね。

もし喜美子ちゃんの相手役がフカ先生のお弟子さんの一人だったりしたら、『ちりとてちん』とほぼほぼ同じですが、そこは避けて通ったみたいです。

「10代のような演技をしなかった」(ぱぽりんさん:42話)
戸田さんは10代に見えることを完全に捨て切ってましたね。いさぎよいほどでした。だからセーラー服を着る必要がない女中時代は違和感なく見ることができました。

これからはもっと違和感なく見ることができるでしょうね。『SPEC』の戸田さんがとても好きだったので、戸田さんらしさをこれから楽しめるのではないかと期待しています。

<<前回42話 | 次回44話>>

第8週 | 第9週 第10週 | 第11週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いち より:

    時系列整理、ありがとうございました!

  2. はまま より:

    朝蔵さんが整理されたとおり、前半はスキップした期間を回想する形でしたね。
    とっとと先に進んでしまうよりは、みせ方として面白いなと思いました。
    ただ、喜美ちゃんのオープニングと同じ服装に戻ったのと、直前のナレーション、
    さらに喜美ちゃんのセリフ「今年も いよいよ この時期が来ましたね。」によって、
    現在のシーンに戻ったことを表現されたのでしょうが、1回きりの視聴者には、
    ちょっとわかりづらかったかも知れませんね。
    回想中は「昭和33年(1958)冬」などテロップ表示していたのですから、
    現在に戻った時点で、もう1回ナレーションかテロップがあっても良かったかな?
    とも思いました。

  3. 丹善人 より:

    3年いきなり飛ぶと聞いていたのでどうなるかと思ってましたが、きっちり途中経過を見せてくれたので安心しました。お給金貰えることになって喜ぶ父と娘。その間大変だったでしょうね。
    しかし、田舎の中学校で金賞を取ったところで井の中の蛙。思いっきり世間の広さを思い知らされましたね。どれだけ才能があっても、すぐにはお金には結びつかないという、これまた現実をしっかり教えてくれます。

  4. オペラ座の怪人 より:

    母一人+娘三人=計4人、仲良しで良いですなあ。

    (⌒▽⌒)(^◇^)(⌒▽⌒)

    一方、お父ちゃんは、飲んだくれで、
    私も、何度も、批判していますが、

    それでも、きみちゃんが絵付で認められると
    あのイケメンで万歳してくれて、
    グッときます。

    北村さんって、確か、エアコンお掃除のCMをやっていて、
    それも、超イケメンで、グッときちゃいます。

    ( ̄。 ̄)(* ̄。 ̄*)

    おしまい

  5. よるは去った より:

    心仙「誰からも『エエなあ』言うてもらえるような・・・・・・・。」
    確かに学校の「展覧会」の審査員の先生の目と高い金出して「絵付け火鉢」買う人の目は違いますわな。
    百合子「最近はうちの作ったご飯の方が・・・・・。」に近いような感覚が求められるのかな?

  6. アーモンド より:

    年月を何年も飛ばすのが好きなドラマですね。子役から6年、荒木荘の女中も一気に2年、絵付けの弟子入りから3年。