深野の長崎での新たな道 / スカーレット 第52話

2019年11月28日(木)第9週「火まつりの誓い」

あらすじ

八郎は偶然に耳にした深野が口にしたこと。深野から直に聞かされたことを、喜美子の前で口をすべらせてしまいました。深野がこれからどうするのか、ただ一人聞かされていなかった喜美子は、八郎を問い詰めました。

八郎から聞かされた事実に喜美子は激しく動揺しました。深野は丸熊陶業を辞めることを決めていました。さらに長崎に住んでいる自分よりもはるかに若い陶芸家に弟子入りするつもりでいたのです。

喜美子は、自分も丸熊陶業を辞め、深野の後を追って長崎に行くべきかどうか迷いました。一方、照子は喜美子が長崎に行ってしまうのではないかと考えていました。照子の懸念に対して、敏春は喜美子が望むなら長崎に行ってもいいと考えていました。

そんな中で喜美子は、深野と二人の弟子たちと食事に行きました。そして、深野本人の口から長崎での弟子入りを決めた経緯を聞かされました。深野の二人の弟子たちも、それぞれが進む道を決めていました。

<<前回51話 | 次回53話>>

第9週 | 第10週 | 第11週 | 第12週 | 第13週

Sponsored Link

【速報】『ひよっこ2』再放送情報

大晦日の午前中に『ひよっこ2』が再放送されることになりました!

各回30分、全4回からなる『ひよっこ2』を一挙に放送。本放送は四夜連続でしたが、今度は一日ですべてを観ることができます。

放送日時は以下の通りです。

2019年12月31日(火)
午前8時15分から午前10時15分

予習レビュー

喜美子ちゃんと二人のお弟子さんが尊敬してやまないフカ先生が、丸熊陶業を辞めて新しい道を歩みはじめることになりました。

自分よりもずっと若い新進陶芸家に弟子入りするのだとか。

人から重鎮と言われるような年齢とキャリアを持ちながら、自分の息子と同じくらいの年齢か、もしかするともっと若い人を師匠にしようという探究心が素敵です。

しかし、その一方で喜美子ちゃんが気の毒でなりません。

何年も師事してきた、絵付けの師匠でもあり人生の師匠でもある大事な存在を失ってしまうわけですから。

ここまで、いつもはお父ちゃんの自分の人生を振りまわされてきた喜美子ちゃんでしたが、はじめてお父ちゃんとは無関係なところで人生の岐路に立ちました。

喜美子ちゃんはどのように決断をくだすのか。

お父ちゃんのわがままとは関係のないところで、喜美子ちゃんははじめて自分の歩むべき道を決めることになるのでしょうか。

感想

フカ先生とのお別れの日

フカ先生とのお別れの日が近づいてきました。

丸熊陶業の先代の社長・秀男さんと、丸熊陶業を承継した敏春。先週、この二人の経営への考え方の違いが描かれましたが、すべてはフカ先生の旅立ちのフラグだったんですね。

敏春さんはフカ先生が時代遅れだと断じていましたから。

そんな敏春さんに、フカ先生が追い出される格好で信楽を去ってしまったとしたら。喜美子ちゃんにとっても、視聴者にとってもこれほど切ない展開はなかったでしょう。

でもフカ先生は自ら身を引きました。

しかも身を引いただけではなく、新しい挑戦をすることに決めました。自分の息子と言っても差し支えない年齢の若者に弟子入りすることを決めました。

時代遅れとまで言われてしまったフカ先生ですが、若い師匠のもとでさらに磨きがかかり、時代の最先端の芸術家として、ドラマの中に再び登場してほしいものです。

ジョージ富士川あたりと意気投合するような突き抜けた爺さんになって、敏春さんをあっと言わせてほしいものです。

コメントへの返信 by 朝蔵

大切にしていた深先生の絵を、数日分の米と卵に替える思い切りの良さ(みいちゃん命さん:50話)
八郎くんが、かつて実家にあったフカ先生の日本画を、その日を食いつなぐために売ってしまったというエピソードの目的を、ブログ主は次のようにしか解釈していませんでした。

やむを得ない事情とはいえ大事な日本画を売ってしまったとい事実。

わざわざ口に出さなければ誰にも知られるはずはなかった事実を、涙ながらに打ち明けることで八郎くんの誠実さを際立たせるため。

今後の、八郎くんのまさかの行動のフラグとまでは想像できませんでした。

ところで、実在モデルは妻の弟子と駆け落ちしたそうですが、朝ドラの中ではそこまでは描かないかなという気もしています。

いくらなんでも朝からこんな展開を描くのは、あまりにもエグい。エグすぎます。

年明けの放送回に登場する喜美子ちゃんの女性のお弟子さん。彼女が引き起こす騒動はもう少しだけ穏便なものであってほしいと思います。

せめて、女性のお弟子さんが八郎くんに一方的に惚れてしまい、そのことが誤解を生んで騒ぎが起こる。

せめてこれくらいの騒ぎだと安心して見ていられそうです。

嫌な思い出だ(オペラ座の怪人さん:51話)
オペラ座の怪人さんが川原家のお父ちゃんのことを苦手に思う理由がはっきりとわかりました。嫌な思い出がよみがえるのはつらいことですからね。

実はブログ主も、川原家のお父ちゃんを見ていると嫌な思い出がよみがえってきてしまって、ときおり、耐えがたいほどなんです。

このブログで朝ドラのレビューをはじめて以来、どれほど残念な人物や悪役ですらもネガティブにとらえなかったブログ主が、川原家のお父ちゃんだけは、これまでとは異なる反応を示したのは、そこに理由があります。

一日も早く、川原家のお父ちゃんにはもっと真っ当な人間になってもらいたいです。もうとうに不惑の年代なのだから、いいかげん大人になってもらいたいです。

そうしないと三姉妹が不憫で不憫で。とりわけ百合子ちゃんが気の毒過ぎます。喜美子ちゃんほど強くもなさそうですし。

3年間は無給だということを受け入れて(丹善人さん:51話)
喜美子ちゃんが絵付けの修行に入れたのは、たしか丸熊陶業の社員食堂で働きながら、朝と夜だけフカ先生のところで修行をさせてもらう。

そんな状況だったと記憶しています。

そして修行が無事に終わり、それまで無給だった絵付けの仕事で給料をもらえるようになる。そんな展開だったかと。

記憶違いでしたら申し訳ないです。

いずれにせよ、短大の進学はかまわないが高校への進学はダメ。

目の前の状況を解決するメドは立たないと、お父ちゃんなりに冷徹に現実に見据えているようですね。

そのリアリストぶりを発揮して、お酒を飲む時間も仕事に充てればいいのにとブログ主は切に願っています。

そうでもしてくれないとゆりこちゃんが気の毒過ぎます。

本当に考えてないですね(ゆきこさん:51話)
家計が苦しいのだから百合子ちゃんは高校に進学しなくて当然みたいにお父ちゃんは考えてますが、お父ちゃんの被害者意識は突き抜けてますね(笑)

家計が苦しいのは社会が悪いから。自分は社会の被害者だ。だから娘が高校に進学できないのは社会のせいだ。自分がとがめられる理由などない。

そう言いたいのかとさえ思うほどです。

人のせいにする。社会のせいにする。そういう人はいつまで経っても成長しないのは、時代を超えた真理ですね。

あらたなたまり場(にゃんこさん:57話)
朝ドラといえば主要登場人物たちのたまり場としての飲食店。

大阪編では雄太郎さんがアルバイトをしていた喫茶店が近所にあり、また荒木荘の共有スペースもまた面々のたまり場になっていました。

それが信楽にはない!

お父ちゃんだけが飲み屋というたまり場に行ってましたが、喜美子ちゃんなどヒロインの周辺の面々が集まるたまり場がないことに寂しさを感じていました。

それがやっとできますね。

しかもそれが信作くんの実家というのがまた嬉しい。喜美子ちゃんや照子ちゃんが通いやすいですからね。

でも、照子ちゃんはともかく、喜美子ちゃんは喫茶店に行くお金なんてあるのかな?

<<前回51話 | 次回53話>>

第9週 | 第10週 | 第11週 | 第12週 | 第13週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きりあす より:

    3日前の放送ですが、、何度見てもいいなぁと思うので、コメントさせていただきます。

    事務所で若社長に照子の赤ちゃんの話題をした時に、人間味が出てたのが良かったです。
    今まで、冷静であまり人間味が感じられない描写だったので、
    「聞いた?」と父親になる嬉しさが表れていて、とても好印象でした。

    役者さんは、本田博太郎さんの息子さんなんですね。

  2. よるは去った より:

    八郎「痛かったわ~。」
    喜美子「しつこい・・・・・・・(笑)」
    八郎君のボケっぷりもなかなかです。

  3. 丹善人 より:

    不死鳥のようなフカ先生って、本当にかっこいい!
    戦争によって日本画でやっていく道が終わっても、
    戦争が終わって死んだような状態で「絵付け」という
    新しい世界で復活して。火鉢が終わりを告げようと
    しても、また新しい世界に飛び込もうという勇気。
    師匠となる若い人は驚くでしょうね。驚かせることを
    楽しみとしている、そんなお茶目なところが何度も
    復活をしようとするフカ先生の原動力なんでしょうね。

    「ええよう」という口癖は、自分の人生に対しても、
    思ったようにすれば良いという、自分に向けての
    エールなんでしょうね。

  4. オペラ座の怪人 より:

    今日も前半の、
    青年との2人のシーンは
    冗長でしたなあ。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    そこ行くと、
    後半の、
    事務所での社長とのシーンと、
    飲み屋でのシーンは、
    一気呵成でした。

    予習をしないから、
    今後の展開、
    さっぱり分からないけど、

    きみちゃん、
    長崎に行くのか?
    信楽でがんばるのか?

    ヾ(・◇・)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ(・∀・)ノ

    おしまい