スカーレット 第13週「愛いっぱいの器」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』
2019年12月23日 〜 12月28日放送

あらすじ

喜美子27歳、長男・武志4歳

八郎は陶芸展で賞を取ることに成功。常治は、喜美子と八郎が結婚することを認め、二人は夫婦になることができました。

それから数年が経過。喜美子は27歳。喜美子と八郎の間に生まれた長男・武志は4歳になっていました。

食器づくりで家計を支える喜美子

その頃、八郎は陶芸家として活躍し、喜美子に支えられながら陶芸展に出品する作品づくりに励む日々を送っていました。

一方の喜美子は、収入がごくわずかしかない八郎に代わって、食器などをつくって家計を支えていました。

常治が体調をこわす

そんな中、川原家の家族たちが動揺する事態が発生しました。常治が体調をこわし、倒れてしまったのです。

健康を損ねて思うように動けなくなった常治のために、喜美子は皿づくりをはじめ、その絵付けには家族たちも加わるのでした。

<<前週 第12週 | 次週 第14週>>

Sponsored Link

予習レビュー

喜美子ちゃんの長男が登場

前の週から数年スキップして、喜美子ちゃんと八郎くんの間に生まれた長男は4歳になっているところから今週はスタート。

結婚してすぐに喜美子ちゃんが妊娠した場合であれば、前の週から5年。すぐに妊娠していなければ、前の週から5年以上は経過したことになります。

この頃、すでに喜美子ちゃんは絵付け師から陶芸職人に転身しているようです。お客さんから注文を受けて食器を作るのか、それとも丸熊陶業の下請けか何かをするのか。

詳しいことはまだわかりません。

一方の八郎さんは陶芸家です。自分独自の芸術作品を作る陶芸家です。だから、名前が売れない限りは作品も売れません。作品も売れないから収入がない。

そこで、喜美子ちゃんが売れる食器をつくることで家計を維持しているというのが、今週の喜美子ちゃん・八郎くん夫婦の状況です。

前の週で視聴者の涙腺を刺激するお父ちゃんが・・・

前の週の予習レビュー欄で次のようなことを書きました。

意外なほどに良いことが起きた後には、悪いことや悲しい出来事が待っているのが、ドラマの展開の定番中の定番だと。

前の週、お父ちゃんが、まだ結婚が決まっていない喜美子ちゃんのために、新婚夫婦が暮らす部屋の増築をするというまさかの行動に出ました。

このまさかの行動は、悲しい出来事の前触れかもしれないと考えていたら、心配な展開になってきました。

お父ちゃんが体調を壊してしまう。

しかも、そんなお父ちゃんをはげますために家族総出で絵付けをするのだとか。

風邪をひいたくらいでは、いくらなんでも家族でここまでのことはやらないでしょう。体調がとても悪いから家族がこんな行動に出るに違いありません。

視聴者の涙腺を激しく刺激するようなエピソードが描かれたその直後の週の、体調をこわしたお父ちゃんがどうなってしまうのか。

心配でなりません。

<<前週 第12週 | 次週 第14週>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする