スカーレット 第12週「幸せの大きな一歩」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』
2019年12月16日 〜 12月21日放送

あらすじ

陶芸展で受賞を目指す八郎

昭和35年(1960年)正月。陶芸展で賞を取ることを喜美子との結婚の条件にされた八郎は、陶芸展に出品する作品づくりにはげんでいました。

その一方で八郎は、大野からコーヒーカップの注文を受け、陶芸展に出品する作品づくりと並行して、コーヒーカップづくりにも追われていました。

喜美子がはじめて作陶を手がける

作品づくりとコーヒーカップづくりに追われる八郎を手伝うため、喜美子は八郎のもとに通い続けていました。

そして、八郎を手伝うために喜美子がつくりあげたコーヒーカップの出来栄えの良さが、八郎を驚かせます。

常治が喜美子と八郎のために・・・

喜美子と八郎の結婚がかかっている陶芸展の当日が近づく中、喜美子と八郎の結婚に対して厳しい条件を出した常治は、喜美子に隠れてあることを進めていました。

常治は、八郎が陶芸展で賞を取ることを信じていました。そして、喜美子と八郎の結婚に備えて家の増築を進めていたのです。

<<前週 第11週 | 次週 第13週>>

Sponsored Link

予習レビュー

ついに喜美子ちゃんのコアな才能が目覚める?

本作『スカーレット』のヒロインのライフワークは陶芸家ですが、このページを投稿した2019年11月22日の時点では、喜美子ちゃんはまだライフワークの才能には目覚めていません。

喜美子ちゃんの秘められた才能がはじめて外にあらわれたのは、子供時代。自作した紙芝居の出来栄えを草間さんが大絶賛してくれたときのことです。

そのとき以来、絵を描くことが喜美子ちゃんの好きなことになり、中学生時代には校内コンクールで金賞をとることができました。

中学校卒業後、女中業をする中でちや子ちゃんと出会い、自分が好きなこと、やりたいことは何かに向き合う中で、美術学校に通うという夢を「発見」。

この夢は叶えることはできませんでしが、信楽に戻ってから絵付けという仕事と出会うことによって、やりたいことと仕事がはじめて一致しました。

でも、陶芸家になるというアイデアはここまでの喜美子ちゃんにはありません。

しかしついに、たまたま八郎さんの仕事を手伝ったことがきっかけとなり、喜美子ちゃんは自分の才能がどこにあるのかに気づくのか。

それとも、八郎さんが喜美子ちゃんの才能に驚いて、陶芸家の道へと導かれるのか。

どちらかはわかりませんが、八郎さんを手伝うためにつくったコーヒーカップがきっかけとなって、ついに喜美子ちゃんは陶芸家の道の第一歩を踏み出すようです。

お父ちゃんの意外すぎる行動

なんと、あのお父ちゃんが喜美子ちゃんのためにびっくりするような働きをします。

喜美子ちゃんと八郎くんの結婚が決まっていないというのに、喜美子ちゃんには知られずに新婚の二人のための家の増築を行うのだそうです。

ブログ主にとって、喜美子ちゃんのお父ちゃんの存在は、このブログ史上初となるあきれて見放した登場人物でした。

しばらくお父ちゃんについてのレビューはしないと、ある時期に宣言しました。

しかし、今週のお父ちゃんの行動によっては、レビューはしない宣言を撤回することになるかもしれません。

ぜひ、そうなってほしいものですが、ひとつだけ気になる点があります。

ドラマの展開の定番中の定番。意外なほどに良いことが起きた後には、悪いことや悲しい出来事が待っているものです。

そんな、定番の出来事のフラグめいたものが次週に描かれるようです。

<<前週 第11週 | 次週 第13週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする