川原家にやって来る八郎 / スカーレット 第60話

2019年12月7日(土)第10週「好きという気持ち」

あらすじ

八郎から陶芸を教えてもらうようになった喜美子は、日を重ねるほどに陶芸の魅力にとりつかれ、作陶に没頭するようになってゆきました。

そして、喜美子が陶芸に夢中になるのと同時に、二人は心の距離を縮めてゆきました。

そんな中、喜美子が大阪に働きに出る直前に信楽の山中で拾った古い信楽焼のかけらを、喜美子は八郎に見せる約束をします。

その翌日、信楽焼のかけらを見せてもらうために八郎が川原家にやってきました。

物腰のやわらかな八郎のことを、川原家の家族は喜んで迎えました。

一方、信作が企画をすすめている「お見合い大作戦」に八郎が参加することを知った喜美子は、複雑な気持ちを胸に抱いていました。

ほどなくして、八郎は「お見合い大作戦」に参加するために川原家を去ってゆきました。

喜美子の気持ちを察したマツ、八郎を追いかけるよう喜美子の背中を押すのでした。

参考:Yahoo!テレビ

<<前回59話 | 次回61話>>

第10週 | 第11週 | 第12週 | 第13週

Sponsored Link

予習レビュー

ついに喜美子ちゃんの恋バナが、誰の目にもわかるレベルではじまります。

おそらくは喜美子ちゃんが八郎くんから陶芸を教わる過程で、二人の距離が縮まってゆくさまは描かれるものと思われます。

八郎くんの結婚観の話など、密室で(昭和半ばの)若い男の子と女の子がかわす会話としては際どい話題も出てきます。

きっと、この一週間は恋バナのフラグがところどころに立つことになるのでしょう。

でも今回はフラグではなく、喜美子ちゃんが八郎くんに対して抱いている気持ちをはっきりと自覚し、さらにその気持ちをあらわす行動に出ることになります。

もしかすると、さらに一歩踏み込んだ行動にも出るかもです。

ところで事前にアナウンスされた今回のお話の中でお父ちゃんの姿が見えません。お父ちゃんが八郎くんに対してどのような態度で出て来るのか、ブログ主は心配でなりません。

またしても喜美子ちゃんが、お父ちゃんに振り回されたりしないといいのですが。

というわけで喜美子ちゃんの恋バナがはじまりましたが、今週はここでおしまいです。次週、喜美子ちゃんの恋バナが本格的な展開を見せるのでしょうか。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回59話 | 次回61話>>

第10週 | 第11週 | 第12週 | 第13週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする