常治の葬儀が終わった後 / スカーレット 第76話

2019年12月26日(木)第13週「愛いっぱいの器」

あらすじ

常治の葬儀が終わりました。葬儀の喪主をつとめた八郎に喜美子は礼を述べました。喪主のあいさつで八郎が常治をたたえてくれたことに、喜美子は感謝の言葉を告げました。

二人仲良くしろという常治がのこした言葉がきっかけとなって、喜美子はそれまですれ違いが続いていた八郎と向き合いました。夫婦関係のことや働き方のこと。喜美子と八郎は、久しぶりに本音で話し合い、お互いの気持ちを確かめ合うことができました。

ほどなくして直子が東京から信楽の実家に帰ってきました。そのとき直子は、見知らぬ青年・鮫島を連れてきました。直子が常治の最期に間に合わなかったことを喜美子が詰ると、常治の死に目に立ち会えなかった理由を、直子は涙ながらに語り始めました。

亡くなる間際に常治は、二度までも直子に電話していました。実家に帰ってこなくていいと直子に電話で話していました。生前の常治に対して反発ばかりしていた直子は、最期くらい常治の言うことを素直に聞こうと考えていたのです。

<<前回75話 | 次回77話>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週

Sponsored Link

予習レビュー

ついにお父ちゃんが亡くなりました。

前回の予習レビュー欄では、ブログ主は次のように予想しました。お父ちゃんは第76回で亡くなるのではないかと。

しかし今回、第76回はお父ちゃんの葬儀が終わったところからスタート。

もしかすると第75回の放送でお父ちゃんは亡くなってしまうのかもしれません。

お父ちゃんの死をめぐっては、ブログ主はもう一つ気になっていることがありました。それは直子ちゃんの帰省のタイミングです。

直子ちゃんが信楽に戻ってくることだけは事前に分かっていましたが、そのタイミングはどう考えてもお父ちゃんの死に目に会えない。

それでいいのか!?直子ちゃn!と、心配していたのですが、案の定、直子ちゃんが信楽の実家に戻ってきたのはお父ちゃんの葬儀が終わった後になってしまいました。

しかし、直子ちゃんには事情があったようです。

一体、直子ちゃんにはどのような事情があったのか。そして、お父ちゃんの死を直子ちゃんはどのように受け止めるのか。

また、直子ちゃんが東京から連れてきた鮫島青年の存在などなど、直子ちゃんのことがとっても気になる『スカーレット』第76回です。

感想

直子ちゃんの将来は明るい

電話の向こう側にいる実家のお父ちゃんの言葉を聞いて、お父ちゃんの言葉を察する直子ちゃんの父親想いに、今回もまた涙腺をやられました。

「直子は帰ってこなくていい」

お父ちゃんのこの言葉を直子ちゃんはしっかりと受け止めていました。かっこいいままのお父ちゃんでいたいと言う気持ちを直子ちゃんは理解していました。

お父ちゃんの死に目にあえなかったことが、直子ちゃんの心に何らかのダメージを与えるのではないかとブログ主は心配していたのですが、心配は不要のようです。

むしろ、最期にお父ちゃんの言うことに素直に従うことができて、それまでお父ちゃんに反発ばかりしていた過去を清算できました。

そして、思い出の中は、元気なお父ちゃんしか残っていない。

さらに!

直子ちゃんが連れてきた鮫島くんは、礼儀正しい好青年!

直子ちゃんの将来は明るい!と確信することができました。三姉妹の中で一番不安定な直子ちゃんのことがいつも心配でしたが、これからは喜美子ちゃん以上に安定するかもしれませんね。

【速報】第14週&第15週のページを更新しました!

第14週と第15週のページを更新しました!第14週と第15週で新たに判明した情報は次のとおりです。

第14週「新しい風が吹いて」新着情報

・フカ先生からの年賀状が喜美子ちゃんと八郎くんに届く。
・フカ先生のお弟子さん、一番さんと二番さんが再登場。
・一番さんと二番さんが連れてくるのが若い女性陶芸家の松永三津。
・三津ちゃんは喜美子ちゃんではなく八郎くんに弟子入りする。
・百合子ちゃんと信作くんがさらに急接近

第15週「優しさが交差して」新着情報

・八郎くんは陶芸家として知名度がアップし銀座で個展を開くほど。
・喜美子ちゃんに珈琲茶碗を大量に注文したひろ恵さんが再登場。
・ひろ恵さんが小皿を大量に注文してくれる。
・信作くんがついに川原家に結婚の申し込み。
・喜美子ちゃんが展覧会に出品!陶芸家への第一歩か?

第14週&第15週のページへのリンク

第14週「新しい風が吹いて」
第15週「優しさが交差して」

コメントへの返信 by 朝蔵

「串カツ」の約束を常治父ちゃんに代わって数年後に果たすのは(よるは去ったさん:75話)
大野家に嫁入りした百合子ちゃんがお手製の串カツを義理のお父ちゃんに振る舞い、亡き常治お父ちゃんと義理のお父ちゃんの約束をはたす。

そんな展開になったら素敵ですね。

今日のお父ちゃんの臨終場面涙涙です(アーモンドさん:75話)
常治お父ちゃんはいろいろと問題のある人でしたが、家族への愛はホンモノでした。そのことを家族もみんなしっかりと理解してましたね。だから悲しいけれど幸せな最期であったとも思います。

ほな、またな(オペラ座の怪人さん:75話)
眠るように亡くなるとは常治お父ちゃんみたいな最期のことを言うのでしょう。苦しまずに逝けて幸せでした。

少し前までかなり苦しそうだったので心配してました。最期、苦しまないといいなって。

リアル八郎さんをググりました(きゅうぽんさん:75話)
リアル八郎さんって、そんなにまでワケありの方だったんですか!?

結婚直前のころ、八郎さんが喜美子ちゃんに対して「わいも男やで」みたいなことを言って迫ってましたが、あれが八郎さんの本質なのかもしれませんね。

来年、どんなことになってしまうのでしょうか。

最後にきみ子を、きみ子だけを呼び寄せて、頭をポンポン(オペラ座の怪人さん:75話)
父親としてひいきはできませんが、本音のところではおそらく三姉妹の中で喜美子ちゃんが一番かわいかったんでしょうね。お父ちゃんは。

そんな最愛の娘に苦労をかけてしまった。青春を台無しにしてしまった。そんな後悔の気持ちも込められていたような気がします。頭をポンポンに。

スカーレット第75話は自分の中で神回として記憶されると思う(みいちゃん命(欅の)さん:75話)
ブログ主は、命の恩人の常治さんとの約束をはたすことができず、涙ながらに酒をあおる大野のおじさんに寂しげな姿が脳裏に焼き付いて離れません。

そして、そんな親父の背中を押してマツタケ狩りに誘った信作くん。男前でした。この後、信作くんと百合子ちゃんが結婚しても安心して百合子ちゃんを任せられそうです。

おばあちゃんの死がきっかけで人が変わった信作くん。常治さんの死がきっかけでさらに脱皮するかもしれませんね。

松茸をみて大騒ぎしていましたが,当時はそう大騒ぎするほどのことではなかったはずです(文月さん:75話)
ドラマの中に出てきたマツタケは、山の中で採ってきたもの。無料です。だからたしかに騒ぐほどのものではないですね。

ブログ主の実父は、戦時中に親戚の家に疎開していました。都会ほどではないにせよ田舎でも食べ物に不自由した時代。マツタケだけは裏山でいくらでも採れたと言ってました。

クソ親父ロスになりそうな(丹善人さん:75話)
悪い意味でインパクトの強いキャラクターでした。常治お父ちゃんは。そのインパクトの強さゆえにロスになりそうですね。

いつかこのお父ちゃんに泣かされる日が来るのだろうとは思ってましたが、こんなに早いタイミングで泣かせされるのは想定外でした。

来年の2月か3月あたりに泣かされるだろう。そんな予想をしていました。また予想がはずれてしまいました。

常治さんのツン(隠れデレ)キャラ大好きでした(信楽焼のタヌキさん:75話)
お父ちゃんのツン(隠れデレ)キャラのうち、隠れデレの部分が、お父ちゃんの最期に発揮しましたね。

喜美子ちゃんだけを呼び寄せて、おそらく3歳の頃の喜美子ちゃんの面影を思い出していたのでしょう。頭ポンポン。泣けました。

最期にお父ちゃんが一番幸せだった頃に戻れたようで嬉しかったです。

お父ちゃんのわがままをお母ちゃんがしっかり受け入れてくれていた(丹善人さん:75話)
喜美子ちゃんが子供のころ。たしかお父ちゃんが喜美子ちゃんを殴る場面があったと記憶しています。

あのとき、お母ちゃんはお父ちゃんに対して何も言いませんでした。そして、ブログ主はそのことが大いに疑問でした。このお母ちゃんは子供をかばわないのかって。

あの場面も、お父ちゃんのわがままをお母ちゃんがしっかり受け入れてくれていたことをあらわしていたのですね。今になってわかってきました。

こんなお父ちゃんならおらん方がマシ(Anneさん:75話)
視聴者の大部分はお父ちゃんに対して心の底から腹を立てていたかと思います。でも、そんなお父ちゃんの姿を見て涙を流す日が来るとは。

どれほど残念な人にも優しい眼差しを注ぐ脚本家の先生の深い愛に心が震えました。

親に最も反発していた子ほど、親を亡くした時の悲しみは大きいでしょうから(にゃんこさん:75話)
ブログ主も、にゃんこさんと同じ理由から直子ちゃんのことが心配です。

にゃんこさんのご高察のとおり、ブログ主も父親に反発していたのですが、父親の死のショックが家族の中で一番大きかったのもまたブログ主でした。

<<前回75話 | 次回77話>>

第13週 | 第14週 | 第15週 | 第16週

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アーモンド より:

    お父ちゃん北村さんのご結婚をお祝いします。
    ドラマではあの世に行ってしまいましたが、私生活で幸せかまありましたね。
    お父ちゃんのご冥福をお祈りしますと同時に、私生活でのご結婚をお祈りします。

  2. Marmite より:

    喜美子は、八郎が手伝ってくれなくても、手伝ってくれても、結局怒っていたと思います。

    女性は怒りたいから怒っているので、今怒らせておかないと後でもっと怒ります。。。というのは村上春樹さんの何かのエッセイの受け売りですが、自分でも確かにそうだなと思う事が多々あり、喜美子が説明しようとして出来ない・馬鹿らしくなってしまうのを見ていて再度納得してしまいました。妻の地雷は爆発するべく其処にあり、いつか夫によって起爆されるのです。

    お父ちゃん、あんなにしょうも無かったけど、家族に愛されて逝けて良かったです。

  3. ひるたま より:

    続きです。
    最近の朝ドラは作品によってはファンタジー感を強く感じさせられる時もありますが、今作に関してはその真逆を行っているのでは?と強く感じる時が少なからずあります。良くも悪くもリアリズムの追求で…常治お父ちゃんの評判が芳しくなかったのも、現実には(殊に昭和時代には)常治さんに近い気質の父親は結構普通にいた事、その父親に対してトラウマを感じている層が少なからず世間にはいらっしゃる事…加えて演じられた北村一輝さんの名演も相まって、常治さんに対する反応が結構割れた…ような気がしています。

    お話変わって。直子ちゃんが連れて来た《彼氏(?)》鮫島くんについて、朝蔵さんのレビュー「礼儀正しい好青年」という一節を拝読して「このような解釈も可能なのね…」と感じたのが率直な印象です。
    他の皆様もコメントで触れておられるのですが…率直に申し上げて「礼儀正しい」というよりはむしろ、チャラい&馴れ馴れしい男だな~というのが個人的に感じた第一印象でした(^^;)。ただし武志くんに対して優しく接していた事も含めて、根は悪い子では無いのでは?とも感じています。(おそらく直子ちゃんも、鮫島くんとのデート(?)では家族の事を嬉しそうに話していたのかもしれませんし)
    喜美ちゃんから家の外に締め出されて「ヘックショイ!」…鮫島くんが体調を崩していなければ良いのですが。(^^;)

  4. ひるたま より:

    喜美子&八郎夫妻の会話…というよりは喧嘩、見ていて我が身にもグサグサと突き刺さりました。「あ~こんな事あるある!」と思い当たるフシが盛り沢山。率直に申し上げると、見ながらえぐいな~と思ったのが本音です。あまりにもリアルに「あるある」を描写している(し過ぎている?^^;)本作は意外と見る人を選ぶのでは?とも見ながら感じています。人によってはあまりにも辛過ぎて見るのを止めたくなってしまう(本ならば、途中でパタッ!と本を閉じたくなってしまう感覚…といえば解りやすいでしょうか)視聴者がいても仕方がないのでは?とも感じているのが本音です。
    現実が辛いのにドラマ(ましてや一日の始まりである朝ドラ)でも辛い現実を見たくない≒明るく楽しく、元気が出るドラマでひと時だけでも現実を忘れたい&元気をもらって1日を頑張ろう!と思っている視聴者も少なからずいらっしゃる筈。「現実を追求して作っている事は分かりました…でも、もう結構!お腹一杯!」と感じる視聴者も少なくないのでは?と思いながら見ています。白状しますと…私も時折感ぜずにいられない一人です。見方を変えれば、それだけリアルな人間像がしっかりと書き込まれている事、そしてその要求に応えられる俳優さん達が好演されている、とも言える訳ですが。

    「喜美子の事好きやで…好きや」と言う八郎さんに対し、「うちは…あんたしか、おらん。…あんたおらんと生きて行けん」の後に続いたセリフ「嫌われたくない…」←このセリフ、何度見返しても引っ掛かります。自分よりも先ず他者に気に入られたい、相手の要求に合わせて都合よく立ち回るべき、という幼少期から喜美子を縛り付けている《何か》がそれを言わせているのでしょうね…きっと。

    「またキスシーンやるの?」と思ったら、今度はちゃんと(?)邪魔が入りました…武志くん、いい仕事しましたね。(^^)

  5. リキちゃんママ より:

    今日の武志君に気持ちを持っていかれました。テレビの前で「カワイイ」を連呼してました。そのあとの八郎さんの「ええ子に育ったなぁ」がツボにはまりました。

  6. おっさん より:

    こんなお父ちゃん、いらんほうがええ。キャストから常治の名前が消えるまでずっと見てませんでした。
    他界したようで、これから安心して視聴できます。夫婦であろうが、友であろうが、何事も威圧と大声で
    威嚇してごまかしていた時代の描き方に腹が据えかねています。脚本家さん、もっと別の描き方があったのではと思います。年明けからテレビ視聴、再開です。

  7. 丹善人 より:

    お父ちゃんの「意地と誇り」を直子ちゃんもしっかり受けとめてました。
    元気な姿だけを残しておいて欲しい。弱った姿を見せたくない。
    その思いをしっかり理解して受け入れることのつらさ。
    直子ちゃんにもお母さんの血が受け継がれているんですね。

    それにしても。連れてきた彼氏のチャラさ。ちょっと気になります。

  8. よるは去った より:

    直子「鬱陶しい、暑苦しい、お父ちゃんしか記憶にない・・・・・・・。」
    常治父ちゃんは本当は喜美子ちゃんや百合子ちゃんの前でもあの「お父ちゃん像」でいたかったのかな?
    最期の、
    常治「またな・・・・・・・・。」は「俺はこんなんじゃ死なへんで・・・・・疲れたさかいちょっと寝るだけや・・・・・・。」という想いがあったのかしら、と勝手に思ってしまいました。

  9. オペラ座の怪人 より:

    じょうじ父さんがいなくなったら、
    早速、けんかですか、
    きみ子と八郎。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    予習は一切せずに見ていますが、
    それでも、朝蔵様含む、
    色々な方の書き込みが目に入り、
    どうも、きみ子夫婦の雲行きが怪しい、
    という感じが伝わってきます。

    (/_\;) (/_\;) (/_\;)

    それにしても、
    きみ子の「言わなくても分かって欲しい」感と
    八郎の「行ってくれなきゃ分かんない」感は
    男女の(正しくは女男の)永遠のテーマですなあ。

    「やれやれ」┐(´~`;)┌

    おしまい